カテゴリー「書籍・雑誌」の8件の記事

2009年5月15日 (金)

09年のGW、6日の巻。

 いつもどおり朝風呂に。その後荷物整理。とりあえずトランクに荷物を詰め切るのがものすごく大変でした;最終的にはドールバッグも仕舞うからその空間空けないといけないしね。トランクだけホテルで預かってもらって、バックパック+ドールバッグ装備でチェックアウト。バーガーキングで朝食を買っていつものネカフェへ。食事の後薬飲んでうとうと。13時過ぎまで。

 雨だったので歩き回るのが憂鬱だなぁと思いながらも秋葉原へ。駅近辺の書店を巡ったけどどこにもコミック版鉄道むすめの姿はなし…。ゲーマーズの特典カードが大使さま(ありすさん)だったので欲しかったんですが売り切れでした。あれー;同日発売のアスキーメディアワークスの本は全部売ってるのに。

 仕方ないのでボークスへ。K園さんと入り口ですれ違って、「これから昼休みなんですよ~」とのことだったので、先にN井さんにドルパの報告とかアドバイス受けとかいろいろ。ドールポイントでDDH-02WHとドルフィープラス用ウィッグをポイント購入。前者はDDミミコットン黒用、後者は霊天使用です。ロスエンの子でどの子がどうでーとか教えてもらっているうちに特撮の話経由で苦手なものの話に。一見無敵な(笑)N井さんに意外な弱点がΣ( ̄□ ̄;!でもナイショ!ちよちゃん状態でふるふる震えるN井さん萌え(笑)。1/6にちょっと大きい?くらいのセミアコデザインのチェリーレッドのギター(つーかカジノだな;)があってちょっと揺れたんですが、値段も結構だったので様子見しました。

 その後すみかに行ったらK園さんまだ戻っておらず、「よろしくお伝え下さい」と言って店を出ようとしたその時、ちょうど戻ってらっしゃいました。早速約束通りりむを披露。好評で安心でした。(ドールバッグから出してウィッグとボンネットつけた瞬間に、カウンター内にいらっしゃった別なスタッフさんの表情がうっとり気味にぱぁっと明るくなったのが忘れられません。うちの子たちは本当に幸せ者です)

 「アイうまくついてますねー、お上手ですよー」お世辞でも嬉しかったです(/_;)
 話の流れでしょぼーんな状況を表現するのに、ニコ動のヘボピーナッPさんの「ちはやちゃん」を見てもらったら常連さんともども好評だったので、その流れで「シビれさせたのは 誰?」も見てもらったら大好評でした(笑)。前日の飲み会でもよっささんに好評だったなぁ。
 そういえばネームプレートにリンレンのシールが貼ってあったので「これは見たことあります?」と「くるっとまわっていっかいてん」をちらっと見てもらったら「あ、これは見たことあります。どうやってるんでしょうね;凄く不思議です」とひらべさんと同じ反応を。説明書いてありますがCGですよ~と。明らかにプロの仕事でお金取ったらCMならいくらかかるか想像つかないレベルなのでまさしく才能の無駄遣いですが愛ありすぎです;
 K園さんはリンレン大好きで立体になったものは「知ってる範囲で全部持ってます!」とのこと。いやほんとにショタ系に弱いのですね;この日も「蒼星石フルチョ期待していますよーメイクオーダーはもうあるのですしー。あ、でもあくまで○○さん(←私ね)がその気になったらの話ですがっ!」と。WildRoseさんが翠蒼のドレス両方くれるなら蒼もフルチョするけども(笑)。そんな図々しいお願いはできないしw。

 で、常連さん(めっちゃかわいい幼っ子連れてらっしゃいました。あの子は凄い!耐熱ウィッグのアドバイスどもでした~)と3人でお話していたらたぶん秋葉原店の店長さんとおぼしい方がいらっしゃって「置いてっていいよ?(笑)」とどっかで聞いたような話をw。「いやー、お客様ショーケースやりたいんだけどねー、本社はダメって言うんだよねー」と笑いながら仰ってました。リップサービスかもしれませんが常連さんの子はともかくりむをちゃんと見た上で置きたいって言って下さったので凄く嬉しかったですよ。いやほんと、めるりむは普段は秋葉原でイベントの時だけ出勤でもいいんですけどねー。見て喜んで下さる方がいらっしゃるなら嬉しいし。手元に置いておく汎用性の高い子を次はフルチョしようかと。(とか言いつつ次のネタ既に固まりつつあるんですが)
 帰り際、本当にいい仕事をさせて頂きましたとK園さんに言ってもらえて嬉しかったです。特に最初にめるを見た時の感動がいまだに忘れられません、と。アドバイザーさんがそこまで言う子です、自分一人の子だと実は思っていないのですが(めるりむは関わって下さった皆さんの子で、たまたま私の元に居る子だと思っています)本当に、すみか秋葉原さんでショーケースを設ける予定があるのならお預けしたいと思っています。そしておそらくは次の子も。

 とか長話してたらいい時間になっちゃったので(笑)、「次は新宿か大宮の閉店のタイミングで、次の子引き取りがてら来ます~」と伝えて引き上げました。秋葉原店の皆さん、特にDPのN井さんとS川さん、すみかの皆さん、いつも本当にありがとうございます。

 急いで駅に行って池袋方面へ。途中とらのあな池袋店に寄り道したらここでやっと鉄道むすめの単行本を発見しました。ついでにリトバスも購入。寄り道でどんどん時間なくなる中、18時くらいにようやく目的地のサンシャインシティ国際水族館に。

 ホームページの料金表には「身体障害者等手帳をお持ちの皆さんは半額」とあったので、チケット窓口で「他の障害者手帳では駄目なのですか?」と訪ねたらなんかむすっとされつつも「ご呈示下さい」と言われて、無事半額に。通常1,800円と結構お高いですが、私と一緒なら介添えということで一人まで900円にできることが判明しました。ちゃんとホペに書いてよ、「精神障害者手帳にも対応しています」ってさ>サンシャインシティ

 この日まで「夜の水族館」という企画展をやっていたのでわざわざ来たのでした。入り口で懐中電灯を渡されて、普段ならもう閉館している時間に照明を落とした水族館を見てまわるという素敵な企画です。と、その前に深海生物の展示を別口で企画展としてやっていたのでそちらを見に行きました。とある人のたっての希望で(笑)以降折りたたみ。

続きを読む "09年のGW、6日の巻。"

| | コメント (0)

2007年4月 6日 (金)

同人誌という言葉がわからなく;モード

 ここで言う同人誌は個人誌も含めてです。(本来、同人というくらいで、サークル誌的なものしか指さない言葉らしいのですが)

