« 2009年6月21日 - 2009年6月27日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »

2009年6月28日 - 2009年7月4日に作成された記事

2009年7月 4日 (土)

まさにご存じない技術。

 ミクPD収録曲でミラクルペイントがお気に入りという件はコメントレスでちらっと書きましたが、聴いててふと気づいたこと。

 私はボカロのソフト1つもないんですが、ブレスって音出しできるんですか?歌い出しの吸い込みとかどうしてもマイクに入っちゃうようなの。

 ミラクルペイントはVo.から入る(しかもボカロでスキャット。恐ろしい子!)歌ですが、「すっ」と引きブレスの音がちゃんと入るんですよね;ジャズバンドの編成も見事で打ち込みとは思えない(特にブラスセクション。パーカッションも素晴らしい。脱帽です)ほどです。

 スキャットのリップシンクがPVでできてないのは残念ですが、それを補ってあまりある完成度だと思います。フキゲンワルツも凄い出来。

 打ち込みなのでテクノに傾倒しがちではという先入観を気持ちよく壊してもらえると非常にいい気分ですねー。テクノ系も否定はしませんが。

| | コメント (3)

ディケイドのコンプリートフォームに思う。

 あれほどネタにしやすいカッコ無いよなぁと思いますが(笑)。

 あえてリセとかアクエリアンエイジには触れません(ぉ。
 M:tGでうっかり地形出しちゃってマナバースト起こしてディケイド死亡とか、大怪獣バトルからEXゴモラ出しちゃって、ディケイドがクラックシュート(笑)すると例のゴモラの尻尾脳天から竹割りが出て相手ライダーがぷちっと潰れちゃうとか、何故かUNOのドローフォーワイルドカードが出てチャレンジコールされちゃってなんかよくわからないカードが増えちゃったりと、今年の夏コミでディケイドをやろうと思っていた同人作家さんの多くがあのフォームに救われたのではないかと思います。

 しかしうちの兄貴と話をしていて「その手があったか!」と思いました。
 スーパーカーカード出てきたら凄いことになる気がします(笑)。
 故・松田コレクションもびっくりの内容に!
 そしてその車でドキャッと相手を轢く!
 ビミョーな名車(アストンマーチン・ラゴンダとか)が大変なことに!

 そしてまたライダーじゃないじゃんと言われるわけですよ。
 かわいそうなラ(ry

 ディケイドもなんかヘンなことになってますが(笑)、もうしばらく続いてほしい気もします。別にバロムワンのパチモンとかどうでもいいしなぁ;さいとうたかを先生にOK取ったの?てゆうか東映は自分のフンドシで相撲を取ることをそろそろ思い出すべきだと思いますが。

続きを読む "ディケイドのコンプリートフォームに思う。"

| | コメント (2)

2009年7月 3日 (金)

ちょっと難しすぎるのが惜しい。

 初音ミクProjectDIVAをやってみてますが、とにかくゲーム譜が難しいです;昨今の音ゲーで一番シビアなんじゃなかろうか。あと画面の中に散漫に飛んでくるのと頭の中でPSPのボタン配置と指示表示が合致しないことがどうにも(笑)。プレステの人ならわかるんでしょうけど、なにせ普段はSCEのハード触らない人なので。

 ただ、曲はどれも素晴らしいですし(みっくみくにしてあげる(やんよ)は今聴くと古くて、一番下にひっそりと配置されてますが)、とにかくPVの完成度が素晴らしくて、クリプトンが盛り上げたボカロの文化がユーザーとリスナーの幸福な関係の上で昇華した印象を受けました。ミク好きなら持ってないと嘘とまで思います(笑)。

 ボカロ系素人だったのですが、流行り所を押さえることができたのでなんとか。エディットとルームBGM用ですが私が大好きなダブルラリアットも入ってるのがポイント高いです。ルカさんの歌では最高傑作だと思うし。

