« 東京都は大規模な生体実験場である説を提唱。(大袈裟) | トップページ | 新年早々誓いが果たされてない!w »

2012年1月 6日 (金)

埋もれてしまってた傑作。

症状が改善しなかったので、今日は更新をお休みしたいかもと思いつつも少しだけ。

まぁ表題みたいなのはたーっくさんあるんですがw、昨年末から昨日あたりまで、THQコナミの「ダークサイダーズ 審判の時」というゲームをやっておりました。ゼルダの時のオカリナっぽいARPGだと聞いていましたが、やってみたらスパイクアウトを経てバーチャロンのオラタンになりましたw(操作感的に)。

このゲームのディレクションとビジュアルワークはX-MENのコミカライズにも参加してるレベルの方で、いわゆるアメコミ的なカッコ良さに弱い人にはたまらんかと思います。B級と評してたサイトがありましたがそいつのA級が何なのか聞いてみたい程度にS級のビジュアルワークと設定、展開。

予備知識無しにゲームを始めると展開に驚きます。ここまではバラしていいか。人間が出てくるのはチュートリアルまで。あとは立ちはだかるだいたいのものをキルゼムオール状態でw進行します。

アクションゲームよく分かってる人向けの絶妙なさじ加減の謎解きもいいのですが(ツレがいますが忌々しいそいつの話を聞く必要はまずありません)、道中の戦闘の爽快感がやはり一番だと思います。一対多のサードパーソン格闘という事でスパイクアウトですが、ガードもダッシュも可能でターゲットロックもできるので、集団のボスにロックをかけて大剣ブン回しながら前ダッシュで突っ込んで行くなんて感じの状況が多いです。

都合二周したのですが(一周目で主要な実績獲得、二周目で難易度実績獲得)、二周目あえて一周目の実績獲得に必須だったコンボ技を購入せずできる事を制限しました。具体的には、同じ操作で技が変わっていくのを防いだわけですが、そしたらダッシュアンドカウンターをより意識して戦えるようになって、具合良かったです。ゲーム中一番しんどかったのは謎解きでもなく戦闘でもない、ただ避ける部分でした(苦笑)。

二年ほど前のリリースですが、あの当時でこのゴア表現でよくCERO-Dで通ってる(修正たぶん無しで)という内容なので、人は選ぶかもですが、やるなら徹底的にと思うタイプのゲーマーさんにはとてもオススメです。

実績解除もそう難しくありません。途中あるパンツァードラグーン風パートの実績だけまだ残してますが、あとは比較的楽でした。一周目でアビスアーマーという唯一以降の周回に引き継げる装備をコンプリートしてしまえば、難易度ハードでも一周目のイージーより楽になります。(楽になっても戦闘の面白さは変わりません。例えば今まで剣メインだったのをサイス系メインに変えるだけで別物になります)

これなら三千円切ってれば買いだと思いますが、随分前から二千円切ってます。そのくらいで買って積んでおいたのをたまたま起動したわけですがw。

ハードは360とPS3。いまだにPS3ではこの手は少ない筈なので、すべらないネタとしてオススメしておきます。

|

« 東京都は大規模な生体実験場である説を提唱。(大袈裟) | トップページ | 新年早々誓いが果たされてない!w »