 にしてもねー、自分でやらない皆さんが簡単に話題にしちゃってますが、先日の同人誌収入脱税摘発に端を発して「同人誌って儲かるんだね」って言ってる人がやたら増えましたが…確かに同人誌で儲けてる人はいますけどほんの一握りですよ。(自分で本出したことがある人や印刷所のパンフをイベントの度読んでる人は本を見ればコストがどの程度で価格見ると利鞘どれくらい出てるのかわかりますよね)

 同人誌で生活できちゃったらそれ同人誌でもなんでもなく「個人商業誌」なので(職業著述・小売の自由業でばっちり通りますよ)好きじゃない傾向なのですが、頑張ってる皆さんには必需品が買える程度の見返りくらいは逆に設定してほしいですよ~(/_;)。今回のLoveのお話でびっくりしちゃいましたもん。ファンとしては作品が途絶えても悲しいですし、それで身体を悪くされたらもっと、ですもん。New's Networkのニューさんも相当価格抑えてる話をしていて、実際「このページ数フルカラーでこの値段!?できるの?」って感じでしたし。うっうー。確かに印刷代は先払いなので、それを回収するために価格設定に悩むのはわかるんですが、壁とか行って確実に売れるとわかっててなお価格下がる気配もない皆さんはどうなんだろーと。(小部数のサークルと壁サークルでは発行部数が4桁違うわけですが。コミケの場合)まとめて刷った方が安いので、大手で一見安い本出してる人が実はかなり儲けてるとかよくある話で。(でなきゃあの仕事量であんな車買えないなぁって作家さんもいます;)お金がないとまとめ刷りできませんから、壁の良心的なサークルさんでも次回分としてちょっとずつは載せてる筈ですが、それでも利益追求してるとことは価格が全然違います(安いです、やっぱり)。

 世間の皆さんに知っておいてほしいのですが、「同人誌は」儲かるものじゃないです。作り手が儲けようとした瞬間からそれは同人誌の名を借りた別なものになり、顧客が認めればそこに「市場」が出来上がってしまう。それだけです。

 コミティア行くと感激するんですけどねー。あそこはもうとにかく「自分の作品を見てほしい人たちの集まり」なので、本が軒並み安いです。帳尻絶対合わないだろうって価格設定のサークルさんも多く見ます。志高い人が多いとこなので、いい作品に出会う機会も多いし。本来同人誌ってそういうものだった筈なんですが。有名で数確定すればするほど値段は下げられる筈なのに、そうなってない人がいたら…。うーん、私には関係ない世界だけど、今回夏コミ申込みのアンケートで購買層としての出費額という項目がありましたが、例のドラえもん同人の件もあり(筆者さんの元の絵のファンだっただけに残念)、これから少しずつ姿勢変更があるかもしれないコミケにおいて、司法に目をつけられるような部分は押さえが入るかもという気はしますけれども。同人ショップも面倒に巻き込まれたくないでしょうからそのへんの処理をするようになるかもしれませんし。(で、そのコストは切り詰めてやってるサークルさんも等しく負担してる委託料に盛り込まれるわけで;)

 一部の人の姿勢のせいでなんかすっかり歪められちゃった感じがあって悲しいです。コスト明細を提出するのは(昨年度分しませんでしたが。いらなかったからw)確定申告で慣れてますが、領収書管理でめげて本出さなくなる良心的価格設定の作家さんとか出てきたらそれも悲しいですね;。でも確定申告の時窓口にちゃんと行くと、領収書分以外にも「ここではコスト発生してますよね?ここもですよね?ここもですよね?」って次々あちらで指摘してくれて、その分ちゃんと経費で引いてくれるので、ちゃんと実収入にのみ課税されるので怖れず申告した方が良いと思います。1イベント数千部単位のサークルさんでも、収支計算したら納税の必要なかった、とかあるはずです。儲けに走ってなければ。(例えばPCで同人誌やってる人なら、モニタが壊れて代替とかあった場合、その領収書もちゃんと経費で落ちますよー。サンプル出しに使ったプリンターのインク代とか紙代もちゃんと領収書押さえておけばそれもです。その他もろもろ)

 コミケの場合、準備会は自己申告とはいえ発行部数と販売数と価格しっかり押さえてるわけですし、行列ができたサークルには必ずスタッフがついてそこはチェック入りますから、いざという時税務署から問い合わせがあればあっさり応じるかと思います。今回の件、スケープゴートだと思わない方がいいかと。『健全にやってるサークルさんないし個人の皆さんには全く関係のないことですから』、今後事例は増えると思います。弾圧でもなんでもなく。収入あったら納税するのは当たり前です;で、過剰な収入を設定するもしないも、同人誌を出す当事者次第ですし。「次の本出す前に環境よくしたいなぁ」で価格ちょい高めにして、イベント後に収入で実際に環境刷新すればそれは経費なので、安心していい本をいい環境で作り続けてほしいとこですが(流石に頻繁だと目はつけられそうですけど)。業務に関係ない買い物しまくりだの貯蓄したりだのは経費じゃ落ちないですよ(苦笑)。額が上がるほど査察の可能性は上がるのだから、「同人誌を」「頒布する」イベントに参加される方は少し価格設定気にされたほうがよろしいかと。コミケが頒布という言葉を強調しているのはご存知の通りでありまして。

 何も同人にこだわらなくても、この手の市場が今バブルと言っていい状態で、描き手が不足してるのは周知で。デッドコピー品作家でさえあっさりプロになる現状、本当に上手い人はばんばん出版社に引き抜かれていきます。でもその人たちは同人誌を多くの場合やめません。描きたい(書きたい)もん書くって意地を譲らない人と…同人の方が実入りがいいという人がいるからです。

 ちゃんと中身をやらない古参サークル(収入のために原稿でっちあげる)を巡回から切るって動きも出てきてる今、壁際で起こってる同人バブル状態の崩壊も間もなくか、と思います。行列作っちゃったら次はまぁ壁、みたいなシステムは意外とよくできてますよね、こういう意味では。企業ブースより派手なプロモやってるサークルまであるわけで;もう何それって世界ですからねー;

