« 馬鹿な大人に騙されなかった若い君たちに拍手とエールを。 | トップページ | 愛のなせる業と言わざるを得ない! »

2010年2月26日 (金)

引いて駄目なら押してみなの心。

関連リンク: シボレー コルベット ZR1、歴代最強モデルを日本導入 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp).

 環境問題だなんだで大排気量のガスイーターが嫌われ、不況で高級車が売れない。しかも会社は事実上倒産状態にある。

 まさにGMにとって究極の逆境たる昨今なわけですが(ハマーブランドは中国との話御破算になって消滅決定だし、サーブもスパイカーなんていう中小企業に行っちゃったんでもう先ないしで暗黒)、GMの中、世界中の自動車ファンの中にある「絶対値」がかの会社には残っています。

 それはシボレーブランドと、その看板であるコルベット・カマロという二大マッスルカー。まさに強きアメリカの象徴。その芸風の前には品格という言葉など何の意味も成さない、心臓鷲掴みの走る暴力(笑)。

 その二大マッスルの上級がコルベットですが、現行のトップだったZ06が7リッターNA(担当エンジニアの直筆サインが入るという気合い入りすぎのユニット)エンジンを搭載し、日本国内で走る乗用車において今売り(普通に買える)で唯一自動車税が最大値(車検通してあるだけで年間12万円w)になるというという恐ろしい車だったところ、GMは思いきって(わりと日本人の嗜好わかってるんだな、と感心)さらに上のZR1を投入してきました。

 実はZ06はその異常な排気量に由来する莫大なトルクのおかげでハイギヤードでもするする低回転で走っちゃうので、意外と燃費いいんです。BBCにその番組ありと謳われる自動車バカ番組「トップギア」の司会のおっさんがこれでエコランマラソンに出て、なんとリッター12を叩き出してカテゴリー優勝したという恐ろしい記録を持ってます。道具は使いようです。半端にガスを食う3~5Lクラスのスポーツより実質燃費がいいことを証明しちゃったわけですな。フェラーリとかポルシェでこれは無理。Z06はある意味エコカーなわけです。MTですがたぶん3速入れっぱなしであとはクラッチ合わせだけで日本の道は走れるっぽい(笑)。(うっかりトップで踏むと高速道路の法定の3倍軽く出るので)

 しかしZR1は違います。6.2Lのエンジンに、よりによってスーパーチャージャーです。環境考えたツインスクロールターボとかじゃありません。ひたすらパワー追求のセッティングです。それはまるでガソリンを撒いて走るかのような(笑)。
(でも往時のユーノスコスモやランボルギーニディアブロ、ちょっといじったランエボあたりよりそれでもまだ燃費いいかもです。先の通りアメ車ってハイギヤードで、スポーツ車はしっかり6MTなんで)

 昨年北米でデビューするや、あっさりニュル北のマスプロダクト部門のトップタイムを日産GT-Rから奪いました(笑)。いや、もともと現行(C6)コルベットって開発は北米とニュル並行でやってたんで、こいつもニュル生まれの車ですから、あまり不思議なことではありません。恐ろしいところは、ひたすら走りやすさを追求しドライバー負荷を極限まで減らしてるGT-Rに対し、ZR1はわりと素の車に近いことです。言ってみれば暴力的なエンジンを頑丈なシャシと太いタイヤで無理矢理いなしてタイムを稼いでる感じで(笑)。トランスアクスルなのでリヤ荷重はFRのわりに乗っかってるにしろ、前を使わずミッドシップでもなくでこのタイムには少々呆れます。たぶんFRカテゴリ最速の市販車では。

 647ps、819Nmの怪物ユニットは既に欧州の小規模スーパースポーツメーカーから「使わせて」という話が来てるほどの代物ですが(おそらく売り物になる段階で日本円で億行くレベルの車です・笑)、Z06でも十分良かったボディ・シャシのうち、主にボディ側の軽量化をカーボンの多用で徹底しています。スパチャーなどの補機類ついてなおたしかZ06より軽かった筈なので、なんと重量は1.5t以下に収まり重量税区分がCR-Zと同じです(笑)。

 お値段1490万円。パフォーマンス考えたらお安いのでは、と思います。維持費がそもそも田舎に住んでる場合GT-Rより安いはず。(整備工場を選ばないため)ああまぁ、流石にスタッドレス履かせて雪道走る度胸はありませんけども;んなことしなくてもローンチコントロール切ればドライ路面で流れまくるだけのトルクがあるので。

 エコエコと世界が騒ぐ中、あえてエゴカーの何がいけない!と血の叫びを上げたGMを私は褒めてあげたいです(笑)。まさに引き空気の中で強烈な押し。MTつくのに時間かかりすぎた上に重いアウディR8を買うよりは、気分的にはこれな気がします。…通院に使えば自動車税減免なんで(マテ。まあ宝くじでも当たらないと無理ですけどねー(笑)。

 んなハイパフォーマンス車日本の何処で乗るんだよ?と自分も言ってきた気がします。このブログでは最後の車輪モノエントリになりそうなので断言します。

 下道に決まってるじゃないか!!(笑)

|

« 馬鹿な大人に騙されなかった若い君たちに拍手とエールを。 | トップページ | 愛のなせる業と言わざるを得ない! »