« ホビーのあれこれ。 | トップページ | 携帯決まらずまたとんこつはりがねおかわr(ry »

2009年12月 4日 (金)

やっぱ三菱はジェットファイターグリルだな(笑)。

関連リンク: 三菱 RVR が復活…新型コンパクトSUV | レスポンス自動車ニュース(Response.jp).

 友人や、お師匠様の弟さんが乗っていたことで印象深いЯVR。よもやコンセプトCX(前回のモーターショーだったかな、i-MiEV SPORTと並んで置いてあった一台です)ほぼそのままで復活するとは思ってもみなかったですよ。

 三菱のSUVの乗り味は結構好きで、特にアウトランダーとか見積もり取りかけたほどだったんですが、アウトランダーは流石にオーバーサイズだよなぁと思って断念した経緯があります。似たようなフィーリングを残していて安価であれば、これも十分検討対象だと思います。1800ccという輸出意識傾向の排気量設定は若干微妙ですけれども。(日本なら思いきって2Lか、逆に1.5Lに抑えてロープレッシャー過給かどっちかでしょう)

 プラットフォームはコルトのアレ(ダイムラーの忘れ物)ではないかと思いますが、ちと古いとはいえ幅広い応用が可能なものなので、もしかすると今回のモーターショーで出していたSUVの電気系よりこちらのハイブリッドの方が市場に出る可能性は高いと思います。

 二列目シートダイブダウンで対角線で人が寝られるスペースができるようだといいんですが(笑)。←最近の車選びの主眼w

 にしてもЯVRはあんなに走っていたのに今全く見ないちょっと不思議な絶滅車なので、名前が復活するだけでも嬉しいかも。そしてハイトのある車であのグリルだと前の車どいてくれる率高いかも(笑)。

 AWDのサブトランスファーつき(フルタイムでなくRWD選択可)なら、ローダウンする層もいるだろうなぁと思います。(最近パジェロミニをローダウンしてドリフトしたいという検索が結構多いです。とりあえずタイヤのプロファイル下げような(笑)>その手合い)
 時節柄SUVのようなエゴカーは歓迎されてない気はしますが(そして三菱のエンジンは燃費は相変わらずよろしくない)路上で目立つ存在にはなるかもしれません。三菱のオプション展開はなかなか上手いので。

 長く見守って特別仕様車やバリエーションでどんなのが出てくるか気にしてみたいと思います。

|

« ホビーのあれこれ。 | トップページ | 携帯決まらずまたとんこつはりがねおかわr(ry »