 あ、うちはあれです、一応持って行った本はほとんどお持ち帰りせず毎回帰ることができてますが、本体コストとコミケ申込み費用しか回収できていません。それでも御の字です。電子出版という新しいことに挑戦している手前、コンテンツ内容あたりの価格は紙と比べると異次元レベル(笑)なわけですが、これ以上乗っけるつもりはありません。
 だって、サークル参加しなくてもコミケには来るから(笑)、交通費も宿泊費も考えないもの。勿論その他雑費もね。コミケ参加費が出るようになっただけでもびっくりしてるんですよ。今までは製本コストの捻出が限界でしたから。(バックナンバーの売れ行きと一部の方のカンパに支えられています)
 でも、参加して下さってるライターさんはどうか不明ですが、私は取材と当日の売り子を思いっきり楽しんでるので、あまり気にしてないんですよ。価格設定で弱気という指摘については否定しませんが(弱気なの・これは仕事でも一緒・笑)、もうちょいわかりやすく売り場でアピールできるようになったり、PCがさらに普及しないとまだ厳しいっぽいですからねー。他所と違うことはできてると思うので、それが刺さるかどうかもあるのですが。紙の本はその場で読めますが、読めませんからね;うちのは。うちの本の適価がどのくらいなのかは買った皆さんに聞いてみたいとこだったりしますけども。(今は新刊200円、バックナンバーは単体200円の新刊同時購入100円。主に100円で売れてます。前号実績では本の部分が合計55ページ、写真が数え切れない量;動画は30ちょいです。本の部分、紙けちる必要ないんだから文章にもっと余裕持たせればいいじゃんといつも自分で思うんですが;印刷出力を考慮して積めちゃってます。普通の本並みの行間にすると1.5倍くらいのページ数になると思います)

 ギガ単位のデータを瞬時に落とし込める技術と、電子ペーパー的に大きめのスクリーンを巻いてコンパクトに収納できるデータビュアーの技術が爆発的に普及とかあれば、その場で読んでもらえるんですけどねー;そういうのできるようになったら材料費かからないので、ジャケットがわりにカラーのカードでも作ろうかなーと。

 自分が潤うだけの収入はプロになってからでいいやと思ってます。著述業は過去に経験ありますが、次はフィクションでちゃんと収入が得られるようになりたいなぁと思いつつ、使ってもらえるならどこでもとも。コンテンツPをやってみたい気もするのですよね。Dは私には無理そうですが。

 とまぁ横道に逸れつつシメです。

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土)

アイマス攻略本他、おすすめ本モード


アイドルマスター プレシャスアルバム

 Amazonにて2415円。フェイスプレートシールつき。
 もー細かいこと正確な情報なくていろいろ困り果てていたわけですが、これで少しはスムーズになる…かな?フェイスプレートは探せばどうでもいい模様のが捨て値で売られてたりするので、そゆの買ってきてシールぺたんしてしまうのがよさそうです。
 攻略に特化してくれてると、キャラの設定とか妙に多い本よりも「ゲーム内で営業などで見えてくるキャラ像」を楽しめそうでいいんじゃないかなーと個人的には思います。

 これは既に手元にありますが、大当たりでした。もちろん原画も素晴らしかったですが、個人的に刺さったのは一人あたりの内容が濃いインタビューです。沢城みゆき嬢が特定のメディアにこんなに長々とインタビュー回答したの初めて見たような。主要な声優さんと原作のPeach-pitのお二人先生(ユニットだと知りませんでした…)のインタビューが載っていて、特にももたね先生と沢城さん、田中理恵さんのページは他の方より多く取っています。オーベルテューレの内容も含まれているのでその絡みですね。他、原画には松尾監督と石井久美さんのコメントが丁寧に添えてあります。

 その上まだ聴いてないけど「翠星石のズバリ言うですぅ」というさまざまなシーンで翠星石がおおいに語ってくれるらしいCDもついてきます(笑)。桑谷夏子さんは既にローゼンメイデンの大看板の一人ですよねw。物語に添えた花みたいな存在でメインストリームにいないのに、劇中はもちろんドラマCDなどでの存在感といったら、もういないと嘘レベルで(笑)。この本の中でも「座長」沢城さんが「桑谷さんのアドリブは凄い」と言ってます。昨年のファン感謝祭の現場で出た話題の再録になるコメントが各人から出ていますが、実は劇中の翠星石と雛苺のケンカは桑谷さんと野川さくら嬢の完全なアドリブなのです。スゲー!もしかしたら今回のこのオマケもアドリブかも…;そりゃ本人だって言われるよw>桑谷さん

 これも手元に。でもって当たりでした。商品説明がどこのサイトでも的確でないですが、OVAの設定はほんのちょっとで、TVシリーズのキャラなどを丁寧にピックアップして、監督さんや演じている声優さんのコメントもしっかり載せています。エピソードは10話までの紹介で全話の1/4程度ですが、1つ1つの話をやはり丁寧に解説しています。ええもちろん、エルデにグレーテルさんが来た時の話も(笑)。というわけで三銃士はもちろんグレーテル好きの方にもオススメできる本になっています。この本収録のビジュアルだけで立体化の資料はだいたい揃っちゃう感じ。(ミッシンググレイブなど武器類も含め)
 ゲストイラストレーターさんの絵もいいです。

 上記全て揃えるといいお値段になってしまいますが;それぞれ好きな人なら買って損はないと思います。下2冊は同時に買ったんですが、本を複数買って両方当たりって滅多に無い私としては個人的快挙でしたw。

| | コメント (0)

2006年11月23日 (木)

Wiiネタから政治まで幅広く雑記モード

 とりあえず更新内容から。ストアの中身をちょこっと足してます。(エレクトロニクスとか)いや、ここで買う必要は全くないのですが(どっちかというと高額なものはトップのソフマップのリンクで(^^;)、REGZAの37Z2000はマジおすすめでありますので(インプレスのAVWatchがデモ用に使っていますが、贔屓目抜きで最適のチョイスだと思います)、そろそろ液晶をとお考えの方には「とりあえず家電店で他と見比べてみて」と言っておきます。たぶんヤマダあたりに行くと、応答速度とかのスペックが伏せてあるのに気づく筈。噂なんですが、実はREGZAのパネルって亀山製で、スペック出しするとシャープ機売れなくなっちゃうんで公開できないとか聞いちゃったのですが…ホントかな。(ちなみにパネルを考えなかった場合のTVとしての性能はREGZAのZシリーズがはるかに上。値段はAQUOSのフルHDラインよりREGZAのフルHD(Zの37以上)の方が下。となると…)とりあえずパネル以前の部分の映像回路の完成度で東芝がシャープに完璧に勝っちゃってるので、とりあえず重ねて言いますが見比べてほしいです。37型で放送のノイズが気にならないの、全メーカー見ても今のところ東芝だけって気がしました。でかくなるほど放送に弱くなるよー>液晶のパネル リモコンも、1000シリーズよりよくなってるし(実は昔よりわかりにくくなったなぁという感想です>東芝リモコン でも他でリモコンいいとこってソニーくらい;)フルHDで一番コストパフォーマンスいいんじゃないかな。あ、最近また広帯域デモ始めたみたいなので、REGZA見る時はちゃんと「放送を」見て下さいねー。

 Wiiについてちょっとわかんないこととショックだったこと。「キューブのソフトのデータ保存はWii本体にできるの?」これがギモンで、「キューブのソフト操作するにはキューブのコントローラーがわざわざ要る(クラシックコントローラーじゃ駄目)らしい」これがショック。今日迷いに迷ってF-ZERO GXを買わずに帰ってきたけど正解でした。もし本体セーブだめでクラコンだめなら追加投資だもの。それなら今はレッドスティールが欲しいです。

