« 組曲『敗者なき戦い』完結。 | トップページ | 一ヶ月続けてみた。 »

2012年1月30日 (月)

矛盾が付帯するものは価値が薄れてしまう。

AGEの話じゃないですよ?(ぉ

昨日壽屋フレームアームズのフレズヴェルクが届きました。購入前から思ってはいたのですが、できれば変形機能の存在は無視して、うっかりこんなカタチにもなっちゃう程度にしてほしかったです;。人型のフォルムは完璧、凄いです。フレームアームズ結構好きで、最初に出た二機と陸戦機中心でいくつか買ってますが、ラピエールとか見送ったので今回は久々の空中型です。とても同じフレームアーキテクトが元とは思えないデザインで、面白いなぁと。んでも変形は無視したい。

なんでかというと、変形時翼にあたる部分が銃なわけですが、繊細な作りのアッセンブリを、大気圏飛ばす場合に外側に持って来るのは無理があるとしか思えないからです。ソードにもなるくらいだし頑丈なんじゃね?という向きもいらっしゃるでしょう。ハードポイントがまずいです。

いや、実際に飛んだ時に被弾であっさりもげるようなら逆にOKなんです。それは正しい。単なる失敗デザインで済む。ただ、ぜんぜん問題ない強度なら?大問題です。同種のアッセンブルにギャプランのバインダー、VF-25メサイア系共通アッセンブルの変形ギミックがあります。
理由は簡単で「そのほっそいジョイントでそれだけの荷重に耐えることができる、シールド懸架にも問題ない強度があるというのなら、技術的に機体そのものがもっと合理的かつコンパクトなデザインでないとおかしいし、より少ないアッセンブリで軽量頑丈な機体が作れるし当然空も飛ぶ」です。

一番酷いのはメサイアですね;あれが成立する構造力学が存在する世界では、バリアブルファイターはたぶん存在し得ません。より多用途でより頑丈でより高機動でよりコンパクトでより扱いやすいデストロイドが席巻するでしょう。そもそもあの世界、航宙戦闘機にデストロイドが起用されてないのおかしいですし。大気圏に入ることはごくまれという運用なら航宙用途最適化設計の機体メインが当然で、そうなると空気抵抗は考慮せずひたすら強度と動力性能と火力と命中精度上げだけを追求するでしょう。

そも、繊細なマニピュレーターに武器を持つ設定全般がおかしいわけですが(介在するアッセンブリが増えるだけ故障は増えるだけでなく、ハードポイントには頑丈さが要求される。ハードポイントから逆算してフレーム設計をする事もあるくらい。フェイルセーフって考え方が無いんでしょうか)変形する理由もない。投影面積の問題であるとするなら、射撃状態で最も小さい投影面積になる、脚でなくスラスター装備のデストロイドを作った方がいい。おもちゃ会社的な事情がわからないほど若くはありませんがw、裏打ちは欲しいですね。子供が大人になって親になった時、子供と一緒に同じ作品を見たときボロが出てはいけない。尊敬する映像作家さんの言葉です。コンテンツ産業が多様化してて、間口がとてつもなく広い今、過去のコンテンツに触れる機会は増えているわけですから。

モビルスーツが安直に可変機だらけにならなかったのは、たぶんデザイナーさんがそういった事に既にお気づきだからだと思います。推進力だけ狙うなら、人型なら背中は全部スラスターに充てられますしw。推力のバランスを見て背中・両肩・両太腿だけに前進用バーニアを入れると考慮した場合、MSじゃないですが今回のフレズヴェルクの人型デザインは素晴らしいと思うのですが。


ちょっと横道に逸れて。アッセンブルの合理性から逆算すると成立しない作品の代表作がパトレイバーです。レイバー犯罪対策のために存在する警察のレイバー部隊、というお話ですが…レイバーがまず成立しないわけですよ。現状の汎用建機の方がはるかに高性能で(1999年の話じゃんと言われるかもですが、作品放送時基準で既にそうでした。重機の汎用性を作為的に無視しただけ)、ついでに四つ足の建機なら既にありますが一向にメジャーになってません。タイヤないしクローラーで入れない森林などで限定的に使われるだけです。そう、舗装路面ないし障害物のない状態下では、クローラーが建機用途では最も優秀な脚で(接地面積が広いので踏破性が高く、安定していてアウトリガーを必要としない)機動力が欲しければタイヤ+アウトリガーが最大効率となります。立ち上がる乗り物はパーソナルビークルでむしろ設計手法に多いですが、接地点すべからくタイヤです。

