« 後妻さん1号は邪馬台国から来たらしい。 | トップページ | 最近スローシャッターが好きかも。 »

2009年7月29日 (水)

いずれスタンダードになる技術?

 富士フィルムが立体写真用デジカメと専用デジタルフォトフレームを発売。確か過去にもコダックあたりかな?立体写真用デジカメを出していた会社があった気がしますが、あのときは表示技術が追いつかずネタ程度でした。

 今年のATInternationalで、表示機器メーカーからの展示で「CADのモニターを偏光レンズによる立体視方式にする」という技術が提案されていました。放送に目を向けると、従来ハイビジョンと呼ばれ続けたフォーマットがようやく標準になり(これによる表現力の向上が目覚ましいのにアナログでいいからもう見ないとか言っている連中には目眩がするけれど)、次を本格的に考える時代になりました。ハイエンドの部分は常に更新されるべきで、次の放送というものがどうなるか非常に興味があるわけですが、音の方はさらなる多チャンネルサラウンドに行くとして、映像がどうなるか気になるところです。NHKはスーパーハイビジョンというより高密度なハイビジョンを目指していますが、これはもっと大きなディスプレイでないと現実的でない技術な気がします。大型フラットパネルの単価は下がっていますが、単純に接地スペースの問題が発生しますし。(日本の家が狭い、というレベルももうないかもしれません。60型オーバーはアメリカの家庭でも大きすぎるのでは)

 2画面分の帯域を使って立体視放送というのもありでしょう。裸眼立体視技術も少しずつマシになってきていますし、次の放送規格を策定する頃には標準化できているかもしれません。転送自体は単に立体で、出口が従来のスタンダードである偏光と最近の技術である裸眼の選択式、というのも可能ではありますし。

 ただ、撮影機材で見た場合、単純にコストが倍になるのが問題でしょうか;。カメラ2つをくっつけてるわけですし。制御系を一元化しても当初は処理ロジックの都合逆に単価は上がる(実際、フジのあれも同等の画質をはんぶんこしたカメラのお値段は半額よりもっと安い)ので、アンテナの高い人たちが面白がってくれるかどうかにかかっているように思います。

 私は亡き母方の祖父がオーナーのオーディオ店で叔父さんにVHDの3Dディスクを見せてもらったのがこういうものに触れた最初でしたが、TVの枠の中での立体だろうと思っていたものがそれより手前に飛び出したことにとても驚いたのを今でも覚えています。(あの頃の立体は液晶シャッター式)その後セガマークIII用の3Dグラスも買いました(笑)。

 使い方次第の技術かもしれませんが、コントローラーレスオペレーションという技術がマイクロソフトからNatalという形で提示された今、3Dであることの意味はより大きくなったように思います。長く額縁の中にあった映像という娯楽が、その中から飛び出すことが当たり前になる。確か空間投影(SFでホログラムとか呼ばれるもの)も少しずつ出来上がってきている筈なので、今3Dと言われている映像は区別されるかもしれませんね。全ての軸から見て立体に見えないと本当の3Dとはまだ言えないから。そこまで行くにはまだ相当な年月がかかりそうですが。

 まあ、TVの電波に情報が付加され密度が上がり、音響方向の情報が加わるまでにこれだけの年月がかかったわけですし、気長に待つべきなのかもしれません。

 案外、携帯電話もかくやの短期間のパラダイムシフトで「どうしてこの作品、映像伝達が二次元軸なの?」とかツッコミ食らう時代が来るのかもしれません(笑)。

 余談ですが3DCADをやっていた会社では、アイウェア系モニターのデモンストレーションもしていました。手持ちのサングラスなりメガネにクリップオンで片目用のPC用モニタがつけられるというものもあり、実際試しましたが視界の妨げにもならず存外快適でした。最初からこの昨日を持ちながらも普通のデザインのメガネや、モノクルなりスカウター(笑)なりのように片目にかけられる、ないし両目で扱える汎用(Bluetooth伝送などの)モニターが普及すれば、液晶を積んだ携帯電話などの情報デバイスは時代遅れになるかもしれませんね。
…電源の問題はありますが。

|

« 後妻さん1号は邪馬台国から来たらしい。 | トップページ | 最近スローシャッターが好きかも。 »

コメント

とりあえず、フジのカメラは現物触ってからかなぁ~。
多分、買うか買わないかの2択になると思う。
触って感じて決まるかな。

投稿: よっさ | 2009年7月31日 (金) 01時47分

買うとしてフォトフレームも買う?
もし買ったらクリスマスドルパまでに写真撮りまくるべし!(笑)そして現場で見せて!

あれってカタログ的な使い方もありかもですよね。

投稿: ぬまにゃん | 2009年8月11日 (火) 06時39分

コミケ準備中で見にいけてません・・・orz
フォトフレームは買わない予定なのです。
問題はプリントアウトの出来とコストかな。
実売でそれぞれどのくらいかというのもあるけど、アウトプットのインパクトがどれほどかで考えちゃうかも。
サンプル画像のインパクトとしてはアリですよねぇ。
特に立体モノでは威力を発揮すると思うよ。
娘達とか。w

投稿: よっさ | 2009年8月12日 (水) 02時20分

実物見ると欲しくなるかもよ~?(笑)>3Dフォトフレーム と、うぶきさんのようなことを言ってみるw
裸眼立体視が手軽にできるのなら、それは嬉しいよね。
で、私も娘撮る以外に一切用途考えなかったよ!専用だよ専用!w

投稿: ぬまにゃん | 2009年8月12日 (水) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後妻さん1号は邪馬台国から来たらしい。 | トップページ | 最近スローシャッターが好きかも。 »