カテゴリー「携帯・デジカメ」の137件の記事

2012年1月 1日 (日)

お年賀写真・2012年版

昨年はTwitpicで公開でしたが、久々にこちらで。
取り急ぎ一枚。

1325369445439.jpg

新年早々寝落ちというか気絶しまくりました;

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

DSC-WX1の動画機能テスト。

 イワシイリュージョン@横浜八景島シーパラダイス。
 音声ミュート推奨。

 FullHDでなくても十分だと思います;
 動画の検証がまだでしたが、参考になったでしょうか。

|

2010年2月 4日 (木)

史上最強のなんでもありデジカメ(※鈍器的な意味でも)

関連リンク: 富士フイルム、24mmからの30倍ズーム機「FinePix HS10」を海外発表 - デジカメWatch.

 半ば「反一眼レフ勢力」と化している(注・銀塩は逆)QV10からのデジカメユーザーのわたくしですが、ハイズームデジカメは最も注目している機種です。事実上のハイエンドなので。(結構誤解がありますが、例えばキヤノンだとPowerShotGシリーズでできることは、ハイズームのSXISシリーズでもほぼ全てできます。逆は不可能ですが)

 今期のトピックは20倍オーバーしていたハイズーム戦争がついに30倍の大台に乗ったこと。ただし、オリンパスはハイズーム機からEVFを撤去するという「フェラーリをセンターメーターにしてみました!」的な大勘違いをやってのけてしまったので、今期はあそこはコンデジ以外見る物がありません。T端840mmは化物スペックでよかったんですけどねぇ、SP800UZ。でも500mm超えるとファインダーがないとお話にならないことくらい、カメラ使った事あればわかるよね?オリンパスにはカメラユーザーがどうもいないらしい(笑)。

 それはさておき、もう一方の30倍機がこのフジ・finepixHS10です。まだ海外発表のみの機種ですが、おとなしめの印象があったフジにしては珍しくとんでもなく攻めのモデルに仕上がってます。
 W端24mm~の30倍なのでT端でオリンパスには負けますが(T端は720mm)、ハイズーム機で24mmというのがまず驚き。流行りの裏面CMOS採用な上、ソニーのExmorR×BIONZ機でできるスイングパノラマと同等のモーションパノラマという機能を搭載、5フレーム重ねて被写体から動体を除去するモーションリムーバーというびっくり機能も搭載。そして、カシオのお家芸だった最大1000fpsのハイスピード動画、そしてfullHDでの動画記録が可能、覗き込むだけで切り替えのセンサーつきEVF装備で電源は単三×4と隙全くなし。記録媒体にSDXCがないのは残念ですが、SDHCまでは使えます。フジなのに…素晴らしい時代だ…(笑)。

 あと何か積める?って考えるとGPS&電子コンパスぐらいしかないほどなんでもありです。固定レンズ型で沈胴しないタイプなのでかさばりますが(間違いなく)、しかし逆にレンズ周りの取り回しに安心感があり、起動は相当に速いと思われます。たぶんですが、フィルタとかコンバージョンレンズは専用でなく市販通常品がそのまま入るっぽい。

 パナソニックがマイクロフォーサーズ参入でやめてしまった固定レンズ型ハイズームをここにきて復活させたかのような機種です。重量電池抜きで636g。電池入れるとまあ鈍器ですね(笑)。

 高感度CMOSで領域広いズームレンズを扱える上、FullHD動画が撮れるというのはとても有り難いです。おそらくワンカットあたりの限界容量が設定されていると思いますが、2GBを超える動画は保存にも処理にも困るんでんなん扱えなくて構いません(苦笑)。そしてこのレンズでハイスピードが行ける、と。EXILIM FH25をちょっと検討していたので、これ一台入れればその機能を取り込みつつSX10IS外せるなぁ、と。

 レンズの上にリングの存在が確認できるのですが、これがどのような操作に使うものなのか次第で本気で購入検討すると思います。(まあ、その前に国内販売発表してもらわないといけませんけど;)

 久々に気になるカメラです。W端が十分にあるんでテレコンバージョンレンズをつけて1000mmオーバーの世界を楽しむのもいいかもですね。

続きを読む "史上最強のなんでもありデジカメ(※鈍器的な意味でも)"

|

2010年1月24日 (日)