 モデリングがMMDよりかわいいし、モーションが自然かつ振り付けがド本気で可愛いあたり流石プロの仕事だと思います。某3分割ダウングレードソフトよりはるかに気合い入ってます。

 にしても本当に難しい;眠いと一番簡単な曲がフルコンボできません。こんなの初めてだ。どうもPSPのボタンまわりに問題があるような気もするけど。

 ハイエンドリアルタイムで同じものを見たい気持ちも強いです。PSPだからペイできるラインで企画できたのかな、とも思いますが。とはいえデジタルなアイコン性を持つキャラクターなのに本当に生き生きしています。セガはいい仕事をしましたね。

続きを読む "ちょっと難しすぎるのが惜しい。"

| | コメント (10)

2009年7月 2日 (木)

石油があるなしと別次元で環境問題は語られるべき。

コネタマ参加中: 石油がなくなるって、意識したことある?

 お題のページには「あと50年で枯渇」と書かれてますが、私たちが30年ほど前小学生だった頃も同じくらいか、あと40年とか30年とか書かれてた気がします。

 ちょうど直前に遊んだゲーム2作品がどちらも石油資源を巡る争いを描いたものでしたし、それ以前にももちろん石油資源の枯渇については考えたことはあります。内燃機関の乗り物を趣味にしている身ですし、燃やす方で考えなくても石油製品は私の趣味には欠かせないものです。

 ただし、石油資源の枯渇については懐疑的です。上記の通り、人口は激増していて石油消費量も増加している筈なのに(温室効果ガス排出量も、全量が化石燃料由来でないとはいえ、主にそれが由来でずっと増加していますし)、枯渇予測期限は延び続けている。これが意味するところは「埋蔵資源の調査はまだまだ完全には遠い」です。
 しかも、これが経済的・技術的な理由でそうなっているならまだ健全ですが、主に政治的理由で自国領を調査していない国も多いでしょう。本当に枯渇するとして、最後に出る方が価値が上がるのは目に見えているから。米国の姿勢が最もそれに近いと思います。

 とっとと切れてくれて、切羽詰まって代替技術開発に投資進んでくれた方が(大きな犠牲を伴うでしょうが)地球のためであるとは思うのですが、そうはなってくれそうにありません。

 なので、埋蔵量云々は全く無視する、ないし永久に「出てしまう」と考えてアプローチした方が「環境問題」の解決には最短距離なのではないかと思います。当然、燃焼の抑制などの規制は行われるべきでしょう。

 ちなみに内燃機関の乗り物が大好きな私も、昨今燃料電池車や電気自動車類をいろいろ運転してみて「あれ、こっちのが面白い気がするぞ?」と宗旨替え気味なので(笑)、そのへんは問題ありません。電池の性能など問題はまだまだあるので、電力まわり全体で大きな技術的パラダイムシフトが起こることに期待しています。

| | コメント (0)

そうかと問われれば「違う」けど、当てはまる部分も多いよね。

コネタマ参加中: 【男性限定】自分はいわゆる“草食系男子”だと思いますか?

 異性に関しては、好きになっちゃうと話の中でしれっとそう告げちゃうほうです。ムードないと駄目な人には嫌がられるかもですが(笑)。嫌われたら嫌われたでご縁がないし、譲れない線を除き会話を遠慮する必要がありそうな相手は嫌悪対象なのでそもそも最初から話さない(=付き合わない)。ここだけ見ると草食ではないですね。告白されても断っちゃうのに告白はするほう。パッシブではないです。

 でも、見栄のための消費は絶対しないですし、身だしなみどうでもいいかというとそうじゃないですし(お金かけてないけど一定のこだわりはあるし、アクセサリーや持ち物は人と違うものを意識するし。「なにそれ面白い!」とか言ってもらえる持ち物とか好き。でも髭剃りが実は苦手)、甘いものもお土産買いに入った和菓子屋さんでつい自分用を買ってそれをわざわざ店員さんに言っちゃって大照れしたりと結構好きな方です。
 根底にある考え方で、女の子に散財するよりは趣味に散財、ってあたりではものの見事にその通りですしねー。

 草を食べるでもなく肉を食べるでもなく。私はなんなんだろう。
 霞でも食ってるとか?(笑)

| | コメント (0)

密林の努力が台無しだ!

