« その状況下において。 | トップページ | あずき のち チョコレート。 (DSC-WX1のテストもついでに) »

2010年1月19日 (火)

(参考)トイボットファイターズ・1月18日の戦績

バトルチップ名・A.L.C-N [Alice Noir]※
機体構成:S型・右手鞭、左手剣、ホバー脚。
スキルチップ:レフトアタックリトリート、黄金の左(いずれも本日確認したログ内で発動は一切なし)
AIセッティング:(機密事項)←ただし、48試合中無変更。
アリーナ:炎の大地

※開始時Lv19、終了時Lv20。Noirシステムは全パラメーター攻撃、よってLv20時点で攻撃19。

今日のスタート時ビット:21022
同、頭部DM率  :54%
同、ボディDM率 :51%
同、ウィップDM率:46%
同、レイピアDM率:75%
同、ホバー脚DM率:68%
同、リペアキット在庫:4

補修履歴とリペアキット購入履歴、購入直後ビット履歴、マイミク補修履歴
06:17 アリアンテ×2、レイピア×1、ボディ×1
06:24 キット購入(20918ビット) ヘッド×1、アリアンテ×1、ウィップ×1、レイピア×1
06:31 ボディ×1
06:39 キット購入(20765ビット) ヘッド×1、ボディ×1、ウィップ×1、レイピア×1、アリアンテ×1
07:58 マイミク9人回復
11:27 みんへるはA.L.C-N [Alice Noir](ぬまにゃん)の損傷度を回復させました!
12:37 キット購入(20898ビット) ヘッド×1、ボディ×1、ウィップ×1、レイピア×1、アリアンテ×1
12:45 キット購入(20426ビット) ヘッド×1、ボディ×1、レイピア×1、アリアンテ×1
13:52 おうじはA.L.C-N [Alice Noir](ぬまにゃん)の損傷度を回復させました!
17:45 キット購入(21006ビット) ヘッド×1、ボディ×1、ウィップ×1、レイピア×1、アリアンテ×1
20:38 キット購入(20894ビット) ボディ×1、ウィップ×1、レイピア×1
20:43 アリアンテ×1
21:20 ヘッド×1、アリアンテ×1
21:39 キット購入(20997ビット) ボディ×1
23:15 ウィップ×1
23:23 ヘッド×1、レイピア×1,アリアンテ×1

今日の終了時ビット:21794
同、頭部DM率  :69%
同、ボディDM率 :79%
同、ウィップDM率:64%
同、レイピアDM率:74%
同、ホバー脚DM率:60%
同、リペアキット在庫:0

戦績 48戦 37勝11敗
内訳 勝利データ 
対L・ボディブレイク7/ターンオーバー5/?※1・計13勝
対M・ボディブレイク9/ターンオーバー2/?2・計13勝
対S・ボディブレイク8/ターンオーバー2/?1・計11勝

敗北データ
対L・ボディブレイク7/ターンオーバー0/?1・計8敗
対M・ボディブレイク0/ターンオーバー1/?0・計1敗
対S・ボディブレイク0/ターンオーバー2/?0・計2敗

※バグで対戦画面が出なかったもの、いつの間にかリザルトにプラスされていたものの合算。いずれもログが無いので勝利状況不明。

 雑感。
 Sでターンオーバー敗北をした試合の片方は、スキル突っ込みまくりバッテリー3本仕込みの機体に、バッテリー切れるまでボコったものの散って潰せなかったところ、バッテリーが切れてから一方的にやられたというマッチ。試合に負けているけれどもコストで勝っているので負けた気はしてない(苦笑)。Lでこちらに勝った機体はほとんどがスキル頼み。スキルを入れてなお負けている機体も多く、戦闘アイテムに回復を入れた機体に負けていない。機体構築の参考になれば幸い。
 ローコストでやろうとしても戦闘ポジティブの設定(とだけ言っておく)だとこのレベルのダメージは免れない。これでもマシな方である。終了時ビットは開始時ビットを上回っているが、リペアキット在庫ゼロな上にダメージ蓄積がリペアキット3つ分ある。合計7つで、購入したとして1400ビットの天引きとなるので、事実上628ビットの赤字である。勝率75%オーバーでは黒字に転じないのが現状で、再三言われている通りリペアキットの値下げは望まれる。

 なお、半ば雑談板を私物化している某氏は「いろいろ試している」と言っているが、S型をローコストで、と言っている都合と、試合結果にドローとターンオーバーが多い(普通ドローは出ない)のを見るに逃げ傾向である。「黒字化の努力をすべきだ」はことS機においては逃げ一択もしくはカウンタースキル複数実装以外に考えられない。(実際、多くのスキルをインストールし組み合わせている模様。戦闘アイテムの利用も否定していない。戦闘アイテムを使用しての黒字はまずありえない)とりあえず彼には黙ってもらえないだろうかと思うところ。αテストがテストにならず、今の時点で結論が出てしまう。

 ちなみにL相手に殴り合いは不可能という理屈は上記戦歴を見ての通り詭弁である。五分五分の殴り合いは可能。怖いのはむしろMで、今回はたまたま1敗しかしていないが、勝ち試合でもこちらが手ひどくやられているケースが多い。スキルの使用はほとんど見ない。しかもほとんどが1桁レベル機で、素性の良さが見て取れる。
 S型はアタックポジティブでない設定の場合悲惨な負け方をする。今回は最短5ターン、丸裸1回。S対Sでも丸裸は多く発生するし、見ての通り勝ちはほとんどボディブレイクである。気持ち1つでサイズ差は埋まる。まあ、スキル完全武装のL型に一発目でレッグを潰されるとまず勝てないのだが。余談だが私のS対Sの最短勝利ターン数は3。Sでも2は可能である。Lでも5以内が可能。

 とても興味深い事例としてタックルがあった。両腕と脚を失った状態でタックルを仕掛け、こちらのボディ耐久値を残りたった4まで減らした惜しいM型がいた。そのカウンターダメージのせいで次ターンウィップであっさり轟沈したが、助かったのはたまたまだと思う。タックルはボディさえ残っていれば可能なので、侮れない。

 結論として、ビットのつぎ込み方次第で勝率9割の機体は作れるものの、長持ちは絶対にしない。資金的にショートする。初期に登録してメンテごとのボーナスを貰っていたという人で、17万ビット程度の貯金があるなら、良スキルが出るまでウィップ+ノーマル腕→剣+4脚で頑張って、駄目なら売却で10万程度使ってみてもいいかもしれない。戦闘アイテムは全くおすすめしないが。また、スキル発動するとエネルギー消耗が大きい。トータルの勝率を上げたいなら、実際のところはスキル無視が無難である。たまにスキルお化けに当たって負けてもそれは希なことなので、交通事故だと思うくらいでちょうどいい。どのみち勝率100%は不可能である。

 以上。疲れたからデータ取りはもうやんない(笑)。
 参考になったなら幸いです。

|

« その状況下において。 | トップページ | あずき のち チョコレート。 (DSC-WX1のテストもついでに) »