« できないことだらけ。 | トップページ | 昨日の検索ワード・100130版 »

2010年1月30日 (土)

痛い目見ても懲りずに!

ブログネタ: 「雪遊び」といえば何?参加数

 スノードライビング(雪道での車の運転)です!
 たーのしいですよぉー?体感馬力が10倍近くになっちゃう。(64馬力の軽が640馬力の車のアスファルト上での初動みたくなっちゃうのですよ。車輪空転しまくり)

 最小回転半径以上にばきっと曲がることができたりと、「感覚で乗り物を操る楽しみ」を存分に味わえます。

 雪の中に埋まってるものうっかり踏んだら即大変なことになるのが難点ですが。
 あぁ…一昨年末の事故で壊した車の修理伝票が今でも目に浮かんじゃうのですよ…

 とはいえ雪国のドライバーがアクシデントに強いというのは、WRCドライバーに北欧出身者が多いことでもよくわかります。ロシア圏に出向いた時も現地の女性の車の運転の上手さに目を丸くしましたからね;

 

 子供の頃は近くに森があったので、雪が降るとその中をどんどん進んでいくのが楽しみでした。動物の足跡を見つけてわくわくしたりとか。そいえば一度だけかまくらを作ったことがあったっけ。盛商を日本一に導いた斎藤先生のおうちの横に(笑)。懐かしい。

 

 高齢化社会になって、降雪地帯では屋根の雪下ろしや道路の雪かきの人材不足で大変みたいですが、あれを作業と考えずスポーツとして行える何かがあればいいと思うのですが、どなたかいいアイディアありませんかね。エクストリーム雪かき。
 ご年配の方は仰るかもしれません。「雪を甘く見るな」と。
 甘く見ていません。
 エクストリームスポーツとはそもそも命がけだからこそエクストリームスポーツなのです!
 誰か考えてくれないかッ!血湧き肉躍るアドレナリン全開な雪かきの方法をッ!!

|

« できないことだらけ。 | トップページ | 昨日の検索ワード・100130版 »