 SCEの奴誰かAmazon行って謝ってこい!発売日にソフト届くなんて滅多にないのに!

 というわけでうちにも初音ミクProject DIVAが届いたのですが。PSPなんて使うの久しぶりだったので当然充電はされておらず、ACプラグ繋いでいそいそと起動したわけですよ。そしたら…

「てめいつのシステム使ってんだよ!動かねーよ!アップデートすんぞ!返事は聞かねぇYesだけだからNA!」(※意訳・某画伯の声で)

 という表示が。
 強いショックを受けつつアップデートに進んだら、

「バッテリー残量足りねえよ!こんなんでアップデートできっかふざけんなゴルァ!」(※意訳)

 という表示が。
 外部電源使ってんだから別にいいじゃんよ!(前からこうだけど)

 あぁぁぁぁぁ!このおあずけを食らっているもどかしさを何にぶつけたものか!
 まさか発売日に届くと思わなかったしなぁ。Amazonだし。

 ↑お前もAmazon行って謝ってこい。

| | コメント (0)

2009年7月 1日 (水)

旅行プランを練りながらいろいろ手配の日。

 規模が縮小されたとはいえモーターショーには行くので、7月1日になりスーパーホテル妙典の10月の宿泊予約が可能になったので早速予約入れました。結局モーターショー2日トラックショー1日の翌日にドールショウを覗いて帰る、というスケジュールに。なので10月の29~31日の3泊。

 で、今月のおでかけのバスの手配がまだだったので慌てて。ATIと大宮SR閉店のための日は普通に上京で平日だったのでさらっと取れました。いつも通りに。
 しかし問題はやはり利府の車両基地祭からアイドールのコンボ。当日早朝に仙台に行って、そこから新利府まで行って取材して、仙台に戻って仙台発の夜行バスで東京入りして、アイドール覗いてその後夜行バスで盛岡に直帰、という流れ。宿を取らないので結構ハードかもしれません;。そして寄り道分それぞれが片道料金になるのでいつもの上京よりお金がかかります。困ったもんだ;
 カード決済で済ませてしまうので、ヨドバシのポイントばかり知らず知らず増えていきます(苦笑)。

 上京予定を1つ増やしちゃったので、コミケは3日目のみにする線が濃厚になってきました。2泊削りかな。当日朝入りだと3泊削れるけども;出発前までもう少し熟考します。企業とかもうスルーだよ;余裕無い。

 今のところ何処かに行く予定ないのは9月だけです。何やら気が急いてしまって大変です。

| | コメント (0)

2009年6月30日 (火)

やっと管理画面に来られた;

 ココログがシステムダウンしていた影響で、書き込みなどの操作ができなかっただけでなく、13時台から18時台までこのブログの存在自体が「なかったこと」になっていました。心配して下さった皆さんごめんなさい(喜んだ皆さん残念でした)、私はちゃんと生きてます(笑)。

 いきなり昔話ですが、ホームページという名称はWWWのごく初期に、ブラウザにブックマーク(お気に入り)機能がなかった時代、そのブックマークの代わりに「自分のために」作られたため、そのようになっています。自分のページ、であれば他の名称になっていたところわざわざホームなのは、「どこに行くにも出発点は自宅」であることに由来します。
 で、ダウンしていた間リンク先訪問ができなくて随分不便でした(笑)。私はこのブログをホームページがわりにしているようです。(ブラウザ起動時に表示するページは違うとこですけどね)

 全て自分で管理していればこういうトラブルに引っかかる確率は低くなりますが(なのでねこてーじトップを更新しなければいけないのですが、困ったことに現状更新手段を失ってるのです;どうしたもんだか)運営会社提供型のブログだとこういう時困りますね。

