« ぼけーっとしてたらもう15時間も経過してるよΣ( ̄□ ̄;! | トップページ | 「か、かっこいいレールガンですね(鼻血だらー)」 »

2009年1月 2日 (金)

新春でばいす談義。

 新しいモノ好きな私は去年もうっかりいろいろ買っちゃっててへ♪という感じなのですが、いじらせてもらったものも含めていろいろと個人的な感想と展望をつらつらと書いてみようかと。

 半導体記録媒体のとんでもない値下がりっぷりが昨年とても印象的でした。特にSD系メモリカードとUSBメモリはもう、「いや、ここまで下がったらふつー上位規格にシフトでしょ?」ってタイミングと市場が要求する容量のバランスが狂っちゃって、結果ものすごい安値で普通に使えるものが出回るようになりました。
 2GBが200円ですよ!?(笑)転送速度に過度の期待は禁物とはいえ、「あぁ、あの時買った値段だと100枚も買えるのか;」って頭抱えた人も多いのでは。もはやCD-R配る感じでデータ入りのUSBメモリやmicroSDを「あげちゃう、売っちゃう」って判断が可能なとこまで来てる気が。

 放置した場合のデータ保持性能がいまいちわかっていない気もするのですが、カメラを本気で使う方はそろそろ「いらないデータだけカメラ上で消して、必要なデータは編集の時だけHDDにコピーして、基本的にメディアは撮りきったらそのまま保持」という人も出てきたみたいです。なにせ、RAWだのTIFFだので撮れる枚数あたりの単価と、銀塩用のフィルムの枚数あたりの単価はとっくに逆転してしまっているので、HDD飛ぶとかR系スピンドルメディア腐るとか気にする人は「いっそメモリを本当の意味で電子フィルムがわりに」という意向だそうです。静電気の恐怖とか、フラッシュメモリの保存精度とか、気になるところではありますが。

 で、microSDという「これ絶対なくすじゃん(笑)」というレベルまでシェイプアップしたメディアがぼちぼちSD用アダプタ込みできわめて当たり前にそこかしこで非常に安価で売られるようになってきました。あんまり小さいんで既存メモリのだいたいにアダプタかまして刺さっちゃうというびっくりな状態になってます。お陰でアダプタ買うだけで統一が図れるようになってきてますし、価格の上下はだいぶあるもののそれでも去年あたりと比べると「どこでも2GBクラスが普通に売ってる、しかも普通の人の財布が緩む価格帯で」という猛烈な敷居の低下が発生したように思います。デジカメなら2GBもあれば十分、携帯も余程マニアックな使い方(動画自分で突っ込んだり音楽入れたり)しない限り1GB程度あれば使い切れないレベルだと思うのですが。

 それだけ安いメモリが作れるなら最初からアッセンブリ組み込みした方がいいのではとも。ようはデジカメだの携帯だのが内蔵4GBくらい普通にあるとかね。でも、実はもうカードマウント経由で市販メモリ使った方がアッセンブリとしてメモリ組み込むより安いのではないかという憶測も;。
 ただ、内蔵であるメリットもちゃんとあって、もろもろの仕組み(めんどいので略)の都合認識が高速になり、転送ももちろん高速であると。昨年購入したビデオカメラ、キヤノンのiViS HF10がその仕様でした。HF10はSDHCカードと内蔵メモリ、HF100(廉価モデル)はSDHCカードのみという構成でしたが、外部メモリ使う場合は起動時にチェックをちゃんとやるんですよねー。結果的に起動速度が落ちます。HF10は内蔵プライマリで起動するのでレスポンスいいのですが、HF100を店頭で触ったらちょっと悲惨な感じでした。

 それぞれにメリットデメリットはありますが、とりあえずmicroSDはアダプタの出来さえ良ければ速度ロス無く(同容量同ブランドのSDカードと同レベルの)速度出ますので、今後もメインストリームになっていくのでしょう。今年の末頃には32GBがいくらになってるか、想像できません(笑)。読み書き回数への耐性という問題がクリアできれば、メインストレージがSDHCの複数枚刺しというモバイル機も出てくるのでは?Vistaも7も16GBあれば十分な気がしますし。確実に時代はゼロスピンドルに向かってる筈なので、SSDに近い精度耐久性出せるならメインストレージのカード化は絶対あると思います。年内に実現してくれると嬉しいとこですね。価格が落ちすぎて半導体工場のライン止めとか起きてますが、こういう時こそ顧客の都合に振った前進をアグレッシブにやらないと会社生き残れないと思うんですけどねー。