 VWのディーラーにEOSを見に行きました。ゴルフVシャシだとばかり思ってたら違うんですな。A4シャシだそうです(パサートベースだって言われた)。なるほどそれならDSG標準だわなぁと思った次第。後席広いし、ハードトップ出すギミックもよくできてます。2+2じゃなくてちゃんと4シーターのクーペで、トップの収納部のパーティションが固定式のしっかりしたものなので曖昧さがなくていいなぁと思いました。タイヤも標準でコンチのスポコン2が入ってたので(ほぼ共通の動力系の新TTでさえミシュランのパイロットスポーツなのに)走りの感想を営業さんに聞いたら「うちからはメーカーの勉強会に行ってません」…なんかー;言っちゃなんだけどDuo盛岡いっつもこんなだなー;営業無愛想だし。売る気あんの?って感じ。これなら高くてもアウディ岩手で車買いたいー、とマジ思います毎度。A4のクーペボディないけどね(笑)。
 いやほんと、よくできた車だとは思ったんですが…。岩手県民はVWに関してはディーラーに恵まれてないと思う。つか、まともな説明と接客受けられるドイツ系はBMWとアウディだけっす。なーんかなぁ。そりゃオーリスの納期がわからないほど受注入るわけだよ;

 ヤフオク話でドルフィー話。DDのドレス製作者さんとしてとても有名なiwattidaisukiさんが久しぶりに出品中。で、早速暴騰中(^^;。私、この方の作る衣装一生買えない気がしてきました;ごめんね霧香さんミレイユ。最近衣装の落札で負けまくっております。霧香さんは既存の服でも結構足りてますが、ミレイユの衣装がないばっかりにまだ箱出しできてないです;やっぱL胸は~;美白のM胸は買わなきゃならん気がしてます。
 ところでみみこのデッドストック(新品死蔵してたもの)が最近急にたくさん出るようになりましたが(定価程度で普通に落とせます)、なんかの前触れですか?(笑) ニャルルゥが別色だけど再販かかったから、次はミミコットンと皆考えたのかな。でも再販されるとしても別色別ドレスだったら前の良さは変わらないと思うんだけどなぁ。今回の猫祭り私は見送りましたが、ニャルルゥはそのままの再販だったらちょっとだけ考えたかも。ソーニャは再販で別衣装になったら考えます(笑)。ソーニャも実際買った人がイメージ違うと思ったのか、もう出品されてますです。定価以下で。

 ドコモがクローン携帯の存在を認めたというニュースが出てましたが、そもそもクローン携帯という言葉が最初に取り沙汰されたときと今回は様子が違いますよね。当時はPDC(2G、USIMなどの情報カードを使わない端末)のクローンが存在する根拠について報道されてたわけですが、今回のは単にUSIMのコピーでしょ?今まで無かった方がおかしい気さえしますけども。「ドコモこわーい」とかまただれる反応を見ますが、3Gなら危険性はどのキャリアもおんなじ。ドコモが隠蔽しきれなかっただけ。今後の雪崩反応次第でどうなるか、ちょっと気になりますな。いやまぁ、ローミング先の国が少ないキャリアほど危険性は低いんでしょうけど(笑)。

 政治ネタ。東京都の悪性腫瘍こと石原知事の親族が公費使って私的な学習やってた問題が発覚して、たまたま追究したのが共産党の都議だったわけですが、某SNS(笑)でもう大笑いな反応が。「共産党が○○」うーん、いつから反共教育が再開されました?うちらの世代の時にはありませんでしたが。まあ即座に噛み付いた連中だけでまあ例によって某宗教団体の実行部隊の皆さん乙なわけですが:P、ここんとこのこういった「叩いて埃出し」やってんのほぼ全て彼ら(共産党)でしょ?他のとこが自分の地盤固めにだけ必死になってるとこ、NPOがつつくような票にも繋がんない正常化をやってるのをなんで根拠もなく悪党呼ばわりなんだか。相変わらずだねぇ。
 政策や主張はともかく、「あんたの家は電気泥棒されてるぜ」とか「あんたの携帯、クローン作られてるぜ」ってのと同列の指摘を行ってる機関を中傷するってのはあれかな、自分の利益に反するから?(笑)
 熱心に学生運動とかした世代の人は、たとえ今与党派でももっと理性的に反応する筈なので、明らかにおこちゃま世代の反応なのだけど、にしてもまぁ…何をもって対象を悪とみなすかの根拠があまりにも幼稚で、毎度ながら呆れます。ああ、一応書いておかないと。私は無党派層です。共産党の支持者ではありません。今日時点でWikipediaの日本共産党の項目は中立的立場の文面になっているので参考にできますが(たまにこっそり書き換えられてる・苦笑)、票分割問題だの志井氏の求心力の低さだのがあって「使える連中だけど票はやれない」ってのが私の客観評価。なんで政治の裏に詳しいのかは「答える必要はない」とでも言っておきます。
 反共の情報制御はだいたいは某宗教政治団体の仕業なんだけど、一般の信者にはその事は伝えられてません。兵隊さんがいるわけ、ようするに。与党のメイン張ってる某党が右翼団体を兵隊にしてるのと一緒。ネトウヨ大好き麻生ちゃんも連れてるでしょ?この世に未練があまりない人はその団体から人脈を辿っていくとどこに辿り着くか調べるのも面白いかもね。まあそれは今回はいいや。実害ないから。
 で、その実行部隊の面々というのはなかなかこすっからい。こういう情報操作に最近は熱心(「情報操作されてる!」っていう情報操作をするわけね(笑)。裏取りすればすぐ気づく程度の事なんだけど、今の人しないから。ほとんど鵜呑み)だけど、敵対勢力の事務所近くの駐車場で関係者の車に対し器物破損活動を行ったりとか、共産党の機関紙の配達所に投石したりとか。そういう小学生みたいなこともしてくれちゃってます。
 共産党が表向きおおっぴらに情報収拾を重ねてその結果を議会に持っていくのに対し、某宗教政党さんはとても有名な事件ですが過去に盗聴なんかやっちゃってるわけです。もちろん犯罪です。もみ消されてますが。このへん見てくと今の与党タッグがいかにやばい状態か、というのは知れてくるんですが、他の野党はどこも一度は最大与党の片棒担いだ面々なので(^^;、積極的につつかないんですな。仮に政権奪取した後自分らがつつかれるのが面倒だから。現最大野党あたりも叩くと相当だもんなぁ;
 で、話を戻すけど、彼ら(日本共産党)が一体キミらに何をした?何を根拠に誹謗中傷してる?というのが私の言いたいところです。それでキミらが何か得をするのかと。今のキミらの言動は正義だと言い切れるのかと。毎度のことだけど「自分で調べた上で自分の頭で考えて物喋ってる?」と。そんだけのことなんだけどねー。
 政党とか思想違っても、論争の場を離れれば仲良く趣味の話もするし交流も持つ、ってのが正常な民主主義な筈だけど、そこからも離れようとしてる今の若年層の政治思想って、ちょっと怖いよ。支持政党違っても「それはそれ」で仲がいいのって当たり前の事だったのに、今はなんか…ヒステリックすぎる気がする。自分の首絞めるだけなのにね。だってここは法治国家だもの。一応ね。
 ロートルにくれてやる票はない、とこないだ言ったけど、ロートルの皆さんが先行きを案ずる気持ちもよくわかる。なんていうか…日本は戦後教育に完全に失敗してると私はこのあたりで感じるな。間違いに気づいたご老体は、素直に反省の弁を述べてほしい。生きてるうちに。