 ブックマークをしっかり管理しとけばいいじゃんと思うかもですが、最近あんまり頻繁にマシンが飛んだんで(ぉ、そこらへんロストしたのを復元してないんですよ(笑)。まあ、よく行くとこはここから行けるしなぁ、みたいな感じで。

 ここんとこニフティは外部からのクラッキングを受けてココログのパフォーマンス低下を起こしたりしてるようだったので、まさか今回のでログ飛んだんじゃと大分心配したのですが;なんとか無事でした。ログのバックアップは定期的にやらないといけないかも。

 てゆうか、ここ表示しようとして404出た時「まさかニフティに消された!?」とかストレートに疑ってしまった自分が嫌です。ニフティの皆さんごめんなさい。やっぱ薬が切れてるとスイッチはマイナス側に入りますな。

 にしても原因不明であろうシステムダウンから半日かからず回復したわけですが、原因究明から復帰までを可及的速やかに行わなければならないエンジニアの皆さんの尽力には頭が下がります。私に仮にそういった技術があったとしても、システム保守の類はストレスでかすぎてできそうにありませんよ;いやはや。

 というわけで困った事といえばアクセス不能時間が存在したために今日の分のアクセスがどうしても少なくて、日平均の数値に負の影響が出てしまうことくらいです。気にしなければ気にならない程度のことなので(笑)。

続きを読む "やっと管理画面に来られた;"

| | コメント (0)

2009年6月29日 (月)

激しくビミョーな未来像。

 体験版をとても気に入っていて、一時は購入も考えたのにタイミング悪くて買えずにいたフロントライン・フュエル・オブ・ウォーをソフマップで中古で購入してきたのですが…。

 近未来戦争モノというジャンルですが、CoD4もわりとない未来ですがこっちはもっとない未来でした;。これのシナリオを書いた人の頭の中ではロシアは未だソビエトで、スターリン主義で動いているようです。そして東側の国家はとても貧乏なのだそうです。吹きました(笑)。で、貧乏同士で結託して中国とロシアでレッドスター同盟なるものを作ってしまうと。どこの日本のネトウヨの妄想ですか?

 現実においては、環境や資源、知的財産権を巡り、中国とロシアは仲を悪くする一方です。一方で米の保守派とEUが巧みにロシアの孤立化を演出する中、中国だけが全体主義で突っ走っています。ロシアは既に末端の統制ができにくい状況になっていますが、あまり気にかけてはいないようです。一方西側は、オバマ大統領の画一的外交視野をEUが快く思っていない現状。NATOはNATOとして西側というくくりなんだ空気読めやコラ、みたいな動きですが、武器開発にカネ突っ込みまくった上戦争しまくった前政権の尻ぬぐいに必死な上に人権という言葉に敏感な「世界の警察」の新リーダー氏は政治論には馬耳東風状態。彼はネバーランドを作ろうとしているのかもしれません。宇宙に帰ったマイコーのかわりに。そんな中EUの一部がスタンドプレーでおイタをしてるのは相変わらずです。

 ところで、石油資源が枯渇した未来がこのゲームの舞台ですが、最後に残ったカスピ海沿岸地区の石油を巡って第三次世界大戦が勃発します。これも…ないですね;。地球上で最後に産油国となる国はおそらく北米の二国です。そしてその頃には代替エネルギーへの転換を迫られていて石油は燃料としては厄介者でしょう。資源ではあり続けるでしょうが。(石油は燃やすだけのものではないわけで…)