写真ネタあれこれ。

 ちょっとネタ溜まったので一気に。全てクリックで拡大です。

○「これであと10年は戦える」

Photo
 ペプシあずき48本。1本あたり38円。
 BJPM本を一緒に出した友人ヲサのタレコミで買いに行きました。
 ヲサも同じ数買ったので、CAT&LYNX Armtec Laboで96本購入したことに。
 たぶんイオングループのお店全体でこれくらいの値段で処分してると思うので、あずきフェチの皆さんは急ぐんだ!(笑)

○「痛車に見えた」

Photo_2
 ボンネットに残った雪が一瞬IM@Sのマークに見えた件について。

○「かわいすぎる版権イラストの食玩」

Photo_3
 やっぱしラブ×せつだと思います。余談ですがせっちゃんばっかりやたら余ってて、ざんねんなこだけ先にいなくなってました。失踪かもしれません。

続きを読む "写真ネタあれこれ。"

|

2010年1月19日 (火)

あずき のち チョコレート。 (DSC-WX1のテストもついでに)

 サントリーまたやった(笑)。

Photo
 じゃっじゃーん。

※例によってクリックでもっと拡大

 免許証のコピー取りにセブンまで行ったので、ついでに見て回ったらこんなものが。その後レジに行くまでのことはよく覚えていない(笑)。レジのお姉さんが二人とも興味を示して、どんななんだろうという話になったのでかろうじて意識を取り戻したよ(笑)。後で教えてねと言われたので飲まなければならないわけですが。

Photo_2
 なんすかこの高カロリー(笑)。
 らめぇしんじゃうぅ!

  とか思いつつも、こーんなことで後に引く俺様じゃないぜぇ?と山崎たくみさんの声で呟きつつ、しかし「実はこれ、たくあんなの」と眉毛を差し出された唯さんのように怪訝そうな顔をしつつ封切った。飲んでみた。

(てってけてー♪)
 うっまーい!!(いやマジで)

 ミルク系に頼ってない、チョコレートがしっかりしたチョコアイスの味と香りで炭酸飲料、甘さは適度程度、って言えば伝わるでしょうか。やばいなぁ、これ、はまっちゃうよ(笑)。ほんと商品名の通り、「チョコレートスパークリング」です。炭酸とチョコフレーバーが合うとはしらなんだ。今まで無かったのが逆に不思議な気がするよ。

 後味の抜けにやっぱり砂糖系炭酸飲料っぽさがあるのがサントリー風なんだけど;チョコレート(本物)を食べた時より舌になんてのかな、重いカカオ感が残らずに、香りが持続する感じなので、同じカロリーならチョコ食べるより今はこっちがいいとわりと本気で。

 ほんのり茶色。原材料にチョコレート入ってるのかな?と思ったら、上の写真のさらに舌の部分に衝撃の言葉が。

※チョコレートは使用しておりません。

 Σ( ̄□ ̄;!
 流石イロモノペプシのサントリーだぜ。実物なんざ必要ないんだぜ(笑)。香料の魔術師サントリーフーズに拍手を。

 なんか公式ページあったよ(笑)。

 

 

続きを読む "あずき のち チョコレート。 (DSC-WX1のテストもついでに)"

|

2010年1月 7日 (木)

動き出した次世代。

関連リンク: ソニー、GPSと電子コンパス搭載の「DSC-HX5V」 - デジカメWatch.

 海外先行発表ですが(私が使ってるWX1も海外先行発表で、あちらでプライズを取ってから日本で発売されたモデルです。箱にちゃんとそのロゴが入ってる)、ついにトランスファージェットがこれとTシリーズの新型に実装されました。

 開発がソニーということで一番乗りはマーケティングテストを兼ねてのことだと思いますが、普及の兼ね合いもあってか、Hシリーズ最新型のこのHX5(Vは米国ローカルの型番っぽいです。日本は欧州同様この型番かと)はコンデジでできることのなんというか、幕の内弁当状態で出してきました。

 突っ込めるもんを全部突っ込むことで、一番普及させたい「本命」の技術導入をスムーズにする、というのはお家芸ですが、コンパクトなサイズに(トピックであるGPSとコンパスだけでなく)FullHD解像度のAVCHD動画撮影が可能で、光学手ブレ補正技術はハンディカムと同等のものを引っ張ってきたそうです。もちろんセンサーはExmorR、レンズはWX1よりは暗いもののW端25mmT端250mm相当の10倍ズーム。それで北米では希望小売価格349.99ドルで売るってんだから、ぶっちゃけ日本円換算だと猛烈に安いんですけど;驚きです。この機能に釣られて買えばトランスファージェットが使える、というくらいの感覚ですね。まあ会社違うけど(違うんだよ;)PS3の廉価になる前のがこれでもかってくらいAV機能突っ込んでついでにBDが見られるよ、って仕様だったのに似てます。