 メモリだけで随分長くなっちゃいました;次は先程触れたデジタルビデオカメラ、そしてデジカメの話。続きは折り畳んでから。

 さてビデオカメラ。長時間FullHDのAVC記録はデジカメでもできるようになってきたので、そろそろ本格的に転機かもしれないです。ゼロスピンドル達成までビデオカメラは買わないと決めてて昨年ようやく叶ったわけですが、ちょっとメーカーの考え方がねー;駆動部なくなったから小さく軽くしてやろうを全面に作っちゃったせいでEVFが無い=動体撮影がものすごくやりづらい。HF10で一番ガッカリしたのはそこでした。鏡筒を優先した設計なのはいいんだけど、それで生きてくるレンズを自在に振り回せる仕様にはなってないってのは、駄目だよね。増してカメラメーカーのキヤノンがそんなことしてるようでは。

 ただ、「撮りっぱなし」での1カットの長さが極大になるのはいまだにビデオカメラの方なので、そこは価値は十分に。デジカメ系は記録媒体の都合か発熱の都合か、1カットの長さには上限があります。まあ、撮りっぱなしってあんまりないけども(むしろカットは細切れにして後で繋いだ方がいい映像にはなる気が)、例えばインカー映像でロングコース撮る場合に安心感が全然違うから。

 とはいえここいらへんはデジカメが頑張っちゃえば追いつくこと。EVFのあるなし別にしても、たぶんデジタルビデオカメラは程なく姿を消すデバイスかもしれないです。FullHDより上には当分行かないし、それを実現するのは民生用では「動画撮れるデジイチ」になる可能性が今のところ高い。とりあえずキヤノンのSX1IS登場後のiViSシリーズのシェアがどうなるかで集約が進む可能性はおおいにあると思います。

 そしてデジカメに目をやると、ビデオカメラに投入されてた技術をここに来てばんばん突っ込んでるのね(笑)。タッチパネル液晶でフォーカス対象選んだりとかは元々ビデオ側の技術でしょ。やっぱり集約されるのかなぁ。結構でかいビデオデッキ部とだいぶでかいカメラ部分を担いで撮影していたのが20年前、それをはるかに上回る画質の「ビデオも撮れる」カメラがもしかしたらカードサイズくらいで出てきてしまうのかも。薄さを誇示するためにカードサイズやって、電力性能誇示するために単三駆動もやって、という流れで。光学機器は同じ事するなら大振りに組んだ方が結果はいいと思うのですが、小さく組めて初めて高精度な中・大型が出てくるとも思うので。

「誰でも水族館」がここ2年程のデジカメの増感傾向の真の狙いだったように思いますが、次は「誰でも航空祭」をお願いしたいかも。あぁでも、「顔以外」の追従ってわざとキャンセルしてる気がする;あれは気にしすぎな気がするけど…(理由・映像追従機能の取り出し→武器転用。個人携行型ミサイルとかで必須の技術)

 続いて音楽関係。
 Appleが引っ張ったように見えて、あそこアドバンテージとディスアドバンテージがものすごく際立ってるので余程お金持ちか余程考え無しでないと安心して使えないのが残念。とにかく保証ポリシーがね。故障しても他社製品同様の保証が使えるんなら何も考えずに買いますが、「壊れやすいのにケアかけてても壊れたら新品よりちょっと安い程度で交換」というおかしな内容のままここまで来てる。アップルストア無い地区ではお店で即日どうこうとかも無理だし。操作が楽しいという、デバイスとして非常に大事な用件を一番満たしてるだけに凄く惜しいです。日本メーカーのものと同等の修理規定になったら明日にでもTouch買いに行くよ?いやマジで。

 ソニーの音が小型機でも好きなのですが(なにせICレコーダーがiPodよりいい音鳴らすという恐ろしい会社だ)、あそこは現行は無理にノイズキャンセルを本体に組み込んでるのが逆に残念。NCはリアルタイムで再生音質が変わってしまうし、実のところ周囲の音はちゃんと聞こえる方が安心感は高いです。あの機能はオミットでいいと私は思うけどなぁ…。それで価格が下がるなら大助かりだし。

 ヘッドフォンは、何故か去年は流行りましたが(笑)、結局「聴く」が生理現象である以上、ベターは論ずることが可能だけどベストを論ずるのはナンセンス、と思いました。私はXB700大好きだけど、ヘッドフォン派の人には小さい音量が好きな人も多いでしょ。それじゃXB700駄目だし。あれは大きい音量で使うものだから。
 試したくてもちゃんとした什器が入ってるお店は限られるんですよね。かといって、文章で読んだ情報は「他人の耳を基準にしている」わけで、自分に適合することはまずない。難しいとこです。
 サチさんが買った業務用のCD900STだっけ、あれを私もヨドバシで試したけど、本当に素直に全域出てて(モニターだから)「この値段でこれならいいなぁ」と私は思ったけど、聞こえてほしくない音がある人も世の中にはいるわけで(笑)。モニター系はプレイヤーでイコライズかけた時プレイヤーの処理性能までモロに駄目出ししちゃうから、原音忠実な環境で正直な音を楽しみたい人にしか向かないし。
 これほど上見るの危険な商品ジャンルないなぁって思いましたですよ(笑)。