 気持ちを切り替えてスカパーネタ。来月1日からスカパーでもWOWOWが見られるようになるわけですが、視聴料BSと一緒でしかも単独で加入料取るって一体。よくスカパーその条件飲んだなぁと呆れますが;わざわざ帯域狭いスカパーで契約しないってば;同じ視聴料だったらどー考えたってBSデジタルで契約すると思いません?衛星がパーフェクなのはアップリンクセンター新しいから正解だと思うけど、それでもHDとかサラウンドとかないわけだし。とにかく加入料(3150円)が一番納得いかんです。視聴料もいいかげん高いけどね。見たい月だけすぱっと契約していらなくなったらすぱっと切れるのがスカパーの単チャンネル契約のいいところなのに、それを根本から崩しちゃってる上に環境上のメリットぜーんぜんない。契約する人いるのかなぁ;。
 契約数が伸び悩んだら業態を見直すべきだ、というのは、WOWOWに限った話じゃないけどね。試験放送からWOWOW見てて、当初はデコーダーが申し込み殺到してて届かなくて大変だったけど、結局ぜんぜん見なくなったって経緯があって、その後スカパー(当時パーフェクTV。これまた試験放送から(^^;)入れて「専門チャンネルの良さ」を痛感しきってもう10年だから、正直ああいう幕の内弁当的コンテンツのチャンネルはCSには合わないと思う、ってのが私の意見。どうだろ。そもそも、加入料がなかったと考えても、スターチャンネルマルチプレックスとWOWOWの月額視聴料が一緒だったらそりゃスターチャンネルじゃないかと;(逆にBSデジタルではどっちかというとWOWOWかなって思う)
 月2000円もあったらえっちなチャンネル単契約できちゃうじゃん!とかオチをつけてみる(笑)。一ヶ月AV見放題だと性的なものに無関心になるけどね;(経験談)

 もしもの話ー。気にかけてる子があまりにドジっ子さんで転んだーとかバス乗り遅れたーとか電車乗り過ごしたーとか言ってるとこ「もー、ドジっ子だなぁ」って言ってたら、その子がアクシデントで骨折しちゃって、ってことがあったらどうしますか?
 というわけで現在猛烈に自分を責めております(/_;)。普段からそういうのからかうとこじゃなくて「注意しなきゃね」くらい言うとこでしょぉ?馬鹿だろぬまにゃん。デリカシーなさすぎ;;自己嫌悪してる暇あったらお見舞い物資送るべき、てなあたりも手隙になってるあたり含めてだめだめだ。自分が嫌です(ToT)。

 おばかぁさんな私を叱ってくれそうな銀サマこと水銀燈さんですが、先日出たユージンSRDXが宮沢模型版で改修入って再販だそうですね。生足標準で膝に球体関節が入るのと、表情交換ができるようになるとか。でじたみんさんのメールニュースで告知ありました。どうしよう;

 そういえば親父の車のスタッドレスタイヤを履き替えるために、タイヤサイズ調べるためにちょっとWALKさんまで行ってきたんですが、薪ストーブを導入してました。で、薪割りをちょこっとさせてもらったんですが、乾いた木が意外と(気持ちいいくらい)簡単に割れるけど、伐採されたばかりの湿った木(本来薪にするためには何ヶ月か乾燥させます)を割ろうとしたら、そりゃもうえらい苦労をしました。生きている樹木がその形を維持しようとする力って凄いもんなんだなぁって。20センチもない幹に全く鉈が入りませんでしたからねー;いやはや。細いのを苦労して1本割ってみましたが、とても香りがよかったです。
 今は薪を割る機械なんてのもあるんですよね(^^;。それで割って干したほうが乾燥早くて使いやすいのでしょうけど、薪割りくらいなぁ…と思いました。凄く(笑)。
 子供たちが頑張って薪割りに挑戦してるのを見て、長山さんはいい父親だと思いつつ、この子たちはしっかりした親御さんついてて幸せだと思いました。子供を豊かに育てるなら田舎だと思います、やっぱり。
 そしてそういう光景が微笑ましいあたり私ももうおっさんです、いやほんと(^^;
 余談ですが洋物の鉈だと薪割り厳しい気がしました。あっちだと小さい斧使うのかな?日本の刃物ってのはだいぶよくしたもんだなぁとあらためて感心した次第です。

 WALKさんといえばビートなわけですが、最近Honda Styleという雑誌の存在を知りました。バックナンバーリスト見て微妙に可笑しかったんですが、創刊あたりから見て行って表紙でビートを大々的に取り上げてる号がことごとく完売してて。「それなら毎号載せればいいじゃん」とか思ったら最近のはそれっぽい感じになってました(笑)。とりあえず表紙にビートという言葉を入れる、と。よくネタ続くなぁとは思うわけですけども。にしても、今の軽枠なら安全基準を満たしているビートも作れると思うのですが、なかなか重い腰を上げてくれませんね…これほどまでに支持されているのに。

 旗日なので本格的に雑記してみました。そいや12月上旬にココログがバージョンアップされるそうで、スパムトラックバック対策が入るそうです。最近あまりに多いので辟易していましたが、とりあえずバージョンアップ済むまでトラックバック受けない仕様にしておくつもりです。で、申し訳ないんですがさくらブログからのスパムがあまりに多いので、バージョンアップでキーワードではじけるようになるそうなのでさくらブログからのトラバは全て弾きます。こんなとこで。

| | コメント (2)

2006年10月20日 (金)

久々に本屋さんに行ってきたモード

 ちと立ち読みで中身を確かめたい本があったんですな。私は自動車評論家というのは職業として認めてないわけですが(笑)、モータージャーナリストという職業はアリで、ついでに言うと異業種の人が車について語るというのもおおいにアリだと思ってます。クルマとこじゃれた「普遍的なこと」しか知らない人よりは、経験豊かで発想力溢れる人が車を語った方が全然面白い。そう思ってます。