用途に応じてアーム等の先端のアッセンブリを交換する事で成り立ってるのはたぶんレイバーも同じですが、カウンターウェイトどうやって入れてるの?と。重量物を持ち上げる時、持ち上げる側の重心の反対側に同様の重量物が必要になります。垂直接地安定性が高いクローラーやタイヤならともかく、多脚でそれ入れる場所ないですし、入れると脚は逝きますし、最悪コケて大事故です。(ちなみにフォークリフトのお尻が一様にあのような造形なのは、積荷に対するカウンターウェイトだからです。あれ、重り。ついでに、○○tフォークリフトと言った場合、車両重量が○○tなのではなくて、持ち上げられる重量です。よく運送業者さんがわかってないオペレーターにフォークリフト輸送用に車両手配されたとき、現場で重量の勘違いを指摘する羽目になって別な車フェリーしてくる手前が発生するとか。自重は勿論積載重量より重いわけですよw)

建機犯罪って一応実際にありますが、使われるのは小型特殊カテゴリの車両です。大特はフェリー(移動)に手間がかかる上に目立つので、痕跡が残りやすいとどんな猿オペレーターでもわかるので当然使われません。目立ってしまった時点で状況終了ですので、こっそりやりますから警察側が対抗装備を持つ事も無いですし、仮に大特クラスで街中でテロを行ったとしても、建機のキャビネット=コックピットは視認性の観点からそんなに過剰に覆われていませんから、普通のおまわりさんの装備でオペレーターは銃殺されます。森林作業用のユンボは戦闘車両レベルに近い防護をしてありますが、珍しいものなので管理が行き届いています。
事件の話に戻って、こっそり犯罪は今や田舎にもある地方のコンビニや屋外ATM狙いが主流です。なので、対抗装備を持とうにも警察の予算がぜんぜん足りません。なので「首都圏だけでレイバー大暴れなので埋立地に専用装備機の基地を整備」とかあり得んわけですよ。見た目に反してパトロールレイバーは汎用性皆無ですし。その予算があったらどうなるか。警察持ちのヘリコプターが増える、で現実は終了でしょう。装備品に高粘着性の大型レスリーサルランチャーとかは追加されるかも知れませんが。

パトレイバーという作品が言いたいのはそういう事じゃないことはわかりますが、ただ人の悪意に対する疑念だけで構築する世界って立ち上がり方どうよ、というフィロソフィ的な見方も一応示します。


話をアッセンブリ強度すっ飛ばして「可変機」という部分まで戻します。右カラムのカテゴリ表記で一番上にあるBJPMに関するエントリで書いた事がありますが、どうして変形する必要があるの?という話はそっちを見ていただくとして、個人的につまらないなぁと思うのは、可変機のほとんどがシンメトリ取れてることです。飛行形態や走行形態では大事なことかもしれませんが、人型の良さってなんでしょうね?一番は自分自身の体の作りと機体設計が同調することで、動きが想像できる部分じゃないでしょうか。となると有人機であれば個人によって左右どちらに何があるかも重要だと思います。
重量バランスを考慮した上で、人型の状態で全くアシンメトリックなものがシンメトリの取れた航空機に変形する、とか面白そうなのですが。(言うならやってみろという向きの方へ:やりました。BJPMカテゴリの過去エントリ参照)

あと、あからさまに機首になるパーツがある変形(しかもシールドだの銃だの真っ先に敵に狙われる部分がそれに該当とか)はだいぶしらけます。翼は強度と意味を備えたものから変遷してその機能を得るアッセンブリになるのがよいのでは。鉄板なのは実体剣かと思われます。うまくデザインと機能の中に収まっていれば、翼は翼で存在してもいいとは思いますが。同じバルキリーでもVF-1は尊重したい理由に、尾翼部パックの収まりが悪くあれバトロイドでマヌーバーかけたらイナーシャで絶対もげると思いつつ、主翼がハサミのように完全に合うカタチで閉じるのが凄く合理的に見える、というのが。おそらくファイター形態で翼を完全展開してもあの機体は飛びませんが、あの部材強度がOKな世界なら、Yak-141の尾翼部のように垂直・水平尾翼を左右それぞれ一本のフレームにまとめる手法もあって、それなら十分な翼面が稼げたかと思います。そのフレームが降りた状態のままバトロイドになってもなかなか面白いデザインっぽいですし、航宙戦闘時は専用フレームに置き換える発想もあったかと。


まとまりに欠く中身になってしまいましたが、パーツの意味を考える、それ以前にどういった戦術で運用されるかを考えるに遡ってそこからデザインをスタートさせると説得力に差が出ますし、何よりデザインコンシャスでは生まれない「機能美」が出てきます。つまらないツッコミどころを作ってしらけさせないためにも、そういうのは大事ではないかと。そう思います。

ダブルオーの一期で一番売れたプラモデルってフラッグだと聞いています。
子供の方が騙されてないかもしれません。意味のないGTウイングついたガンダムが盛大に売れ残ったあたり。まどかタイタスはいいものですがw。

|

« 組曲『敗者なき戦い』完結。 | トップページ | 一ヶ月続けてみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 組曲『敗者なき戦い』完結。 | トップページ | 一ヶ月続けてみた。 »