« なんだか買い物病状態ですよ。 | トップページ | ヲレは澪フルエンザなんかにかかっちゃいないぜ。 »

2009年12月12日 (土)

携帯電話とコンデジからはケーブル消えるかも。

関連リンク: Sony Japan | プレスリリース | 世界初 「TransferJet」規格対応LSIを商品化.

 Felicaをさらに超高速大容量通信に対応させたもの、といった趣ですが、ノートPCに近づけただけでカメラのデータが転送される、みたいな使い方が確かサンプル段階では提示されていた筈です。

 量産チップのサイズ見ての通り、小型デバイスへの組込みが前提で、コンソーシアムには国内の主要携帯電話キャリアと通信機器・カメラメーカーが名を連ねます。2年後には関連機器からUSBケーブルが消えている可能性がありますね。現状でチップサンプルが1500円なら、初期の外付けアクセスデバイスがおそらく6~7千円で市価5千円程度、そこからPCにはもうFelicaポート同様組込みになってスタンダードになっていくと思われます。ソニーあたりウォークマンにも使うかもしれませんね。コンソーシアムにアップルの名はないですが。

 折しも昔からある(PHSの出始めの頃は全てこれでした)非接点充電がブームになりつつあります。送電容量も効率も以前よりよくなっているとのことで、4Gの携帯電話の頃には外部接続端子フルオミットが当たり前になっているかもしれませんね。そうなると密封が楽になるので防水がスタンダードになるかも。
 非接点送電に関してはまだ共通規格が策定できてない気がしますが、トランスファージェットとひとまとめになるといろいろ便利でしょう。なにせ送電容量自体は電気自動車に充電できるほどあるので。(今年のATIで50cm離れた場所の100w電球をたくさんつけるというデモをやっていました。バスやタクシーの停留所に仕込むことで天候に関係なく(そう、濡れてもシーリングされている上に間に物があっても送電はされるので平気です)常時充電ができるというメリットがあります。)

 オーディオや通信の即応性を突き詰める人には相変わらず有線が愛されるかと思いますが、そこまでしなくていい分野からは接続ケーブルはどんどんなくなっていくのでは、と思います。

 たぶん、まずデジカメからでしょうね。Wi-fiは便利ですがちと大袈裟な上に接続上の衝突とかありましたから;家電系でデータ転送はどんどんこちらにシフトしていくと思われます。

|

« なんだか買い物病状態ですよ。 | トップページ | ヲレは澪フルエンザなんかにかかっちゃいないぜ。 »