« こういう時もある。 | トップページ | 薬はちゃんと飲みましょう。 »

2009年2月 8日 (日)

レビューを兼ねた写真馬鹿まんが「シャマルさんは誰の嫁」

Yome01_2
(以降全てクリックで拡大)
「るん♪タルトタタンの生クリームフルーツロール買っちゃった♪帰ってみんなとお茶を…」

Yome02
「ぬわっなんとお美しい!是非とも我が嫁にッ!!」

 結構長いので折りたたむ。

Yome03
「ちょぉっと待ったぁぁっ!!シャマルさんは俺の嫁だぁぁ!!!」

Yome04
「若造が!貴様は女子高生とケータイのメル友でもやっていろ!」

Yome05
「何をっ!言わせておけばぁっ!」
「ちょっと待ったそこの二人!!」

Yome06
「む?」
「誰だ!?」

Yome07
「往来で抜刀とはおだやかではないな。私の名はシグナム。この喧嘩、私が預かる。事情を聞かせてはもらえまいか」
「その立ち振る舞い、相当な使い手とお見受けした。よかろう」
「実はシャマルさんが誰の嫁かという件で…」

Yome08
「なんだと!シャマルは私の嫁だッ!!」

Yome09
「我が妻をかどわかすふとどき者×2!そこへなおれぇぇっ!!」

Yome10

Yome11

Yome12

「クラールヴィント、皆を止めて」

Yome13
「はっ!シャマルさん!」
「シャマル!下がっていろ!不埒者を成敗するところだ!」

Yome14
「黙って聞いていれば何事ですか!私の都合も考えずに嫁だなんだと!」

Yome15
「私の心に決めた人は…はやてちゃんです」
「なっ!結局百合オチかよっ!」
「…仕方あるまい、本人の意思ならば…さらば美しい人よ」
「シャマル…私は…」

Yome16
「なーんちゃって♪私はまだまだ誰かのものにはなりたくないだけ。さ、シグナム。帰ってみんなとお茶にしましょう?ヴィータがきっとおなかすかせてるわ」
「あ、ああ(照れ)」

 というわけでここからレビューですが、ファルゲンの出来の良さは異常。武器何も持たずに手首を握り込む(二重関節なのでぐいっと入るよ!)だけで80年代的ダイナミズムが発生してしまいます。腰の軟質装甲という設定どおり、シグナムやシャマルさんのように(笑)スカートが曲がって脚の動きを阻害しません。膝足首にかけては正座できるほど曲がります。個人的にはマッフにしない方が好きですね。
 バリグナーでできることやった感があったんですが、さらにその上を行ってます。難点らしい難点がありません。強いて言えば左肩の動力パイプがポーズによってはアンテナと干渉することぐらい。銃を構えてもさまになります。スコープの視界を素早く飛び交うOPでのあの姿そのまま。

 で、グッとくるシグナムさんVer2。首の付け根の塗装剥げてましたorz。しかも外箱潰れてて。スプラウトイはもう使わない!
 脚の自由度が意外と高いんですが、いかんせん上半身と衣装の重量がだいぶあるせいで、自立できないためポーズが限られてしまいます。だいぶ勿体無い。おみ足きれいなのになぁ。あと、手首がちょうどボークスEBシリーズ素体のオプションハンドみたいな感じになってるんですが、デフォで刺さってるのでない手は穴が小さすぎるので、手を交換するなら削り必須です(これはシャマルさんも同じ…というかシャマルさんの方が大変)。
 表情はよくできてて、交換も思ってたよりずっと簡単でした。首がもうちょっと自由に動いてくれれば文句なしでしたが…

 そしてグッとくるシャマルさん。もうとにかく手首がね(/_;)抜けないし刺さらないし。この部分だけはほんと泣けました。右手と左手の完全に揃いのパーツが無いのも残念かも。夜天の書がついてきますが手は左固定だったりするし。あと、パッケージでやってるつま先立ちができません;これは泣けた。重心に難アリはこちらも同じ。ただし…
 表情パーツ良すぎです。パーツだけにしてるとどーだろだけど、はめこんでみるとしっかりシャマルさんで。美人さんです。ただ、帽子の固定のために後頭部に穴空いてるのはちとがっかりでした;
 この造型師さん髪の処理が凄く上手なので、固定で私服のヴォルケンリッターもやってほしい感じです。というかOMM25合わせでドールに合うヘッド作ってくれても。

Yome17

 いっとー最初に買ったヴィータをまだ箱から出してないので、そのうち3人合わせも。そしたら「輝く!エレメンタルクローバー!」というネタを…と思ったんですが、よく考えたらあれの真ん中冥王様じゃんと(笑)。

 Amazonのレビューが的を射てますね。「難点もあるけど好きなら買え!」という感じです。シグナムさんはデバイスもっとフォームあれば…でしたが。でも表情が変わるあたりで私はアルターのシグナムさんと同等評価してます。シャマルさんに至ってはオンリーワンなわけで。でも見た目で我慢しなくていい出来にはなってるんで(名のある造型師諸氏の最近の「作ってみた系」よりずっとまともだよ)

 シャマルさんはまだあみあみあたりに在庫があるはずです。急速に減ってるのでご注意。

 てな感じでレビュー兼馬鹿写真まんがでした。

|

« こういう時もある。 | トップページ | 薬はちゃんと飲みましょう。 »

コメント

 未来の舎弟が
ファルゲンはやはりその内買おう

シャマルはまあ魔力カートリッジ作成時の会話がまんま女房なのでなあw

投稿: c | 2009年2月 8日 (日) 19時23分

ファルゲンはいじってるといろいろ考えるねー。
人型ロボットの真の機能性はいかなるものか、とか。
ドラグナー(ここではデザイン的な差異は考えずコンセプト上の)と比べた時、専用機と汎用機の差が相当ある。かなり明確に。

んでも仮想敵もなしに兵器はあそこまで進化しないよね(笑)
とりあえずそれとは別に、大河原イラストでは気づかなかったけど、ファルゲンって女性のフォルムなんだよねぇ。
華奢とボリュームのバランス、そしてラウンドと角のバランスがまるっきりスレンダーな女性だし、頭もそんな感じ。
フェイーイェンみたくわざとらしく女性型じゃないのにそう見えるのはちょっと面白い。そういうとこ見る意味でも魂ファルゲンは買いだと思うよー。

ベースに股間固定するのがちょっとやりづらくてイラッとくるけど気にしないように(笑)。
ふと思ったんだけど、ファルゲンのソードはD1のレールガンカートと同じように左腕に2本マウントされてるけど(右腕はD1と同じ)あれ1本ずつにして、抜かないで出力できる仕様にすべきだったんじゃ、と、そこはツッコミどこだったw。

嫁だけど料理はできない。だがそこがいい(笑)。
八神家はダンナで嫁と嫁でダンナ(セクハラ気味)がいる謎家庭ですな。だがそこがいいその2(笑)。
グッコレヴィータだと顔複製してフェイスペイントで流血バージョンすぐ作れてしまうことに気づいたけど衣装が厳しいんだよねぇ。
1/6ドール用の私服は持ってるけど顔描けないよw>ヴィータ

投稿: ぬまにゃん | 2009年2月 9日 (月) 02時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こういう時もある。 | トップページ | 薬はちゃんと飲みましょう。 »