« やはりロシア本土に行きたい。 | トップページ | 某党の女性党首を笑えない日本国民の見識の低さ。 »

2009年4月 5日 (日)

わかりやすい情報操作事例。

 えーっと我が県の上をキタの飛翔体が抜けるってんで国防筋がデータ収集に躍起ですが、まーた日本政府が他国とのギャップをわざわざ作る情報操作やってますな。

 米国の軍事リサーチ系と日本の関係筋が、今回のロケットの先頭部はラゲッジで再突入能力はないと衛星写真で既に確認済み(ようは中身が衛星でないにせよ、弾頭ではないので燃え尽きる)なのに、内閣とマスコミだけは「ミサイル」という表現に執拗にこだわってる。

 前回同じルート抜けられた時含め、内閣以外の政府筋も地方自治体もあれは「飛翔体」と呼んでおります。ミサイルとは呼称してません。交通機関に至っては「衛星」と言っているところがほとんど。これは一体どういうこと?と。

 ぶっちゃけイージス艦と陸上配置PAC3を絡めた自衛隊の戦術レーダー網の国内テストの好機なんで、たまたま抜けてく飛翔体を仮ターゲットにしたい※のだけど、その場合ミサイルでないといろいろ都合悪いんで(笑)無理矢理そういうことにしてる、というわけですな。今回米軍が表に出てこないのはオバマが対日関係やる気ゼロなせいだけでなく、本気で同調する価値がない案件だからでしょう。当然艦船や在日米軍基地のレーダー網、衛星、そしてAWACSでの捕捉はやる筈ですが、もし事故でもないのに日本が迎撃措置取った場合、安保理で米国は日本側につかないと思われます。おいしいとこはしっかり押さえてもね。

※雫石での全日空機と空自機の衝突事故の時の捜査過程でバレた件だけど、空自は以前民間機を訓練用のターゲットにしていたという事例が存在する(ニアミスが多発していたのはそのせい、そして最終的にはぶつかって、民間人が多数犠牲に)んで、空でもうやめてても陸からやってる可能性については現在も否定できないです。失った信頼を取り戻すのは困難なんだぜ?(苦笑)同じ日本人に銃口向けられる連中だ、言葉の通じない連中の持ち物(無人)に向けることに罪悪感なんざ持たないでしょ。

 確かに事故られて落ちてくると大変迷惑で、そのルート下に私は住んでるわけですが(PAC3が配備されてるの村内だしね。迎撃対象エリアのほぼど真ん中ですよここ)、正直マスコミの報道にはウンザリしてます。何麻生の自慰外交に踊らされてんのと。キタの思う壺じゃんみっともない。

 そもそもくだんのロケット(中身が一緒でもあえてテポドンとは呼称しない)はキタの主要輸出品の一つで、精度が低いんじゃ売り物にならんわけで。宣伝を兼ねた試射なら正しい航跡で飛ばないと意味ないわけで。そこは連中にできる精一杯で頑張ってくるだろうし。むしろ事故ってくれるようなら逆に日本なりアメリカなり安全なわけですけど(笑)。商品にならない=外貨が入ってこないだけでなく、こちらに本当に撃ってくる場合誤爆になるのが目に見えてるというわけで。連中は成功させる義務がある。でないと現場の人間はじょんいるに何されるかわからんのだし(ぉ、必死でしょ。

 この程度の分析は当然できてる筈で、実際前回の飛翔体が三陸沖に落ちた時の件に関わった政府筋は「あったとして万が一」ってちゃんと言ってるのに、なんでマスコミも内閣も耳を貸さないんだか。

 一番酷いなぁと思ったのは首都圏に展開してるPAC3の部隊。民間人の居住圏のど真ん中に設置するってどういう神経?絶対来ない場所でさも来るような部隊展開して、近隣住民の不安無駄にアオってる。キタが敵であると煽動したいのかもしれないけど、んなん今回の件なくても十分承知してるって(笑)。国民ナメてんのか。

 空自は上層に恵まれなくてかわいそうだなぁと。慣れない牽引やらされたせいで秋田で事故って赤っ恥だし。地上装備は陸自に任せればいいのにね。運転の上手さが桁違いなんだし。(陸自の皆さんは無灯火で牽引車両を目的の場所に整列させられる腕と目がないと退職迫られるそうです。今回の件陸自の皆さんがやっちゃったら首飛ぶよ?)

