« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月に作成された記事

2012年2月29日 (水)

今日は手短に。

福圓さんストライクウィッチーズ映画の初日舞台挨拶出るそうですが。
プリキュアオールスターズNSの初日一緒なんですが、NSの舞台挨拶には出ないと?
というかぴあにSWの舞台挨拶もう来てるのに、NSまだなんでどーしようとw

その年のセンターが抜けたのは、DX開始後水樹奈々さんだけ。あの人は紅白歌手なんで仕方ないかなと思ったりしますが、普通の声優さんが抜けるのは…。相当熱心にプリキュアに取り組んでる声優さんが多い中、福圓さん開始の段階から「プリキュアこんなに人気あったんですね」とか皆さんぽかーんとさせる発言した人なんで、非常に心配です。

もうまもなく月末締めなので日を跨いだらバスのチケットを取りますが、ちょっと心配だなぁ;
福圓さんどうこうでなく舞台挨拶ない可能性もあるもんなぁ。

ちと困り中です。

|

2012年2月28日 (火)

軽い気持ちで始めたらとんだ藪蛇だった話(きゅーとれーと21あずにゃん製作話)

1330436332829.jpg
えーっと。先日Amazonでびっくりするような安値できゅーとれーと23あずにゃんをお迎えしました。で、肌色についてはあれオビツもおかしいんでスルーですが、背丈が!!

あずにゃんが他の先輩と背が同じなわけないじゃん!!ただでさえ小さい子なのに!!

で、ドール者としてきゅぴりんと思いついたわけですよ。

『だったら縮めりゃいいじゃん』

と。そして私の地獄が始まりました。

まだ昨日ですなw、アゾンLS秋葉原に行った時、V時代からお世話になってるN井さん(素体ソムリエの異名を持つ(ウソ)マエストロ(ホント))に一応聞きました。

「同じオビツだからそのまま21大丈夫かな?」
「きゅーとれーとのヘッド見たことないのでわからないんですが…基本的に首穴はオビツ同士なら互換してるはずなんですが…ごめんなさい実物見ないとわからないです」

ということだったので、新型素体の首マウント形状の違いに自己責任で目を瞑って21素体を購入しました。(余談ですが最初25から23だと勘違いしてて、まず美白の23買って、マクドで芋食いながらレジーニャのサイト見て「あ、間違えた」とw。他にも使えそうだったのでそのまま買い増しに行きましたが)

で、帰宅して一眠りして作業開始。
「首ぜんぜん合わないorz」
穴はびしっと合うんです、でも、きゅーとれーとの首はオビツ23以上のソフトボディで使ってる新型フレームの太さで首の保持をしてる事に気づきました。
なので、オビツ21の首パーツになんか巻けばガタツキは抑えられた筈なんですが、首パーツ抜けなくなっちゃって。ついには21の首パーツがねじ切れました…。

やむなくとか言いつつはなからそのつもりでしたがw、あずにゃんヘッド分解しましたw。

ツーテールがそれぞれボールジョイントで繋がってるのはフィギュアいじったことある人なら想像つきそうですね、その通りです。で、セオリー通り前髪後ろ髪と肌色部分の3ピース構造なんですが、後ろ髪パーツががっちり接着してあって。あ、溶剤流しちゃダメですよ、整形色があの黄色い肌色で、髪はその上から塗ってますから。というわけでドライヤーと力技で格闘すること数分、分解に成功。首パーツを取り出して。

で、せっかくのソフトボディだからそのまま使うのも手じゃね?と思って、どのへんまで互換させられるか探るために胴体を21と23両方分解してみました。結果的に、少々緩いですが21の腰パーツに刺さる先端が球形になってる棒パーツが唯一接点だったので、そこを使って胴体を縮めて、腕と腰から下は21流用にしました。

胸から上のソフトスキンはそのまま使うとして、腰の分解が事実上不可能だったので腰も21流用になりました。筒状になってる胴体下半身のソフトスキンのお腹部分の筒を切って流用です。ちょっとずつ調整して、裸は厳しいですがなんとかまともな状態に。写真出したほうがいいですかね?


1330436344103.jpg
「何しようとしてるですかっ!!」

おっと怒られた。というわけでそれはスルー。
着付けした時はあまり違和感感じなかったんですが…


1330436353680.jpg
後ろの公式ページの映像と比べてみて下さい。
すごい縮んでるw。
画像クリックでもっと大きい画像に飛びますが、そのためにTwitpicに載せて「どこ違うかわかったらすごい」とだけ書いたられぎ(櫻に集いしれぎおん)にものの数十秒で指摘されましたw。せめてわしの作業時間くらいは悩んでほしかったw。


簡単にやろうと思ったら首軸拡張だけです。
でも、オビツ23がまあまあいい素体なので、使おうと思うと素体二つ飛びます。とにかくフレーム構造が複雑で(特に腰)、妥協を強いられる上に2素体でやっと一人ですが;;

腕足以外にも手足が互換ですので、オビツ名物マグネット足にもできますし、ハンドパーツ余りますからくっついてるとこ切るとかもいいかもです。

続きを読む "軽い気持ちで始めたらとんだ藪蛇だった話(きゅーとれーと21あずにゃん製作話)"

| | コメント (0)

2012年2月27日 (月)

旅先でも意地でも書くブログw。

ネカフェにいるのにいつも通りWiMAX経由でiPad2で書いてるわけですがw。
当たり前のことになってるんで書きそびれてましたが(たぶんTwitterでも)、WiMAX契約して以降、電波通らないとこや圏外でない限り、ワイヤードLAN環境があってもWiMAXしか使ってません。
よくP-01Dがモバイルルーターロストして困ってたんですが、それの対策も今回の旅行で発見したので問題なしです。一応、圏外だった場合のためにWi-Fiコンバータは大きいカバン(ホテル置き用)には入ってますが。

そのくらい使い物にはなっていますよと。多数のデバイス持ち歩いてる方はWiMAXでないにしてもモバイルルーターの方が気楽だと思います。ADSLクラスの環境前提で作ってるページなら普段通りの処理で行けますし。(ただ、写真上げる時とか上りは厳しいですね、やっぱ)

昨日のファムイベントの物販が不発だったので、今日はちょっとだけ出費してきました。といっても一万円も使ってないかな?アゾンさんのLS秋葉原でえっくすきゅーと祭りを見てきて、思い当たる先生描くえっくす☆きゅーとメンバーのあまりの可愛さに唸ったりとか。紙に描いた素材とデジタルのがあって、紙のは出展しやすかったけどデジタルは断念したそうです。後から展示やるなら絶対紙だと思う。(だから私は未だコピックマイスターであることをやめない友を誇りに思う)
で、来月だけで魔女っ子3人4パターン出ますが、どの子もいいので困ってます…実は今回準備して使わなかった旅費に明後日あたり発送のちいかのポイント足せばオーダーできてしまいますが。

今度小さいピュアニーモが出ますが、先行サンプルが面白かったです。普通にボディライン重視の1/12と、手足が大きいやつ。関節の方法論は現行フレクションと同じですが、大きな相違点に肩が上がるというのがあります。手足大きいのがすんごいかわいいです。「このサイズではベストプロポーションだと思いますが、流石に可動は浅井さんに敵わないので…」との事でしたが、浅井氏可動以上を現行素材でやろうと思ったら声かけてほしいなぁと思いました。たぶん私の身内4人程声かけるだけで最良の可動素体やれますいやマジで。もうメンバー頭に浮かんでるわw。

その後ボークスへ。超音波カッターの使い勝手が面白かった(損益分岐点はともかく、現行デザインナイフの刃でほぼ半永久的にあのぬるっとした面取りができるのはすごい)のと、造形村エアテックス2のコストパフォーマンスにあらためて驚いたというのがありまして。塗装工具高い高い思ってましたが今くらい娘の人数いると「小さい子二人じゃん」という事に気づくわけですよw。年内の目標の一つです。
で、あースカイレイダー空軍型かっけーとか思いつつ、造形村DD54も某社DD51も、なんで上部ファンを回さないかなーと思ったりしましたw。そういえば某社のスカイライナーは実車(昨日見た)よりカッコ良かったなぁ。本物のスカイライナー、塗りが安い。わざわざ2011ブルーリボン賞受賞のマーク入ってた車両でしたが、バイクからデザインインスパイアしたのバレバレでひっじょーにパチモンくさいとこも嫌です>新型スカイライナー
さておき、明日から展示予定のウーフーが本社から送られてきた状態で飾ると折れる!とかいう話をしててハラハラものでしたw。明日以降ホビー天国行く人は是非二階へ。

その後はアキヨドへ。今日からすれちがい通信のピース集めに新しいの(新パルテナ、40枚)入ったんですが、粘ったけど26枚でしたねー。まだ気づいてない人が圧倒的に多い中では上出来かもしれませんが。
そいや最近白い人と黄色い人増えましたねw。みんなトラウマったんだなぁ;私は普段コイン使ってないので(雲払いはしない)、その部屋来たら広場召喚で抜けますが。
すれちがい伝説1なら紫がいるいないでその回の効率だいぶ変わりますが、2ではクリティカルの人二人で合体魔法するととんでもないことになるんで(魔法使えるとこではね)、その色もオススメです。私みたいにずっとソロでやってるんじゃなくて、レベル9だっけ?7だっけ?そこまで行く人が近場にいるならみんなでクリティカルにしといた方がいいかも。慣れてくるとどの部屋で白と黄色が出番かわかるし。

続きを読む "旅先でも意地でも書くブログw。"

|

2012年2月26日 (日)

初めて京成に乗ったの巻。(銀翼のファムイベントネタ)

銀翼のファムのBD/CD購入特典イベントに行ってきました。
書くことあまりありませんw。悠木碧さんがふつーーーーーに腐女子だったのがめちゃめちゃ面白かった程度で。なんかテンション低めだったんですよね。BD/CD枠でぜんぜん埋まらなかったみたいで、会場だったなんだっけ、かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホール、一階の2/3くらいしか使ってなくて。完全に主催のフライングドッグの広報は読み違えだと思います。