 携帯ゲーム機をゲーム機以外として使うという動きがDSiが出たせいか急に加速しましたが、これはPSPを発売日に買った層の一部が当初からずーっとやっていたことで、今更驚くことではないです。むしろ、基幹性能が付加機能の拡張に対し全く手つかずの状態がどうだろうなぁという感じで。そろそろWVGA解像度を基準に3D処理ができ、かつ無線通信をロストしにくい仕様のものが欲しくなってきていますが…。SD解像度の動画をそのまま再生できるとエンコードし直す必要ないんで楽なんだけどなぁと(笑)。

 そしてこれらのデバイスに給電するUSBパスパワー電源。急速に市場を伸ばしてきてます。(ケーブルさえあればキャパの範囲でなんでも充電できて便利だからねー。特に単三電池で動くタイプは。携帯の電池切れもゲーム機やメディアプレイヤーの電力消費もさほど気にならなくなってます)
 昨年末に電池駆動型の先駆者である松下のポケパワーのリコールがかかりましたが、交換品の新型、でかいです(笑)。まるで車がFMCで5ナンバーから3ナンバーになったかのような違い。そのかわり、取り回しはずっと良くなってて、使うケーブルのうち「本体電池に給電するUSBケーブル」と「携帯電話に給電するケーブル」は内蔵になったので、そのへん探す必要なくなったのはいいですし、クレイドルが不要で直でUSBバスパワーから単三ニッケル水素電池2本を充電できるようになったのは何気に便利です。外部電源という用途にとどまらないし、電池を2の倍数持ってるなら夜に時間ある時に交換充電で1セットでも多く充電できるし、と。

 おまけでついてきた充電器の体積にびびりましたが(明らかにサンヨーとかの4セル高速充電器よりでかいよ、2セル用なのに)家で使う分にはまあいいか程度です。

 他にもリチウムイオン系のUSB電源には太陽電池を装備するものが出てきてたりして、なかなか面白かったりします。「単三充電池とUSB」という組み合わせが最も汎用性はあると思うのですが、平型のリチウムイオン電池はやはりニッケル水素と比べると体積あたりのランタイムがはるかにいいので、重要な選択肢の1つかも。って、そういうものが必要になってくると流石に「ちょっと電子デバイス持ち歩きすぎ?;」とか自分を省みるわけですが(笑)。

 USBバスはいよいよIT用の枠を出て家電で利用する品として浸透した感じがします。一度PCを経由していた部分を最近はパスできるようになっているし。ゲーム機に直接デジカメやメモリを繋いで中身を閲覧したり、なんてのがもう普通なので(TVにも普通についてるし)、そもそもPCいるほどじゃなかった用事のためにPCを買う層が減って商売としては苦しいですが面倒は減ってありがたいです(笑)。

 メモリの話に帰結しますがデータキャリアとしてコンパクトなUSBメモリを指紋認証つきで持ち歩く社会システムができれば(また、それに非接触ICカード的なデータ転送機能がつけば)昨年あたり書いた気がしますが医療データを持ち歩くことができて、病気がちな人にとっては「お薬手帳がいらなくなる」という大変なメリットがあったりしますし、旅先で倒れてもある程度安心ですし、そういうのを耐候性に優れたペンダントトップか何かにできれば結構な数の人にとって救いになるのでは、と思います。

 今年期待することはあとはそうだなぁ、電話会社のパケット代が上限ついてもまだまだ高い(フルブラウザ区別無しにして6割引きで妥当だと思いますが)のと、スマートフォンを差別化せずよく言う「ガラパゴスケータイ」にソフトウェアで柔軟に対応してほしいというのが。そういうこともできるようにとディベロッパーキット公開のOS積んでるんだから、キャリアがそれやってくれないと。プッシュ配信重要です、天気予報とかね。

 てな感じで。
 現状すぐに期待しているのはドコモの新型の残りとスマートフォンのiモード対応、そしてソニーがティーザー始めたおそらくネットブックにあたる新型VAIO、省電力で安価なBDプレイヤーが「選択肢生ずるレベルで」各社から発売になることです。

 経済が悪化でなく変化している現状、マーケットが狭まる中状況維持の鍵になるのは求心力ある新デバイスの安価な提案だと思うので、創意工夫で今年も各社に頑張ってほしいです。

|

« ぼけーっとしてたらもう15時間も経過してるよΣ( ̄□ ̄;! | トップページ | 「か、かっこいいレールガンですね(鼻血だらー)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぼけーっとしてたらもう15時間も経過してるよΣ( ̄□ ̄;! | トップページ | 「か、かっこいいレールガンですね(鼻血だらー)」 »