« 寝るときの防寒対策 (今日のテーマ) | トップページ | 12月05日のココロ日記(BlogPet) »

2008年12月 5日 (金)

時代に逆行する度胸。

 新型Z見てきましたです。
 もうこれでもかというくらい240Zでした(笑)。意識しすぎ感あるほどに。
 でもこれが凄く格好いい。日本市場をあまり考えないというか、アメリカンチューニングの様式美を日本に持ち込もうとしてる感じがホイールあたりからひしひしと。あれはいいですね。キャラクターに合ってるわけだし。

 久しぶりに出た紛れもない「スポーツカー」のように思います。あんだけ走行性能追求したGT-Rすら今回のZほど「パフォーマンスのためにユーティリティを犠牲にする」はできてないですから。GT-Rは名前が示す通り所詮はグランドツーリングとゆーことで。で、その犠牲っぷりがすげぇのですよZは(笑)。とりあえず薄いラゲッジの中にどかんどかんと2つ、サスペンションのハウジング部分(名前なんてのかな)がもう使い勝手完全無視で飛び出してるし、わざと見せている車内のパフォーマンスロッドの下、トランク側からしか見えない部分にさらに横軸の補強ががっちり入ってます。ちょうどドアの後端付近から横に渡しが強烈に差し込んである、という設計で、剛性ものすごく高そうです。つか、ハッチ開口部があれだけ大きくても平気なとこ見ると、最初からコンバーチブル作るつもりで設計してありますね、あれ。

 面白かったのは外装の分割。あんなにでかい単体のリヤバンパー部品初めて見たよ(笑)。で、前後左右フェンダーの4枚、ドアの3枚、屋根、ボンネット、フロントバンパーと、凄く少ない区切りでフォルム出ししてあるんですな。屋根のスラントが美しいのと、リヤフェンダーの張り出しがもう(笑)。マッスルカー王国アメリカにも吊るしでここまでのはねえよって感じです(笑)。今回のは北米売れるだろうなー。

 内装は完全に2シーターで、S2000みたいな窮屈さはないけど、2+2を目指して設計された車よりは明らかにタイト。新型の7AT仕様をいじってきましたが、パドルシフトの大きさと右+左-の設定やらペダルまわりやら練られてて、操作性は凄く良さそう。で、カーウイングスのコンソールとその上の3連メーター(わりとなんちゃって装備だけどねw)の見栄えのバランスがいいのと、メータークラスターが明らかにGT-Rより視認性デザイン共に優れてるというのがあって。特にメータークラスターは偉いです。コラムについてるんで、チルトステアするとメーターもチルト追従します。これは思わず声出して喜んだなぁ。

 エンジンルームは先代ともどもきっつきつ。補機類追加は今回も難しいと思います。

 車として見ると、今このご時世で10・15モードで10行かないハイオク指定(しかも72Lも入る)ってのはまず何か間違いなく吹っ切れてるし(笑)、パフォーマンスと様式美の2点に豪快に絞り込んで使い勝手考えてないとことかもう最高に唯我独尊で素晴らしいです。ドア後ろの三角窓なんて視界に全く貢献しなくて、あれはもう完全に240に似せるためだけにあるアッセンブリだけど、そういうとこがまたそそりますよ。たぶん「私らは最新のZを出したかった。それだけだ」って志があったんじゃないかなと。その方向性ってGMにおけるコルベット(ファンが認めないと発売できない可能性もあるという恐ろしい発表会を毎度くぐり抜けてるそうでw)にあたるんだろうなぁと思いました。

 ちょっと重いけどあの車格で1.5tなら頑張ったと思います。7ATパドルシフト選ぶと重量税区分上になっちゃうけど、6MTなら1.5tまでに収まります。確か初回登録時の額で2万くらい違うんだったかな。その6MTがちょっと面白くて、ツインクラッチ系2ペダルMTでやってるシフトダウン時のレブ合わせをHゲートの3ペダルにつけた、という「その発想は無かったよ」的なおまけがあって。そういうのつけると下手になるとか言ってる奴からクラッチ焼いたりするもんなので(笑)、長持ちさせる意味で素直にいい装備だと思いました。たぶんキャンセルもできると思うし。

 スカイラインもだけど、Zの価格帯は既にアウディTT並みまで来てて、ラインナップが妙にバブリーでびっくりです。ぜんぜん市況に合ってない気がするんですが、実は販売実績聞いたら意外と良くて。堕落した時期に作った車本当に酷かったけど、最近の日産はあれだなぁ、リコール騒ぎ後の三菱みたいな頑張りを感じます。よくなってきてるよ。

 営業さんがエクストレイルのクリーンディーゼルを凄く気に入ってるみたいで、お時間ある時是非乗りにいらして下さい!って仰ってたのが印象的でした。自分とこの商品を好きだって言い切れるのは営業として大事だし、そういう人を雇ってるというのは会社冥利に尽きるんではと。同じお店に2~3年前行った時と活気がぜんぜん違いました。やっぱOEMでも軽入れて「売ってる」って実感作ったのは「販売店のため」にはいいことなんでしょうね。日産という会社としては大人げない印象だったんですが、よく考えたらあれは日産とは別会社である各ディーラーへの配慮なんだなと。広く浅くではなく得意分野を徹底的にやって、弱いとこはOEMで埋める、まあ体裁と言ってしまえばそれまでだけど、ディーラーさんが減るのは整備拠点が減るってことだから、ディーラーを守るのは広義でユーザーを守ることなんですな。なるほど、と。