 ロシアが慌てて石油を掘ってるのは遠からず石油を利用することで生ずるリスクが国益を逆に圧迫し始めるのを予見できているからでしょう。まだ温室効果ガスの締め付けが弱いうちになるべく売ってしまいたい。何故か。温暖化が進むことでかの国の国土は埋蔵資源とまた別の温室効果ガスを余剰排出する宿命にあるから。冷戦が終わり東西を問わず先進国に責任を求められるようになった今、永久であるはずだった凍土が溶けて出るガスがかの国の首を絞めようとしています。排出権で解決するナショナリズムの持ち主ではない(あるものはあるべきままで、が彼らの基本理念)ので、油で儲けた大金を投じて温暖化対策に動き出すと思われます。たぶん投資先は米国ないしは東南アジアの技術国ではないかと。本来日本が請けるべき仕事ですが、日本側が蹴るはずです。島がなんだとか言って。

 一方でそんなロシアの都合を無視して中国は温室効果ガスに無頓着であり続け、環境破壊を続ける、と。アムール川上流の汚染の件など、大陸を南北に分かつ大国の関係は悪化する一方です。いちいちロシアのメンツを潰して喜んでいるEUが中国を市場としておいしそうに眺めてなりふり構わない状態になり、ついに日本まで見限ったのは皆さんご存じの通りです。既に東西とか旧共産圏とかいう枠組みは壊れてます。

 ゲーム中では2012年に世界恐慌が起きて東側国家の軍国化が進む、となっています。もっと早くに恐慌は発生し、その火種が西も西、資本主義の枢軸である米国なわけですが、資本主義社会主義が共倒れして中庸のシステムを求められたのも(本来イスラムが受け入れる筈のない経済システムを国家に導入しているのも)幼稚な一元論時代の終焉、という構図の一端です。まあエンターテイメントですからねー。アメリカ発の。わかりやすく敵作るなら東側にしたかった、それだけなのでしょうけれど、千手観音の握手ボクシング状態である昨今の世界は予見が難しいとしたって、いくらなんでも単純すぎ。

 で、このゲームにおいては米を中心とした連合軍の一員として中ロ連合と戦うわけですが、軍隊なのでちょっとエリア外れるだけですぐ軍法会議だなんだと嫌な言葉が飛び出します。自分らは基本的に使い捨てのコマで、持ち上げられる時は持ち上げられますが口先だけで、都合悪いとあっさり状況ごと切られます。

 そして私は先日までベネズエラで傭兵として好き放題していたので、この軍隊にいる感じがもう窮屈で窮屈でしょうがない(笑)。しかも複数勢力の混然とした状況のリアリティはむしろベネズエラでのソラーノ派クーデター事件の方がはるかに上でした。一応フロントラインの架空史実上でもベネズエラで一悶着石油がらみで発生することになってますが、アメリカ主導の革命が失敗してベトナムよろしく強制介入するという歴史になっています。んじゃあそのアメリカの目論見を崩すほどの力をベネズエラに与えたのはどこ?という話になるわけですが。

 世界戦争レベルに持って行かなくても石油資源紛争は地域レベルで終了というテストケースをマーセナリーズ2は上手く描いていたと思います。その微妙なバランスの上での復讐劇なわけですが。それをやった後にフロントラインの歴史はあまりにリアリティがないというか、ストーリー作ったの80年代あたりなんでは?とか思ってしまうほどです。

 FPSとしての出来はそう悪くないというか、体験版が面白かっただけあってなかなか奇抜で楽しめます。無人デバイスを使った攻撃がちょっと独創的ですし、武装のバランスもミリタリーものの中では楽しめる部類だと思います。(マセ2はスナイプがあまり役に立たないというか、ヘッドショット狙うより肘打ちだの蹴りだの入れた方がはるかに殺傷能力高いので(笑)、なんか変わってます)

 しかし核兵器の認識の甘さはマセ2とまた別の意味で眉をひそめる内容だし、ストーリーが進行するごとにだんだんぐったりしてきます。「なんで俺ウヨッカーの命令で主にロシア人と戦ってるの?」と。そう。連盟とか言って出てくる敵ロシア人ばっかりなんですよこれ。なんかなぁ…。

