« いやーほぼフリーランスなもんで; | トップページ | やはり大型「二種」と牽引! »

2009年5月13日 (水)

09年のGW、4日の巻。

 この日は都産貿でいろいろありましたが、ほぼまきまき9でした。

 朝風呂に入ってまったりしていたら、ゆったりできた筈の時間があっさり無くなって慌てました。(なんか音韻踏んでるけど気にしない)

 神田駅で立ち食い蕎麦で朝食を済ませて浜松町へ。まきまき実行委員会から出ていた10時という時間には早かったですが(なにせどれくらいで都内を移動できるのかまだ把握できていないのですよ;)、もう列作成始めてたので並んでパンフレット購入。しまった椅子持ってくるの忘れたーと思いつつ、ドールバッグなど装備品のせいで狭い中正座をしておりました(笑)。

 そしたら実行委員会の方が「ドール展示ある方は先に入場なさって下さい」と嬉しいお申し出を。喜んで入ってドールの設営開始。前日アイ交換をしたりむのお披露目が初だったのでどんな評判かなーとちょっと心配だったのですが;とりあえず頑張りました。時間がなくて前髪も切ってなくて、真紅なのにおでこ見えてる状態で分けちゃってたのが個人的に心残りですが。で、める・りむ揃ったら絶対この形で展示、と思ってたポーズで。

Merurimu_maki9
(クリックで拡大・ピント甘くてごめんなさい;←現場で気づかなかった)

 私の中では真紅×水銀燈は百合カップリングなので(笑)、手を握らせてみたりとかいろいろ。ほんとはりむ(真紅)の方ももうちょっとめる(水銀燈)側に傾けたかったんですが、動きの癖がまだちょっとしっくりきてなくて;てゆうか髪の毛の管理でいっぱいいっぱい。

 スタッフさん以外だと私が設営一番乗りでしたが、昨年のまきまき7と比べると参加ドール減ったなぁと;。オフィシャルっ子が多くて、フルチョ子のうちが逆に浮いちゃいました;量産の子は見慣れるので、複数いると映えないんですよねー。翌日のドルパの感じだとまだまだネタとしては定番なので、「ウチ薔薇乙女」って増えてる筈なんですが…うーむ。今回は公式すら全員は来てなかったですし。(オフィシャル雛苺がいなかったはず…「花盗人の甘いためらい」カットをやってたカナヒナはカスタム子じゃないかなぁ。あの子たちは見事でした)

 ドール設営すると通常500円のカメラ登録が無料になるので、結構おすすめだったりします。薔薇乙女ドールミーティングのつもりで行ってもまきまきは楽しめると思いますので、そっち方面の皆さんは是非。

 で、オフィシャル真紅さんオーナーさんとカスタム真紅さんオーナーさんと3人でお話して出た結論が「どうあっても真紅ウィッグは乱れるというか最初から乱れてる、ほとんど使い捨て状態」で(笑)。いやロール入ったウィッグってだけでもう荒れフラグ立ってるとこ、ツーテールそれぞれロールでもみあげもカールですからね;ウィッグ荒れ原因のカタマリみたいなもんで(笑)。
 そういえばエターナルローズを持ってらした方がいらっしゃって(笑)。流石に着せてませんでしたが。としさんとこのお隣のサークルの方がSD翠連れてらしたんでその話をしたら、「ええっ見たいっ!!」とエキサイトしていましたw。私も見たのは初めて。ってゆうか見たことある人の方が少ないよねあれ;

 とりあえず設営が済んだので、差し入れを持ってとしさんにしまんさんに挨拶に。まだ開場前だったのでのんびり挨拶ができました。もし人数に空きできたら打ち上げ混ぜて下さい~とお願いしつつ、とりあえず一度我が娘の元に。ぼんやりしてたら開場のコールがかかりました。すぐに行列ができたとこそうでないとこありましたが、やっぱり人数は減ってるなぁと。MORUGAさんとこの無料配布本が一瞬で捌けるのが遠巻きに見えましたが。

 で、ドールに興味がある方もぼちぼちいらして。
 あれー。なんかうちの子めっちゃ撮られてるよー(笑)。なんか凄い枚数撮って下さった方も何人かいらっしゃって髪の毛荒れててすみませんー;とか心底。
 あ、そうそう。↑の子たちがうちの子ですが、あの場所に展示した時点でご自身の写真は公開自由という判断ですので、もしうちの子をまきまき9で撮って下さった方いらっしゃいましたら、Webでの公開は自由にしちゃって下さい。真紅さんの前髪カットのアドバイスとかあれば嬉しいです。

 まきまきのドールブースは直接触れないように手前に仕切りがわりの卓があるのがいいんでしょう、近距離撮影ができなくなるので、MSDの小ささ故に密度感が出るようで。その上近くだと目立つ難点が隠れてくれる(笑)。
 説明を求められた時がちょっと困ったかな?世の中にはフルチョという言葉が通じない人もいるわけで。ただ、同人誌という二次創作があるように、ドールでの二次創作でもこんなふうに公式と全く別な方向に振ることはできるよ、という説明はできたかなと思います。それだけでも二人頑張ってプロデュースした甲斐はあったかな、と。

 としさんの本がほぼ完売で卓が空いたので、お約束で娘移動を。相変わらず恐ろしいペースで仕上がっていくスケッチブックに驚きました。(金糸雀をオーダーされた方ラッキーだったと思います、としさんの色鉛筆が躍ってました。客観的にカナとめぐの出来が突出してたように思います)としさんが挨拶回りに行かれるとのことでにしまんさんと二人でお留守番を。にしまんさんに「昨日秋葉原でエンツォとムルシエラゴが連なって走ってて、いやそれアキバのイタシャ違うから、とか思いましたよ~」なんてネタフリをした後、ちなみにエンツォはこういう立場でないと買えないとか中古だといくらとか教えたらびっくりしてましたね~。「としさんにGT-Rのタイヤが1セット100万とか聞いて驚いたのに、そんなもんじゃないですね;」と言ってました。実はとしさんって結構車詳しいのですよ。

 冬コミの時にお会いしてその後冬コミ新刊を新年早々とら通販で買わせていただいたおださんがいらっしゃったので、面白かったですがここをこうするともっと高級な原稿に~と生意気にもアドバイスをしてみたりとかしました。いやほんと、おださんは今でも十分洗練されたまんがを描いてらっしゃるのに、まだ完成に至るマージンを残してる方なので、絶対まだ伸びると思います。主に30代のお客さんにウケる筈なので、なのは好きの30代以上の方はページのチェックどうぞ。人間的にもよくできた方ですよー、まだお若いのに!周囲にも恵まれてるし、きっかけがあればプロ行くんじゃないかな。

 そうこうしているうちに15時。としさんとこ以外では実はしあわせまんじゅうさんでしか買ってないです;今回ベストだったと思うドールさんは、螺旋ブースの番号若いあたりのサークルさんにいた幼っ子のばらすぃでした。掲載許可頂いてくるの忘れててうっかりですが;ものすごくかわいかったですよ!あと、ドルフィープラスヘッド+mini素体で真紅(たぶんドレスはぷにこれ?)をやってらっしゃった方もお見事でした。ネタ的には韓国系の小さいドールで蒼の子とか真紅とか雛とかやりつつキョウコさんベースでトゥモエさん作ってた方が面白かったです。蒼の子のハサミがWF頒布版おとぎ銃士赤ずきんのグリムテイラーだったの(笑)。すぐツッコミ入れましたw。

 帰り際に飲み会のメンツが集合して、そこでまぐさんも合流。MORUGAさんから新刊頂いちゃいました申し訳ないです~;どこで呑む?と紆余曲折若干あって、なら浜松町でいいか~ということで大門の交差点付近の居酒屋さんに16時くらいから。飲み会の中身はとしさんが「酒の席の話は忘れる!」と仰ってたので折りたたんでからOKそうな部分だけですが(笑)、とりあえず16時から始めて終電の話をしていたわけですよ!としさん無茶しちゃらめぇ&おださん超お疲れ様でした(笑)。MORUGAさんも遅くまでお疲れ様です。まぐさんがティアで手伝いあるから、と仰って抜けたタイミングで私も明日ドルパなので、と言って抜けて、その時にしまんさんも一緒に抜けましたから、にしまんさんは結構心配していましたよ~。普段なら深酒しそうな時はにしまんさんが一緒なのですけどねー。

 というわけで結構遅くに宿に戻りました。とりあえず手早く翌日の準備をして、胃薬飲んで(笑)寝ました。

 飲み会中の印象的だったお話は以下。

 今回はとしさんの業界指南(MORUGAさん曰く)に尽きます。とら通に載るほどのサークルはどれほどの部数出てるのかとか、結構具体的な話がありました。とりあえず「とらのあなから増刷依頼が来た時は気をつけるように」という結論が。担当者逃げちゃうそうで。

 古い話がいろいろ出て面白かったのですが、まぐさんと私は追従できてたところにしまんさんおださんMORUGAさんはおいてけぼりで(笑)。わかりづらそうで私がわかるとこを一応フォローしたりとか。そうそう、あの席って絵が素晴らしく上手い方ばかりで、私だけただのいちファン状態だったのでお恥ずかしい限りでした;としさんが拍手の返事でえらく恐縮してらっしゃいましたが、そんなことないので!コミケに出てる期間長いのはたまたまで、規模ぜんぜん小さいわけですから!実際に描いている期間がとしさんはずーーーーっと長いわけですし。

 はじめましてな方はまぐさんMORUGAさん。まぐさんはなのはジャンルで合同誌のまとめ役をしつつご自身も描かれる方。建機作業機乗りな上に万年赤字運営で編集責任者という立場ということでわりとすぐ意気投合しました(笑)。今回熱心にとしさんから原稿プッシュされてた方です。この方に連なる執筆者さんの名前がまた凄いことになっててびっくりしました;私と違って(笑)個人でもぜんぜん大丈夫そうです。
 MORUGAさんはその名の通りゾイド大好きな方で、「小林源文さんのファンです」と。何故かそういう方が水銀燈本を出してらして。「無機に生命が宿るモチーフが好きなんです」とのことでなるほどーと。お名前の由来であるところのモルガのスケッチを拝見しましたがこれがえらいかっこいい。人物設定・舞台設定なんかも丁寧に描いてファイリングされてて、セミオフィシャルレベル行けそうな感じでした。私のお付き合いあるジャンルの皆に近い人ですねー。で、ゾイドということでメカミリへの転向をしたがっていましたが、あまりおすすめはしないでおきました。あの原稿は人通りがもっと多いブースで見てもらった方がいいと思います。「ダイオウグソクムシとかご覧になってません?」と聞いたら「写真見ました」てな感じで。

 他、印象的な話に、としさんがシンケンジャーの三人殺陣を大絶賛していたというのが。「パイレーツオブカリビアンよりずっと凄いよ!」とめっちゃエキサイトしていました。あと、国内未発売タイトルですが、360のデッドスペースをものすごく褒めてましたねー。なんでもにしまんさんがアキバで買って持っていったとかで。

 わりとオフレコな話題ばかりだったのが残念ですが(笑)、とても楽しい飲み会でした。でもとしさんはあまり酔ってないように見えて実はだいぶ酔ってることがあって、みんなでちゃんと区切らないと!とは思いましたよー。としさんのお話は凄くためになるので、ちゃんと同人やっていきたい人は一度お酒の席ご一緒した方がいいです、飲みながら話すの好きな方なので喜んでくれるはず。

 というわけで4日分はこんな感じでした。

|

« いやーほぼフリーランスなもんで; | トップページ | やはり大型「二種」と牽引! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いやーほぼフリーランスなもんで; | トップページ | やはり大型「二種」と牽引! »