 そういう意味で「クルマを語らせたら日本二のおじさん」(日本一は清水和夫さん)として大尊敬してるのが実はテリー伊藤さんだったりします。MJブロンディという名でフェラーリキ○ガイを演出してるけど意外と普通な人である清水草一さんとの対談形式で、ここ3年くらいかな、「間違えっぱなしのクルマ選び」という、どっかで聞いたような名前の本を出してますが、元ネタより全然面白くて。しかも書いてることもわりとマトモ。どこぞの(略)よりぜんぜんクルマわかってるなぁという感じで。で、一番面白かった点は、本業である筈の清水草一氏より、テリーさんの方がクルマの核心を衝いてる言葉がぜんぜん多かったとこです。ぶっちゃけ売れっ子放送作家さんでお金持ちなので、いろーんなクルマを買うだけのお金があった。(芸能人みたいなもんですからねぇ)だもんで「テストドライブ」じゃなくて「所有」の経験値が凄い(笑)。そこから出てくる言葉が、短い言葉でもずばっと的を得てて気持ちいいんですな。流石に職業柄、まさしく言葉巧みで。

 そんなお二人が中古車について書いてみたのがこの本です。

 過去に出た車についていろいろと話してるわけですが、これがもうすげー可笑しい。そしてバッチリ合点がいくわけですよ(笑)。序盤えらいマニアックな話になったせいで進行の編集さんが「この本1冊くらいしか売れないかもしれない」とか心配しちゃってるわけですが(後で40冊に増えるw)、洋車のとこでメルセデスにページ割いて媚びちゃったんで(でもまぁ基本的に買い気配とは書いてないなーあれは)そこでダレるけど、その前後はもう「そう!そうなんだよ!」というのがおおいにあって(笑)。

 中古車の話ってだけあって、買った後の話をちゃんとしてるなぁってのが偉いです。例えばロールスロイスの中古を300万で買う話では「年間50万の維持費でうんたら」ってくだりがあるし、常に維持費や故障率の話も意識しながら進行してます。特に洋車ね。これ、中古車を語るならなくてはならないことだと思うんですが、雑誌でちゃんとやってるの、中古車専門誌でもほとんど見たことないです。(特に、何所とは言わんけど中綴じのおこちゃま向け自称エンスー誌ね)たまにUCGとかで特定車種の維持特集はするけど、これだけ台数紹介して率的に結構な数維持の話もしてるのは珍しいんじゃないかと。そういう観点で良書です。清水草一氏は相変わらずフェラーリのメンテ代の話はしないけどね;

 この二人の組み合わせで、テリーさんが引き立つ理由に、清水草一氏の感性がやはりくだけてるほうとはいえ自動車評論家的でいまひとつであるってのがあるんですが、今回ちょっと見直す言葉がありました。「インサイトはスーパーカーですよ」わかってんじゃん!と。初代プリウスとインサイトの比較という記事だったんですが、テリーさんはもう「この2台ならインサイト。プリウスなし。200%インサイト」とまで断言しててw、流石テリーさんわかってるよなぁと思ったんですが、やっぱ清水草一氏が自動車評論家的な部分でああいう言葉を発しつつも結局プリウスを持ち上げてるっていうあたり、これはわざとバランス取りしようとしてるのかなぁと思いつつ、それ流れ的にいまひとつだよなぁって思っちゃって。(どっちも乗った人ならわかると思いますが、この2台を比べるとプリウスで褒められるとこって4人乗れるって部分だけです。あと全面的にインサイトの勝ち。壊した時高いけどねwアルミだから)折角いいこと言ったのに勿体ない、とか思っちゃったわけです。

 私の試乗記読んでうなづいてくれる人なら、きっと楽しんでくれる筈です。私がこの本で個人的にニヤリだったのは、巻末のお二人の「自分が買うならこの中古車トップ10」に、テリーさんがビートを入れてなかったこと。だってあの人著名人の中では屈指のビートファンで、記事中でも「うちのビートは世界一程度いいよ!」って自慢してるw。ようするに今でもオーナーさん。お仲間です。一千万クラスとかそれ以上をぽんって買いに行っちゃう人なのにビートを気に入ってくれてるってのは、私自身がそのクラスいろいろ乗ってみて、でも帰りに「ビートは楽しいなやっぱ」と思いながら帰ってきてるのが贔屓目じゃないってわかった感じで。なんというか嬉しかったなぁと。値段じゃないですよ、クルマって。やっぱ。

 というわけで目的の本大当たりでした。後でAmazonで買います(ぉぃ。

 

 ついでに見てきた本何冊か。
 トップページにビジュアルリンク出てますが、「エンスーCARーガイド・ホンダビート」。凄く上品に仕上げたメモリアルブックって感じで好感が持てました。少量出版なので高いけどねー。一番面白かった記事は海外のオーナーさんのレポート。オーストラリアの男性とイギリスの女性が書いてますが、イギリス人女性のレポートでビートを買ったきっかけが「なんかぽろっと売られてて一瞬で気に入って買った」みたいな感じでw、私が先日テクノスポーツマストレッタ見たのと似たような感じだなーと。そりゃびっくりして買うわな、と思いましたが(笑)。この本もそのうち。

 

 もう1冊。表紙で一目惚れした本が。

 手に取って中身を見てみましたが、久々に絵で思いっきり刺さりました。雰囲気も良かったので、あとで買ってみるつもりです。Amazonで(だからさーw>自分)。

 

 あとは雑誌ちらほら。ゲームジャパンのみづきたけひとさんのコラム、ずっと気になっててやっと見られたんですが、ネタがシブくて周囲おいてけぼりなとこが彼らしくて好感がw。ホビージャパンさん半ページなんてケチなこと言わず2Pやってもらって下さいよー。
 中綴じのおこちゃま向け自称エンスー雑誌(仮)は紙が厚くなって中身薄くなってましたな。まあ新型車が次々出るといっても趣味車ってのはそう増えるもんでなく、過去に特集したクルマをまたやるとライターの質落ちてると逆に前よりつまんなかったりするからしょうがないかも。で、あの「本当っぽい嘘まんが」(私は著者の髭太り氏が第二のT大寺になることを懸念してます。もっともらしい嘘を素人に吹き込む迷惑野郎という意味で)ですが、なんかデフおかしい(てゆうか走行に異常出た)と思った時点で左寄せて△板出さないって行動に「車好きとしてこの上ないデリカシーの無さ」以前に「自分らの命の心配しかしてない最悪のマナー思考」に頭抱えたわけですが。止まられて突っ込んで車壊したら、突っ込んだ方が保険使わなきゃいけないって事もわかんないんだろうか。
 トータルに見てこの本の読者さんには「そろそろ卒業しない?」と言いたいです。だって、本に書いてあることを実行できるだけの経済力が伴ってるなら当然自己の思考も相応になってきている筈で、自分の目で確かめる、自分の五感で感じ取るをやった上で、自分の判断ということができるようになっているだろうし、相応のクルマを維持しようというのだから当然ネットは使えるだけの経済力ある筈で、それなら雑誌なんか買わなくていい。資料にしたいならカーマガジンとかの方がいいし、情報としてもネットのコミュとかの方がいい話が聞けるし。私があの本をおこちゃま向けとしているのは、掲載されてるクルマを実際に購入しないであろう層をターゲットにしてるようにしか見えないから。現物があるネタを扱ってなおあれほどリアリティに乏しい誌面ってのもどーだろうと。

