« 花粉症シーズン到来。 | トップページ | 人造人間とか数あれど。 »

2012年2月18日 (土)

オープンワールドタイプのゲームは危険w。

※ただしファンタジーは除く

今日も簡単な内容で。
タイトルの通りなんですが、ほんっとオープンワールド系大好きで、ハマるとそのゲーム一ヶ月以上続けて遊びます。今の世代の機械でやっとメジャーになったジャンルって事を忘れがちなくらいいろんなとこに長期滞在してるようなw。

流行りものに敏感な人はGTA4で入るみたいなんですが、あれは私の感覚だとまだあまりオープンって程じゃないと思います。実際、セインツロウシリーズの方が人気はあるようですし。
セインツロウは全部やってますが、1の筋書き少ない分没入感強かったのに対し2の主役が出しゃばりすぎでつまらなかった(シナリオでしたくない選択をさんざんさせられた)ので1は一周を長時間かけてやりましたが2は終わらせるのを目的にさっさと終わらせました。で、3ですが。面白いですw。既に3周目、今回は能力上限になるとチートなしでも弾無限自分無敵まで行きますが、それでも2周目エンディング後に湧いてくる敵潰しで50時間くらいスティールポートにいましたねw。今日3周目の能力上限行きましたがぜんぜん飽きない。とっくに実績は全解除してるんですが。1からの伝統ですが、架空のメーカーの架空の車を作品間できちんと共有してて、それらがとても魅力的かつ走らせてて面白いというのが。ぶっちゃけナムコのリッジ担当の人は上司にセインツロウやらせて「シリーズの継続は無意味だと思います」って進言しちゃった方がいいかもしれない。日本製のゲームで、海外のオープンワールド系のほんの数パーセントの要素でしかなくなっちゃったもの、たくさんありますよ。そういうところも凄い。

オープンワールドの面白いとこは、現実にやらないことからやってみる気になるとこですよね(笑)。例えばセインツロウ3ではうちのボスは抗争現場に空から降ってきますしw、ドライブオープンワールドの傑作テストドライブアンリミテッドの初代(2は駄目、スムーズに進行しないしバランスがタイトすぎて自由度が実質的にない)では、みんなまず何をしたってスポーツカーやバイクで登山をしてましたしw。

個人的に一番好きなのはマーセナリーズ2です、いまだに。協力プレイ時に各々のプレイヤーがあまり離れて行動できないって制限が難点ですが、セインツロウと違って都市部と山間部と海、と明確に分かれてて、その中で派手に立ち回れる上にできることが豊富で、無駄なことをいろいろしてしまうというw。友人にヘリを操作してもらって自分が爆撃指定して、ビルが空爆で砕けるさまを空中から見るとか。いろんな楽しみ方がありました。

似たようなゲームにJUST CAUSE1と2があります。こちらはスタンドアロンなゲームなのですが、1は立ち回りが派手にできるけど操作が難しく、2は全体に簡単なものの日本版にどでかい仕様の穴があって今ひとつ楽しめない部分があったという残念が。どちらかというと1が好きかな。グラッリングフックの使いこなしが完璧ならヘリからヘリに飛び移るを繰り返して殲滅ができたりします。2は空中の乗り物からはグラッリングフックが出せなかった。(引っ掛けることはできますし、故意に落ちられますが、パラシュートを挟むにしても一度飛び降りたヘリに戻る、ができなかったり、ぶら下がってるヘリから他のヘリへ、ができなくなってる)地形の多様性は2なんですが、結構めんどくさいだけだったとかありました;とはいえ日本語版を結構遊んだ後、海外版買ってそっちも遊んでるので(別実績です)嫌いというわけではないですね。なんだろ、乗り物のサイズ感が1の方がよかった感じです。

架空の乗り物を楽しむって意味ではJUST CAUSE系もなかなかで、2では全ての乗り物を一度は運転するという凄い実績があります。陸海空全部で143種類だったかな?出現がランダムなのも多くてちょっとしたハンティングです。でもお気に入りを保管しておくことができないんですよねー;残念。

そういえばセインツロウ3もジャスコ2も、架空の戦闘機が妙にカッコイイです。というかセインツロウ3のSTAGのメカのデザインの良さは異常w。そういった楽しみもありますね。たしかに実在する乗り物で遊ぶのもいいんですが、それは実物乗った方が楽しいんで(意外となんとかなっちゃうので…意識して人脈広げるとチャンスは来ます)。というか、実物出てくるのはフィーリングの乖離が酷くて…;テストドライブアンリミテッド1とかは割り切りがききましたがそれでもまだ納得いかない部分はありました。


今後楽しみなものは勿論マーセナリーズ3ですが、「この世界観でオープンワールドになってれば…」というタイトルも結構あって、そういうのが出て来ればなぁと思う作品もあります。実際、Haloで…と思っていたら、ルーキーのパートはそれに近いですしね。他のメンバーのシナリオ部はマルチパートですが。

ファンタジーは元々好きでないのもありますが、架空の世界より架空の社会で遊んでみたい、という気持ちもあって、オープンワールドはある程度文明を伴ったものでやりたい気がします。個人レベルの好き放題を楽しめる規模となるとあまりでかいもんは出せないですから、近未来あたりが限度になるのかな、と思いますが。とはいえ、引きマップ上で行き先を選んで行った先で好きなように展開するセミオープンワールド的なゲームも過去にあって面白かったので(具体的にはクロムハウンズ。あれはミリオン行ってるので続編を切望してるのですが…かの有名な同人サークル山田屋さんも「クロムハウンズいいですよね、誘導兵器でなく直接射撃しか手段なくてアシストないとことか最高」とお話した時仰ってたし)そういうのもアリだと思います。っていうか、クロムハウンズ2間違いなく当たるのになんでACVとか重鉄騎に行くのかが謎です;>フロムソフトウェア

世界に惚れる、って要素もあると思うんです、そこに身をおくことで。オープンワールドではないですがPSOとかそうじゃないですか。それくらいの奥行きを感じるには、やはり相応の自由度が要るよねとは思います。

個人的にはレア社に、バンカズガレージ大作戦で培ったアッセンブルシステムをコロニー単位でなくオープンワールド横断で使えるものを作ってほしいです。あれ、ほんとに楽しいのに、コロニー(ステージ)間を繋ぐメインワールドの取り回しが悪くて、3D酔いする人駄目なんで勿体なかったんですよ;

話題にしたソフトはいろいろ書いてますが概ね楽しめるものばかりです。
萌え要素皆無ですがw、オススメです。
てゆうか萌え要素絡むオープンワールドをシステム海外モーションとモデリングと声日本でやってくれないかなーと思います。日本人は何故かオープンワールドやるだけのイマジネーションがない。残念。女の子キャラをエディットして衣装ショップで好きなように着せ替えできたら、ドール趣味脱却できるかもしれないんだけどなぁ(と、心にもない事を言ってみる)。

|

« 花粉症シーズン到来。 | トップページ | 人造人間とか数あれど。 »