 ちなみにPAC3のシステム撮ったらやばいかなぁと思ってる人はそんなこと無いので安心して撮影して下さい。あれは毎年三沢でふっつーに展示してて、撮影規制は一切ない装備です。

 そんなわけでキタはとっととリフトオフしちまえ&マスコミは黙れ。以上。

 まあキタも事前にどんな衛星上げるのか公表しとけばカドが立たなかったんだろうけど、こっそり軍事衛星上げてるのは日本も同じなわけで、そこらへんの秘匿権は連中も主張は当然するだろうと。まあ迷惑は迷惑だけど、たまたま連中の支配地の真東に日本があるってだけ、というのも見方ではあるし。

 次から中国の土地借りて公海上通せ;>キタが衛星上げる時

 なお、今回のエントリで北朝鮮について「国」という表現を使っていないのは、私があの集団を国家と認めていないためです。半島は単一国家で、北側が反政府勢力に支配されているという認識なので。あそこまで無法やってる連中に国家権限与える考え方自体が根本的におかしいんだけど、内戦の停戦中なとこなんでいつの間にか分裂扱いにしてるのか疑問。いろいろ都合いいなぁ周辺諸外国。何かあった時、かの民族は連帯責任を負うのだという認識で対処すべきでしょ?当然。ぶっちゃけ「米国は日本に頼るな」。

 麻生がいろいろ故意の事実誤認をして安保理決議だなんだギャーギャー騒ぐことの善し悪しはさておき、米国って日本と安保条約結んでるでしょ?なんで意に沿った防衛に手を貸さないの?
 というわけで一部右派の「米国の傘から外れたら日本は終わり」という半ばカルトじみた終末思想は無視して、そろそろ日本政府は地位協定と安保条約破棄してしまっていいと思いますが。今回のデータもただ持ってかれるだけで日本には見返り一切ないんだけど。いつまで連中の食い物にされてるつもりだ。いっそ米国の州の一つになるってんならいくらか便利にはなるけど、そうするといらん敵を作るんでそれは却下だし。

 どのみち日本抜きでやってけない国なんだから、役に立たないなら立場だけでもイーブンに戻すべきで。嫌われてるんで手を繋げない国を無視しても、日本と手を組んでくれる国は他にまだまだあるのに、まるで米国だけが友人みたいなスタンスは負け犬根性丸出しなんでやめてくれと。

 他国の民間人を見る文化が無いからこういうことになってるんだろうなぁ、日本は。各国の印象を政府筋でしか判断しないから。そのスタンスで行ったらフランスとか真っ先に滅ぼすべき敵じゃん、サルコジ政権は特に(笑)。でもフランスの民間人は日本のポップカルチャー好きなんだよ。仲良くできる国だと思う。互いに民間レベルでは尊敬できているから。その視野を全方位にしなきゃいけないとこ、やっぱ島国だよね、視野狭い。

 国民全員が専門家になる必要はないけれど、民間人は民間人同士で対話をしてみようって意図は持つべきだよと。ことこの国の政府は戦前から信用に値しない外交を続けているわけで。そんな場合は民間で動かないと。

 しかしまぁ、キタの件は独裁者にこきへつらう人の形をした泥人形に甘んじてる連中のしてることなので、そういう一般論は残念ながら通用しそうにないけど。そういう状況だからこそ、六ヶ国(正確には五ヶ国二勢力)で会談する時にすぐそのうちの1つの後ろに隠れる癖はなくせ、とは言いたい。

 にしてもねぇ…この程度でこんなに騒いでたら、本当にノドンが飛んできた時まともに対処できるとは全く思えないなぁ;

 自衛官の皆さんは大変お世話になっている陸自の皆さんはじめ空自のパイロットの皆さんなど基本的には全面的に信頼しているのだけど、幹部以上が信用できない。システムがよくないよね。

|

« やはりロシア本土に行きたい。 | トップページ | 某党の女性党首を笑えない日本国民の見識の低さ。 »

