« 自分で言うのもどうかと思いますが…。 | トップページ | 日曜日回想。そのに »

2009年4月17日 (金)

日曜日回想。そのいち

 親戚のうちは全員日曜出勤とのことで、早起きして皆に挨拶をしつつ、ぼんやり準備をしていたらKさんが「もう着いたよ~」と連絡を下さったので、うちのばあちゃんが大好きな従弟の二人に「休日が不定期でもいつでも岩手おいで。ばあちゃん連れて行くから」と声をかけつつ、末の従弟のYくんに荷物運びを手伝ってもらってKさん車へ。…ばっちり痛車を見られてしまったけどYくんにどう思ったかな(笑)。←最近ずっと乗せてもらってたんでこれで普通だと思ってた奴

 Kさんと二人練馬駐屯地近くのコインパーキングを探してる最中、珍しいもの発見。なんとUK仕様の現行シビック。ふっつーの住宅の駐車場にありました。並行で入れるしかないので、例えば同クラス同セグメントの輸入車買うより高い筈です。凄い根性だ;私はセダンも嫌いじゃないけど、やっぱりUK仕様は風格あるね。後ろしか見られなくて残念だったけど、そうだなぁ…雰囲気が似てるのはアルファのGTV最終型とかあのへん。曲面と平面の調和が美しいです。あえてTypeRじゃないところもハイセンスでした。
 UK版TypeRは秋に輸入されますが、購入予定の人には黒をオススメしますよ。あの形とよく合う。

 とりあえず車を置いて、ちょっと外に出て。「すいませんKさん、やっぱり上着持っていきます」「あーそうした方がいいよ。寒いよね今日」前日比マイナス5℃の予報でしたが、朝はもっと寒かった筈です。駐屯地入り口近くでは既に列が。最後尾看板を見てお約束の「ここは最後尾ではありません看板」の話題に(笑)。そうこうしているうちにKさんのお友達で練馬の駐屯地祭詳しい方も合流して、あれこれ話しながら時間潰しを。すぐに開場の9時になりました。

 入場時荷物チェックがありましたが、ごくごく軽いもので(バックパック以外にもプロテウスとか装備してたので、そちらのチェックもあると思ったのですが、なしでした)自衛官の皆さんの応対も親切で(これは全般に感じました。撮影禁止対象の警告もとてもやんわりで不快感は全くありませんでした)現場の皆さんは本当に優秀だ、と思いながら駐屯地内へ。装備展示があったので観覧スタンドに行く前に寄ってみました。

 Kさんは銃器めっちゃ詳しいんで(何せ相当な種類の実銃海外で扱ってきてる)89式の感想が楽しみだったんですが、「ありゃねえわ」でした(笑)。私の感想は「うわ、重い;」だったのですが。バイポッド使った場合の取り回しは悪くなかったですよ。ただ、今時金属の比率がああも多いのは珍しいのでは。だいぶ大振りだし。(私が一番見てるアサルトライフルって実はAK-74ですが、もっと小さいですよ?)「この重さ振り回すのはたーいへんですねー。私自衛官無理ですねー」と言ったら担当の陸士さんが笑ってくれたのでOK(笑)。その後持ったMINIMIはもっともっと重かったですorz。でも89式よりコンパクトに見えました。Kさん的には「これはOK」だそうです。

 そうそう、何故か96式装輪装甲車の内部が撮影禁止対象でした。なんでだろう?

「早めに席は確保しよう」というアドバイスのもととりあえず席について、しばらくして式典開始。「ああ、ここは普通科連隊メインなんだなぁ」と思った部分が。地元にある第九師団滝沢駐屯地は特火・戦車・高射の機動部隊基地なので、普通科(歩兵団)がいません。なので式典前に整列する隊員さんの後ろにそれぞれの乗り物を事前に配置してあって、開場まではそれを一望できるのですが、そういうの無しです。そのかわり隊員さんの入場とかは凝っていました。関東の普通科があるそれぞれの基地から集まっていたようです。

 で、第一師団長さんが(一部ツッコミどこあるとはいえ)素晴らしいスピーチを折角されたのに、あの永遠の中二病都知事が一言目から差別用語使ってえんえん自分の勘違い理論と自慢話を展開、あまつさえ直前の師団長さんのスピーチの内容を否定、ぶち壊しでした。駐屯地祭に呼ばれた知事は、普通まず日常の地方自治への協力に対しお礼の言葉を言うのが普通ですが、一切ありませんでした。都知事としての立場を越権した発言はありましたが。奴は自分が総理か何かと勘違いしてませんか?総理だとしたらなおさら問題ですが。
 正直「狂ってる」と思いました。この場で撃つべきではないかとまで思いました。新聞沙汰になったのは「国連役立たず」発言だけですが、もっとやばいことえんえん喋ってます。とりあえず音声レベルが足りてないもののノーカットで記録したので、夏のDVDには収録します。IOCに訳文つきで送りつけるべきでしょうか(苦笑)。首都圏を中心に政情が不安定であり、オリンピック開催に適さない、と判断するに足りる内容でしたし。