BDのCMネタ(金土)が関東限定だって気づいてなくていきなり滑ってたし…
つか箱のわりに準備してたネタも少ないし…

嬉しかったのはキャストの皆さんの顔がはっきり見える距離だったってことだけ。

入場の段取りも悪かったですし、物販の内容もイマイチ。
帰り際に聞こえてきた声にも「抽選会がしょぼくてよかった、なんであんな事叫ぶのかわけわかんない」とか愚痴ってる女性もいたくらいで、大抽選会のわりに今日アキバの某所でやってるXBOX360のイベントよりたぶん少ないですし(当選たった15人。1300人入る箱で。たぶん600人くらいしかいなかったけど)。

初めてですね、こういう「主催の段取りの酷さでコケ気味」イベントは。
唯一の救いが悠木碧さんのはっちゃけっぷりだったと言っても過言じゃないと思います。

場所も場所ですよ、青砥までわざわざ行ってこれかー!みたいな。
折角北海道から来た人もいたのに。

もっと小さい箱でやるべきだったと思います。で、追加募集なしで。番組終わってからの方がよかったんじゃないかとも思います。とにかく主催ダメダメです。始末書モノだと思います。

続きを読む "初めて京成に乗ったの巻。(銀翼のファムイベントネタ)"

|

2012年2月25日 (土)

ホテルで日経の夕刊を貰ったので。

読んでいたら、「日本ブランド 中国で影薄く」って記事がありました。
152品目中3品目だけ日本ブランドがトップ、11品目ピックアップされていましたが、微妙に可笑しかった事が。TVと携帯電話を除くと、消費傾向がバブル期の日本そっくりなんですよ。こういう時期はたぶんどこの国にでもあるのだなぁと。この中で魔法瓶(死語を一面に掲載する日経ぱねぇ)分野でトップを取ったタイガーは凄いと思いますが、光学機器の民生用は日本のお家芸なんでまあ当然っちゃ当然だし、こんなもんかなと。

黄色人種の特色のように思います、憧れに愚直。ロシアが未だにそうであるように、田舎道(舗装は当然されていない)を走るなら世界中探してもランクル以上ってないんですよ。これは贔屓目抜きで、車を車らしく使おうとした場合、信頼性と実質性能においてランクル以上はないです。ランクルは普通の女性の運転でもダートで100km/hできっちり曲がりますから。
でもBMW買っちゃう。日本の女性にもメルセデスのM凄く人気あるでしょ。で、交差点で必死になってステアリング回してる。メルセデスのロックトゥロックが常識の範囲に帰ってきたのはごく最近の事で、あのあたりは日本の道で走りづらい事この上ないし、本気でダートを走るなら、ものすごく故障するとわかっててもレンジローバーの方がBMWのX系よりはるかにいい。あれはトップギアの意地悪レビューに賛同w。ただしレンジは(エヴォーグを除き)燃費がランボルギーニ並み。

ちなみにトラックみたいでいかにも乗り心地悪そうなハマーファミリーは、なんとダートに足を踏み入れても座席は全くぶれないです。高級車の脚。リヤ記憶確かならリーフリジットなのに。でも選ばれない。威張れないから。で、誰に威張るの?って聞かれると怒る。東洋人で威張り傾向の人はみんなそう。ネットによくいる空気と戦う手合いと全く一緒です。

ロレックスなんてムーヴメントはゴミですぜ?それでも有難がってるのは日本人も同じだし、なんでか中国のフリ見た日本人は自分らもやってるのに上から目線でだせぇ言いますよねー。キャッキャはしゃいでる中国人の方がまだ可愛げがある。

で、いまだに「中国の車なんて怖くて乗れない」と言う人がいる。(結局日本には持ち込まなかったのに)
衝突安全性の星の数をびっくりなペースで増やしてるとこですが>中国車
電動スクーターもベンチャーは製造中国でやってますが、純然たる日本車と違いがあるかというと、それくらいの差を演出できてるのはホンダくらいかなぁ。他所はアジアのどこでも作れるようにわざとアッセンブル密度下げてる感じしますんで、当然中国製だからどうこうは無い。タイヤに漢字が書かれててびびる程度w。

続きを読む "ホテルで日経の夕刊を貰ったので。"

|

2012年2月24日 (金)

さすがにちょっとてんぱってきたw

とりあえず今回の上京はステージイベント見てくるのメインなので、そう大袈裟な荷物いらないというか、衣類さえきちんと揃ってれば後は薬を必要量持ってるだけで十分っちゃ十分なのですが、折角東京行くんだし、と思うと考え出した時…

案件Aを考える→準備中に案件Bを思い出す→案件Bの準備を始める→案件A途中放棄、をきわめて大きなループで繰り返す事が多くてですねw。

今もこれ書いてて「あ、3DS持ってってばんばんすれ違わなきゃ」って気づいたとこでw。久しぶりに3DS起動して「岩田さんがんばってはるなぁ」と思ったとこですよ!で、その間薬のことを忘れてた(ぁ

で、薬薬、って思ってると今度は首都圏が明日雨だって事を忘れると思うんですよw。
明日の宿が初めてなとこなので(茅場町界隈)頭いろいろこんがらがってますし。うー;
雨は困りますね、装備がほぼ防水とはいえ。日曜には晴れるといいな。

|

2012年2月23日 (木)

ステルス風邪w

アレルギー性鼻炎を信じて疑わなかった鼻の症状ですが、抗生物質でさくっと止まりました。
(ただし発熱を伴って、だったので、今日は動けませんでしたし今回は早く切り上げますが)
相当に症状に慣れているつもりでも、症状の発現の仕方によっては騙されるものですね;
風邪とともにあるような人生でしたが、こうも見事に抗原抗体反応に化ける風邪は初めてです。

どちらも最終的には炎症を引き起こすので、区別がつくわけがないと医療系の方ほど仰るかもしれませんが、たぶん強アレルギー持ちの方ほど同意して下さると思います、感覚で別なものだと思うと。

これで無事に週末の東京を楽しめそうです。
ちとお腹の調子が悪いのが心配ですが(苦笑)。

|

2012年2月22日 (水)

兵器は高額になるほど政治が絡む。

いやもう、元々ユーロファイター組の粘着に元々ウンザリしてたとこ、政治絡みだと気づかない素人までF-35をディスり初めたので、もう正直Twitterで喋った分で疲れてるんですがブログでもはっきり書いておきます。

まず今回の問題の発端は、ジョイントストライクファイターというプランを一元化した時点で発生しています。ジャンプジェット(現場ではVTOL/STOVLともにこの呼称です)を新造するにあたり、汎用単発ステルスマルチロールファイターと混ぜてプロダクトしたことで、非常に開発困難な機体とそう難しくない機体の話がごっちゃになりました。(それでも初号納入は海軍海兵隊にジャンプジェットであるB型でしたが)で、ラプターから引き続きF-35をロッキードマーチンが担当してるので、ただ飛ばすものであるところのA/C型についてはノウハウが存在し、実機テストの進捗は日本に配備予定のAに関しては実機が出て以降むしろラプターがストライクラプターと分化して迷走してるのと比べると早いくらいです。

しかし今日のロイターのニュース。国防総省のリクエストに答えられてないという話を、恣意的にジャンプジェットと通常型の区別をせずされて、案の定疎い日本人は釣られてます。繰り返しになりますが遅れてるのはB型で、日本に納入される機体に関係ないニュースです。それを「混ざるように」仕向けている層がいます。明らかに。

F-35(以後ライトニング2)はコンペでボーイング社のX-32に勝って導入が決定しました。ボーイング社は軍用機のコンペでロッキードマーチンに立て続けに負けています。「今回の決定は第二のロッキード事件だ!」とでっち上げを書く者まで現れる始末ですが、そういった汚職があるとすればむしろボーイング筋でしょう。ドリームライナー(ボーイング787)には日本企業が多数参画しており、売れないと困る会社が多いというか、それ以前にボーイングが傾くとろくに量産もかからないのです。ただでさえシェアでエアバスにのしかかかられているのに。
そういった筋が多くいるのは米下院上院も同じ。B型を理由にペンタゴンを揺さぶってる族議員の仕業と考えられますし、ロイター筋にも飼い犬がいるようです。

ぶっちゃけ米国内に限定すれば既に小規模空軍力は無人機にシフトしており、おそらく今回のJSFのコンペが米国での少人数向け戦闘機最後になりそうなので、こんなの叩いても意味ないんですが。それでも叩くのは圧力でしょう。自国内でも気に入らない奴がいれば貶めるのはウォルト・ディズニーはじめ米国の財界人や政治家の常套手段です。日本人が巻き込まれる道理はありません。

続きを読む "兵器は高額になるほど政治が絡む。"

|

2012年2月21日 (火)

発作気味にアレルギーが発現するのは珍しくないけど。

それが鼻炎で来るとちょっとびっくりです;
今日の夕方くらいかな、突然鼻のムズムズからくしゃみが止まらない状態に。
で、何度か鼻かんで、どうしようクスリ足そうかな、と思ってたら一時間くらいで治まって、逆にびっくりしました。

アレルギー性鼻炎の薬はオノンとアレグラで完全武装状態なので、これ以上といってもPLくらいなのですが、オノンアレグラ体制でアレルギーの強発作(と言って構わない気がする;)が出たのは初めてで。
で、治まったと思ったら冷や汗がどっと出て。何やら謎なコンディションです。

そもそも今日は雪で、気温も低かったので南から花粉が来るような天気ではありませんでした。
とはいえ、いわゆる鼻風邪の時とは違う、強いムズムズ感を伴っていたので、アレルギー性鼻炎で間違いないと思うのですが;うーむ謎です。

…単に寒かっただけ?w

今週末上京なので、用心して一応抗生物質を使っておこうかなーと思います。

|

2012年2月20日 (月)

まあそうなるよねーとは思っていましたがw

こちらのブログよりもツイートまとめブログの方が圧倒的に参照数多いですw。こちらは新規の記事(今年になって書いた分)の人気があまりないのですが、あちらは情報鮮度が高く、フォローしてTL追うよりも連続性が保持されて読みやすいせいか、新しい話題で検索してる人はあっちに行き着くようで。

書いてる方もツイートの方が楽ですからね;
というか、内容の良し悪しに関わらず、例えば昨日の特撮話のように;すぱっと書いちゃうつもりでもブログは長くなります。テーマが明確だとなおさら。性分なんでしょうねー。読み返すと言い回しが重なってたり内容がループしてるとこがあったりするとこに脳の衰えを感じますが;