コメント

現場が幹部に右往左往されてしまうのがあまりにも……と思う一人デス。

シロウトでもちょっと考えれば「落とすつもりで撃っていない」ことぐらい分かりますぅー。誤って国土に落としたら事後処理が面倒になるし、そんなアヤシイ技術力でわざわざ打ち上げ予告なんてしない。
あれは北の内外へのデモンストレーションで、ガチで衛星みたいなものじゃないのって思ってマシタ。
本当にミサイルだとしても、弾頭なんてもったいなくて積めないよ。

結局この件って、それぞれの自衛隊同士が連携取れてないことや日本政府が泰山鳴動してネズミ一匹状態なのが露呈しただけだと。あぁ恥ずかしい。

>他国の民間人を見て判断しなきゃダメ
まったくもって同意デス。今の政治屋さんはヘンな選民意識が浸透してるようですねい。いつから独裁国家になったんだここは。
民の代表だと思ってるのなら、もっとマトモな政治しなきゃねー(苦笑)。

投稿: かとれいん | 2009年4月 5日 (日) 15時28分

>誤って国土に落としたら
打ち上げる前に爆発したり自国領内に落っことしたらしょんぼりですが、ロケットってのは多少は失敗するものと思っています。

が、米ソが頑張っていた昔と違って、失敗したときに「無かったことにする」という究極奥義はもはや通用しませんから、そのへんが平壌wに限らず困りどころかもしれません。

投稿: いわ | 2009年4月 5日 (日) 20時16分

>かとれいんさん
 この後書くエントリで明記しますが、打ち上げ終了後もミサイルと言ってるのはもはや麻生ぐらいになってしまいました(笑)。新聞系がTV系と比べるとまだ飛翔体「(ミサイル)」とかつまらん粘りを見せてますが、飛び去るなり手のひら返したように言い方を変えましたね、マスコミも内閣も。

 1日目のミスがシェイクダウンに繋がったのは翌日のエントリで説明した通りで、日本はまあ感謝する必要はないにせよ今回の件得はしたと思うのですよ(笑)。
 まっとーな人間ならしくじった時に向上心を発揮させますからねー。いい薬でした。にしても人のミスとシステムエラーの両方が出たのは凄いですね;あれが実戦だったら混乱中に実弾来たらアウトだったと思います。

 99.99%という表現すら誇張だったのに(確か確率論で事実上のゼロと思っていい数値がありましたよね。あの領域だったと思うのですが)マスコミが内閣につつかれて踊りすぎでした。政治献金とかとレベルが違うネタだから、ああいうのでアオっちゃいけないですよ。カネと命に係わるネタなわけで、それらを軽視しすぎです。今回の件。
 で、打ち上げ後に「マスコミは騒ぎすぎだったと思う」とか有識者コメントとしてしれっと掲載しちゃうんですよ、新聞系は。当事者なんだからそれ載せるなら反省しろと;
 内閣だけでなくマスコミの駄目さ加減も露呈した感じでした、今回は。

 自衛官の皆さんは演習もお仕事ですから、今回のはいい経験だったのかなと思いますが(幕僚本部と連絡が取れなかった場合の遠方の独自裁量とか、そういうテストケースも検討されたのではと)使われないにこしたことない技量でもあります。それを内閣が使わせる方向にわざわざ持って行ってるのがなんとも(苦笑)。装備配備区域が真っ先に的なわけですから、まさかの時の最初の被害者はやはり現場の彼らなんですよね。彼らを無力化することが敵の第一目標ですから。
 そういう意味では上の無能で現場がワリ食うはまさに。

 ファシズムは、トップの人間が謳うだけでは成立しないんですよ。追従する国民が少数でもいて初めて発生するものです。で、今その国にはそういう人間が多くはないけど増えてる。本来なら路頭に引きずり出して群集にリンチされる対象なんでしょうけど、今はネットでこそこそ行動できますからねー。それもできない。
 これだけの状況で暴動も起きない国です。これは平和ではなくて、立派な「洗脳下」ではないかとたまに思います。
 先進国でもいろいろいまだにあるんですけどねぇ;最先進国とでも言うつもりなんでしょうか?単に民意を喪失してるだけなんですが;国家に国民が隷属するのは後進国の証だと思いますけども。