 ああそうそう、キューブも見てきました。面白いよあれ(笑)。ドアすげーでかいの。側面から見るとドアが2枚あるだけに見える、ボンネット部以外は(笑)。上下ほんとギリギリまでドア。で、開けると中にはなんかソファーがあってですね(笑)。シートのテクスチャ闇雲に高級感あるし、ダッシュボードまわりの設計も凄くまとまりいいし、あとフロントウインドウまでの距離感に微妙に余裕あって感覚的に広い。リヤ開けてみるとシートが結構後ろなんでラゲッジ大丈夫?って思うんだけど、あの横開きの素敵ドアを開けると意外やラゲッジは十分に広い。ミッションがCVTなのがちょい不安だけど、なるほど世界戦略車だなぁと。あれは外人乗れるよ(笑)。身長2m近い人でも多分くつろげるわ。
 ただ、セグメント上がったって営業さんは嘆いてた(笑)。プラットフォームもディーラーに来てる範囲では専用新設計って話だったそうです(こゆの、あとで真相知れることあるんであまりアテにならないんだけどね。もしかしたらルーテシア3からかも)。逆bB現象みたいな?てゆうかこれが今のまっとーなモデルチェンジか。大型化は。

 エンジンがテンゴでCVT。トルク乖離の有無は車体重量にかかってるかな。これもあとで乗せて貰うことにしました。冬タイヤ入れたので雪の日でも試乗歓迎だそうなので(笑)。

 続きちょこっとGT-Rの話ですが、折り畳みます。

 さてさて、今回のGT-Rは一応どこの日産でも売ってますが、メンテナンス拠点はごく限られるのだそうです。(ルノーの店舗数の倍程度しかないみたい。とりあえず岩手だと何か整備するなら県北なら沿岸でも盛岡来ないといけないとか)

 で、びっくりしたんですが、部品に触ると整備データとしてロギングされて機能ロックかかるのは有名ですが、なんとタイヤセット交換というか、タイヤ外すのもその対象だそうで、ようはスタッドレスに履き替えるのに田舎のオーナーさんは長距離移動しないといけないという「ちょっと待て;」ってな仕様らしいです。

 ちなみに事故っちゃって板金となると事態はさらにややこしく、岩手には修理拠点が無いそうです;最寄りで仙台。ポルシェでさえディーラーないのに岩手で直せるのに!(笑)思った以上どころか想像のはるか上を行くがんじがらめっぷりで、実用時の雰囲気同様「車が主」ってな感じで私は好きになれなかったなー。

 その点今回のZはCANに干渉しない程度のモディファイならディーラーベースで十分できるしショップでもOKなので、プライベーターさんが競技やるにはいいのかなと思ったりしました。ただ、ちょっとあのユーティリティで400万超えは購入に度胸いりますよね(笑)。
 輸入車買うより度胸要る日本車ってのもある意味凄いかも。私だと日産ならスカイラインにひよっちゃいそうです。そうそう、面白い話を聞いたんですが、今回のスカイラインって歴代スカイラインの中で一番売れてるんだそうです。既に過去の全ての世代の販売台数抜いてるそうで、それで今回Zの発表と同時にマイナー入れましたから、まだ伸びるっぽいです。「あれがスカイラインになったんだなぁ」とちょっと感慨深いですよ。出来はいいですし特にクーペのデザインは秀逸ですから、R32あたりとの違和感にこだわるのはもうやめてあげるべきなのかも。

 それにしても思い切りと様式美を守り抜くZのコンセプトは胸を打つ物があるなぁ。日本車ではもう他にはマツダロードスターくらいしか残っていないかも。Zの場合は、ずっと歴史があるわけで、さらにキープコンセプトは困難な筈なんですが。「基本アメ車だから成せること」とはいえ(最も売れたスポーツカーって定義の中で未だ首位でしたっけ?ミアータに抜かれた?>Z)それでもこの「執念」には驚きます。内容が伴っているのもまた素晴らしいですしね。ただ真似てはいないところが。

 新型フェアレディZはカタログがまた豪華で;輸入車でもここまでやんねえよって思わず笑っちゃったんですが、あれが書籍だとして書店で買えば普通に1500円以上するはずです。今なら気持ちよく手渡ししてもらえるはずなので、欲しい人はディーラーへゴー。

|

« 寝るときの防寒対策 (今日のテーマ) | トップページ | 12月05日のココロ日記(BlogPet) »

コメント

一応念のため(^-^;
スカイラインが売れているっていうのは、あくまで海外のインフィニティG35/37のことですよね。
国内の"スカイライン"に限るなら、かつてのケンメリあたりの時代と較べると10分の1程度しか売れてないですし。

あと、ミアータはオープンカーとしての最多販売台数記録で、累計80万台程度なので、スポーツカーとしてのくくりだとZには全然追いつかないですな。
Zはとりあえず短くしたのは偉い

投稿: しろなの | 2008年12月 9日 (火) 23時39分

さあ…日産の社内報はルノー込みのワールドワイドなんですかね(笑)。
私は「スカイライン」と営業さんに明言されましたが。

いまだZですか…もう永久に抜けないんだろうなぁ。日産もあとには引けないんだろうなぁ(笑)。

投稿: ぬまにゃん | 2008年12月10日 (水) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寝るときの防寒対策 (今日のテーマ) | トップページ | 12月05日のココロ日記(BlogPet) »