今の環境だと写真をブログにぽんと上げられないので(一向にiOSのカメラロールをストレージとして扱う気配がないTypePad…;;)ドールの話題をやりづらかったり、実は書いてて不便は感じてるんですが。iPad2のカメラがiPhone4以降と比べて今ひとつ、というのもガッカリポイントです。

それに対してTwitterだとクライアントでカメラ立ち上げられますからねー。関連の無料フォトストレージサービスも随分多いですし。

ギズモードかな、Macは遠からずなくなるって話を書いてましたが(それはジョブスの夢だから遠からず実行される筈とiOS5が出た時に既に言及済みでしたが)、こんなにシェアが大きいiOSにサイトをオプティマイズしない企業多数の現状には頭が痛いです;

デバイスのパラダイムシフトは完了しているのに、サイトがいつまでも旧態依然ってのは変ですよね。こういうとこのスピード感にもその企業の質が見えてるというか、先行してる人のそういった意見をリサーチしてるのがいわゆる企業アナリストなわけですから、格付け上位を狙うなら気にすべき部分があるだろう、と思ったりもします。

続きを読む "まあそうなるよねーとは思っていましたがw"

|

2012年2月19日 (日)

人造人間とか数あれど。

昼間ちょっと兄と話をしてた時に、いろいろあって特捜ロボジャンパーソンの話になったのですが。
メタルヒーロー復活が望まれる今、振り返ってみて頂点ってなんだっただろうって話で、兄は(自身が最後に関わった)ビーファイターを挙げていたのですが、私はジャンパーソンを挙げました。

中身が人の強化外骨格という意味ではビーファイターに同意なのですが(特に変身シーン。兄曰く、仏田組のCG担当の方のイメージだと、あの流れるように装着されていく装甲は、昆虫の群れのCGをやったあたりからのインスパイアかも…という話だったそうです。ようは精霊のような存在としての昆虫が集合体として重甲の形を成していく感じ)、ジャンパーソンの好きなところは、とことんプロフェッショナルというか、AIは実装されてるけどあれは完璧にロボット(擬似人格がかりそめ程度でしかない)なところです。メタルヒーロー的主要装備フル装備ってのもありますがw。

ガンギブソンはよくできたAIというか、ギルド出身のロボットのAIは非常に人間的だったと思います。感情で動いている部分が多かったし。メタルヒーロー他作品だと、ジバンは元は人間ですし、メタルダーは人間への憧れを持っていました。兄曰くこの「人への憧れ」というのは大きな分岐点で、最も人に憧れたロボットはたぶん特撮ではロボット刑事Kだろう、と言っていました。しかし彼は自分でその思いを振り切って最後を迎えたと。

でも、ジャンパーソンは違うんです。徹底的に機械。皆が眠りっぱなしになっていい夢を見続けて起きないという話があって、その回の最後、辛い現実に引き戻されたその回のゲストキャラの子供にジャンパーソンは言います、「夢は、しょせん、夢だ」本当にばっさりと。最終回あたりで子供と遊んでるビジュアルがありますが、あれはセーフティプログラムというか、通常時に無難な動作をしているだけなのではと思います。さんざん最終回付近で元々の軍事用スペックに戻すことに博士が危惧したのはまるっきり杞憂で、あれ単に特化したOSに一時的に書き換えて、ビルゴルディ倒したら元に戻してリブートしただけじゃないのかと。
フォージャスティスなのは間違いないんです。むしろ迷いはないはずです。そのように作られているから。ただしその後ろに「ノットフォードリーム」という現実が不文律として存在する。感情で動いてはいない。合理性をもって動いている。

ようはちょっと間違えればこいつはモビルドールやゴーストやスカルガンナーみたいな、究極の人類の敵ですよ、と。そういう危うさを持ったやばい奴に、最後に立ち向かっていったビルゴルディは、逆に感情の塊で、機械の身体を得てまでも人のエゴでジャンパーソン打倒を目指したものの、帯刀さんだった頃に好んでいた飴をビルゴルディになってから口にしなくなっていったあたり、人から離れることで気持ちが衰えていったのが伺えて。帯刀さんはジャンパーソンでなく自分に負けてしまったんだと思っています。散り際にはもう、自分が何なのかさえわからなくなっていたのでは。無慈悲な戦闘機の限界挙動に立ち向かう中で。

プリキュア大好きな私としてはw、帯刀さんを助けるのが本当だったんじゃないか、と今は思います。しかし、終始その「特捜ロボ」という仕様からブレなかったジャンパーソンという強力な「作られし正義」が、ドローンの実用化が進む今考えさせる事が多いように思います。

ガンダムWが大好きですが、テロリストとしてまるで機械のようにセットアップされたヒイロでさえ、人であるが故の感情で最後は動き、戦いに終止符を打ちました。あの結論の対局にジャンパーソンはいるのだと思います。あるいは、比較されるべき作品はアイアンリーガーかもしれません。

万能を身に纏う(およそロボットがやりそうな事全部やりますよね奴はw。ついてないの加速装置くらいかも)ジャンパーソンの正義は、同じ正義でもひどく冷たい正義だと思います。
ビルゴルディとのコントラストについては「偶然じゃない?w」と兄は言っていましたが、たとえそうだとしても、日本の特撮のリスペクト作品たるロボコップという映画への東映なりの回答としては、より米国的な思想を感じずにおれません。

メタルヒーローシリーズからハリウッドに一本持って行ってリメイクするなら断然ジャンパーソンを押します。TVシリーズでは人がプログラムしたが故に人の挙動をまだ保っていましたが、もしかしたら本来の軍用型でプログラムされていたパターンに存在したかもしれない、例えばジャンデジック(銃)を撃つのにわざわざ目でエイムするとか無しで、ジャンデジック二丁で真っ正面を向いたまま他方向迎撃(エクスマキナでブリアレオスがサブマシンガン使ってやってましたね)みたいな事を、もし映画で作るならやってほしいです。その上で、最後子供と遊ぶシーンだけは絶対外さないで欲しいです。間違った大人をプログラムドジャスティスで屠りながら、死ぬ事もなく死を恐れる事もなく当然の如く帰還して、その「物理的な汚れ」を洗浄してOS再導入しただけで何一つ正義から外れていないと自称できるジャンパーソンに、どんな人間に育つかわからない子供たちと遊んでほしいのですよ。
それって、ものすごく怖いじゃないですか。でも、間近にある現実でもあると思うんです。

ジャンパーソンは考える、しかし「思わない」ロボットです。そこが鉄腕アトムから始まったと言える自律型ロボットカルチャーの中で完全に異端です。単純に強さや装備にも惹かれるものがありますが、強烈にシニカルな存在だという点がやっぱり一番惹きつけるものがあります。
奴を心配する人間がいて、奴はその人を守ろうとする。しかしそれは人間の心配や自信の将来への打算といった要素ですらなく、そうできている。それだけ。

力こそ正義って台詞が陳腐化して久しいですが、ジャンパーソンが唯一の体現者であると思います。
その欺瞞の責任は奴にはないんです。全て人間の仕業。
そこですよ。
愛車は「ダーク」ジェイカー。東映の当時の企画さんは、アンチヒーローで行くと決めていたのでは?
今にして思います。
ロマンチックな部分は全て人の妄想で、結果だけ見たらこんなに残酷で、っていう。
帯刀さんはすげぇ悪党ですが、人の尊厳のために戦ったと言えなくもない。
なんて皮肉。そして返り討ち。
スーパーサイエンスネットワーク的には「関わらない」という選択肢もあった筈、というか他の組織との対立から身を守る中で時間をかけてジャンパーソン対策をするのが得策だったでしょうし、ネオギルドのロボットの方が人に寄り添うものとしては高度だったはず。それこそ人と見分けがつかなかったわけで、ジャンパーソンが決して変身しなかったのは人との誤認を避ける、こいつはロボットだと人が見分ける都合ああなってる(なまじ人に化けられるといくらでも冤罪をかけられるから)のと比べると、人の惰弱な倫理と戦ったとも言えるネオギルドが果たして悪だったのかも若干疑問です。ガンギブソン、あんなにいい奴ですし。もし私が傭兵で、ガンギブソンがバディなら、安心して背中を預けますよ。ミスをしても咎めない。しかしジャンパーソンが来たら?私は戦術担当になって自分では戦場に出ません。道具として見てやらないと愛着を持てない気がするから。


続きを読む "人造人間とか数あれど。"

|

2012年2月18日 (土)

オープンワールドタイプのゲームは危険w。

※ただしファンタジーは除く

今日も簡単な内容で。
タイトルの通りなんですが、ほんっとオープンワールド系大好きで、ハマるとそのゲーム一ヶ月以上続けて遊びます。今の世代の機械でやっとメジャーになったジャンルって事を忘れがちなくらいいろんなとこに長期滞在してるようなw。

流行りものに敏感な人はGTA4で入るみたいなんですが、あれは私の感覚だとまだあまりオープンって程じゃないと思います。実際、セインツロウシリーズの方が人気はあるようですし。
セインツロウは全部やってますが、1の筋書き少ない分没入感強かったのに対し2の主役が出しゃばりすぎでつまらなかった(シナリオでしたくない選択をさんざんさせられた)ので1は一周を長時間かけてやりましたが2は終わらせるのを目的にさっさと終わらせました。で、3ですが。面白いですw。既に3周目、今回は能力上限になるとチートなしでも弾無限自分無敵まで行きますが、それでも2周目エンディング後に湧いてくる敵潰しで50時間くらいスティールポートにいましたねw。今日3周目の能力上限行きましたがぜんぜん飽きない。とっくに実績は全解除してるんですが。1からの伝統ですが、架空のメーカーの架空の車を作品間できちんと共有してて、それらがとても魅力的かつ走らせてて面白いというのが。ぶっちゃけナムコのリッジ担当の人は上司にセインツロウやらせて「シリーズの継続は無意味だと思います」って進言しちゃった方がいいかもしれない。日本製のゲームで、海外のオープンワールド系のほんの数パーセントの要素でしかなくなっちゃったもの、たくさんありますよ。そういうところも凄い。

