« とりあえず一巡り | トップページ | 昨日の書き漏らしをちょこっと補足。 »

2009年10月27日 (火)

つかれたねむいー。

 早めに会場引けてきて、ホテルチェックインしたとこで気絶しかけて、がんばって夕食買ってきて、食べ終わって薬飲んで程よく眠い←いまここ。

 大事なことを忘れないうちに書いておかないと~。Twitterのタイムライン見てね!で済ませたいけどそうもいかない気がするのでがんばる。

○朝、入場、西ホールにて。
 随分早く行ったのに大行列。そして試乗列も大行列。西ホール入場口から直行してもあんなに列できるわけないので、中央から陸上選手ばりの走りをしたか業者で入ってた人が相当混ざってたかどっちかだと思われ;FCXクラリティは運転できないのにそっこー枠埋まってました。逆にインサイトが全時間帯空いてました。ホンダ大失敗ってゆーか空気読もうよどこのディーラーだって置いてるじゃん!幸い、第一候補のエクストレイルFCVの枠が取れたのでOKとしました。運転できる車で未市販の車は、これとステラプラグインだけだったから。
 午後3時からだったので、ホールめぐり。

○マスプロダクト最高傑作は西館にあり。
 ボンバルディアの車両部門、CAN-AMのSPYDER(Yの字が車輪配置を示すロゴデザイン)ロードスターがもう、鼻血出るほどカッコイイです。デザインが凄い。隅から隅まで隙がぜんぜんない。わかりやすく言うとバイク寄りで車高が低いスリーホイーラーなんですが(前2後ろ1)、リッタークラスバイクに乗りたいけど乗れない例えば私でも普通免許で行けて、しかもヘルメットいらない。そして何より、ものすごく目立つ。来年の国内販売開始に先立って輸入バイク取扱店さん中心に営業してる最中だそうですが、スパイダーに乗っていく道中の注目度がとんでもなくて、恥ずかしくて結局ヘルメットを被らないといけないほどだとか。
 250万円くらいだそうです、トランクやライディングスーツなどの統一ブランドが存在するそうで、激しく21世紀らしさを感じました(もう10年になるけども)。とにかく新しい。既視感がぜんぜんない。行った人は是非見てみて。

○バイクもやってる会社はバイクも一緒に展示。
 今回のショーがやたら手狭に見えた理由の一端はこれだよね;カワサキが来なかったのは所在ない感じだったからだと思います。ヤマハは当然レクサスLFAを手伝ってるので、ニュル仕様の展示はヤマハブースでしたし(だからバイク屋って感じがしませんでした)、ホンダも車とバイク混ぜて展示してましたし。スズキも。2輪のコンセプトカーがあまり無くて物珍しいのは競技車両くらいかな、って感じでした。ホンダのVFRがあの形でもう売ってるってのは驚きですが。(仮面ライダーが乗るバイクより凄いデザインです)

○派手なステージデモがあったのはホンダとトヨタだけ。
 時代はハイブリッドなのかな;
 ホンダブースは出来が本当によくて、例の一輪椅子に座った人二人がダンサーさんと自然にステージで動く、という様子が見られました。ブースのそちこちにフキダシ状の言葉が書かれていて、セカイカメラの拡張現実みたいな感じに仕上がってました。詳しくはTwitterで私のタイムライン見てもらえば雰囲気は伝わるかと。説明してくれた四輪技術解説さんは、「EV-Nいいよねぇ。あれ、欲しくない?反響あれば売らないかな」と言ってました。とりあえず私はあれガソリンエンジンでも欲しいけど(笑)。サイズが凄くいいの。
 気合い入れて見たの西ホールだけだったのでトヨタはちゃんと見なかったんですが、トヨタセグウェイが出てましたね(笑)。あれを使えるように経団連は国交省にがっちり圧力かけるべき!

○とりあえず試乗まではチラシ回収だったんですが。
 足早に歩いてみて、気合い入れて見たい!と思う展示ほとんどなくて…。ダイハツは元気だったけどスズキがぜんぜんだったし、スバルはレガシィの競技用が目を引いただけ。日産はリーフを見たかったけど先に奥まで見ようってんでスルーしちゃったんで(笑)。三菱ももうネタはとりあえず出し尽くした感じでした。変わったものが見られたのはむしろアッセンブリメーカーとかカロッツェリアです。とあるオーディオメーカーは嫌味ったらしくSLRマクラーレンを2台も(しかも片方は限定のロードスター)置いてました。

○COTY記念展示で唯一素晴らしかったもの。
 マツダRX500。あれは凄い。鼻血出そうでした。
 ぜーんぜんブースが盛り上がってなくて思いっきり外した感じ。ブースカウンターに岡崎ごろーちゃんとかいたので「去年のIQがあんなに出来レースだったのにその後外しましたがあれの責任は誰が取るんですか?」とか聞いてこようかと思ったけどやめた。

○数少ない輸入車展示の中で。
 ケーターハムとロータスが光ってましたね。特にケーターハムは凄くわかってる代理店さんに移ったんで、値段も下がったし雰囲気も親しみやすくなりました。代理店のおじさんと話し込んできましたが、「贅沢なおもちゃとしての車で、なくしちゃいけないものだと思うね」という言葉に嬉しくなりました。いつか欲しいなぁ、
 ロータスはエヴォーラが美しかったですが、それ以上にエクシージ・ステルスが凄かったです。あれ、たぶんゲームの上で見てもその価値わからない。レンダリングじゃ良さがわからない。あれの凄いとこは、塗装がつや消しなとこです。

○嬉しいような恥ずかしいような・1
 RIZOMAというイタリアのアルミ加工技術のトップメーカーが出展していました。アルミニウム加工メーカーでありながらデザインセクションがあるという面白い会社なのですが、展示品が凄い。3tのアルミ塊から「未来のバイクのような何か」を半分だけ削りだしたオブジェを展示してありました。まだ1.5tあるそうです。
 で、あまりにものすごい切り出しと抜きをやっていたので、担当のお姉さんに「ありゃ一体何事ですか!!」と興奮気味に聞いたら「こっち方面で有名な会社なんですが、反応いただいたのプレスデーだけでしたねー(笑)。真面目にお話聞いてきたのお兄さん初めてかも、一般日では」と言われました。えー?だってあれ、凄いじゃん!
 なんか記念にないですか?と聞いたら、凄くアートなプロモーションカードをいただきました。
「この子忙しい子なんですよ、この後ミラノに行って、その後ドバイです」
 ぱねぇ(笑)。当然空輸だそうです。正当な評価をしてくれる場所に行って存分に褒めてもらっておいで!

○嬉しいような恥ずかしいような・2
 そして念願のエクストレイルFCV試乗。2005年にはもう形になっていて結構な数作っているんですが、ゴーンのおばかさんがちゃんとプロモーションに使わなかったせいで知名度低し。勿体ない!まあ、おかげで乗れたわけですが。ベースは初期型エクストレイル、燃料電池車で、当然電気自動車です。日産は電気自動車手がけて実は長いので、その完成度がとても気になっていました。ハイパーミニとか乗れずに歯痒い思いしてたしね。
 で、電気自動車の話や燃料電池車のお話を担当さんとしながら、結構突っ込んだことまで聞いてみたりしました。(車の出来は素晴らしく、うまく重量物の配置を生かしつつFFレイアウトであることを感じさせない優れた安定感を持っていました。もちろんEVなので瞬発力もあり。ブレーキが少し弱い程度かな。積極的な回生と無駄のないパワー利用お見事です)で、いろいろ話しているうちに「なんか燃料電池はお客さんの方が詳しいですね」と。いやいやいやいや(笑)。たまたまです(笑)。以前うっかりFCXなんか乗ったもんだからそれでいろいろ調べただけで。
 エクストレイルFCVはフロントグリルもカッコよくて、すっかりお気に入りでした。もともと前のエクストレイル、好きだしね。(センターメーターであることを除けば)
 にしても今日は方々で同業者さんと間違われすぎ(笑)。アマチュアです!ハイアマチュアかもしれませんが自分ではわかりません!あ、でも自動車ジャーナリストの半分よりは知識と経験あると思われ(苦笑)。そこは否定しません。

○試乗のあと。
 何故かメガシャキ!をもらいました。試乗の前にくれればいいのに(笑)。
 そうそう、メーカーごとの出走だったんですが、日産の先頭は私がやらせていただきました。売りのGT-Rは最後です。何故か。「スピードが出すぎるんで前走で押さえないと危ないんですよ、白バイ出てるし」(笑)。エクストレイルFCVの担当さんの愛車はZだそうですが、あれも速いけどGT-Rはそれとすら比較できないほど速度が安易に出るそうで。シャレにならない(苦笑)。そうそう、エクストレイルFCVってニュルのレコードホルダーなんだそうです。燃料電池車の。理由は簡単でこいつしかニュルで走った燃料電池車がないからだとか(笑)。

○アッセンブリあれこれ。
 とりあえずニッパツに行ってばねの何たるかを学ぶべきだと思うよ!
 あとボッシュの2次元コンパニオンさんは必見(笑)。
 小糸さんに行って「さて、LEDヘッドはどこまで進みましたか(笑)」と担当さん捕まえるなり言ったらゴニョゴニョと(笑)。HIDでないヘッドランプからの置き換えを頑張りたい、とは思っているらしいのですが、「で、いつ一般化しそうです?」の問いに「5年下さい!」と。えぇぇぇぇ!!そんなにかかっちゃうの!?死んじゃうよ!(笑)一番最初に手ぇつけたのにそれはないでしょ!といじめておきました(笑)。ちゃんと励ましたけどねw
 LFAのライトハウジングは小糸さんの仕事で、とにかく徹底軽量化というコンセプトでやって、結果同種のものより3割軽く仕上がったそうです。
 また、「今回の売りはなんです?」と聞いたら「まだ国交省がOK出してませんが」と前振りした上で、最近の自動車アビオニクスのステレオカメラからのデータを元にハイビーム・ロービームの照射範囲のゾーニングを行うというデモをしていました。ハイビームの配光を変更するのが禁止されているそうで、そこがなんとかなれば凄く有効だと思います、と仰ってました。ようするに、対向車が来るとHIDならシェードで、LEDなら区域消灯で、対向車に当たる部分だけ勝手に消してくれるという芸当ができるので、ずっとハイビームで走れるという代物です。素晴らしい。
 道路交通法では夜間原則本当はハイビームなんですよね。それ考えたらこれを合法化しないのは本来おかしいはずなんですが。小糸さんには引き続き頑張っていただきたいです。
 そのほか、トヨタグループ各社(織機さんとか)でそれぞれ断片的にLFAのアッセンブリ展示をやっていました。コンパニオンさんはトヨタ自動織機さんの子が一番かわいかったと思います。S胸で(笑)。

 帰りの電車で疲れつつなんとかホテルにチェックインして、部屋でぐったりの後夕飯買いに出て(サティで飲み物とおやつ、オリジン弁当でお弁当)せっちゃんとごはんして(Twitter参照・笑)今に至ります。

 私はあずきペプシのレギュラー製品化を強く望みます!!おいしいよ!!
 しょうが焼き弁当おいしかったです。満足。

 実は昨日の検索ワードのログ取ってるんですが、流石に今日はもう寝ます。
 おやすみなさいー。

|

« とりあえず一巡り | トップページ | 昨日の書き漏らしをちょこっと補足。 »

コメント

 ワタシはあずきペプシは今までで一番ダメでした;
缶しるこの上澄みをすすってるような感覚が…

グミゼリーで小豆粒が再現されてたら感心して評価変わったかも(フェイクシリーズはなんかそういう遊び心が足りないんでどうにもイマイチ感が抜けないです)

投稿: c | 2009年10月28日 (水) 15時07分

>うわずみ
そのバランス感に惚れた!(笑)
でも、あずきというよりはあれだね、みつ豆の豆の味というか香りというか香ばしさというか、その方向な気がする。

もうちょっと調整できる気がするなぁ、これ(飲みながら)

投稿: ぬまにゃん | 2009年10月29日 (木) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とりあえず一巡り | トップページ | 昨日の書き漏らしをちょこっと補足。 »