« そういえば折よく昨年末の話題でまだ触れてないじゃないかw。 | トップページ | オカルトアンチなら気にも止めないことなんでしょうけど。 »

2012年1月26日 (木)

噂に翻弄されたり、辛い時期を思い出したりと。

25日の噂の件には困ったもんでしたが(一番怖いのはこれが外れたから永久に来ないと思い込む事だけど)、ちょこちょこと書き物したり、ライフラインがらみのアンケートが何故か集中したせいで、まだ一年経っていないあの日が記憶から相当量、おそらくは自浄作用で抜け落ちていた事に驚き、同時にアンケートの設問を追うに従いそれを取り戻した事を若干悔やみました。

去年なんか過剰に出費して、今年は貯蓄方向にシフトしようと思いつつも消費指向に減速がかからない事に年始から既に悩んでますが;何故そういう買い物病的な状態になったのか、思い出しました。沿岸が壊滅した折、恣意的に減速かけられたとしか思えないほど、代替ルートによる燃料補給が無くなり、結果的に随分長い間物流が止まりました。震災当日~二日後あたりに届く予定だったものが勝手にキャンセルされ、そればかりか被害のあるなしに関わらず「送り先が岩手というだけで」多くの運送業者そして通販会社に取引を断られました。

旬のものというのがあって、それらはその時でないと入手できないというのは、似たような趣味の方なら当然ご承知かと思います。それでも取り置きといった措置を業者側が取る事は一切ありませんでした。ストックヤードは有限という事はロジスティクスも経験してる私には理解できる事でしたが、納得はし難かったです、正直なところ。

その期間の荷物は関東に住んでいる方に代理受取人になって頂いて、落ち着いた頃に回収に伺いました。それでも「岩手アウト」が完全に払拭されるには、内陸でさえ随分時間がかかりました。

二日間の停電も相当に辛かったですが、とにかく震災で一番辛い思いをさせられたのは物流面です。趣味のものが手に入りにくいのは当然としても、被災地が最も消費量多い筈の油が来ない(迂回搬入路なんていくらでもあったのに)、スーパー等にあるべきものがほとんどない、怖かったですよ。記憶が確かなら4月になっても今ぐらい寒かった。誰が言い出したのか、普段なら売れ残る普通のコカコーラが真っ先に飲料棚から消えました。カロリーのせいだと思います。寒冷地では、そこにいるだけで通常よりカロリーと水を多く消費しますから。(冬場の乾燥は脱水症状にまで波及する事があるのだとか)

あの時痛感しました。鉄路や道路が迂回路として繋がっていても、迂回分のペイバックが見込めなければ、業者はそれをしないのだと。それどころか油屋は足りないからといって足元を見てくる始末。太平洋ベルト被災の場合のために日本海側の交通網の充足をって話出てますが、あれ、無駄ですよ。有事にやらないのはよくわかりました。国の命令がどうこう言う連中が今になっていますが、待ってたお前らの頭もボンクラだとは思わないのかい?と、特に企業関連の人に言いたい。

ボランティアは最大被災地に出向く。それは当然だし行けるなら私たちが行きたかった。地の利もあるし困っているのは同郷の皆さんだ。しかし無理でした。私たち…うまい例えが見つかりませんが「中間被災者」とでも言えばいいんでしょうか…には、助けは無かったです。ただ困り続ける事しかできなかった。

近視眼的にライフラインの事ばかり心配しがちですが、アウェイの人間は「生きてるか!じゃあ平気だな!」なのかなぁと思いましたし、今の時点で懸命に調査してるライフラインがらみのアンケート、肝心な話をどこもしてないよ、と思います。情報伝達も大事、衛生も大事。しかし「大抵の事を賄っているのは物流である」それだけが真実で、しかし目が向いていないと感じる部分です。

というわけでお買い物が前と同じようにできるようになって、キャパオーバーの消費をして貯金崩し、と。それがここ数ヶ月の頭痛の種です。多分あの状況で出費もできなかったら、高確率で自殺してたと思います。処分可能な財産は少なくないですが、そのルートまで絶たれていたのだから。

東海が来るとわかっているのなら、物流会社に代替ルートシミュレーションの提出を義務付ける事くらいしておくべきですし、人口密度が上がるほど物資が不足するのが早い事も理解した上で有事の優先供給を企業に義務付けるくらいやっておかないと、人口の少ない東北なんかと比べ物にならない状況になると思います。まず物流を。個人の備えなんてどんなに頑張ってもたかが知れてます。

当時(震災直後)いい意味でも悪い意味でも感心したのはセブンアンドアイの動きでした。ネットワークが切れてチケットサービスどころかNANACOも使えず、店内の明かりも消えている状況で、ちゃんと現金での販売はしてくれていました。電卓使ってたように記憶してます。で、どこから手配したのか「暴徒鎮圧でもしに来たの?」ってレベルの装備の警備員さんが店内に3人もいらっしゃった。

我々は信用ないのかなと思ったらそうでは無かったようです。関東から即日震災強盗が一斉に来たそうで、企業にはその情報がすぐ行ったようで。お手隙の警察官なんていない状況でしたからね。
栗原で山半分無くなったりした時も関東からだったなぁ。おまけにあんな知事のさばらせてりゃ、そりゃ東北は東北で、となりますよ。そもそも信用が皆無なんだもの。

|

« そういえば折よく昨年末の話題でまだ触れてないじゃないかw。 | トップページ | オカルトアンチなら気にも止めないことなんでしょうけど。 »