 その後部隊別パレードがありましたが、航空隊は山火事消化で出払っててイロコイ1機だけだったり、走る車輌は小規模編成だったりと、岩手駐屯地の内容の方が良かったので、あまり気合い入れて撮りませんでした。今年は周辺国に配慮して模擬戦闘もやりませんでしたし。

 気になったポイントその2。第一戦車大隊も第九戦車大隊同様74式メインですが、キャタピラがゴムコートなのはわかるとして、投光器が砲塔の逆だったのが気になりました。第一は左、第九は右です。

 にしても流石中央の部隊、高機動車の配備数の多いこと。こっちじゃぜんぜん見ないんですが;(むかーし仙台港で配備開始直後の時期に、たぶん多賀城に納品される高機動車をトヨタのストックヤードで大量に見たことがありましたが、それ以来です)

 パレードが終わったのであらためて装備品展示を拝見。
 パンツァーファースト3とカールグスタフを担がせてもらいましたよ!PF3はフォアグリップがちょっと私の腕だと遠い感じでした。用途違いますが去年三沢で持たせてもらったスティンガーやSAM-2の方が振り回しやすいなぁと。
 カールグスタフは意外と持ちやすかったです。展示用についてた台座外せば弾頭入りでも普通に扱えそう。レティクルがぶれてましたがここには通常もっといい照準がつくとかで、展示していたものの中では最も扱いやすい歩兵(工兵)携行品、という印象でした。

 迫撃砲についてたスコープの綺麗さに驚いたり、81式短SAMの展示がちゃんとサイトシステム連動になってたので振り回してるとこ撮ってもらったりしました(笑)。で、一番面白かったのはSAM-3搭載型高機動車のSAM-3制御システム。実際にいじらせてもらいました。ボタンの制御も詳細に説明してもらえたので、今なら撃てる気がしますので離れていてください(マテ)状態。流石に最新装備だけあって、今まで制御系扱わせてもらった短距離対空装備では一番楽でした。あんな小さいのに多目標捕捉と単目標複数射撃切り替えもちゃんとできるんですよねー。たいしたものです。米軍のものみたくあれが地上にも撃てれば完璧だと思います。とても丁寧に説明して下さった陸士さんありがとうございました。

 PX(売店)を覗いたら既に第一師団がらみのマーク入りグッズは品切れだったので、何も買わずに出てきましたが、最近JASDF迷彩の品出してるMagforceの一部アイテムがきっちり取り扱いあって(笑)、ああ、そういう時代になったかと。ちとお高い値段でしたが、やっぱりあの手のお店で売ってる国内官用品よりクオリティはずっと上で、こりゃそのうちもっとJASDF仕様のマグフォ品は増えるなぁと思いましたです。

 その後戦車の体験試乗をやってるところを撮影しつつ、裏手に回ったら面白いものが見られました。74式のトレーラーへの積み込み。大型トレーラーの幅めいっぱいなので(そのかわり分解しなくても運べる)何度も何度も合わせをしてようやく、という感じでした。そのトレーラーの車庫入れもやたらと苦労していました。第九だと駐車場が普通にあるのでトレーラー使う必要が少なくとも駐屯地と演習地の間では無いので、初めて見る光景だったので面白かったです。ただ、これは地元贔屓ではありませんが、体験試乗の74式の動きやトレーラーの誘導を見るに、操縦技術は地元の方が上に思えました。このへんも夏のDVDに。

 売店で部隊の先輩に売れ残ったものを自腹で買わされていたルーキーの皆さんが気の毒でした(笑)。そこを除き(笑)売店はどこも盛況で、並ばないと駄目だったのでスルーしました。

 74式・61式・シャーマンが並べて飾ってあるところで写真を撮ったらもう閉会時間、なかなか面白かったです。ただ、都知事がアレなうちはもう来ないかな;。

 今回は主にビデオカメラを使っての撮影でしたが、バリアングル液晶を使って低く構えて撮るというテクニックを先日の八ヶ岳の取材でKさんが多用していたので、見よう見まねでやってみました。アイポイント下げた方がいい被写体も結構あることに気づいて勉強になりましたです。

 でもやっぱり飛行機とか撮るとなるとEVFは必要なんですよね;

|

« 自分で言うのもどうかと思いますが…。 | トップページ | 日曜日回想。そのに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分で言うのもどうかと思いますが…。 | トップページ | 日曜日回想。そのに »