オープンワールドの面白いとこは、現実にやらないことからやってみる気になるとこですよね(笑)。例えばセインツロウ3ではうちのボスは抗争現場に空から降ってきますしw、ドライブオープンワールドの傑作テストドライブアンリミテッドの初代(2は駄目、スムーズに進行しないしバランスがタイトすぎて自由度が実質的にない)では、みんなまず何をしたってスポーツカーやバイクで登山をしてましたしw。

個人的に一番好きなのはマーセナリーズ2です、いまだに。協力プレイ時に各々のプレイヤーがあまり離れて行動できないって制限が難点ですが、セインツロウと違って都市部と山間部と海、と明確に分かれてて、その中で派手に立ち回れる上にできることが豊富で、無駄なことをいろいろしてしまうというw。友人にヘリを操作してもらって自分が爆撃指定して、ビルが空爆で砕けるさまを空中から見るとか。いろんな楽しみ方がありました。

似たようなゲームにJUST CAUSE1と2があります。こちらはスタンドアロンなゲームなのですが、1は立ち回りが派手にできるけど操作が難しく、2は全体に簡単なものの日本版にどでかい仕様の穴があって今ひとつ楽しめない部分があったという残念が。どちらかというと1が好きかな。グラッリングフックの使いこなしが完璧ならヘリからヘリに飛び移るを繰り返して殲滅ができたりします。2は空中の乗り物からはグラッリングフックが出せなかった。(引っ掛けることはできますし、故意に落ちられますが、パラシュートを挟むにしても一度飛び降りたヘリに戻る、ができなかったり、ぶら下がってるヘリから他のヘリへ、ができなくなってる)地形の多様性は2なんですが、結構めんどくさいだけだったとかありました;とはいえ日本語版を結構遊んだ後、海外版買ってそっちも遊んでるので(別実績です)嫌いというわけではないですね。なんだろ、乗り物のサイズ感が1の方がよかった感じです。

架空の乗り物を楽しむって意味ではJUST CAUSE系もなかなかで、2では全ての乗り物を一度は運転するという凄い実績があります。陸海空全部で143種類だったかな?出現がランダムなのも多くてちょっとしたハンティングです。でもお気に入りを保管しておくことができないんですよねー;残念。

そういえばセインツロウ3もジャスコ2も、架空の戦闘機が妙にカッコイイです。というかセインツロウ3のSTAGのメカのデザインの良さは異常w。そういった楽しみもありますね。たしかに実在する乗り物で遊ぶのもいいんですが、それは実物乗った方が楽しいんで(意外となんとかなっちゃうので…意識して人脈広げるとチャンスは来ます)。というか、実物出てくるのはフィーリングの乖離が酷くて…;テストドライブアンリミテッド1とかは割り切りがききましたがそれでもまだ納得いかない部分はありました。

続きを読む "オープンワールドタイプのゲームは危険w。"

|

2012年2月17日 (金)

花粉症シーズン到来。

だるいので今日は短めのネタ。
関東のあたりで既に杉花粉の飛散が始まっていて、今日通院日だったのですがここ岩手でも敏感な人は既に今季の花粉症始まってるそうです。
で、関東の花粉がここまで来てるということは、当然南風によるものなわけで。

花粉以外にもあれこれ飛んで来てるんだろうなーと思うと憂鬱です。
例えば甲状腺がんとか肺がんとか白血病とか発症したとして、私の年齢だと原発との因果関係を証明した上で国が何らかの賠償を、という段になるまで生きてる可能性が極めて低いと思います。下手すりゃシールが済むより後の話で。(未だに水俣病の決着がついてないような国ですよ、ここは)


これだけの目に遭って反原発にならん方がおかしい(理屈で電気が足りないとわかっててなお)と思うわけですが、一年目も近い今東電が国の決定に反対する権限を持っているという壮大な思い上がりをしてるのを見るに、反なんちゃらって話をするならまず反国賊・反馬鹿でいきたいなぁと(苦笑)。

何らかの疾病に明らかに冒されている野良猫ちゃんを最近よく見ます。
人の事が人の間で解決できてないのが一番苛立ちます。
制御できない力に頼る者に霊長を名乗る資格なしと思うわけですよ。

続きを読む "花粉症シーズン到来。"

|

2012年2月16日 (木)

昨日までの流れで、じゃあジオン側はどうだったんだよと。

まーどっちもどっちなガキの喧嘩っぽかった一年戦争において、装備目で連邦を評価してる部分がありまして。ジオンばかだよなぁという点に、スペースノイドを自負しておきながら、兵器がデブリをぶちまける傾向だった事に何の疑問も持ってなかった点があります。そこらへんはビーム兵器主体で戦った連邦の方が余程偉いと思います。ただ、リックドム以降はビーム兵器にシフトしていったとこを見るに、やりたくてもできなかったのかなーというのはありますね。得手不得手はどこにでもあるもので。

核兵器よりまずいもんを躊躇せず使ったあたりでもうザビ家にモラルは期待できなかったわけですが、同族虐殺なんて真似は流石にしなかったあたり、本当に人がいなかったんだなぁと。

重力圏を否定した人々なわりに、その重力圏装備の完成度の高さには目を見張るものがありました。ただし、パイロットの練度と思考能力が総じて低かったように思います。パイロットは兵器において最重要部品でありますからして。良品をぞんざいに扱う(パイロット、MSいずれも)傾向がどうにもダメ。

例えばランバラルはジオン家づきだったので左遷人事であんなとこに行ってたんだろうなぁとは思うわけですが、ゲリラ戦なんて何処で覚えてきたのよ、と。青き巨星は毒電波を受信していたようです。付き合わされる方はたまったもんじゃないと思います。敵味方問わず。

ジオン最大のミスは美意識様式美にとらわれて宇宙機が人型であることに拘ったこと…具体的に言うとMSのひとつのゴールであった筈のジオン水泳部の宇宙進出を実現させなかったことです。水という流体抵抗下での動作が念頭にあった(=必然的に進行方向への投影面積を小さくする処理がなされていた)上で、作戦行動において必要なものを全て機体に内装するという極めて合理的な作りは、宇宙戦闘機としても優秀であったことを想像させます。宇宙での戦闘は高機動な砲台であれば十分、というのはわかっていたことで、ドムがリックドムとしてスムーズに移行したのはホバー機能のためのシステムがメインスラスターへと転用しやすかったため、と思われますが、水泳部機は水中推進用の動力系を持っていたわけで、同様のコンバートはしやすかったと推測されます。

ズゴックEあたり、腕をワイヤードコントロールのサイコミュウェポンにできれば相当良さそうですし、何よりゾックはあれどう考えたって宇宙用でしょう;;移動高出力砲台、ご丁寧に垂直方向にも武装付き。大気圏内で使う方がわけわからんわ状態だったとこ、非常に重要な試作機を任されたパイロットがさして優秀でない士官を守るために盾として使うという、連邦なら上位人事まで問われたであろう超絶無能人事。それが起きることも無いほどに人がいなかったと。いやぁどっかの滅んだ帝国みたいだなぁ。
いやほんと、あそこでゾックのパイロットがシャアの盾とならずシャアが死に、弔い合戦とばかりに大暴れしていたらもしかしたらジャブローはあの「地上に降りた宇宙戦艦砲台」の猛攻で突破口を開かれ、見事数押しで落とす事に成功していたかもしれません。そして獅子身中の虫たるシャアがいなくなった後、宇宙に戦場を移すまでもなく戦争は終わっていたかも。ジオン側は「独立戦争」をしていたわけで、そこまでコテンパンにされたら「なによ!もういいわよ!独立でもなんでもすればいいじゃない!ばか!後で後悔したって知らないんだから!」って一言言えば連邦として失うもんも最小限だったでしょうに、双方なんておバカさん、と。

そこまで兵いないなら兵がいらない機体作ればいいじゃん?と思うわけで、それがビットというものの開発経緯ではないのかなと思います。自律制御がうまく行かなくて困ってたとこで「こんなのあるらしいぜ」とサイコミュ研究と結びついていった、と。ニュータイプとビット兵器の関係は「無慈悲なゾンビ狙撃兵とそれを操るネクロマンサー」だった事になりますが、戦場で最も残酷な死に方をするのは狙撃兵であり、その元締めがろくな死に方をしないのは当然です。完全自律兵器であれば感情の矛先もまた別だったでしょうに、後のクロスボーンバンガードのバグでも人の意識との紐つけをやめなかったあたり、あの作品世界の人々はモラリストなのか粘着質なのか理解しかねる部分があります。さておき。

ジオンがやって連邦がやらなかったものにMAがあります。


続きを読む "昨日までの流れで、じゃあジオン側はどうだったんだよと。"

|

2012年2月15日 (水)

一年戦争時のRXシリーズのロールは正しかったのか?/後編

続きです。ガンキャノンもうちょい言及したい点があったのですが先にガンタンクの方を。

二脚が作れず不完全な状態だったので超長距離砲積んで自衛用武装を手に固定しています。素の設定のままでも、ガンタンクが量産型でなくオリジナルの仕様であと十機あれば重力圏の制圧は済んでいたという説があるほどで、あの大砲(野暮ったい言い方ですが自衛官の皆さんは榴弾砲とかまとめてこの呼び方なのであえて)が重力下においてアウトレンジ攻撃をかける場合の究極兵器の一つだったと思わせる部分です。
ミノフスキー粒子散布下では航空戦力が確定要素にならないので。(例外的にガウ攻撃空母のローラー爆撃がありますが、あれも至近距離にしか落とせないので)

なのであれはあれでいいんだ、と思ってしまいがちです。ガンタンクはああなんだ、と。
現用兵器でも自走砲の多くはクローラーじゃないかと。自動給弾つきに至ってはクローラーつきしかないだろうと。確かにその通りです。大砲を正確に曲射で着弾させるには足元の安定が必須で、変形機構を持つのでない限りああいったものはクローラーの接地性能に頼るのが正しく見えます…が。

同時に、スナイピングに準ずる攻撃である定点長距離曲射は、行った後に射撃点から即時移動する必要があります。でないといかに長距離かつミノフスキー粒子下でも反撃は食らいます。08小隊でグフカスタムが突貫してきて量産型ガンタンクを殲滅している演出が既にありますし。あれは撃つこともできてないので、侵入・射撃・撤収は早ければ早いほどいいし、砲自体が汎用性のある武装で切り崩しをしながら砲撃ポイントに向かえればさらにいいです。ガンタンクに足りないのはその部分です。V作戦始動までロールアウトから随分時間があり、かつコアブロックシステム機であればいずれのパーツも適宜改修されたものを装備できたにも関わらず、です。

