« 胃粘膜保護薬の罠。 | トップページ | 昨日の検索ワード・091123版 »

2009年11月23日 (月)

カロリー摂れない気温は低いで大変な雑記。

 こういう時こそ体脂肪にガンガン燃えてほしいんだけど、何故か人体はカロリー不足時の発熱には筋肉のタンパク質を使うと聞いたことが。そのわりには寒冷地に肥満の人おらんけどね;(ロシア人女性がきれいなのは若いうちだけ、年とると太ると言ってる連中は白人差別なんでとりあえず謝るように。太りません)
 黄色人種は貧しい暮らし故に脂肪としてエネルギー蓄積をする体質になってるけど、それを必要な時にすぐ分解して使うプロセスを何故か持ってない(=断食しても痩せない上に太ったまま餓死)。外気に対してバリアになると言ってもそれ熱じゃなくて主に衝撃だし(笑)。

 私が寝てる部屋は我が家で一番気温が低いので、布団に入ってても肩口から両腕にかけて冷えまくるんですが、体脂肪を熱変換する酵素をサプリメントとして出してくれないものかなぁと;熱じゃなくてもブドウ糖変換してくれるサプリメントがあるなら、ブドウ糖発電機をインプラントして何かに使うよ(笑)。

 

 暇つぶしにウィキペディアを見ることがあっても調べ物にウィキペディアを見ることはないわけですが(たまに公文書で引用してる奴を見ると程度が知れる。わざとかもしれないけど)、最近定例集金のために掲げられてる言葉が気になります。

『いつもは、あなたがウィキペディアを必要としてきました』

 何勝手に決めてんのΣ( ̄□ ̄;!?
 むしろ私はなくなってくれた方が嬉しい。きちんと事実関係を自力で正した者のみがその知識に辿り着くというプロセスを、あの巨大な蟻塚は人類から奪ってしまった。しかも、不正確な内容を多分に含んだままで。時に民意の誘導に使われながら。あれを後ろ盾に論理展開する奴は根本が間違ってること多いんで話噛み合わなくて、それで実害被ったこと2度3度じゃないぞ;

 特定ジャンルに対する細かなWikiシステムによるリファレンスの存在は関連事項を愛する皆さんのプロジェクトとして多分に評価できるもので、それは素晴らしいと思う。どんどん広まってほしいし、相応の報酬が制作者の皆さんにあっていいとも思う。内容が正しければね。

 でもウィキペディアって間違ったままでインターナショナルトランスレートされてる項目が山ほどあるよ?国内だけでも笑い話にならないのに、間違いが世界共通認識になってて、それを当事者が正そうとしてIPではじかれたりとか、何それ(ピー)なの(ピー)の?って感じなんですが。

 正しい情報が匿名掲示板に投げ込まれるだけでうさんくさい霞のようなモノにされてしまうのと同様に、自称有志の自称有識者による無償コンテンツってのも駄目。責任がない状況はどうあれ嘘を見抜けないし間違いを正しい段取りで正せない。

 何より「物事の真偽」を考察する知恵を奪っているわけで、人間の退化に繋がっているものでしょう、あれは。

 やってみないと何事もわからないのかなぁ。ゆとり教育なんて駄目と気づくのに随分かかったわけだけど、Wikipediaが社会悪(ひいてはWWWって便利さよりも怠惰さに繋がった側面が多い)ということを人類が認識できるまでに何年かかるだろう。若干頭痛いです。

 WWW以前はさておきWWWにはわりと早期からタッチしていた身なので、そういった危惧を見過ごした責任はもちろん感じておりますが、とはいえこうも簡単に普及するとも思わなかったんでね。別なモノに置き換えるとすれば想起するのはただ一つ。流行性感冒。言ってみれば病気にかかってるような現状だけど、治る日は来るのかなぁ。

 一度WWWが存在したことによる利害をそれぞれ取り上げて天秤にかけてみてほしいよ、どっかの研究機関が。害に傾いたら次世代通信網の利用権は免許制ってことでひとつ。

|

« 胃粘膜保護薬の罠。 | トップページ | 昨日の検索ワード・091123版 »