 まともな選挙をしたくてもまともな候補者が出てこれない(金銭的な理由で)。いろいろシステムを変えないといけない部分が多すぎです、ここは。

>いわ
 自分らさんざん失敗しといて何をかいわんやであるよね、確かに(笑)。たまたま日本の東は公海なんで大事になってないけど、日本だって失敗は相当してる。というか、失敗の数だけ技術が蓄積されてるって考えるのが自然だよね。当然最先端クラスの国家だと…(笑)。

 とはいえさー、あの飛翔体(笑)が打ち上げの瞬間爆発してたら、キタは絶対西側の工作だと言い張ったとも思うんだ;
 連中としてはもうずっと前に開いてた幕なわけで、クライマックスで閉じられるかという理屈だよねぇ。肩を持つ気はさらさらないが理屈としちゃまあ間違ってない。

 ほんとはコトを起こさせてそのカウンターストライクで滅ぼそうとしてるくせに、と今の西側の動向にはなんともしらじらしさを感じるよ。「でもカネかかるしなぁ」とか思ってるあたりとか、もしカネが必要になったら極東の打ち出の小槌から出させるとか、そういう意図も見え見えだ。

 だもんで個人的には謀殺や暗殺の類を推奨したいところではある。当然やるのは尻拭い係であるからして韓国。

投稿: ぬまにゃん | 2009年4月 6日 (月) 17時19分

私は(軍事まったく詳しくないけれど)あんまり『輸出のための宣伝広告』説には賛同できないですねぇ。
せいぜい「結果オーライだったらこれ幸いと宣伝にも使おう」程度で、実際は本当に打ち上げ試験したかったんじゃないかしらん。ただ諸般の事情によりあんまし気軽にぽかすか打てないので、どうせ打ち上げるなら政治カードの皮も一緒に被せちゃいましょう、と。

ちゃんと飛ぶノドンは、うろ覚えが確かならあくまで単段式じゃないですか?
多段になると一気に難しくなるというのを、大昔(笑)航空宇宙学科の講義で聴きました。たしかに「途中にジョイントの入った倒立振子」と考えると肝の冷える代物ではあり(^-^;。
そういう構造の問題にくわえて、爆破ボルトのノウハウひとつとっても大変なものだと聞きます。

日本はかつてそのへん、東大系のチームがものすごい数の小型ロケットを打ち上げまくって「実地に」ノウハウをかき集めているわけです……が、それですらベビーSRT~カッパーと代を重ね重ねてきたのに、かの有名なカッパー8型10号機がふっとんだりしてますし(笑)。
よそから買ってきたノウハウで底上げされてるとはいえ、実際にテポドン2系は2006年にしくじってますよね。それから実地に打ち上げてました? なので本当に「多段式打ち上げシステムのデータが採りたかった」のでは…と思った次第。

ちなみに問題の10号機、打ち上げたら海に飛び込んだらしいですが、なんかちゃんと海中で時間どおりに点火して2段目が海面を割って飛び出してきたとかで(笑)。それはもう大変だったようですよ。

投稿: 六角 | 2009年4月 6日 (月) 18時01分

 飛翔体(笑)のテストは、できてたんじゃないかと思うんだよねー。何故かというとアレって買取側、部品供給側含めると、ベース品の提供元以外にも複数の国家が絡んでて、その中には土地余りしてる場所もちゃんと存在するから。

 その通りちゃんと飛ぶノドンは単段でござるよ。でもそいつのテストもあそこじゃあまりやってない。でも実戦レベル評価を他ならぬ米国防総省が出してる。今回の件もわりと成功確信の情報があったニュースソースそこでしょ?それは他国でのテストを国防総省なりCIAが押さえてたから「信頼できるニュース」として動いた、と。本当に高確率で落ちるほど精度が低いなら、流石に米軍動いたと思うよ。基地の場所バレてんだし、日本海はミサイル原潜の巣窟だし。

 とはいえNORADの見解は「2段の切り離し失敗」。確かにドクの指摘する部分なんだよね。ただ、やっぱりワタシとしては「ある程度技術的に確信が持てる段階だったからわざわざ本土から上げた」としか思えないんよ。技術的に難しいのはわかるけど、NORADの解析データ含めアレ系のデータって機密でぼかされてる部分が多すぎる故、キタの技術がそのレベルの試験データを欲しがるレベルにまだあるままで上げたとはなぁ。実際、一段は予定通りに外れて予定通りのルートで二段以降は日本上空を抜けたわけだしさ。

 ソビエト時代に開発された航空機が優秀だった理由に「失敗したら開発者運営関係者の命が危なかったから」というのがあったんだけど;同じことがキタでも起きてる。これはもう確信してる。だもんで、あそこまでコマを進めた以上はドクの推論部分は技術的には(実際の結果はさておき。日本だっていまだに確率低いもんね)クリアしてると判断できるんじゃない?売り物にできるものだから上げてみたと。

 アレの技術は買ったんじゃなくて盗作なわけだけど、その盗作元はどんだけ試験してたかって、そりゃ日本の比じゃねぇわけで。そのへんは日本と比べるのがそもそも間違ってる気がする。盗作元は有人飛行成功率においてナンバーワンにして先駆者であるからして。独力で頑張る努力はすばらしいけどそれと結果は別問題だよ。だって、自動車産業がそうじゃん?今の日本車は元をたどれば日本人がゼロ起こししたもんじゃない。ゼロ開発した欧米が今どうなってる?(苦笑)そういうことだ。

 で、今回の結果で現場がどうなったかは、他山の石なのでワタシは知らない(笑)。

投稿: ぬまにゃん | 2009年4月 6日 (月) 18時28分

最悪の事態を想定して備えるべき、というところにはもちろん異論はないわけですヨ。まぁテクニカルな興味として面白いから話をしてるということすね…。わざわざそんな断りをいれる必要もないかとは思いますけど、第三者に勘違いされるとアレなので一応(笑)。

…一番肝心な部分を私がうまく伝えられてなかったかな;。単純に技術力が低いって云ってるんじゃなく、むしろ「参考にした基礎データ、自前のシミュレーションや地上試験ではもう追い込めないレベルにまでは到達してしまった」からこそ、えいやっと打ってみたのではと。そのレベルへ達する前に単なるダメモトで打ったらただのアホです(笑)。

そういう意味で、ノドンはちゃんと飛ばして最終試験してるでしょう。それぞれ1度っきり(事前の話なのでもちろん今回のぶんは含みません)しかも失敗だった両テポドンとはそれこそ較べものにならないと思います。
それにあれだけクリティカルな工学なのだから、「オリジナルがきちんと飛べばコピーもきちんと飛ぶ」とは間違っても云えないし、そもそも「既存の安定な技術の部分改良品だから素性の予測も可能」だっていうなら、アメリカもいまアレスIであんなに苦労してないのでは(^-^;。

ただ、他国で試験説は否定できないし面白い可能性だとは思う…。とはいえ、キタの品質管理・工程管理のもとで製造してキタの技術者が組み上げた現物ズバリをテスト出来たかなぁ。どうなんでしょう。

投稿: 六角 | 2009年4月 7日 (火) 01時01分

書いてから複数の軍事筋(笑)に聞いてみたら、意見は割れたねやっぱし。デッドコピーしないでそのまま使えばまともに飛んだのに、って意見があった。ドク的にもそうでしょ?それはなんとなく納得した。

で、他国でのテストはがっすんがっすんやってるそうな。
このネタは実は書けないレベルでやばいんで;次会ったときないし電話で話せるときにしよう;正直「ああ、そういうことか;」とあらためてキタがどんだけやばいか思い知らされた。

うう、最近どんどんさまざまな国にとってやばいネタ握ってる奴になりつつあるんで、うち急にブログ更新止まったら病死より先に謀殺疑ってくれorz。
まあ元々そういう家系に生まれてしまったが;自分の意思で活動するようになって年齢重ねてどんどん何気にやばい方に首突っ込んでる自分がいるのが最近どうもなぁ。
明言したいけど避けなければならないことが多すぎる;なんで一民間人がこんなことになってんだ(苦笑)。

投稿: ぬまにゃん | 2009年4月 7日 (火) 02時20分

なるほどじゃあそのへんは直に。
…生きてたら(笑)。

そうなるとハナシの大前提がどっかいってしまうので、とりあえず私の疑問に感じたことの是非は〆にしときます。なんとなくだけど感覚がつかめたし。ありがたい。

なのでもはや是非はさておき(笑)、前コメで私が書きたかったこと(≒聞いてみたかったこと)をあらためていっこだけ……そのへんもまずいようならいずれ直でw。
『オリジナルとコピー』話は、スカッドとノドンのつもりでした。だからちゃんと自分トコで造ったあと使ってみてるよね、と。まぁその良識を忘れてなかったことを、私らは大いに呪うべきでしょうが(苦笑)。
あとは私が出した東大系ロケットの話へのレスに対しても、「そういうコト(元がオリジナルか盗作か)が云いたかったわけではなく、最終的に自分らの手を動かして経験を積んだのかという話をしたかった」のだよというメッセージを伝えたかったのです。
…自分で書いててややこしいなと思ったこの文章w。

そんなワケで、オリジナルだったら成功したろうに…という箇所には(私が理解してないだけなのだろうけど)すごい巨大な疑問符が相変わらずついてます(^-^;。
私がテポドン系に抱いてた疑問っていうのは、むしろオリジナルかコピーかという話の次から書いた部分(アレス云々まで)なのですよ…。スカッドやノドンの特性をいかに技術者が熟知してたとしても、あれを2段に積んだ以降はキタのオリジナルでしょう? 違うのかな。
「たとえ解ってる物だろうと、それをタテに積んだ時点で構造力学的にはひどく新しい物になってしまってる」のじゃない!?ということが、最も気になって書いておきたかった点なのですよ。だからこそ、実地に試したかどうかに執拗に(すまん^^;)こだわってたわけで。

…長々とすまんコトです。これ以上やると荒らしになりかねないので;、あとはそのうち夕飯食べながらでも!

投稿: 六角 | 2009年4月 7日 (火) 14時08分

 すまんのう。こちらよりそちらの方が見識が深いのはよくわかっていて、その意見を技術的見解として取り入れたい気持ちは実のところ先日のツッコミの段階から凄くあるのだけど(なにせその分野ではドクに敵う人材は仲間内にいないと思ってるからなぁ)ここではブログライターのワタシの意見とはまた異なる意見という形で扱わないと、ワタシが書いてる意味がなくなっちゃうというのがあってだな(笑)。

 しかしそれでも、コメントで見解を披露してくれたのは助かるよ。ブログで公開しているのはワタシの見解であるからして、それに対するツッコミが掲載されていることで、読む人がそれぞれに考えるだろうという期待感があるわけだよ。

 なんとなく言わんとしてることはわかってると思うけど、うちが今回の件でトピックにしてるのは、テクノロジーの部分でなく(国内の)ナショナリズムと(全体の)イデオロギーとヒューマンリソースについてなわけだ。
 特に日本人のナショナリズムについてはこのブログがずっとつついてるネタなわけで、ドクの意見がコメントで出されて、少なくともこの案件に興味があってエントリを読んでくれてる人は記事をただ一人のたわごとなり意見として通すだけでなく、異なる視野見識からの意見が加わってることでとりあえずは「どちらだろう?」って思うはずじゃない。
 それはワタシが最も望むところなわけだ。

 だから遠慮は必要ないのだよ?というか今後もこういったネタでは特に識者コメントとして主観論でも客観論でも入れてほしいとこだよ。ワタシのエントリこそが情報操作だと思われないためにもね(笑)。事実、政府系のパブリックコメント出てる時にそれを覆す歴史事実をその議場で公表したら「さも自分だけが真実を知ってるかのような意見を挟むな」と某団体に釘刺しされたからねぇ。こっちは連中と違ってきちんと検証と取材と当事者からの聴取した上で喋ってたことなのに。んでその後外務省筋に言論封殺されそうになったんで、とかいろいろあったんよこっちも。おっと横道。

 しかし不透明組織がらみの軍事ネタだとその組織の他の事が絡んでくるので、そのへんが今回明かせない部分に繋がってるのでそこは許してほしいよ。日本政府に身元照会されるのは別に構わんけど、太平洋の反対側のあの国にはやられたくないからね(苦笑)。守秘義務はないけど立場的なものだ;

 メシがまずくなるネタなんで;メシ食った後茶でもしばきながらにしようぜ(笑)。なるべく話が漏れない喫茶店とかで。

投稿: ぬまにゃん | 2009年4月 7日 (火) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やはりロシア本土に行きたい。 | トップページ | 某党の女性党首を笑えない日本国民の見識の低さ。 »