ようは、あの大砲はガンキャノンキャノン抜きに背負わせるか、ガンダムでも担ぐことができるように軽量化するなどして、移動が早い機体で(それこそガンダムはGアーマーが使えるわけですから、離陸重量内に大砲を収められるならありえない位置からの連続砲撃で撹乱を狙えたかと)やった方がいいと思われます。ジオンならホバリング系の機体でやったのでは。

ではガンタンクはいらない子なのかというと、そんな事はありません。
ガンタンクが近距離不向きだったのは手を実弾の固定武装にしたまま、何の改善もせずに終戦まで使ったからそう思われているだけ。例えば格闘用の腕を装備して、上半身がもうちょい前寄りだったとしたら?本体から直接インパクトを叩き込む攻撃において重要なのは、攻撃対象のベクトルに入れる力の総量ではありません。それをやると自分もはじかれてしまうから。足腰あっての腕なのです。中国拳法でよく言及されていますが。まず垂直荷重、しかも安定した、なのです。
PSPのロングタイトルにガンダムバトルシリーズがありますが、あれのガンタンクは格闘のスペックがガンキャノンやガンダム比で突出しています。大砲のバレルを敵に突き立ててみたり、ダッシュからダブルラリアットを決めてザクの群れをひとまとめで屠ったりできるタイトルもあります(流石にやばいと気づいたか次のタイトルでダウングレードされましたがw)。そんな事はできないんだ、で片付けるのは簡単ですが、ならそういう装備に換装すればいいじゃない、で済んでしまいます。腕を鹵獲したゴッグから持ってくるとか、上半身に高速旋回機能をつけるとか。で、これは砲撃運用にも関わる事ですが、Gアーマーを作れた時点で、連邦はMSサイズのクローラー機にも大型スラスターを装備できる技術があったわけで、ガンタンクにスラスターを付けて突進力を挙げる事は可能だったわけです。クローラー自体の効率化も時系列でどんどん向上していたでしょうし、当初より速く走れるガンタンクになっていた可能性が高いです。クローラーフラットアウト突進がスーパークルーズ、スラスターがアフターバーナーといった趣きでしょうか。

そして現用兵器に目をやると、ストライカーのような高機動装輪式の戦車もあるとはいえ、多少足が遅くてもMBTの主役はやはりクローラータイプです。アサルトやる段で重さと近距離火力のでかさ、頑丈さが重要であるが故だと思います。クローラーを戦場で使うなら、それはフロントラインではないのか。そう思っています。それを踏まえた上での武装にリファインされたガンタンクがあったとすれば、連邦がジオン水泳部に感じた脅威と同種のものをジオン側に与えられた筈です。

一方、ニュータイプというチート(一年戦争時のアムロはチートなニート。残念すぎる)が無かった場合、ガンダム並びにジムは軽装汎用機でした。現代戦でも個人装備レベルで盾は使うのですが、それは都市戦の話で、オープンフィールド戦の場合は自身の身をジャケットで固めるのがセオリーです。となるとルナチタニウムで頑丈だったとしても、エキセントリックな先行開発機としてガンダムがアサルトの一つのカタチとして存在するのはアリだったにしても、ジムにアーマー足すくらいなら最初からガンキャノン量産型のキャノンなしを作れなかったものか、と思います。実際、ジオンの汎用機はゲルググに落着したわけで、あれの設計思想はどちらかというとガンキャノンキャノンなしでしょう。ガンダムだったギャンがコンペに落ちてる。

その上で、コアブロックシステム連携のABパーツの適宜改良や新規開発はもっとあるはずだった、と。なんであんなに便利なシステムなのにガンダムはガンダム、という考え方で固まったのか疑問です。ガンキャノン上半身にガンタンク下半身、ビームサーベル持ちとか十分アリだったように思うのですが。
同一フォーマット上のミックスアッセンブルはAGE前にも他の作品であったと思うのですが。


続きを読む "一年戦争時のRXシリーズのロールは正しかったのか?/後編"

|

2012年2月14日 (火)

一年戦争時のRXシリーズのロールは正しかったのか?/前編

わざわざ言い出すくらいなんで私はちいとも正しいとは思ってませんw。

ガンタンク、ガンキャノン、ガンダムの順にロールアウトしており、ガンダムが高性能機という扱いになっていましたが、30年の時を経て皆の頭も十分に冷えたようでw、最近はガンキャノンが最も高性能であるという評価がやっと表に出てくるようになりました。

30年の歴史の中では比較的最近の事とはいえ随分時間は経っていますが、ドリームキャスト用ソフト「コロニーの落ちた地で」のプレイヤーが最初に言い出した事だと思います。「ガンキャノン最強じゃね?」理由はその戦術にあります。ジムキャノンでは不可能な戦術です。あの作品ではそれぞれの兵器の攻撃力防御力がかなりシビアに検証された上で実装されています。ガンダムがジムと比べてどれくらい別物だったかもサブセットの対アムロ模擬戦で体験できますが、ガンダムの戦術の最大前提はアムロの射撃能力ではなく、ガンダムの機動力をして「全て避ければノーダメージ、勝てなくても負けもしない」というものです。で、その機動力が異常です。作りが近いはずのジムの倍速以上出てるのでは。

しかしガンキャノン最強なのです。ガンダムのポジションは地上戦のロールで言うならアサルトです。近接戦闘特化といえます。(ビームライフルはガンキャノンのものの方が高性能かつ長射程という事になっていますので、ガンダムをガンダムたらしめる武器はビームサーベルとなります)
で、ガンキャノンは接近戦が苦手だったのか?
全くそんな事はありません。コロ落ちのヘビープレイヤーさんが気づいてくれたのですが、装甲厚のわりには軽快といえる機動力で敵の攻撃を無難にいなしながら接近の後、タックルで敵MSを倒し、のしかかって超至近距離から回避不能なキャノンをブチ込むという、再現性が高くかつ運に左右される部分が少ない戦術が存在するのです。ガンダムがあれほど苦戦したゴッグがこれで一撃で沈みます。あんなに硬い機体が。
接近のシーケンスでキャノンは使いません。コロ落ちでは実体弾のマシンガンの二丁持ちをしていました。なので、タックル後に当てる固定武装は、その距離で確実に相手を屠れるものならキャノンでなくていいことになります。大口径の短距離ビーム砲というか、極太ビームサーベルが双肩に装備されていても結果は同じでしょう。

ガンダムのバリエーションは多数示されていますが、ガンキャノンはその「キャノン」という言霊に縛られて汎用性を考慮する事すら諦められていたふしがあります。間違ってます。ガンキャノンのキャノンなし機体が存在したとして、その機体は明らかにジムカスタムより高性能ですし、上半身の装備をモジュール化する事でマルチロール化できるとしたら、特殊な戦況に対しワンオフされる場合がほとんどだったガンダムよりはるかに有益でしょう。あるいはコアブロックシステムのメリットを活かして無重力型と地上型で下半身を変える事で機動力を稼げた可能性もあります。

ガンタンクについては個人的にはさらに…なのですが、眠気が酷いのでこれは後編で。

|

2012年2月13日 (月)

次のタイミングがどうにも読めない。

アナログ放送がようやく淘汰されるなぁ、これでハイデフがスタンダードになる、やっとで、とほっとしたのもつかの間。なんか年内には上位機種のTVは放送も一般向け記録媒体もないのに4K※行っちゃうとかで、おいおいマジかよと。

最近3Dのパネルが随分安くなってきたので、さんざん叩かれてた3Dはスタンダード化の流れがようやく見えてきたように思います。BDレコの再生機能にも普通に3Dが実装されるようになってきましたし。(個人的にはそれよりUSB外付けHDD対応が標準化されつつあるのが嬉しいですが。横着なんでw)
ワンセグの時も絶対流行らねえ言ってた連中の方が多くて、流行る方に一兆円かけていいと言ってた結果が現状ですが、たぶん感受性の歪みなんでしょうね。漠然と流行りそうだとは思うけど出費したくない、って時にあのぶどうは酸っぱいと同じ理屈で短絡的に流行らないって言っちゃう層がいる。

ですがだいたいの人はエコポイント出てたタイミングでTV買い換えてたと思うんですよね;
次があるとしたら大きな動きに併せてとなりそう、となると4Kが一般化すると同時に裸眼立体視かな、と思います。でかいTVでないと無理かなと思ってた4Kですが、市販予定のパネルには意外と小さいのがあったりするので、敷居低いかも。

※このあたりで。4Kは画面解像度規格で、現在のFullHDパネル4枚分の解像度を指します。

ただ、3Dもですがもちろん4Kも、ソースが必要になります。ブルーレイよりさらに波長短いレーザーを使う記録媒体規格が既にあるようですが、今のパネルの先行ぶりを見るにそれくらい早いタイミングで出てくるとしたらBDは随分短命な規格になるなぁと微妙に苦笑いです。元々いろいろ難があったとこ容量だけでゴリ押ししてHDDVD潰した規格で、決して「いいもの」ではないので、それならさっさと代替わりしてくれてもいいかなと思ったりもしますが。そもそもレコーダーの使い方が一度HDDに取り込んでからとなってる現状、光学ディスクは下位互換が保たれさえすればとっとと切り替えて構わないわけで。記録安定性が今ひとつ、かつランダムアクセスに弱い現状のBDより全体に嵩上げされた規格なら、次はすぱっとまとまるのでは。一番苦労したくないのは機材メーカーでしょうし。

もう一つソースがあるとすればゲーム機、これはライフサイクル的にちょうどハイデフコンソールのモデルチェンジと時期が重なるので、有望かもしれません。ただ、4Kに今より綺麗なレンダリングをしてみせるクラスのビデオ機能はまだちょっと早い気もします。3Dで4Kパネルを使う時は2Kといって横軸の解像度を落とす筈なので(その分左右の絵に割り振るという手法です)処理としてはむしろ若干軽くなるかもしれませんが。チップの設計次第、この辺もまだ不透明です。
ただ、コンソールのソフトウェア供給媒体についてはほぼ決着してるように思います。ソニーがゴネなければおそらく次世代機はゼロスピンドルでしょう。SSDの値段が下がってきてますし、ダウンロード販売も当たり前になってますし、セーブデータのクラウド化も既に実現済みです。権利を購入し遊びたい時ににSSDにインストール、セーブデータはローカルのメモリかクラウドに、となる気配が。