 とまぁやれやれな気分になった後、アニメ関係の本棚見ていやはや涼宮ハルヒの人気は凄いなぁ、残念ながら理解はできないけど、とか思ったり。演出だけでは刺さらない奴ですごめんなさい。薄いので(苦笑)。

| | コメント (0)

2006年5月27日 (土)

ここ数日の新しい習慣モード

 私が滅多に他所様のフィクション小説を読まない人なのは、古くから知る人ならご存知の事かと思いますが、最近ちょっと資料として読んでいるものがあります。江戸川乱歩の小説。児童書なので読みやすく、ハードカバーで厚みがあるわりに2時間半もあれば読めてしまうので(加えて、字がでかいので目が疲れないw)、飽きずに続けられています。

 江戸川先生の小説は元来子供向けで、内容としても非常にシンプルなものです。私が他の人の小説に目を通さないのは、お気に入りが生まれた時にその影響を受けないためですが、なんというかさすが日本のミステリーではもはや古典だけあって、文体等きわめてベーシックな内容なので、安心して読めます。トリックも今では通用しないものが多いわけですが、それでは資料にならんじゃないかというと、そうでもないです。そのきわめてベーシックな内容が、描写の時系列の構築など、基礎を学ぶのにちょうど良かったから。

 私は思いつきで一気に書くタイプで、かつ「この視点で書いちゃっていいもんかなぁ」と日々自分の文脈に疑念を抱きながら書いてるわけですが、ああなるほど、これでよかったんだと再確認することができました。(同時に、日本の最近の小説の、豊富に枝分かれした大樹の、根に近い幹のあたりにあるものだなぁと感じます>乱歩作品)

 意外と端折りとかアリなんだなぁとか思いつつ(それが現代の読者に通用するかは別として)いろいろ参考になって興味深いです。ノベルというより手本書き感覚で。
 乱歩作品は非常に簡素で、設定で虚飾して本筋の薄さをぼかすタイプの最近の小説(中でもライトノベル)の対極にある感じです。見せ場だけをびしっびしっと押さえていくので、短文でも面白いんですな。勿論最近のライトノベルにも優れたものはありますが、いらない設定で引きこんで実の所その分野の描写は薄い小説なんかと比べると、逆に目からウロコです。簡素すぎるのも今の時代には合わない気がしますが、設定の量が文章の量にきれいに収まるのが前提なんだなぁと、これまた非常に勉強に。少年探偵団は小林少年を含め11人なわけですが、全員の名前をいちいち詳細に説明なんかしていませんし(笑)。(出番があったとき初めて、その少年の名前と形(なり)がごく簡単に説明される程度)
 こういう人物の出し方も参考になりました。最近の「世界観の冗長な説明に飽きて完読できないノベル」の、どうにも言葉にまとめにくい違和感の理由がわかった気が。

 そんなわけでなんとなく研究がてら、レトロとモダンの間を行く作品群を楽しませてもらっています。図書館通いも気分転換にはよく、乱歩作品以外におまけで借りる1冊を選ぶのがちょっとした楽しみです。その1冊はノンフィクションないし図鑑の類で、単純に知識欲を満たすために覗いてみています。

 で、こういった研究からどのようなものを生み出そうとしているかはまだナイショなわけですが、とりあえず完成しても何かしら賞の類には応募しません。出来上がりの折には近しい友人に評価をお願いするかも。その折はよろしくです。ってゆうかたまに「まだかッ!」と尻を布団叩きでひっぱたく発言をして頂けるとw。(そこの六角先生、まだ早いw>ひっぱたく準備)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

アソシエイトのリンク入れ替えたりとかモード

 ふと思い立って昨日一晩かけてトップページのAmazonのリンクを書き換えてみました。
 欲しい人がいそうなものも一応出しましたが、主に自分が気になってるもの出してます(笑)。早速注文したりしてたし。

 軽く解説すると、追加分ではXBOX360まつりのとこにまず有線パッドとプレイ&チャージキットを。有線パッドはあれですな。変換コネクタかますとUSBポートからPCに繫がるという便利物で、電池の心配なし。前からXBOX使ってる人は2つ目からはこっちでいい気が。プレイ&チャージキットは無線パッドの専用充電池とチャージャーです。既に1注文頂いてましたので入れてみました。うちはデジカメのために高速充電器とニッ水がごろごろしてるのでこれは不要だったりするのですが、専用品が好みの方には。要望があれば2つ目以降のスペアバッテリーもリンク出します。ソフトはフレームシティとPGR3とOverG追加。私はとりあえずリッジ6とPDZとPGR3予約しました。DOA4は多分中古で(^^;。他のソフトは評判次第です。プロレスゲームってタイミング勝負のばっかりで超苦手なんですが、列するキングダムはガチャプレーで大丈夫みたいなので、ちょっと遊んでみたかったり。フレームシティみたいなのは今後増えるでしょうね。架空都市内のタスク遂行アクション。先発の出来が気になります。

 トイ関係ではCTさんとこで話題になった翠星石と、これまたCTさんが気になってるアリエスと。あと柊ちはやさんは出来がマジとんでもないので(買ったフィギュアを箱から出さない私が、出してしげしげ見たくてしょうがない状態になるほどものすげーです)オススメ。ぽよ先生の絵、まんまです。

 CDでは、二ヶ月連続リリースが凶悪なレジェンドオブゲームミュージックボックスの2とコンシューマーが。正直、2で欲しいのはタイトーとSNKのCDだけだったので、そっちは我慢なんですが、意外やコンシューマーが刺さりました。任天堂系入ってないってのが凄いw。残念ながらMarkIII系はいらんのですが、PCエンジンとメガドラ、MSXにどんなものが入ってくるのか気になってます。正直欲しいです。DVDはハドソンのキャラバンシュー特集だそうです。うわ、めっちゃ見たい。(2のDVDの大山のぶ代さんによるアルカノイド全面ってのも凄く見たいですがw)
 あ、あと、スプライツ続編のサントラ、何方かご購入下さったようでありがとうございました。私も気になってたので(主にジャケがw)一応リンク出し。
 ALIPROものは最近いいものが続いてるので、アルバム待ちのがいいかも?(リンク出してないですが「阿修羅姫」もかなり良いです)