 しかしまぁそのPS3の環境を生かすのに数十万円規模のAVシステムが他に必要だった、ほどではないにせよ、データ発信側の機械だけでは駄目で、もちろん受信側も必要になります。CESで既にVAIOのTypeF(ノートタイプで一番スタンダードなモデル)の組込み型を展示してデモもやったそうです。てっきりFeliCaとの両立をするのかと思ったら、先行発表モデルはタッチパッドを挟んで左側、現在は何もない部分のパームレストにトランスファージェットポートが装備されているようでした。日本仕様では統合されるかもですが。

 今期のVAIOでは確定仕様はとりあえずZの新型が発表されていますが、それにはまだ実装されていませんでした。このHX5とTX7が日本で発売されて以降に内蔵モデル発表だと思われるので、早くて夏モデルからでしょうか。FeliCaの時も皆さんご存じの通りPaSoRiをキャンペーンなどで結構ばら撒いて普及を促した結果、国内メーカーのノートPCには概ね現在FeliCaポートは搭載されるようになりましたんで、もしかしたらUSB外付けのポートが出るのかもしれません。カメラ側の方も実はトランスファージェットモジュールは当初メモステProDuoに機能を組み込んだものとしてリリースされるようです。(そのかわり今回からいよいよSDHC/メモステProDuoデュアル標準です)

 だもんで実は私のWX1でもトランスファージェットカード入れれば使えます(笑)。FeliCaの出だしの時、ちょうど量販店に入って販促手伝ったのと、当時メインカードをソニーカードにしたというのがあって、早めに導入していました。今回も機会があれば早く試したいところです。

 コンソーシアムに参加してる会社は国内の携帯キャリア・端末メーカー(ということは即ちホームPCメーカー)及びデジカメメーカーのほとんどなので、他社からも対応製品は次々出るでしょう。

 来年の中頃には基本的に外部接点なしのIPX7以上端末がデジカメや携帯でわりと当たり前に出てるかもですね。遅くとも携帯キャリア各社は来年の秋冬までには大々的にそういうフルシールドタイプ(完全ワイヤレスタイプ)の端末を主軸に据えてくるのでは、と思います。

 次期ウォークマンXシリーズの曲転送とかもこれになるかもしれないですね。前にも言ったとおりコンソーシアムにアップルは参加してませんが(笑)、FeliCaと違いローカルな規格にならないっぽいのでいずれ入らざるを得ないかもしれません。あそこはソニーこきおろすの大好きな会社とはいえ、風見鶏っぷりも凄まじいんであっさり頭下げるでしょうし、ソニーも取り立てて気にしないどころかむしろ歓迎するでしょう。デジカメとiPhoneを近づけるとカメラロールにデジカメの写真を取り込むモードになる、とかだと非常に便利だと思うんで、やってみてほしいです。

続きを読む "動き出した次世代。"

|

2010年1月 1日 (金)

あまりの眠気に素で足し算を間違える奴。

 24時間が2ループ目に突入しても合算で50時間超えるわけないだろう(笑)>私
 何ヶ所かで間違えてますが全て発見しても実績解除なしです。

 といいますか、みんへるさんの年賀状に「まだ12月だろう!」と書かれていたので(笑)、私はまだ12月なようですよ!!Σ( ̄□ ̄;!

