« おうじせんせい、めたさん。 | トップページ | Amazonの予約の見直しを実行中。 »

2009年12月25日 (金)

キャリア公式サービスのプッシュ型配信でパケ代取ってどーすんの;

 利用開始から1日待たずにiコンシェル、解約決定です;
 ドコモ提供のサービスであればプッシュ配信される分の情報はパケ代かからないだろうと思っていたし、確かドコモショップでさえそう答えた記憶があったのに、実際には違ったから。自分持ちであんなにやり取りされたんじゃたまりませんて;パケ代最少額で乗り切ろうと思ったんですが流石に頭は打ってないだろうけどあのひつじに結構使われたっぽい。ひつじめ!

 どうもドコモはパケホで上限打つ使い方を当たり前にしたがってるフシがあるけど、私はパケは使いたくないし、そもそも下限下げても上限下がらないんじゃ同じだし。上限打ったら普通はもう可能な限り使いまくるだろうから、トラフィックがひどいことになるのは自明の理だと思うのだけどなぁ…。

 で、道路交通情報や交通機関遅延のお知らせはいいと思うし天気予報は当たり前だと思うんだけど(iチャネルで普通にプッシュ配信してるんだからやってくれりゃいいのに)デフォルトで生活の知恵だなんだってどうでもいい情報は拾ってくるわ電話帳の別に住所データいらないとこの住所データとおそらくロケーターURL拾ってくるわでもう。

 今欲しいアプリはこのひつじを叩きのめすタッチアプリです(苦笑)。

 

 で、そのタッチケータイであるところのF-01B自体は特に不満はなし。今朝、今年リリースの10円玉を発見したんでちょっと写真撮ろうかなと思ってマクロで寄ってみたらはじいちゃった(近すぎた)のでWX1で撮った、ということがありましたが、それはまぁ、画素数多くても携帯は携帯ということで。液晶裏の鏡面処理してる部分に指紋つきまくっちゃうのが目下の悩みですが(あの部分のガード用シールもあった方がいいかもね)、液晶画面に関しては全く不満なしです。ターンさせた状態でフルオペレーションタッチで可能なことに感激した旨は昨日書いた通りですが、通常のオープンでも普通にタッチで使えます。ポインティングを指でやって確定を決定キーでやると扱いやすい感じです。他社製はオープンスタイルではタッチパネル機能しないものが多いので、このへんが特にいいなぁ。あと、このくらいの画面サイズがないとタッチパネルとして成立しづらいと思います。

 ワンセグの感度が弱いと聞いてましたが、まあ以前使っていたSH903iTVとどっこいってとこです。バーアンテナがないので、それに触れることで全身をアンテナがわりにするという前時代的なことができないのは残念ですが。

 富士通端末の健康管理機能は店頭で端末見た方はご存じかと思いますが、デフォルトで歩数計ついてたりいろいろです。購入後24時間で2000歩歩いてません。だめだ私(笑)。てゆか、これがあるからとりあえずポケットに入れておこう、と思うんですよね。おっさんのハートをがっちりキャッチ(笑)。時計がないと意外とめんどくさい(人様のを取るのがちょっと恥ずかしい)脈拍も、なんとカメラの前に指乗っけるという大胆な方法で計測できます。(今売りのFは全部できるみたいですな)タニタの体脂肪計と赤外線でリンクして健康管理なんてこともできて、なんとも三十路後半のハートをくすぐります(笑)。

 ドコモ端末が現世代(社名イニシャルと2桁数字)になって以降、タッチパネルのものになってない具合がずっと具合悪かったし、加速度センサーの精度にもわりとげんなりだったのですが(そして開発会社がほぼ横並びなのでどこのキャリアでもそれは一緒)、iPhoneという「目標」が存在したおかげか、今回の冬春になってだいぶよくなった気がします。少なくともF-01BのそれらはiPhone持ちの私が違和感なく導入できるだけの精度があります。

 通話端末にしちゃちと贅沢と言えるスペックではありますが、使い始め1日でわかったのはやはり「常時持ち歩こうという気になる仕様」がとてもいい、ということでした。パッキンつきの外部端子開けるのめんどくさいし、microSDに至ってはSIMカードの隣なんで電池外さないと外せないという恐ろしい仕様ですが;これにトランスファージェットついてたら無敵だよなぁとは思うところです。

 黒を選んだわけですが、プラ部分のつや消しと鏡面部分の光沢のコントラスト、そして富士通のお家芸であるイルミネーションのバランスがとてもよくて、デザイン的な満足度も高いです。鏡面処理部分の中にサブディスプレイが仕込んでありますが、黒に関しては普段どこにサブディスプレイがあるのか全く見えないのも良いです(白は見えちゃうみたい)。

 仮にパケホをフルに使いたい気分になったら相当便利な端末になるのもわかっているし、とりあえずは一度月末締めで眠らせますが;ひつじも対価を払ってこき使えば大分良さそうな感じではあります。

 とりあえず「これにして私は正解」と思いました。
 本来アウトドア派なのに疲れてて最近週末でも外出てないって30代以上のユーザーさんにはオススメです(笑)。あまし若者向けって感じではないです。

 あ、もう1つだけ困ってることがあるなぁ。

 防水機なんでストラップを選びまくります;本体接触で鏡面処理部に傷つけたくないというのもあって、今のところストラップはつけていません。防水素材だと大抵堅いものですもんね。おサイフケータイとして使うことを考えた場合、ロングストラップがあった方がいいかなとか思ったりもしました。

 とまぁそんなところです。気になってる人は買って大丈夫だと思いますよ。
 デジカメにMFついてないのは以前書いたとおりですが、AFの出来がまあまあなので。タッチフォーカス使えるので随意感はわりとあります。

 触った瞬間にちゃんとその通り動くので(もっさりしてない)、昔の携帯の使い勝手に若干近いです。メニューの階層がややこしいのは相変わらずですが;

|

« おうじせんせい、めたさん。 | トップページ | Amazonの予約の見直しを実行中。 »