« 荷造りや予定に迷う日。 | トップページ | 仙台運転区のちょっとした罠。 »

2009年7月25日 (土)

アイマスL4Uのトレーラー#16がッ!!

 ついにキラメキラリ来る。あずささんに歌わせて羞恥プレイでひとつ!てゆうか近々800ゲイツ×2出て行く予定で、残額1110ゲイツになるはず。激しく微妙に足りない気がするのは気のせいですか。

 そして目が逢う瞬間。ゆきちは(+歌のおねえさん)だったのでもう満足です。ごちそうさまでした。サビ入りが秀逸だよねこの歌は。ちひゃーかっこえー。

 なんだかんだでカタログも#16まで来たわけで、ナムコは十分頑張ったと思います。しかしダンスが弱い…というのがミクPD見て以降の感想なので、次回以降なるべく振り付けは吟味して、アクターは曲ごとの3ポジションでなく各キャラで、演じるキャラの年齢に近い子を使ってほしいです。(なんかミクPDの一人は13歳だとか?止まりきらない、いわゆるノイズ的な無駄モーションが経験不足のおかげで出るところが、逆に味になってて素晴らしいので、上手すぎる人を使わないでほしいとこです)

 アイマスがあって、ニコマスになったとこでミク文化隆盛で、そこからスピンオフでPDに行ったわけですから、当然アイマスが無ければミクPDも無かったわけで。セガが提示したこの一連の文化へのリスペクトに、根源であるナムコはそれ以上をもって答える義務があると思うのですが、なんかDSとかに寄り道しているという。セガとナムコは相互に磨き合う関係なはずです、ナムコの頑張りに期待です。

 てなわけで旅に備えてノートを畳みます。

※とある人(女性)のため息が異常に可愛らしくて気になって夜も眠れない件について。
 普段でない声って萌えますよね(笑)

|

« 荷造りや予定に迷う日。 | トップページ | 仙台運転区のちょっとした罠。 »

コメント

 そういやセガ、ミクPDにナムコと同じく背景が無くなる
コマンド仕込み、ニコ動で公表したそうな(^^; しかも、
ナムコがアイマスで公表した日と同じ7月7日に・・・
何やってんだよ。

 おぐらゆい13歳(ミクPDの中の人)の動画もセガ経由だろ
うし・・・ ついでと言っては何だけど、ここは1つセガには
ミクPDのモーションキャプチャーデータの公開をしてはもら
えないだろうか? MMDでキャプチャデータを取り込めるよ
うになった様なので、どう化けるか楽しみなのだけど。

 どうせ社内に眠らせてても資産にはならないだろうし。

投稿: がこ | 2009年7月27日 (月) 00時51分

七夕の奇跡でしょ?あれはリスペクト。
ようするにアイマスL4Uが無ければこのソフトもありませんでした、という敬意です。

で、モーションキャプチャーデータは曲そのものより重要な著作物なので、データ公開は絶対無いです。お金いくらかかるか知ってます?MMDの感じで考えられると困るんですが、大手メーカーが使うキャプチャ機材ってとんでもなく高額なわけですが。(勿論データ密度も凄まじく容量としても莫大)だからこそぶれを許容できる。

PDのクリップって時点でセガの著作物ですから、ソフトが出た時点で資産ですよ。そしてソフトはしっかり売れたので。
なんか勘違いされてるかもですが、PDってユーザーサイド立ち上げの文化じゃなくて、クリプトンとヤマハの音源を使ったプロ~セミプロユーザー主体の作品にセガがお金出してよくわかってるプロの人に味付けしてもらって完成したものです。決してアマチュアワークスではありませんから、知的財産に関しては他のソフトと扱いは同等です。

で、格闘作りたい人なら喉から手が出るほど欲しいであろうバーチャファイター系のモーションデータを切り売りしたなんて話が過去にありましたか?ないでしょ。

ソフトウェアの一部分を分割で資産化って発想はメーカーにはないはずです。繰り返しになりますが、PDは素材集ではないのですから。そもそもPDでクリップ作れてモデリングもPDがいいとこMMDに持っていく理由も無いと思います。

投稿: ぬまにゃん | 2009年7月27日 (月) 21時20分

 ファミ通でミクPDの発表を見て、ついにフルオリジナルで出したがるプロが出てきたかと喜んだもので、ニコ動などで発表された曲を集めていると聞いた時はもう愕然とし、興味が失せました。 ニコ動と同じユーザーサイドの品なら最初から無視です。ゲーム何ぞやらずにニコ動見ていればいいので。
 興味を取り戻したのはニコ動にUPされた「みくみくにしてあげる」を見て、やっぱり1から(0からでないのは残念だったけど)作り直しているんだと分かってから。 急いでPSPを購入し、先週ついにノーマルで100コンボを(ほぼ)出せるようになったので、もはや勝利は目の前でしょう(^^)/  (コホン・・・・・)

 バーチャファイター系のモーションデータの話は分かりやすかったです、あえて出さない事で競争や差別化ができるなら、動かさないだけでも十ニ分な利益を生んでいると言えるし。
ただミクの場合、それで次が出来るのかな?という引っかかりがあったのですよ、次と言っても”ミクPD2”とかではなく、セガ社内で横展開するようなものが思いつけなくて。 資産にならないのではと言うのはそういう意味で、私が知らないだけなら何の問題もないです。 残念だなぁで済む話だから。

 でも、ただでさえ費用のかかるモーションキャプチャーで頑張って、次がなくて秘蔵だとなるのはかえって損なのでは?と・・  これを出した場合、違う意味での”次”、というか「そもそもアイマスであの動きをやろう」と考えるようなナニを生み出す肥料の1つにはなるのではとしか思えないのです。
むろん「データとMMDで生まれる」などと思い上がっている筈もなく、さりとてデータという肥料を蒔かれて何年経っても何の反応も無いはずもなく、はてさてどういう方向に化けるのか、という興味です。 (MMDの名が出てくるのは、ただ単に私が使ってたから。)

 端折ってこのムダな長さ・・ すまんです。

投稿: がこ | 2009年7月29日 (水) 00時26分

きわめて簡単に答えてしまいますが、
「作品ってなんでもそういうものです」
以上。

続きや次を考えて作るものじゃないんですよ。
最初から次考えると駄作になる例は多数見てると思うんですが、違います?

またはこのアプローチ。
あのPDの素晴らしいクリップ群に劣悪な改竄が加わったらどう思います?(アイマスでのRemix-A/Bの大半のように)

リソースとして無というのもあり得ないのですが。
だって、関わった全員が「経験を積んだ」のだから。
クリエイティブ産業の全てはその連鎖の上に構築されるものです。
終わったことをひきずらない方が前に進みやすい。
それに、物事はさっぱりとカタついた方が美しい。
モノが「完成品」であるという事実は、同時に「開発完了品」であることを示します。
その後があるのは未完成だということ。
私はPDは素晴らしい完成品だと思います。

勿論世の中には、未完成をあえて投げかける手法もあるわけですが。L4Uのようにね。

投稿: ぬまにゃん | 2009年8月11日 (火) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 荷造りや予定に迷う日。 | トップページ | 仙台運転区のちょっとした罠。 »