 新年早々ついったーへのシフトが顕著です(笑)。プロフィールアイコンの写真撮るために簡易スタジオ立てて撮って、勢い余っていっぱい頑張ってみたんですが、これという1枚はtwitpicに上げちゃったし。

 年末年始ブログ読む人少ないのはいつもなので、気合い入れて更新する必要もまだ無いなーとか思いつつ、ホンネを言うと眠くてあまり更新したくない;。侍道3の連続プレイで疲れたのですよ(駄目すぎる)。

 今日は半ば気象による封鎖状態だったので、もうちょい回復してからもきゅもきゅと動きだそうと思っています。

続きを読む "あまりの眠気に素で足し算を間違える奴。"

|

2009年12月27日 (日)

憧れのおふろワンセグに挑戦。

 折角防水端末(F-01B)買ったんだしね!(笑)やってみました。

 とりあえず濡れた手でもタッチパネルはまともに動きます。深夜だと田舎は面白い番組やってないから、地上波。うーん、余ってる帯域でBSデジタルの地上サイマルキャストやってくれるといいのになー。SIM紐付けでワンセグでも見られるようにして。

 とりあえずは自分ちのお風呂で電波が受信できなければいけないわけですが、NHKはOKでしたが民放は厳しかったです、日テレ系のテレビ岩手くらいかな。単に停波だったのかも。でも、何も考えないよりは長時間浸かってられるのでそこはよかったかな。BDレコーダーとの同期とか、メモリカードなりUSB経由でデータ形式での動画持ち出しもできるから、放送にこだわる必要はないのだけど。録り溜めしちゃって消化できてない人にはすごくよさそう。お風呂なら邪魔も入らないし~。

 パケホの人はワンセグ見るより動画サイトのが楽しいかもねー。もちろんアンテナ3本ですので通信可ですから、もばついで「おふろなう」も可能です。はいそこのひとー彼女さんにお風呂からテレ電かけてとか土下座しないようにー。一応水浴びしててもテンキー使える設計ですが、心配ならそれこそタッチパネルで全て操作しちゃえばOKです。ネットのテキストボックス入力にも手書きは使えるからね。メールは言わずもがな。

 流石にシャワー浴びてるといろいろ聞こえません;そこは仕方ない。
 携帯を流水で洗浄しなければならないような状況ってあまり想像つかないですが(魚釣りに行った時くらいかなー)一応洗うこともできます。魚掴んだ手で使って生臭くなったらぬるま湯に20分くらい浸けておくとか、そんなとこでしょうか;

 快適に入浴を済ませた後がちょっと厄介だったりします。

続きを読む "憧れのおふろワンセグに挑戦。"

|

2009年12月25日 (金)

キャリア公式サービスのプッシュ型配信でパケ代取ってどーすんの;

 利用開始から1日待たずにiコンシェル、解約決定です;
 ドコモ提供のサービスであればプッシュ配信される分の情報はパケ代かからないだろうと思っていたし、確かドコモショップでさえそう答えた記憶があったのに、実際には違ったから。自分持ちであんなにやり取りされたんじゃたまりませんて;パケ代最少額で乗り切ろうと思ったんですが流石に頭は打ってないだろうけどあのひつじに結構使われたっぽい。ひつじめ!

 どうもドコモはパケホで上限打つ使い方を当たり前にしたがってるフシがあるけど、私はパケは使いたくないし、そもそも下限下げても上限下がらないんじゃ同じだし。上限打ったら普通はもう可能な限り使いまくるだろうから、トラフィックがひどいことになるのは自明の理だと思うのだけどなぁ…。

 で、道路交通情報や交通機関遅延のお知らせはいいと思うし天気予報は当たり前だと思うんだけど(iチャネルで普通にプッシュ配信してるんだからやってくれりゃいいのに)デフォルトで生活の知恵だなんだってどうでもいい情報は拾ってくるわ電話帳の別に住所データいらないとこの住所データとおそらくロケーターURL拾ってくるわでもう。

 今欲しいアプリはこのひつじを叩きのめすタッチアプリです(苦笑)。

 

 で、そのタッチケータイであるところのF-01B自体は特に不満はなし。今朝、今年リリースの10円玉を発見したんでちょっと写真撮ろうかなと思ってマクロで寄ってみたらはじいちゃった(近すぎた)のでWX1で撮った、ということがありましたが、それはまぁ、画素数多くても携帯は携帯ということで。液晶裏の鏡面処理してる部分に指紋つきまくっちゃうのが目下の悩みですが(あの部分のガード用シールもあった方がいいかもね)、液晶画面に関しては全く不満なしです。ターンさせた状態でフルオペレーションタッチで可能なことに感激した旨は昨日書いた通りですが、通常のオープンでも普通にタッチで使えます。ポインティングを指でやって確定を決定キーでやると扱いやすい感じです。他社製はオープンスタイルではタッチパネル機能しないものが多いので、このへんが特にいいなぁ。あと、このくらいの画面サイズがないとタッチパネルとして成立しづらいと思います。