3Dで見たいコンテンツも結構揃ってきたように思います。プリキュアのダンスとか。いやマジで。
4Kにする理由も既にあるように思います、映画は4K供給だった気がしますし、昔のフィルムのリマスターやるとFullHDでもまだ解像度が足りてないんだそうです。あと、1080p放送で帯域不足で出てしまうノイズを、アップコンバートする時にいなせるかもしれないという期待もあるので、放送の解像度が現状のままでも4Kを使う意味はあると思います。

ただ、今のところパネル先行で状況が進んでいるので、妙に先走ろうとして逆に実績低下やる危険もあるように思います。

BDとFullHD倍速の時も結構グダグダだった気がします。次はそういうことが無いように、ある程度企業間連携深めて同期してほしいところです。

続きを読む "次のタイミングがどうにも読めない。"

|

2012年2月12日 (日)

パーソナルムーバーに思うあれこれ。

何回か前からの東京モーターショーで、一人乗りの乗り物でより自在に動けるものがピックアップされるようになりました。一番熱心なのはトヨタで、実際に動いているのを見るとなかなか魅力的です。移動速度でキャノピーの角度が変わるとか、なかなか唸るじゃないですかw。低く構えるほど低速でも速度感を演出できるので、ああいう設計はとてもいいと思いますし、実際走らせてもカーブでの安定感が段違いでしょうし、逆に低速域で立ち上がっていると車両感覚が掴みやすく、乗降がしやすいと思います。

パーソナルムーバーといえば世界的にメジャーなのはセグウェイだと思いますが、日本では道路交通法の都合公道での運用ができません。たかだか30km/h弱の中であの人車一体感、本当に素晴らしいだけに残念です。同様に、各社が開発しているパーソナルムーバーは法的に否定されてしまうものがほとんどだと思います。思いのほかある人間の脚力で進み思いのほかディスコントローラブルな自転車よりも、それどころかその身一つで走る人間よりも、動的に管理される分安全な乗り物であるにも関わらず、です。(自転車の危険性を了承している状態でパーソナルムーバーの類を否定するのは理論的に難しいとさえ思うのですが…)

セグウェイをより小さくしたウイングレットというトヨタの乗り物は、公道で乗れるなら相当流行ると思います。でもこれも道路交通法上動力がある乗り物ということで普及は難しい。運動不足が社会的に問題となっている昨今、自転車はまともに使えば楽しくカロリーを消費できる本当にいい乗り物だと思うのですが、残念ながらモラルが追いついていません。自転車も免許制にすればいいのに。

あえて並べて書いてみました。
自転車の普遍性が実のところ社会的にはただの惰性であると気づいて頂けたでしょうか?もし私がフリーマーダラーの権利を持っていて、なるべく安い経費で事故を装って人を殺して欲しいと言われたら、量販店で26インチ以上のタイヤ履いた自転車買ってターゲット轢きます。服の下にプロテクターつけて首に鞭打ち防止のシェルつけた上で。実際に事故に遭われた、ないし身内でそういう不幸があった方ならお分かりでしょうが、経験ない人はそうでもないかな。歩道走ってもそんなに咎められない上にナンバープレートもない、当たり前に売ってて身の証を立てずに入手するのも容易、そんな自転車ですが。具体的な計算はしたけりゃしたい人に任すとして、15km/hも出てれば轢かれた相手に致命傷を与えられます。で、26インチあれば45km/hは出ます。ある程度腕があればあれこれ避けながら(飛んだりもしつつ)対象に接近するのは容易です。轢く方は身構えますからダメージ軽減は可能ですが、後ろから轢かれたりした日にゃまあ余裕で死ねます。軽度で済んでも狙われたとすれば重傷。自損事故は身構える事ができます、それでも致命的な事故になることがあるのに、不意打ちでその状況をパッシブに起こされたら?

たかが15kg程度の乗り物で、と思うかもしれません。実際には体重がプラスされるので、まあ概ね50kg程度プラスされる事になります。余談ですが不意打ちというのは怖ろしいもので、体重が一般的な成人男性程度あれば、スプリントペースで15mほどダッシュして体当たりでも相当な確率で相手は重傷です。道具は一切いりません。そのくらい運動エネルギーというのは怖ろしいわけです。

話をパーソナルムーバーに戻します。電気的に動いているものは管理がしやすいというメリットがあります。故意の暴走を引き起こそうとして管理回路をいじろうとするとロックがかかる設計のものがほとんど…というか、ああいうものは普通に走らせるためにとんでもない量のコンピューター介入があるので、普通の人にはまずいじれません。セグウェイって5CPU並列動作でそのうち一つでも死ぬと動かないんですよ。あまり言及される事がありませんが。加えて自動車用の制御系回路ってものすごくて、すべからく専用設計ですから、IT機器基準でありえないものが普通に実用化されてます。レクサスLSのクルーズコントロール(前走について行き、加減速から停止までやるロボットシステムです)はNEC製の128並列処理プロセッサを二機搭載しています。ようは256コア(!)のCPUと二つの目とレーダーであのシステムは動いています。その処理を可視化する必要がないのでそれくらいで済んでいますが、夜間の運転で車からは見えてるけどドライバーには見えてない人を表示するシステムを積むと、さらに複雑化します。だいたいの場合危険があるとその手の車は自動回避シーケンスに入る=人間以外の操作を許容するので、人からしてみりゃ車が言う事をきかないと思うかもですが安全性については人間のそれをはるかに凌駕するわけです。

車ではありませんが先頃導入が決定したF-35A戦闘機はカメラで全周を常に見ています。下面に視野が必要ない自動車で同じ事をするのはそう難しくないでしょう。人に見せる必要もないわけですから(機械が把握できていれば十分ですから)。人間には不可能な全周監視が可能なわけです。

コストを考えない話になってしまってますが、車のシステムが全周見る事自体はそんなにコストはかからないです。レンズを魚眼にしてやるだけで一つのカメラの視野は広がるので。人の理屈の上で動く必要が機械にはない、というのが意外と思考の落とし穴だったりします。いらない部分のオミットや人間では不可能な方向への最適化など、これまた挙げるときりが無かったりします。

そして、パーソナルムーバーというのは、現実には社会的に十分すぎるほどの実証実験を既に終えています。せいぜい人ごみの中における回避や混みあった道路上での車間コミュニケーション技術くらいでしょうか。現状の前舵だけでは不可能な挙動、それをモーターショーで展示していて量産機を持ってないのはホンダくらいでは?トヨタも日産も既にやっているんです。それも、とっくの昔に。乗用車メーカー以外も含めると相当な数になります。


続きを読む "パーソナルムーバーに思うあれこれ。"

|

2012年2月11日 (土)

最近好きな飲み物の話。

準備するもの:コカコーラゼロ500mlペットボトル入り×1と、普通のリポDサイズ以下のタウリン(1000mg以上)入り栄養ドリンク×1。前者はスーパー等で90円以下で、後者はドラッグストアで100円以下で入手。

作り方:コカコーラゼロのキャップを外し、飲むのでもグラスにあけるのでもいいので、ペットボトルのラベルが貼ってある円筒形部分よりちょい上、一番径が広がってるあたりが一番上になるくらいまで中身を減らす。そこに栄養ドリンクを注いでキャップを閉めて軽く振って混ぜる。出来上がり。キャップを開ける時爆発wさせないように注意。

ロックアイスに注いで飲んでもよし、ぬるくても意外と平気。
使う栄養ドリンクの種類にもよりますが、赤べこ(レッドブル)っぽい飲み物になります。しかも量はたっぷり500ml、カロリーは栄養ドリンク分程度。経費は赤べこの小さい缶より安上がり。

使う栄養ドリンクによって風味が微妙に違ってくるのも面白さですし、2~300円クラスの栄養ドリンクを使えばさらに高級なwエナジードリンクに。

赤べこのシュガーレス日本でもやっと出たとはいえ高額なものですし、何より自分の好みのバランスの味のものを探す楽しみがあります。

個人的オススメはチオビタアイビタスとのミックスですかねー。コストも低いし。

続きを読む "最近好きな飲み物の話。"

|

2012年2月10日 (金)

部屋の中で物が崩れる音への反応がみるみる大雑把に。(そしてルールという言霊結界の影響範囲誤認に頭を抱える)

崩れた荷物をてきとーに積んでいたら、バランスが微妙すぎてしょっちゅう崩れるようになったわけですが、それでもこれを完全にセーフティな状況にした上でそれぞれ何処にあるかを把握する仕組みがあれば、なんとか取り掛かろうかなーとも思うのですが、そういう時に限って震度3クラスが来てやる気を削ぐの繰り返し。

オークション出品に使いたくて残してる空き箱が多いのも敗因かと思われるのですが、折り畳みのテーブルをやむなく展開しっぱなしにしてるとはいえ、少なくともキネクト導入直後はもっと私の部屋は広かった筈、頑張って片付けたもの(苦笑)。今普通にいられる空間が当時のだいたい50%ってとこですかね。

まあモーショントラッキングができなくても音声認識だけで十分キネクトは役立ってくれてはおりますが。何回くらい落ちたかな、記憶の範囲で3回ですからもっと落ちたかもですが、流石アメリカ製のデバイスは凄い、なんともないです。(てゆーか固定すれw>私)

今私の部屋にはまともに起動するPCがないです。だもんでiPad2のOS更新ができず難儀しておりますが、PC買ったら買ったで現状置き場所がないんですよね;iPad2の運用のフレキシビリティに相当救われてます。

冬場は山からの吹き下ろしの突風で結構家が揺れます。あと、降雪してる夜間には狭い道にもグレーダー※が入るんで、大型建機らしく通過時そこそこ振動を出します。いずれも寝てる最中だったりもするので、頭だけは折り畳みテーブルの下に入れて寝てます。埋まった状態からの回復を考えないとして、全てのものが覆い被さってその下敷きになっても胴体と四肢は無傷かつ呼吸も可能である自信がありますが、頭というか頭部全面の器官はダメです。寝てる最中は当然メガネしてないし、小物でも結構メカ系のおもちゃとか部品鋭いものディスプレイしてますし。目と耳は生命線なんで、失うわけにはいきません(そのくせ衝撃に弱い配置になってるんだもんやんなるねー)。

