« フィギュアとドールの違いは… | トップページ | TZのHDDが飛んだ模様。 »

2009年1月25日 (日)

音で遊んでみませんか?

 相変わらずソニーは凄い敷居の下げ方(笑)。

関連リンク: リニアPCM録音対応により高音質録音を実現 MP3録音にも対応したICレコーダー | プレスリリース | ソニー.

 昨年…いやもう一昨年になるのかなぁ、やっぱりソニーが、リニアPCMレコーダーの価格をがっつり下げて話題になりましたよね。あの頃今使ってるUX80(MP3録音のICレコーダー)買ったのでなんとなく覚えてますが。音響系で遊んでる人たちの間で随分話題になってました。

 そして今年、とうとうICレコーダーにリニアPCM録音の機能がついてしまいました;(リニアPCM=ようするに無圧縮記録ね)いや、UX80でも相当綺麗な録音ができてたので、内蔵マイクも問題ないしアリだとは思うんですが、それでもまあ微調整やマイクの向き調整できないとはいえリニアPCMレコーダーと言われるものの廉価機のさらに半額ですよ;

 ICレコーダーというと会議録音とか、という印象を持つ人がいまだに多いと思います。内蔵マイクも声が聞き取れればいいやみたいな感じだろうと。実はそうではありません。最近のは相当明瞭に録音してくれます。価格あたりのマイクの質は随分上がってるんでしょう。今回のICD-SX900/SX800は、明確に「音楽の生録り」を用途に謳っています。マイクの向きさえ気に入れば気張ったリニアPCMでなくていいということ。スタジオ録りとかはこれで十分かもです。安いよー;デモテープならぬデモCD作るとこ、データロス無しでそのままCD化ですもん。環境音とかもCD提供の素材とデータ上は同レベル。

 マイクの精度がどの程度かはまだ試してないので不明ですが、音楽記録を謳わなかったUX80が良かったくらいなので多分大丈夫ではと。ステレオの他にもう1つ、指向性マイクを備えているので、ステレオで場の音を捉えるだけでなく特定の音響だけを捕まえることもできます。内部処理の方でも全域聞こえた方がいい音楽といらない周波数帯をカットしたい会議では記録周波数帯とその感度が違うそうです。よくできてます。

 記録周波数帯は50~20,000Hz。上が物足りないという人もいるかもですが、一般的なカナル型イヤホンが再生できる周波数帯とほぼ一致です。単四2本稼働ですが、入ってる電池が最初からニッケル水素で、USBバスパワー充電が最近のソニー機らしく可能です。

 気張ってリニアPCM使わなくてもUXシリーズのようにMP3録音もできますし、さらに会議向け長時間用のソニー独自フォーマットも選べます。再生だけならWMAもOKなので、ちょっとしたサウンドプレイヤーとしても使えます。容量の半分くらい音楽入れておいて、普段はそれ聴いてて、録りたい音に遭遇した時に残りの容量を使う、でも相当面白い使い回しになると思います。

 デジカメが普及して映像的な経験を切り取る文化が当たり前になりましたが、音の方はまだまだですよね。動画は動画でわりと大袈裟だし、何より手間だし。(ずっとフレーミングしていないといけないから)
 録音は思いのほか手軽です。この手のレコーダーって小さいですし。

 そんなわけで「音のスナップ」をしてみることをワタクシ的にはオススメしますし、そのためにはこれ買っとけば問題なし、という感じです。ウインドスクリーンまでついてるんで(笑)、風のぼふぼふ言う音も防げます。普段歩いてる駅を普段通りに歩いて電車に乗るまでとか、海に行ってただ放置して波音を1時間とか、そういうのを後で聴くだけでも音が記憶を反芻してくれて目の前に情景がよみがえります。映像で見るよりむしろ記憶の中で美化されるかもと(笑)。

 フォーマットによりますがMP3のステレオ高音質モードで48時間ほど録音できますので(SX900)、あとは電池さえ持てば(公称でMP3だと17時間)ほぼまるまる1日の行動を明瞭な音質で記録できてしまいます。たぶんファイルサイズ上2GBで1回切るんじゃないかと思いますが;、もともと1時間おきに切った方が時系列整理しやすいんでそれは構わないかなと。

 意外な音の拾い物があるかもしれませんよ?

 お値段はソニスタで24,800円(SX900、4GBモデル)。クーポンありでソニーファイナンス系カード払いだと21,651円くらいまで下がりますな。2GBモデルでも十分使い物にはなると思いますが、やっぱりリニアPCMは容量食うので、5,000円出して4GBにしておくべきだと思います。(SX800は19,800円)

 にしてもPCM-D50(ガチなリニアPCMレコーダー)が59,800円で出た時もかなりびっくりしたもんでしたが(スタパ氏がものすごいはしゃいでましたよね、当時)今度は半額以下かぁ;うんまぁ、見た目の本気度とか実際の機能にやはり差はあるし、同じリニアPCMでもあっち(D50)は記録密度がずっと上なので(何せDATより音がいい)、あちらの優位性も変わらないのだけど、多くの人にとってはオーバースペックですからねぇ。

 ちなみに「リニアPCMでなくてもいいよ、MP3で十分」って人なら、私が使ってるICD-UX80の後継のUX81、そしてその4GBモデルのUX91が発売中です。こちらは91で19,800円からの5,000円刻み。このシリーズ再生機能は難儀ですが再生エンジン自体の出来は凄くいいので(例えばギガビートとかよりはずっと再生音質いいよ)そっちの用途でもオススメです。

 たぶんSX900もですが、この手の最近のICレコーダーはキャップ外せばUSB端子出てきてそのままPCに刺さるので、扱いらくちんです。

 デジカメに飽きてきてるなら、今度は音で(笑)。どうでしょ?

|

« フィギュアとドールの違いは… | トップページ | TZのHDDが飛んだ模様。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィギュアとドールの違いは… | トップページ | TZのHDDが飛んだ模様。 »