 ロスプラやっててジャップと罵られてアメリカ人とカナダ人に集中攻撃(しかもフレンドリーファイア)された経験がある私は、「なーんか、空気読めない自己中保守派になったつもり坊やがゲーム作ってみましたって感じかぁ?」とだいぶウンザリしました。がく。

 こういう微妙な時期だからこそ、「正義をどこに持っていくかは自分で決める」というシナリオの作品で遊びたい感じなんですが。マーセナリーズ2に惹かれたのは主にそこだし、少し前まで考えるとアサシンズクリードが好きなのもそのあたりです。

 まあ、とっくに過去のことである冷戦時代の話をしてるならまだ可愛いほうかもしれません。まだ第二次大戦の件を自分に都合いいように引っ張ろうとしてる馬鹿が大勢いる国も世界にはありますから。

 先がどうなるかを予見するには、史実の分析より現状の注視と的確な理解の方が求められるように思います。それはフィクションを書く場合でも同じ。なまじ主観が絡んでるものは、合わない人には本当に不愉快なだけなのだから。

 ちゅわけで、今までなかったバランスで手を組んで危機を乗り切るというシナリオの作品で遊んでみたい気が凄くしました。システムいいのに勿体なかったね、フロントライン。

| | コメント (2)

2009年6月28日 (日)

折角いいメカなのに名前で台無しだ。

 いや、こいつをゼッツーという発音で売ってるのは知ってる。でも私は断固としてゼータツーとしか呼ばない。

 木曜日に新宿SR(今頃スタッフさんがいい意味で超ハイテンションになってる頃でしょう、最後まで頑張って!)で見つけて、GFFZIIを買ったわけですが。ディスプレイ品しか見たことなくて、パッケにまで臆面もなくゼッツーと書いてると思わなかったんですよ。

 デザインとカラーリングは好きで、何よりWRフォームがシューティングの自機っぽくて格好良いと思ってるので、1500円残り1を見た時何の躊躇もなく買ったんですが。

 でも「ゼッツー」で通していいのは俗語までだよね。
 その発音を許された商品は世界でただ一社、カワサキしか製造していない。
 というか、それがあるからわざわざゼッツーと呼んだんでしょ?

 バンダイがこれで商標取ってたら不買運動起きるんじゃないかとまで思ったよ。こういうことがあったって日本のカワサキファンがネットで怒りの声を上げてたら、海外の支社に銃弾撃ち込まれてたかもね。

 ヲタのオイタにしちゃ度が過ぎてます。言い出した奴は猛省してほしい。
 本物のゼッツーは本当に特別なマシンなのだから。
 漢気を具現化した乗り物と言っても過言でない。性能とか二の次。
 その存在自体がカワサキ乗りの誇りだし、バイク乗りがすべからく一目置くところなのだから。

 なんか最近メカ関係こういうの多くて辟易。架空と現存という事実の間にあるとてつもなくでかい壁というか尊厳のようなものを、並ならぬ経緯で現存側が築き上げたという部分をまるで無かったかのようにすっ飛ばして安易に架空側で名前流用してるのがやたら多い。

 デリカシーが無さ過ぎるよ!

 こういうことをする人間がいるから、「自分も何かのオタクだし」と素直に認めずにいまだにオタ嫌いをする人が減らないんだと思う。

 両方わかってる人間はそこで「元ネタわかるぜ」って自己満足しちゃ駄目でしょ。怒るとこでしょ。私たちは何に憧れてきてここまできたの?原体験への敬意は絶対でしょ。

 てなわけでバンダイには次回再生産以降名称変更を強く望みます。あとカワサキ及びそのファンへの謝罪を。

| | コメント (4)

当たり前だけど初めて。

新車には当然新しいトイレがついているわけで、公共の乗り物のぴっかぴかの水周りというのをバスでは初めて見ましたよ。
でもトイレのデザインは普通でしたw。

NVHだとNHはいいですが、高速域でVが強いかも。

まもなく盛岡駅。

| | コメント (0)

« 2009年6月21日 - 2009年6月27日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »