« あいにくの雨の上展示内容いまいちでしたが… | トップページ | ボークスニュースを読んで昇天しかける(笑)。 »

2009年9月15日 (火)

まさか本当に分離パーツでパージをやることになるとは;

 相変わらずバンカズで設計生活中です。新規に進んだステージで記録が伸びず悩んでいて、ちょっと他のステージでパーツ増加することに期待をかけているところなのですが、それでも「今あるものでなんとかできんか!」と必死になってみるのがにわかエンジニア魂(笑)。というわけで頑張ってみています。

 記録が出ないと悩んでいる競技は、スキージャンプみたいな感じで「坂を思いっきり下って勢いつけてジャンプして、その後の飛距離を競う」というものです。
 軽くてパワーのある乗り物で当初飛んでいましたが意外と伸びず、そのうち「あ、重いもんの方が遠くまで届くわ」と気づきました。

 翼があれば一応滑空しますが、ジャンプ台を踏み切った時点で一切の動力は切れるし機体制御も不可なので、航空機はもちろんペラ動力は無意味、と判断しました。で、結論として坂を下っている最中は車輪が良くて、着地後にもうちょいを狙うならホバー足を使うのがいいようだ、となんとなく気づきました。ホバー足で坂を下るとぶれやすいし下りから上りに転ずる部分で減速してしまいます。
 で、翼は常時展開していると航空機扱いとなりグライダー化するので、ジャンプの瞬間に展開翼を出すのがベスト、となりました。

 走行方法を切り替える方法で考え得るものはただ1つ、車輪を使った滑走用のシャシを組んで、そこからフレームで引っ張り上げた上に重量物を全て内包した飛翔体(笑)を製作、その部分の足にホバー足をつける、というものでした。で、ジャンプの瞬間にシャシのパージと翼展開をボタン操作で行う、と。

 チャレンジごとの最高報酬であるトロフィー獲得にはまだ至っていないのですが、それでも飛翔体の改善やシャシと飛翔体の距離、また計測の原点位置となるコックピットを限界まで前に出す(笑)といったこすっからい工夫の結果、当初の記録よりわりと伸びました。一定の速度以下になると計測に入ってしまうのが残念ですが、実際には計測終了後も前進しています(遠心力が死んでない)。ちょっと悔しいところです。

 分離パーツは一度だけ使ったことがあったんですが、その時は冗談だったので(空飛ぶタクシーの運転台を独立して飛行できるようにして、なんかあったら運転手逃げる謎タクシーにしました。何に使うのよこれw)ガチで使うことになるとは思ってませんでしたねー。

 一度分離させちゃっても魔法の杖で簡単に元に戻せるので、要求される作戦によっては有効なものもあるのかもしれません。主に趣味に使われると思いますが(笑)。

 分離の他に牽引のパーツもありますが、いずれもくっついているものはただひきずっているだけでなくちゃんと動作します。(離れた時点でスイッチが切れます。ボタン操作で離れます)分離と牽引の違いは、分離が固定された1パーツなのに対し、牽引は(使ってみていないので言葉から想像ですが)その名の通り接続部で曲がる、ということらしいです。

 自作機を使えるフィールドではいつでも乗り換えが可能ですので現実的ではないのですが、その瞬間の用途に応じたものを牽引する、というコンセプトはアリなのかもしれません。パージの方はとりあえず移動時使わないけど道具として使いたいもの(例えば人を護衛する際その人を敵からガードする鉄の檻とか←ひでえw)を普段パージしといて必要なとき拾って持ってくるとか、いろいろできそうではあるんですよねぇ。

 とりあえずやってみようと思ったのは、6輪車を作って左右をパージしてバイクにする、でした(笑)。

|

« あいにくの雨の上展示内容いまいちでしたが… | トップページ | ボークスニュースを読んで昇天しかける(笑)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あいにくの雨の上展示内容いまいちでしたが… | トップページ | ボークスニュースを読んで昇天しかける(笑)。 »