« 旅に出る前に必ずすることがあります。 | トップページ | スイムウェア×ここあがーるカワユス。 »

2009年7月 9日 (木)

病気というのは自分のものより親しい人のものが辛いもの。

 WildRoseさんというドールドレスディーラーさんの名は、ローゼンメイデン好きのドールオーナーなら一度は聞いたことがあるでしょう。うちの娘たちもこちらのお世話になって…というか、こちらのドレスがきっかけで生まれた子たちです。める、りむ、そしてまだ名もない3人目の子(今は緋色の瞳ですが、いずれ緋色と海松色のオッドアイになる子)、全てがWildRoseさんのドレスを着ることを主目的にフルチョされた子です。

 そんな経緯と、鉄仲間であることが発覚したという(笑)ご縁もあって、こちらのお二人とはお友達な感じなのですが、先日メールをしたところ返事がなかなか来ない。いつもお忙しいようだったのでまあ気長に待とう、と思っていたら今日だいぶ辛いメールがお針子のたわくんせんせいから。

 なんでもドルパの時に元気にしていたと思っていたせんせい、直後に倒れられたそうで。今もミシンから出る繊維の粉で体調を崩されるとかで、「頼まれもの待ってもらえませんか」とのことで。そりゃもう当然です!いくらでも待つどころか、とりあえず回復まで無理なさらないで!と画面に向かって喋っちゃいました。(いやいいから返事出せ>私)

 自分の体調が悪いのはどうせいつもだからさして辛くないです。しかし身内の方が体調を崩す、しかも結構重いとなると、なんとも辛いです。私はたわくんせんせいの作品の大ファンであると同時に、鉄道趣味仲間として大変尊敬していますから、外出もできないような状態では鉄の人としてさぞや辛かろうと。心中察するに余りあります。何かかわりにできることがとも思うくらいですが、遠方の方なので見舞いすらかなわぬ状態。回復を祈るくらいしかできることがないです。

 田舎住まいとネット生活という多重性の最大の弊害は、仲間たちの大事にすぐに駆けつけられないことだと私は思ってます。同じ東北出身のしばさんとか最近結構伏せってることが多いみたいですし、誕生日が5日しか違わないドクター六角が不調を訴えていると「俺にできることがないものか!」と真っ先に思います。仕事で怪我をしたという話をすれば本当なら見舞いに方々行きたいところなのですよ、私はそれをするだけの時間を持つことを許された身なのだから。ただし、移動手段とお金がない。

 無事ないし回復を祈るしかないというのは、待つ身が苦手な私には苦痛です。自分の苦痛はどうでもいいけれど、なんで真面目に稼いで皆に慕われているまわりの仲間で私じゃないのだと。たまに自分を責めます。

 病気の類は甘く見ると後が酷いという主観もあるので、余計に辛いですね。身近な人間には「すぐ病院行け!」と強い口調で言う方なだけに。

 祈る、なんてのはオカルトの類で、結局何にもならないのかも。それでも、
 私としては今体調を崩されているたわくん先生の無事を祈る他ないです。
 ちゃんと末娘の姿を見てあげてほしいですしね。娘も自分が生を受けるきっかけになったマイスター様に会いたいはずですし。

 一日も早い回復を祈っています。いやほんと、ドレスはいつでも。

 体調悪くても言わないタイプの人とか、慢性的に体調悪い人の心配もしてるんですよ?

 しろさんとか昔ほど妖怪じみた(ぉぃ健康さじゃないみたいだし、えぬさんは多忙で元気な方が珍しい感じだし、ひらべさんはもう目が離せないレベルでいろいろだし。

 心配性が心の病の一種であることは承知していますが、これを否定なり除去する気もないです。大切な人の無事を願えないような人間にはなりたくないし、無事が当然と思うほど呑気にもなりたくない。

 なにより、
 心配をしなくなったらその人を忘れてしまう。
 それはちょっと寂しいことだと思います。
 なので、私は案ずるままいようと思います。

|

« 旅に出る前に必ずすることがあります。 | トップページ | スイムウェア×ここあがーるカワユス。 »

コメント

すぐに駆けつけられない距離にいると、本当にそれしかできることないんですよ。時間も資金もあれば本当に駆けつけたいけど、そうされて困る場合もある。それに多くの方は弱ってるところは見られたくないでしょうから、じっと復活を待つのがワタシ個人でのできることになってしまうのはさみしい。
こちらは待つのに慣れたもので、まぁしょうがないよねーと理屈では分かってるけど気持ち的にはちょっとね。直接何もできないけど、何かしてあげたい思いは募りますしね。
だから祈るし、回復を信じる。それが自分のできる最大のことなので……そうでなきゃ8年も待ちません(笑)

ささやかで心苦しいのですが、その方のご快復をお祈りします。

投稿: かとれいん | 2009年7月 9日 (木) 21時19分

せめて何らかの手段で文字でなく声で話せれば、と思うことが多いです。文字から伝わる情報にはニュアンスがいまひとつ伴わないので。

かとれいんさんが連絡取りたがってる人が私の想像する人物なら、奴に関してだけは実は便りが無い=多忙であることがか奴の至福であろうと思い、とりあえずスケジュールは伝えるものの「暇だったら便りクレ」程度なんですよ(笑)。奴は別世界に常に旅をしてて、たまに現世に戻っては土産話をしてくれているもんだとここ2~3年は思ってます。

こちらの話に戻って、たわくんせんせいは将来有望なお子さんのママでもあります。その子がお母さんを心配しているのではないかなと思うと余計に、ですねー。いい母親ぶりなのはよく存じ上げているだけに。
快気祝を贈れるよう祈るばかりです。

自分の心配してないながらも私にも心配してくれる人は一応いて、昨夜身を案じてもらった上に先程前もって遅くなりましたが、と伝えられていたバースディプレゼントのお菓子(ケーニヒスクローネのセットもの)まで届いちゃって。
どうしよう。こんな時なのになんか私幸せですよ。なにやら申し訳ないです。

投稿: ぬまにゃん | 2009年7月11日 (土) 09時19分

ケーニヒスクローネと聞いて飛んできました(こら)。

>心配の先
その「軌道衛星のごとくびゅんびゅん飛びまわる」ちょー多忙な方についてはいつものことよねーと考えています。本体のオーヴァーホールでない限りは飛び回るのが己の役目っぽいので(笑)
そこ以外にもちょっと気がかりの元がいま複数あって、中には夏コミに向けての新刊制作にも影響するのでどうしたものかと。
作るのが楽しい人にとって、それができなくなることって病気以上に辛いことですからね。

>こんな時なのに幸せ
ふあはははっ! それは余すところなく受け取るがよいわー!
と、若本ボイスに脳内変換でヒトツ★

投稿: かとれいん | 2009年7月11日 (土) 11時08分

>ケーニヒスクローネ
こ、このプリンのおいしさは一体何…(ふるふる)

作るのが楽しい人なのは私もなのですが、取材で満足しちゃってもう編集する元気がない~という状態ですよ。けいおんの合宿みたいな(笑)。

奴については現代のキャプテンフューチャーということで、ポプラ通りに戻ってくることは希なのだと。

投稿: ぬまにゃん | 2009年7月12日 (日) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅に出る前に必ずすることがあります。 | トップページ | スイムウェア×ここあがーるカワユス。 »