さっきも横になってる時に耳の至近距離に落下物がありました。揺れてない時でも少しずつ滑ってるのが限界超えた時に落ちる事もしょっちゅうなわけで、そういった事にめげた回数は当然地震の回数どころではありません。

明日で11ヶ月。研究家の意見だと向こう一年は様子見、でしたが、自然界では人間の作った暦は使われておりませんので、気まぐれや私の部屋で日々連鎖している荷重ズレの蓄積と同じような事がいつ起きるかわからずで、毎月何パーセントかずつ増えていくモノを縦積みするしかできないまま、今も過ごしています。

津波被災地の皆さん、東電の核テロ被害者の皆さんに比べたら私の実害なんてほんの些細。でも、全ての荷物を持ち出せなくてもいいので、引越しはしたいですね;


続きを読む "部屋の中で物が崩れる音への反応がみるみる大雑把に。(そしてルールという言霊結界の影響範囲誤認に頭を抱える)"

|

2012年2月 9日 (木)

なんか違う気がするTwitterの使い方。

知った風な口をきく方がよく「最初は自分が興味ある言葉でツイート検索して、喋ってる人を数百人まとめてフォローするといい」と仰ってますが。それだとTLの流速上がりすぎてやり取りの一番美味しいところ逃したりする気がしますし、最近スパマーが凄い勢いで増えてるんでアイコンたまごツイート無し状態でフォローすると最悪スパム通報だと思うんですが…;

情報を得たいだけならフォローでなくリストを使う事を薦めます。入り口を分ける事で取りこぼしを避けられる。フォローは会話に加わりたい時だけにしておいた方が。

いや正直、フォロー通知来るとどういうユーザーなのかいちいちチェックするんでこっちが面倒臭いというのもあるのですが;今は半分くらいスパムアカウントですよ。マルチアカウントに制限無いんで明らかに同一人物とわかるスパマーによる多重フォローもしょっちゅうで、通報ブロックしてもしつこくやってくるんでもうね。

とりあえずドヤァって感じでFX指南とかアフィリエイト指南とか言い出す奴は即スパム指定してます。そんなに儲かってるなら他人に手口教えて自分の儲け口減らすわけ無い事ぐらい畑を襲うイノシシでもわかりそうなものだがなぁと。相手の顔が見えないと自分が自動的に上位になる輩が多いのはネット全体の事ですが、それにしてもねぇ。

続きを読む "なんか違う気がするTwitterの使い方。"

|

2012年2月 8日 (水)

一週間はや!Σ(゚д゚lll)

一月は待てど暮らせどなかなか終わらなくて難儀したのになぁ;
買い物を一月終了直後にガッと済ませて、それらがあっという間に届いて既にいろいろこなしてて時間が足りてないせいですかねー;待ち遠しいと思うものがショートスパンで存在しないせいかも。

まあ理由は定かでないですが;;とりあえず今日は食事ができないほど体調悪いので短文で失礼しますです。

|

2012年2月 7日 (火)

番組消化地獄(注:結果は概ね天国…いややっぱ地獄)

BDレコ導入してしばらく経ちますが(パナのを使ってます)、持ち前のつんどくグセが映像でも遺憾なく発揮されておりまして。しかもHDDの中ではシームレスに録れるわけですし、その上AVCHDコーデックで録画すると相当縮むんで余計溜め込むわけですよ;;※

※HD素材の場合で上から二番目のHXで無圧縮のだいたい1/3です。ただし、SD素材の場合何故か最高画質だと容量は増えてしまい二番目の画質が無圧縮と大差ないので、SDは無圧縮で録ってます。

で、1クール溜め込んで消化せず、一話を番組終了後に見て直後に1クール全消しとかわりとしょっちゅうで。HDD使ってる以上は消耗部材という認識なので、この使い方あまりよろしくないんですが。

今日時点で無圧縮HD素材換算で残りが4時間しかなくて、退避先のBDもブランクディスクがあと二枚という危機的状況で。早めに注文せねば・ザビと思いつつまだしてないです;トリミング済み(ようはCM除去済み)の番組もあまりないですし。やれやれ。

まだ四話くらいの番組なら今のうちに捨て判断すれば冬アニメは軽量化できそうなので、やるべきなんですが、最近のアニメ一話見てもよくわかんないです;(例:境界線上のホライゾン)
なんか明確な基準作れればいいんですけどね…クリーチャー系の爆乳はキモいので却下とか←これでホライゾンはまず切る候補に。

●録画に関係ない愚痴ですが生身の女性を物扱いしてリア充なれねぇ言ってるバカが激増する一方、画面の中のクリーチャー増殖率が半端なくて「いやこれもはや奇形だし」ってキャラデザインがかなり増えたように思います。キ○ガイがいるのは前からですが番組一本ほとんど思考閉塞したキチとかいう馬鹿げたものも増えました。キャラクターの単純物質化の影響かと。

とまぁ切るに切れないものも多く困る一方、消化して捨て回を消す事で暫定対処しようと思って消化始めると捨て回がないとかいう恐怖の事態が発生する事が。プリティーリズムとかプリキュアシリーズでよくあります;もともと物を捨てられない性格なので;;
しかも消化視聴ってCM以外実時間じゃないですか!意外と負担でかい!

全話購入確定してるスイートプリキュアでさえ、2クール目以降で残してる話でちょうど12話ありますしね;困ったものです。でも発作的に見たくなっちゃう回とかあるので消せない、収録してるBDが届くまで。(本音を言うとエンドクレジットコレクション作りたかったんですが…BD4巻に入れられませんか>全話エンドクレジット>マーベラスAQL担当さん)

あぁぁなんか横道。NHKの番組とかならトリミングはほぼ必要ないんですが、民放の番組がきっついですね。あと折角チャンネル契約してお金払って見てるのにトリミングの手間をわざわざ増やしてるANIMAXにわりと殺意が…。画質は酷いけどAT-Xのトリミングはほんと楽なので。

事実上無料なBS11にCMが多いのは仕方ないと思っていますし、BS11のアニメ担当さんの頑張りはとても評価しているのですが…HDDに溜まってる番組の大半がBS11とBSTBSの番組ですorz。

映像のお仕事でPC上で編集した事があると、フレーム単位音響の波形コミで視認してマウスでサクサク区間指定してばさっと切れるので楽なんですが、普段とても使いやすいパナのレコーダーはトリミング編集が超やりづらいのですよー。フレーム指定がめっちゃファジー。

とにかく、だいぶ疲れてる事は間違いないですし、BDのブランクディスク買うの考えると経済的にも頭痛いです。(スリムケース欲しいのでTDKの超硬使ってます)

ああ、これ終わったら今日のスパロボ消化しなきゃ…;;

続きを読む "番組消化地獄(注:結果は概ね天国…いややっぱ地獄)"

|

2012年2月 6日 (月)

宇宙の秘密に気づいてしまったゼ

巨神ゴーグはガンダムUCの後の世界。
(ヒント:襟)

てゆうか戦車砲効かない相手をコンビナート誘爆で倒そうとしたり、巨神兵団の進行を阻むのに橋を落とさなかったり、病的に頭悪い人ばっかりですかこの番組は;
ちちを見せるためだけにノーブラな悪のおねいさんとか。

古い作品で名が知れてれば名作とは限らない(むしろこれは迷作ですらない)典型例ですなー。
褒めるとこメカデザインくらいしか。

流石シャアという人物の中身に自分なりに気づくまで最近までかかった挙句、明らかに間違った結論に至った人は違うなぁ;

たまたま見た再放送にガックリ来たので書かざるを得ませんでしたorz


続きを読む "宇宙の秘密に気づいてしまったゼ"

|

2012年2月 5日 (日)

そういえば昨年のモーターショーで感じた違和感。

東京モーターショーが世界四大モーターショーから自動車の展示が減ってなお外れないのにはちゃんと理由があって(韓国メディアがわかってないようなのできちんと説明しとく)、アッセンブリメーカーの出展が最も多いのですよ。他国のモーターショーは単純にティーザー広告的なイベントが多いところ、東京は全般に先行技術展示の意味合いが強いです。車自体を楽しむのも勿論ですが「この技術でどんな事ができるか」を各々想像する楽しみがあります。
(あのメーカーのあの車のあの部品は実はここです!みたいなネタバレもあって面白いですよ)

んでも、去年というかここ三回くらいかな、個人的に必要だと思ってる事が一向に進捗してない、というか研究されてる様子もないのが不満です。

それは「電装系の防水技術」。津波の時は車ごと浮いて流れたんで役立った可能性は低いですが、中部地方より西で昨年一昨年と頻発した豪雨で、水没した車があっさり廃車になったケースがやたら多かったです。内燃機関に水入ったらそれはクリーニングしないといけないですからきついですが、やられたのは主に電装系だと聞いています。

去年の展示見ても配線系メーカーいまだにコネクタが普通のものだったんですよ、ハーネス類も。そしてECU系もシールする気配がぜんぜんない。これではいけないのでは?今はCAN制御(自動車のLANだと思いねぇ)主流でさまざまな介入もやってますから、それはもう凄い本数の電線がピラーとかの中通ってますし、勿論ハイブリッドとかも電装品の塊なわけですが…バッテリー端子すら防水されてないわけですよ!ありえない!

ピラーのような細いとこを通す都合、配線とコネクタだけ防水しても中に水が残ったらいけないので、そういった部分をまとめてシールしたり、冠水した時に自律的にどうしても防水できない部分の通電をカットする処理とか、必要だと思うんですが。廃車にせずとも比較的容易なリサイクルプロセスで再生品扱いで売れるないし乗り続けられるわけで。

水没した電気自動車の側に居て感電死って話は今のところ聞いてませんが、EVコンバートでバッテリーを大量に後から積んだ車を見ると「これは浸水したら相当やばくないか;」と思います。

より燃費のいい新型への更新が進むからそれでいいんだとか言い出す馬鹿も散見しますが、納車翌日にゲリラ豪雨で廃車って話も聞くんですが。車両保険屋を儲けさせる前に自動車・アッセンブリメーカーが対応すべき案件だと思います。

続きを読む "そういえば昨年のモーターショーで感じた違和感。"

|

2012年2月 4日 (土)

乗用車はもっともっと快適かつ便利になれると思う。

86とBRZの正式発表がありまして、豊田社長の人望には期待しつつ車にはすこしがっかりした後、少々考えた事がありました。

一度オープンに乗るとその呪縛から逃れるのは結構難しいです(笑)。ですがやはり震災後、しっかりした積載と、最悪まで想定せずとも日常的に車の中で十分に休める事が大事だなぁと思いました。(お世話になってる方が新車で買ったR2を最初の車検までに十万キロ乗ったすんごいヘビーユーザーなんですが、一度乗せて頂いた時、パーソナルムーバーとしての快適性に最大限振っているように見えました)

そんなわけで次の車はハイゼットカーゴにしよう!と思ったものの貯金の少なさに泣いているところですが(イースエンジン搭載まで待つのも手ではありますが…)昨年末に新幹線のグリーン車を初めて利用して、その快適さに唸るとともに、ちょっと思った事がありました。
「あれ、座面幅自体はそれほどいらないんだなぁ。むしろこの左右のひじ掛けが作ってるタイト感と、座面前方に展開するフットレストが要かも」

これって実は2+2の前席でも可能じゃない?と思いました。
具体的には…

・当然邪魔になるのはステアリングとコラムだけど、位置を記憶した上で上方に展開して乗降をアシスト、シートポジションまで含めて複数人分記憶しておいて着座時ステアだけでなくシートアジャストまで再現するシステムが随分前(初代ディアマンテの最上級グレード)に存在したので、ステアのチップアップはそんな難しい技術ではないし、大袈裟に電動にしなくてもコラムごと上に上がるだけで十分空間はできる。(ステアの脱着がロードカーでもOKなのはKTMのクロスボウ担当さんから聞いているけど、エアバッグを入れられないのでマスプロダクションだと少々難しいっぽい。フロントガラス上端部フレーム内からのカーテンエアバッグ展開が速ければステアに仕込む必要はないけど)

・フットレストは座面下に入ってるものがせり出す設計で十分いける。シートの高さを一定以上まで上げないと出せないようにすると、最大リクライニングした時により背中が倒せるようになり、身体をまっすぐにしやすい。三点シートベルトの上アンカーを思い切ってシートに内蔵してしまえば、ナビシートに傷病人を寝かせたまま搬送も可能だろう。運転席側フットレストが出ている状態ではギアとパーキングブレーキがロックされる、ないし警告音が止まないようにすれば事故もない…というか、そもそもフットレストが上がってるとペダルに足かからないw。

・シート背面のリクライニング角度はフラットまで落とせるように。後席いじらなくても前席のシートリフターで対応できるのが望ましいが、ユーティリティ的には後席のダイブダウンないしチップアップでもいいかもしれない。(ダイブダウンでフラットにできるなら、助手席で説明するとグローブボックスまでの高さ、というか隙間を稼げるので良いと思うし、トランクに寝転がったままアクセスできるのはいろいろ便利そう)

・シートの上端を少し高めに設定して、ヘッドレストが収まるくらいに。ヘッドレスト自体に前方にせり出す機能を設けてもいいし、走行時はシート背面側上部に回せるピローがあってもいい。

・ひじ掛けは左右に欲しいものの、車の中心から外側のは流石に無駄に車幅を広げてしまうので、跳ね上げ収納が可能かつ上下調整が可能なものを中心側に。欧州車中心によくあるドアに窪みをつけてひじ掛けにする処理はしておいていいと思う。

このくらいの設定ならオープンでも可能であるし、横幅を我慢できるなら軽自動車でも可能だろう。シートアジャストの中に座面角度を入れて、ヒップポイントが下がるに従って幅が狭くなるギミックをつけてやるのと、シート背面の左右を前に引っ張り出せるようにするのを両立すれば、バケットシート的な使い方もできるので、走りとも両立する。

こういった設定がハイトの低い車…クーペなりオープンなりにあるなら、30万円くらい(内容によってはもっと)のOPでもつけると思う。車は距離を走れてナンボだけども、昨今真っ先にへたる部品(ただし、休ませれば回復する)は他ならぬドライバーであるし、道の駅がこれだけあるのだから有効に使いたい。

あと、税区分的に1tを切る事に各社あまり頓着していない現状、たかだか50kgをダイエットできなかったために~1.5tカテゴリに行った車は、トルクがそれなりにある事を条件にいっそ1.49t使い切ってしまって構わない。2または3ドア車のスポーツげな(なんだそりゃ)車にスライドドアもアリだと思う。スライド方向は前でもいい。今なら作れるはず。

冒険心とドライビングアミューズメントが両立せず高価なのが多趣味な昨今の若者の思考の中で真っ先に車が切り捨てられる原因だとも思うので、是非取り組んで頂きたいテーマです。世の中にはコペンに自転車キャリア積んだ頼もしい欲張り(笑)な若者も実在するのだし。乗用車もマルチロールの時代ではないだろうか(生活感を切り離しつつも、冒険心を車とともにキープさせられる、それだけでもマルチロールで、痩せ我慢意見や曲解を除けば現状そういう車はまだ無い)。

太陽電池式の自動換気なんかも既に実用化されているわけで、あとは同様に太陽電池式(充電池内蔵)の液晶サンシェードがあればいっそう快適かと。

続きを読む "乗用車はもっともっと快適かつ便利になれると思う。"

|

2012年2月 3日 (金)

氷点下の外気の中妄想したネタw。

「ねえエレン、何か歌ってよ。ハミィが元気になるような」
うなづいたエレン、ブルーのストラトのハーネスをかける。ヒュッヒュッ!と鳴る弦、シールドをミニアンプに繋いでボリュームを上げる。
ボディを二回ノックして一休符からリフが始まる。ギャララララッラッ♪ギャララッ♪ギャララッ♪×2。
すると何時の間にかZO-3を構えていたアコがキャッ♪×8のリズムを合わせてくる。
ぽかーんと見ている響と奏、フレーズが4周したところでエレンがようやく口を開く。(歌エレン担当:林ももこさん)
「キミを見てると♪いつもハートDokiDoki♪」
(以下省略)

いや、なんかハトプリの監督はこういうの見たかったみたいだから。

スポンサーバックとかでエレンが持ってたギターがストラトっぽかったんですが、たぶん音吉さんのだよなーとなるとフェンダーUSAのビンテージで今恐ろしいお値段じゃないかなーと妄想したりしつつ、個人的にはナチュラルウッドのカジノにクリアの水色吹いてヘッドをメタリックな水色で塗った上でピックガード下に筆記体でElen Kurokawa / CureBeatとサイン、横に猫の顔のイラストサイン<エレン描くとこのセイレーン、が描いてあるシグネチャーモデルを捏造したい気がしますw。カジノならセミアコだからアンプなしでもそこそこ鳴るし。(この場合アコ=アコースティック)

ラブギターロッドの弾けるレプリカ作るならスタインバーガーから起こしますけどもw。流石にスライドギミックは無理ですが。(フェアリートーンのコントロールギミック自体は移植難しくないので、ラブギターロッドの回路がどうなってるか見た上で被せ物は作れそうです。ネックに被せるフェアリートーンマウントがちょっと大きくなるので、一回り大きいソリーとラリー作って回路移植する必要あるかもですが)

いろいろ妄想しつつ、とりあえず届いたベースのチューニングをしようかと。w

|

2012年2月 2日 (木)

作戦は一刻を争う!

昨日発注したVOXけいおん澪梓がもう到着して、ちょこっと考えて。
「やっぱり3つとも揃えるべきなんじゃないかな」と思って、今日Amazonで再検索したら…

跳ねてた。700円もΣ(゚д゚lll)

まだ低下以下なんですが20%引いてるとこはなくなっちゃいました。イケベ楽器さんの在庫が捌けたのが理由なようですが、昨日まで他所もイケベさんの値段に合わせて三千円台後半だったじゃん…。個数限定品なのでイケベさん在庫が復活する事は無さそうだし。この謎のチキンレース一体何事なの;なんでタイミングがここなの;;
というわけで唯さんのは諦め気味です。

ちなみにイケベ楽器さんの値段は一つ3500円送料込みでした。唯さんのは今一番安いとこで4200円送料込みです(Amazon内)。

モノが万単位ならまだ許容範囲ですが、流石に五千円以下でこのぶれはきっついなぁ。これでブレーキかかるとAmazonは自動的にまた下がる可能性があるだけに。見極め難しい。マケプレで最安値のとこのちょっと上でつけるみたいなんですよね。既にマケプレの半分くらいのセラーはプレ値つけちゃってます。

そいえばVOXってKORGの内部ブランドなんですね。そこまで熱心にやるならデザインがつまらないM50モデルチェンジして背面と真空管の意匠は共通な新型トライトンエクストリーム出すべきだと思うの。プリセットサウンドにHTTメンバーそれぞれ全員のコーラス入れてw。


続きを読む "作戦は一刻を争う!"

|

2012年2月 1日 (水)

二月のお買い物終了のお知らせ(笑)。

クレジットカードの〆日を過ぎたので、ようやっとうたってにゃんにゃんハミィを注文しましたです。
で、たぶん今回で最後だなーと思って、VOX amplug けいおんの第三弾から澪モデルとあずにゃんモデルを発注、で、練習用のやっすいベースセットを購入しました。お金持ちだったら唯さんのも発注したんですが;厳しいので。

あとは既注文品(高額なのはスイートプリキュアBD2巻)待ちで。追加発注はやるとしてもWF限定品受注で雪ミクとかそんなとこでしょうか。

とにかく積んでるものが多すぎるので!ついでにお金もないので!w
今月は積んでるものを崩したり箱の中で窮屈にしている娘たちに光を当てる方向で。

ファムのイベント当選してれば月末に上京します。してなかったらBDは二巻以降は検討かな…ムービックの設定集押さえたから…もちろん当選してたら継続して頑張ります。

まーたぶん今月は雪の中に閉じ込められているでしょうから、インドアで。

言いたい事は今日はだいたいツイートしてしまったのでw、そちらも参照して頂ければ。

なんか来月が待ち遠しい月が続くなー。(いきなり五月とかはやだけどw)

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »