« ほんじつのタスク。 | トップページ | 今日ものんびり雑記でゴー。 »

2009年4月 6日 (月)

飛翔体(笑)についての一定の結論。

 とりあえずキタから飛んでくるもんは今後一切「飛翔体(笑)←カッコ笑いは省略不可」と当サイトでは記載します。(他所様が表現として使った引用を除き)

 特記事項としてまず挙げておきたいことは、打ち上げ前の表現の違いについてはきちんと書いた通り、何故か内閣とマスコミだけ頑なにミサイルと主張していた、というのがありました。ところが発射後に突然総理以外のほぼ全体が「飛翔体」と言い換えました。これが意味するところは何か。煽動ですよね、明らかに。
 キタは敵対組織である。それは以前からわかりきっていることですが(何せミサイルを常時こちらに向けているだけでなく数々の犯罪そして言論による中傷があったわけで)、なぜここまでアオる必要があったのか。マスコミは明らかに数字稼ぎ(より危機感が高い方が誘目性高いから)で、内閣の方が外交の点稼ぎでしょう。実際麻生だけはまだミサイルと主張して安保理での議題に持っていきたがってる。稼げる点は対米だけで、オバマ政権がわりと日本ドウデモイイヤ姿勢なところを視線引っ張ってきたいという意図が見え見えです。日本が主軸になって安保理の話が進んでるとこを報道してもらって首相としての能力を国民に見せたい、という何やら三文芝居めいた展開です(苦笑)。

 日本政府的には世論はともかく陸海空の統合システム戦略のシェイクダウンができた上に飛翔体(笑)の追従データが取れたという非常においしい状況だったと言えたと思います。今更ですが呑気気取ってた民間人にも危機意識がやっと備わり始めたようだし。ただ、今回の内閣のやり方だと急すぎて、ショック症状気味になって変な方向に進みます。とうの昔にターゲットという件は国策で教科書などに載せていなかった(検閲されていた)と現場にいた社会科の先生から話を聞いてます。これって単にキタの迷惑でなく、日本政府の教育の失策のひとつではなかったのかと。文部科学省にはこの点検証してほしいところですが。事実を教えないという時点でそれは意図的な情報操作、増してそれが教育の場で行われたとなればそれは洗脳です。あってはならないこと。

 そして散見した見解で非常に危険に思ったのが、キタの武装の過小評価。いや、武力に限らんですけどね;スポーツ含め日本人は基本的に相手をナメてかかる悪い癖がある。例えはっきりとしたデータで格下と知っていても、それを過大評価して(運用意図をゆがめるということでなく、相手の行動は成功する、ないし状況はまずいと判断する)対処するという判断が無いのは、防衛に限らずあらゆる危機管理においてよろしくないと考えます。そのスタンスでは助けられるもんも助けられない。

 病気でよくあることですが(言葉を話せないペットだとさらに)、異変があっても実害なかったのでたった一日通院を遅らせたら重篤な症状になって手遅れだったとか、本人気にしなかったところ家族が強く言うので渋々病院に行ったら「明日来てたら手術でしたよ」と言われた、なんてのが往々にしてあります。

 リスクに対しては最悪を考えて臨む。精神的には疲弊しますが、後々のために絶対に譲ってはならない一線だと私は考えます。特に今回みたいな方々で霞がかかった中での状況対処であればなおさら。

 それなら打ち上げの失敗もリスクと考えるべきで、逸れる判断もありでは?と思う向きもあるかも。そうかもしれません。しかし、並行して両立しないリスクがある場合はより高いリスクに対処するべきではないかと思います。違うでしょうか。(どのみちPAC3では無理だった上に、当てたほうが飛散物落下によるリスクはずっとでかかったわけですよ;キタにエクスキューズまでくれてやる判断になっていたでしょう)

 

 今回の件のマスコミの街頭インタビューはじめ諸々の件は呆れたり笑えたりとまあなんと言いますか。危機意識の低さの露呈はもう語るのも飽きたのでさておき、わりと呑気に構えてた(これは正しいです)通過地区の皆さんが余裕しゃくしゃくだったことに逆に安心しつつ、秋田のおばちゃんが「空見てたんだけど見えなかったねー」と言ったり(おばちゃん、それ見えたら昼間に星見えるでw)、民放のヘリコプターがやはりルートをなぞって飛行しながら上空見て「何も見えません!」と報道したりとか。Em-NETが発信まで1分という短時間である意味わかってないだろお前、とだいぶ呆れました(苦笑)。マスコミってのは情報のプロであるべきでしょ?あんなマヌケを電波に乗せたら程度の低さがバレるっつーに。

 そういった事への事前説明こそ内閣もとより政府が責任を持って行い、マスコミにはそれを正確に行う義務があったと思うのですが、それも一切なされなかった。残念なことです。結局のところ独学するしかなくなってしまう。きちんと説明を一度すれば、あんな当日に特番だらけになるような(しかも誤報で)事態は避けられたと思うのですが。(TVはどうしてもやったとは思います、上記の通り数字稼ぎで。でも新聞は大騒ぎしなくて済んだはず)

 こうやって列挙してみると日本全体のシェイクダウン(駄目出し)になったので、思いのほかいろんな効果があったのかな、という気もしてくるから不思議ですね(苦笑)。

 

 慣れも危険ではありますが(地震の巣に住む我々岩手県民も流石に昨年の地震では思いを新たにしましたし)過剰にピリピリするのも日々の生活に支障をきたすので、知ることでバランスポイントを見出す、持論を持つ、というのも大事だと思うのですよ。そういう意味では薬になったと思います。逆に、今回の件で世論に変化が無ければ本気でもう駄目かもとも思いますが。

 死中活ありは大袈裟ですが、いろいろ考える機会だとは思います。多岐に亘ってね。皆が広く視野を持ち考えれば、いい答えが出る可能性も増すわけですし。

 こういう刺激も大事だと思いました。国境地続きの場所がない国だけに、なおさらね。概ねそんなところです。

 だからってキタに感謝するなんてことは万に一つもありませんが(笑)。

 まあ、やれやれという気分です。

|

« ほんじつのタスク。 | トップページ | 今日ものんびり雑記でゴー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほんじつのタスク。 | トップページ | 今日ものんびり雑記でゴー。 »