 ワンセグの感度が弱いと聞いてましたが、まあ以前使っていたSH903iTVとどっこいってとこです。バーアンテナがないので、それに触れることで全身をアンテナがわりにするという前時代的なことができないのは残念ですが。

 富士通端末の健康管理機能は店頭で端末見た方はご存じかと思いますが、デフォルトで歩数計ついてたりいろいろです。購入後24時間で2000歩歩いてません。だめだ私(笑)。てゆか、これがあるからとりあえずポケットに入れておこう、と思うんですよね。おっさんのハートをがっちりキャッチ(笑)。時計がないと意外とめんどくさい(人様のを取るのがちょっと恥ずかしい)脈拍も、なんとカメラの前に指乗っけるという大胆な方法で計測できます。(今売りのFは全部できるみたいですな)タニタの体脂肪計と赤外線でリンクして健康管理なんてこともできて、なんとも三十路後半のハートをくすぐります(笑)。

 ドコモ端末が現世代(社名イニシャルと2桁数字)になって以降、タッチパネルのものになってない具合がずっと具合悪かったし、加速度センサーの精度にもわりとげんなりだったのですが(そして開発会社がほぼ横並びなのでどこのキャリアでもそれは一緒)、iPhoneという「目標」が存在したおかげか、今回の冬春になってだいぶよくなった気がします。少なくともF-01BのそれらはiPhone持ちの私が違和感なく導入できるだけの精度があります。

 通話端末にしちゃちと贅沢と言えるスペックではありますが、使い始め1日でわかったのはやはり「常時持ち歩こうという気になる仕様」がとてもいい、ということでした。パッキンつきの外部端子開けるのめんどくさいし、microSDに至ってはSIMカードの隣なんで電池外さないと外せないという恐ろしい仕様ですが;これにトランスファージェットついてたら無敵だよなぁとは思うところです。

 黒を選んだわけですが、プラ部分のつや消しと鏡面部分の光沢のコントラスト、そして富士通のお家芸であるイルミネーションのバランスがとてもよくて、デザイン的な満足度も高いです。鏡面処理部分の中にサブディスプレイが仕込んでありますが、黒に関しては普段どこにサブディスプレイがあるのか全く見えないのも良いです(白は見えちゃうみたい)。

 仮にパケホをフルに使いたい気分になったら相当便利な端末になるのもわかっているし、とりあえずは一度月末締めで眠らせますが;ひつじも対価を払ってこき使えば大分良さそうな感じではあります。

 とりあえず「これにして私は正解」と思いました。
 本来アウトドア派なのに疲れてて最近週末でも外出てないって30代以上のユーザーさんにはオススメです(笑)。あまし若者向けって感じではないです。

 あ、もう1つだけ困ってることがあるなぁ。

続きを読む "キャリア公式サービスのプッシュ型配信でパケ代取ってどーすんの;"

|

2009年12月24日 (木)

いきものはすべからくいきおいでうごいてるとおもいます!

 今日こそはドコモショップ行く!携帯決めてヤマダ行く!と思って、登録店舗の盛岡インター店に行ったらF-02BはあったけどN-02Bは実働まだ来てなくて(でもホワイト/ライムのは売り切れてたので、人気はあるみたいですよ)、ああこれはいよいよF-02Bかナーと思ってちょこっといじってみた。

 うーん。
 メニューわかりづらいっつーか画面小さいなぁ;
 前の携帯より液晶サイズでかいはず…いや同じかな?どっちも3インチか。いずれにしろ、解像度が上がったので画面が小さく見えるのと、液晶パネル側の液晶の縁が広すぎる。50インチのTVだって画角あたりの縁の広さがでかいと小さく見えるんだゼ?と元家電屋らしい愚痴を言いつつ、でも防水いいよねうーん防水~と思ってあらためてF-01Bを触ってみたわけですよ。

 前回お店に行った後いろいろF-02Bについて調べたついでに、なんとなくF-01Bの事も調べてたんですが、なんだかタッチパネルの手書き文字認識が素晴らしいと絶賛されてて、「おっ?それは元WiZユーザーのワタクシに対する挑戦ですか?やってやるです!←途中からあずにゃん」とか思ってたわけですが。

 ターンスタイルでメーラー立ち上げて(ここまでの流れがスムーズだったので既にわりと楽しかった。他社はまだここまで来てないよ)ウワサの文字入力パネルを出して、指ですすっと字を書いてみて。

 うははは何この識字率の高さすげー(笑)。フリックよりはめんどくさいけどテンキー連打よりずっといいわへたすりゃQWERTYよりも!となって。

F01b

 なんか気がついたら手元にあったよ!(笑)

 ポイントとクーポンで既に頭金相殺は可能だったんだけど、ドコモは基本的に全店舗価格同じで、あとは各店舗のサービスだのキャンペーンだので頭金ゼロにできたり付加価値がついたりという感じだったので、何店舗か歩いて結局前の携帯買ったジャスコの携帯売り場に落ち着きました。なんかWAONが3000ポイントもついたよ。「でもWAONカードは買って、ついでに初回の千円チャージはお約束だからよろしくね♪」と言われたので、待ち時間にどうせ夕飯だしーと思って 「それくらい払ってやるです!くるしゅうないです」と言ってチャージした千円でさんざん迷った挙げ句はなまるうどんでしょうゆうどん大盛りなクリスマスイブ(苦笑)。

 契約の都合でちょっといろいろやったあたりをチェックしてる最中に、いろいろ仕組みが変わったことを知って(月契約サービスってプラグインみたいな形になるって知らなくて、お店の人はそれが当たり前だと思ってるからちょっとややこしかったりとかあったかな(笑))いやぁ、普通に使ってたけど2年の間にガラパゴス化いっそう進んだなぁ;とびっくりしましたよ。

 携帯電話にしてからずっとシャープだったので、他社初めてだったりします。ついにシャープ脱却!自分でびっくりだ!(笑)ガラパゴス化を推し進めたのはJ-PHONEから始まってボーダフォン・ソフトバンクモバイルとシャープで、先端技術テストが2G時代はずっとシャープとJ-V端末でしたから、新しい物好きな私は必然的にシャープ使ってたんですが(3Gドコモに移った時もサイクロイド使いたくてシャープだったし)今回は「この先2年のテーマって何かな」って考えた時、自分の中でWi-fiと防水だったんですが、ドコモでWi-fiがN-02Bしか無くて、Wi-fiのメリットを考えた時iPhoneとの二台持ちユーザーの私には無かったことに気がついたので;防水を取りました。

 前に機種変した2年前、私は「ワンセグついてない携帯の方が珍しくなるよ」と言ってて、周囲は「いらないじゃんあんなの」って言ってて、結局どうなったかは皆さんご承知の通りですが(笑)、次Wi-fiは微妙ですが;防水はおそらく8割以上の携帯についてると思います。Wi-fiが微妙なのは、各社素直に使わせればいいとこ縛りつけちゃったのと、デバイスコネクトの規格としては正直帯に短したすきに長しだと思ったからです。無線USBやトランスファージェットがあるので、携帯を「かざす」ことに慣れた人たちはたぶんトランスファージェットに行くんじゃないかと思って。で、非接点接続がポピュラーになるほど構造密封のメリットは生きる。温暖化で汗をかく機会が増えると、皮膚からの蒸散水分で地上水没というiPhoneでよくある事故(笑)が増えそうな気配。となると…という読みがあります。

 あとの読みとしてはスマートフォンから実体キーはなくなる(QWERTYボタン消滅)、あたりでしょうか。親指押しは実は遅いよ、と気づいてる人はもう気づいてる。というか一番ヘヴィに使うメーカー開発さんがそう思っちゃってるのでキーのが早い!と言ってる人の意地は残念ながら続かないっぽい。両手で数本の指を駆使できて初めてQWERTYは生きるんだと証明されると思います。だもんで今のネットブックサイズが最低ラインになるのではないかな。電子辞書くらいでしょう、それ以下は。

 てなわけでフリックで普段は文字打ってるし手書きも使えるようになった、ということで、先2年はこれでいいかな~と。iコンシェルは楽しみにしてて入れてみたので、しばらく携帯と格闘です。

 24回払いですが、たぶん気が向いたらさっくり残債抹消はしちゃうと思います。今;たまたまお金ないだけだから。

 にしても、少なくとも半日前にはこの機種にする気は皆無でしたよ;
 勢いって怖いですよねー(苦笑)。

続きを読む "いきものはすべからくいきおいでうごいてるとおもいます!"

|

より以前の記事一覧