 本。マールカラー文庫は「メイド服なんてッ!」と叫んだら現役投稿作家のひらべさんという方(アルカディアとかによく載ってる)が「これで萌えなさいッ!」と「民族衣装」を教えてくれたのがきっかけでありまして。1冊300円ちょいであります。デザインやる人は持ってて損ないはず。
 ローゼンメイデンまつりは、原作甘く見てたんですが、こないだアニメイトでプレビュー版貰ったら結構良かったのでつい出来心でorz。

 エレクトロニクス。ZenVisionはいいなぁ、誰か下さいヾ(^^;ぉぃ うちはDivX保存だから、あれがあればまんま流し込めるので有難いのです。フォトストレージにもなるし…
 PSPは黒のがいいし(正直□ボタンの件で躊躇してる人は損してるっつーか、ネットのゴシップにのせられすぎです。クタの態度は気に入らんけど、出来は良いですよ。最近買った人は「もっと早く買っとくんだった」という感想が殆どっす)で、どうせ買うならギガパック。バリューだといらない32MBProDuoついてくるんでかえって割高感が。あとから1GB買うよりお得感強いです。白は勧めません。あれこっそり廉価仕様だわ。だいたい液晶のまわりに明るい色を持ってくるなんて素(以下略)。

 ソフト。モンスターハンターPはヲサネコ買うなら買おうかなとか思いましたw。
 グラディウスポータブルはおすすめですね。あと、正味4ボタンは辛いですがZERO3↑↑は久々にカプコンからしっかり練り直した2D出るなーって感じで興味が。
 えいご漬けはちょっと真面目にやってみようかと(笑)。
 クラナドは今更かもですが、PCでは声入ってたんでしたっけ?
 実はAIRは二次創作ゲーしか遊んだことがないので、そろそろやっとこうかと(^^;。

 PCソフト。最近Acrobat5の調子が悪く、オブジェクト吐く時とかにバグるので、冬の本対策でElements購入することにしました。うちはベタ出力するだけなんで、Elementsで十分。これで駄目なら他社製品だorz。PDFなのに…

 っと、Amazonのリンクに関してはそんな感じです。

 昨日は(重力に敗北しましたが)ビートの室内電気系を充実させる買い物をしてました。シガソケ分配器とマップランプとFMトランスミッター(USBバスパワー出力つき)。トランスミッターがクセモノで、設定してない周波数(てゆうか、できない筈の周波数)にいきなりずれました(^^;。故障なんでしょうが、0.1ずらしたら普通に(とはいえノイジー。ラジオだし)聴けてるので、まあ繋ぎにはいいかと。今の半額ならiPodNANOを買ってもいいかなと少しだけ思いました(ぉ。ついでに昨日は冬の本用のCDを100枚スピンドルで購入。これ全部焼いてラベルプリントするのかと思ったら…(気絶)。

 久々にゲーセン行ったらエスプガルーダIIとラジルギとアンダーディフィートが並んでてシューティング祭り。実はラジルギが一番面白かった罠。見た目同人シューみたいだけどなかなか楽しいです。ガルーダIIは虫姫さまノーマル同様弾速いので早々に諦め。アンディフィはそこそこ慣れたけどでかい自機/微妙に真上じゃないアングルで細かい弾避ける局面がちょっとやらしい。やっぱラジルギだなぁ。あれがDC最後のソフトだと嬉しいんだけどなぁ(無理)。

 最後にビート近況。今度のビートはすげぇっす。何がすげぇってここ数日のざんざん振りの雨でも一切雨漏りやウェザーストリップ溜まり無しっす。まぢですかって感じ(笑)・

| | コメント (2)

2005年7月 2日 (土)

またもそのバトン受け取りました!モード

 CTさんから今度はBook Batonが来ました!
 今日はひきこもってて夕飯に寿司食った以外何もネタ無かったんで助かりますw
 そいでは早速。

■持っている本の冊数
 100冊から先は覚えてませーん♪んー、でもゲームよか少ないかも…。

■最後に買った本(既読、未読問わず)
 雑誌は当然除きだと思うので、たぶん「秘密商会しすあど!」だと思います。
 Amazonに頼んだがんすり5巻まだ届いてないから。

■特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)

・「魚でごちそう」(本山賢司)
 その土地の市場に出向き、食材を買い付けて、ターゲットとなる食材をスケッチし、アウトドアで見事な創作料理を作り、食す。夢のような雑誌連載企画を一冊にまとめた本です。十年も前の本ですが古本屋さんで発見して以来大のお気に入り。

・「学研の図鑑『機関車・電車』(1973年版)」(監修・荻原政男/執筆・三品勝暉)
 私がメカフェチになった原点だと思われる本。流石当時の国鉄大阪駐在理事室の方が書かれただけあって、リファレンスとしても大変優秀、ガイドとしても素晴らしい1冊です。最近幸運にもヤフオクで落札して再会。今読んでも面白いです。30年前の未来の鉄道は、未だ1つとして実現していませんが(笑)。

・「本田宗一郎との一〇〇時間 燃えるだけ燃えよ」(城山三郎)
 敬愛するおやっさんのリタイヤ後の日々を、直木賞作家城山三郎先生が密着取材した一冊。サイドエピソードも豊富で、ますますホンダ党にさせられた本。城山先生の切り口も絶妙で言う事なし。

・「アルフォンス・ミュシャ (イワン・レンドル コレクション)」(アルフォンス・ミュシャ)
 某ぼったくり絵画販売会社がリファレンスに使ってるほどの充実度を誇る、元プロテニスプレーヤー・レンドル氏のコレクションを一冊にまとめたもの。素晴らしい充実ぶり。アールヌーヴォー調デザインを私が取り入れることはないけど、インスパイアされる部分は多分にあって、たまに目を通すと自然散策をしたあとのように目が覚める感があります。
 ちなみにぼったくり絵画販売会社は「この本はもう絶版です」と言いますが、まだまだ増版かかってます。(あれ立派な詐欺だと思うんだが)

・「こみっくパーティー  ビジュアルファンブック」(よつばスタジオ編/メディアワークス刊)
 昨日久しぶりに読んでたらCTさんが5冊目に持ってきてたんでちょいウケw。世界観もキャラクターもリアルに近くて(シチュエーションはともかくw)大好きな作品の情報が1冊に。ラフスケッチとかもう本当に素晴らしいです。ファンブックのちょおお手本みたいな本。どうせ作るなら各出版社この水準のものを出してほしいですなぁ。

※好きなマンガだと1冊になるものが少ないから、マンガ入れられないね、このフォーマットだと(^^;。

■次にまわす人5人まで
 前回同様、よろしければですが。
 LAY師、なゆりん、なかたさん、ゆうきゆうきお師匠様。あと一人、SEGAlinkから誰か。

| | コメント (4) | トラックバック (1)