« 晴れない空はない、とは言うものの。 | トップページ | 昨日の検索ワード・100108版 »

2010年1月 9日 (土)

コンテンツ力を生かすなら変わり身だって必要。

 あれほど人気があるフレッシュプリキュアが2期なく終了で、なんか後番組はふたご姫プリキュア(笑)なようですが。とりあえずシリーズとしてはかつてないレベルの主人公の低年齢化を行って視聴者層の追従→マーケット拡大を狙ってるのはなんとなくわかります。(フレッシュプリキュアはあの枠の「本来の」客層としてはもう対象年齢がマキシマムなレベルだったと思いますし)

 とはいえ、昨期も言われたことですが、またプリキュアである必然性がない。さらに言うなら、客層の若返りを図るなら新基軸を打ち出す好機だったと思うのに、それをやる度胸がまだバンダイにない。バンダイが一番売れて欲しいおもちゃがちゃんとフレッシュで捌けてたのに何故?と思ったりしますし、対象層リセットをするのにコンテンツリセットがないということは、あと6年くらいプリキュアってこと?それ流石にないでしょ、と正直近視眼的すぎるバンダイ・東映の企画力に若干呆れます。

 フレッシュ2期に期待もしましたが、あれはあれで綺麗に終わりそうなので、OVA展開でもいいかなと思ってます。続きがあるとして。で、そのソフトウェア展開に今回のバンダイの失策があったと思うのです。

 もとより少し高い年齢層向けなのはキャラクターの頭身見て東映もバンダイもわかっていた筈なのに、DVDの販売権をマーベラスに出してしまった。おかげでHD制作なのにBDが出ない上に、バンダイビジュアルから出せば結構掴めた筈の顧客をみすみす逃してる。慣習とはいえこれは全くいただけないです。今月、イースさんからキュアパッションに転身するあたりの回がようやくDVDで出ます(8巻)が、これの売れ行きを見てバンダイは猛省すべきでしょう。子供向け番組は固め打ちでそのビジネスしかしない、というのは古い考え方だと思います。

 ムービックから出た設定資料集は即完売で難民多数(私もその一人;)、ちゃんとした立体の発売が切望されているのに(ちゃんと子供向けの立体も毎回完売しているのに)今のところフィギュアーツのイースさんしか予定なし、と後手後手です。

 キュアパッション誕生編のあたりでの盛り上がりで、世間の空気に気づいてアイテム企画部にアッパー層向けを立ち上げなかったバンダイの戦略は、率直に言うと自滅気味だと思います。BDだけでもバンダイビジュアルから出すと発表すればよかったのに。今作に関してはBOX出れば買いますよ?お気に入りだし。そういう人は私だけではないはず。

 結局まともな立体はプライズでしか出ていない状態です。
 そんな中、コスパがとても珍しいことにフレッシュプリキュアという「あの枠」の作品のアパレル(Tシャツ)とマグカップを発表しました。黒を基調にしたデザインで、明らかに大人向けの商品です。直近でコスパがこの手の展開を仕掛けた作品は「けいおん!」です。あちらに比べれば規模は劣るものの、かなり突っ込んだ展開をしてきたなと思いました。(マグカップは即予約しました。Tシャツは迷い中、ピーチとパッションかな?パインをとある人の誕生日プレゼントにしようかと思っていますが)

 版元である東映にはいくらかの収入があるかもしれませんが、バンダイはそれで儲かることがありません。商材を生かせないスポンサーほど無様なものはないと思うのですが。(出版社も子供向けの本しか出していない現状です、終了待ちかもしれませんけれど)

 今からでも権利の整理を行って商材として再構築すべきではとフレッシュプリキュアに関しては思います。番組内容はその名の通りフレッシュだったのに、スポンサーも制作会社もフレッシュになれなかった、というのは、あまりにもお粗末だと思います。

 年齢層移行に伴う終息は仕方ないにせよ、稼げるところからがっちり稼いでそれを元手にプリキュアの次となる新しいブランドネームをハートキャッチに与えられなかったのはもう、普通の販社なら企画室ごと解散レベルのお粗末だと思います。特に東映ですが、危機的状況をここしばらくずっと経験しているのに、慣習を脱却する能力が低いままという「惰性の経営」そろそろなんとかしないと駄目でしょう。バンダイが何を言っても次は新シリーズ、ときちんと提案できるようでないと。バンダイだって通常商品が昨期より良かったんだし、不況の次期に変化は怖いから、というスタンス見え見えはみっともないのでなんとかすべきだったと思います。

 フレッシュプリキュア!は素晴らしい作品でしたが、版元に恵まれなかったな、というのが私の現時点での印象です。話によっては崩れましたが;いいところをより抜きすると深夜枠のトップコンテンツ相当の内容に仕上がっていたと思うので。(無駄をなくした再編成版を深夜枠で新規で流してもいいくらいだと思います)

 今からでも遅くないので(昨今放送枠が地上波に限定されておらず増えているわけで、商材の旬を伸ばす気になればわりと伸ばしやすいわけだし)このコンテンツでのビジネスはまだまだ続けた方がいいと思います。本放送終了後でもアッパー層(大きいお友達)であれば購買意欲のスパンは1年2年と長いですし、ここから伸ばすつもりで頑張ってほしいです。とりあえず書籍(資料)・立体・BD-BOXに期待します。

|

« 晴れない空はない、とは言うものの。 | トップページ | 昨日の検索ワード・100108版 »