« オリンパスようやく目覚める。 | トップページ | 都会の人は、本当の田舎を知らない。 »

2009年6月18日 (木)

iPhoneOSを3.0に更新してミタ。

 えーっとまだ全角スペースの入力ができてない気がするんですが気のせいですか?;斜め上を見続ける姿勢は流石アップルだと若干呆れつつもまあいいかと。いろいろ試していくうちにどっかから拾い上げることができそうだし。コピペついたからね。

 とりあえず8GBの本体で残りメモリ2GBちょいでしたが、バックアップが一番時間かかりました。あと、純正のドックケーブルでないとバックアップでコケやすいので注意です。

 操作の変更では、ホーム画面の1画面目でホームキー一度押しすると検索に入るようになりました。(二度押しは今まで通り変更可能です。私はiPodにしてますが)あと、アプリケーション動作中にホームキー長押しでアプリケーションの強制終了(によるメモリの解放)ができなくなりました;。だもんでメールとかiPodとかのメモリ食いを強制終了させられなくなっちゃって困ったのですが、通話・メール・サファリ・iPodの基本4アプリは他アプリ起動時にメモリ解放を自動的に行う処理が入ったようで、相変わらずマルチタスクはできませんから前より他のアプリケーションがメモリコケすることは減ったように思います。
 ただ、一般アプリがフリーズしたときの動作が気になるとこです。ホームキー一回押しで戻れる程度のエラーならいいのですが。まだその状況出てないのでその場合の挙動は不明です。

(メモリ管理に関してはメモリチェッカーで基本アプリが起動したままなのを確認してからメモリエラー警告の常習犯(笑)であるRio BlackJackを立ち上げたものの何も警告出なかったあたりで処理がなんとなくわかりました)

 基本アプリの変更点では、App Storeで今までアップデートボタンだったのが「その他」ボタンになり、アップデートはその中に入りました。アップデート対象がある場合のアイコンの変化は今までどおりですが、ちょっとめんどくさい?なぜ「その他」になったのかというと、今回からiTunes使わなくてもアカウントにコード入力ができるようになって、そのメニューがその他に一緒に入ったからです。誰かコードちょうだい!(笑)

 ケータイWatchさんの速報で「動かないアプリもあるよ」とあったのでうちではどれくらいあるかな、と気にしてたのですが、とりあえずよく使うアプリではDarkRoom(手ぶれ防止カメラアプリ)が撮影途中で落ちちゃいます。あとは特に問題なしかな?開発者さんには先行してOS3.0が配布されていたようで、ここ数日はアップデート通知が頻繁に来てます。インストールしてるものに関しては自動で更新通知来るので、それ見たらApp Storeで更新、でぜんぜん大丈夫です。

 無線LAN中心で使ってる場合、なんかアプリケーションがむずがる場合は今までどおり設定>Wi-fiネットワーク>(それぞれの接続名)>DHCPリースを更新、で問題なしです。(この使い方を教えてくれたドク六角に深く感謝)
 iWoopieが立ち上がらない、って人は起動前にコレやっとけばたぶん大丈夫。あるいはもうDLしてある動画を見るだけならいっそ無線LAN切ればオフライン起動します。

 OS3.0公開記念で、今月いっぱい有料アプリが無料になってたり、あるいは大幅に値下げになったりしてます。(あの一発芸アプリiHandgunが無料になってます。あと、ゲームロフトさんのアプリが結構な数115円に下がってるみたい?)S合わせで新規導入する人は、まず気になるアプリをざっと眺めて説明に値下げって書いてあったら落としちゃうといいかも。電源さえ確保できてればわざわざ母艦経由でiTunes使わないで、iPhoneのApp Storeで拾っちゃった方がすぐ試せていいですよ。

 まだ公衆無線LAN基地局でのオートログインのテストしてませんが、それが無事に動くと1つアプリがいらなくなります;今までわざわざ入れてましたからねー。

 そうそう、日本語入力に関してはやっぱりQWERTYのローマ字入力よりあかさたなのフリックの方が圧倒的に速いです。設定でQWERTY日本語はオフにできるので、個人的にはオフ推奨。だって、フリック操作がiPhone/iPod touchの一番優れた部分だと思うしね。ことえりが嘘みたいに賢いので(笑)、サポートもばっちり。このへんは携帯電話ライクで本当に入力は速いです。

 個人的な意見を述べるとすれば、iPhoneOSをAppleだからという理由だけでWindowsMobileとの対比をMac対Winみたく語るのどーかな、と思います。MacOSと似てる部分なんて全くないんですけど(笑)。完全新規のシェルですよ?これ。シングルタスクであることを隠してないし、操作もぜんぜん違う。細かい演出に面影がある程度。あと、デザインの統一感。かたやWindowsMobileは良くも悪くもタイニーWindows。だいたいNTあたり。ランチャーで化けるけどそれは基本セットではないからね。このへん好きにいじれるのがWindowsMobileの強み、いじらなくても素晴らしいのがiPhoneOSの強み、です。ただ、慣れがいるあたりまだゲーム機に負けてるけども;。PSPやPS3のXMBで迷子になる人はあまりいないと思うけど、余程勘のいい人でないとiPhoneOSは迷うからね;今回のはさらに。

 でもiPhone3Gが出た当初のOSより2.2.1以降のOSはずっと安定してて、よくわからないうちによくわからないことになる確率はずっと減ってるように思います。Appleのアグレッシブさにだいぶ救われてる感じです。
 というわけで3.0.1あたりで日本語入力に全角スペースよろしく(笑)>Apple
 そしたら次のモバイルノートはVAIOでなくMacBookにするかもしれないよ。

|

« オリンパスようやく目覚める。 | トップページ | 都会の人は、本当の田舎を知らない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリンパスようやく目覚める。 | トップページ | 都会の人は、本当の田舎を知らない。 »