« コミケ上京前に毎度大変な思いをすること。 | トップページ | 寒すぎ。 »

2008年12月26日 (金)

なんか今年回収騒ぎに巻き込まれまくりだヨ?(笑)

 結局代替えしちゃったキヤノンのPowerShotS1ISのCCD交換に始まって、実害ないのでスルーしてるVAIOのTZに続き、今度はポケパワーですって;(松下の電池駆動USBバスパワー電源ね>ポケパワー)

 結構便利なデバイスであることは過去のエントリに書いたかと思いますが(後発の商品としてエネループモバイルブースターがあります)、なんでも内部の異常発熱による溶融が起きるとかで。それ絶対使い方おかしくない?;とTZの時と全く同じ感想を抱きつつ、ノートラブルのまま結局回収されることになりました。新型に更新されるので結構オイシイです。(理由は後述)

 何やら妙に急ぎなようで、ネットでエントリーした上で「そういや居ない間に回収に来られても困るかも」と思って電話で日付調整できないか相談したら「申し訳ありません、こちらもばたばたしております上、一刻も早くという意向ですので、ご協力をお願いします」とのことでした。むぅ。確かに使ってて結構暖かくなるなぁ、エネループカイロがいらないなぁとは思ってましたが(笑)、そこまで悪い状況なのか、と。

 で、「周辺機器類は不要でしたらお預け下さい、もし紛失等ございましても回収は本体のみで結構です。添付の充電池は問題ありませんのでよろしければ継続してお使い下さい」とのこと。クレイドルどっかやっちゃったので助かりました(笑)。出発前の忙しいとこ荷物堀したくなかったしね。

 というわけで、うち一時Amazonのオススメ商品としてポケパワーBQ600シリーズを掲示していたことがあるのでアフターケアです。店舗購入した方には通知が行ってないと思いますが、そんなわけでパナソニックさんは回収&代替品送付の意向だそうですので、お持ちの方はパナソニックさんのホームページをチェックしてみて下さい。

 おいしかった理由は折り畳みの後(笑)。

 モニターテスト後(市価より高い実費で先行利用だったので、モニターとはいえ得はしてません)のアンケートで、実はたった2本の単三ニッケル水素電池で動くという昇圧能力と安定化機能を絶賛したものの、クレイドルから充電という場所取りでめんどくさい仕様を酷評してたのです。「どうしてUSB給電するデバイスがUSBで充電できんのよ」と。だもんでうちではBQ600は電池を取り出して直接充電するやり方で運用してました。

 代替で送られてくる新型、BQ-PP10KはUSBバスパワー充電がデフォルトだそうです。使っている電池はBQ600と一緒でエボルタ。パナ版エネループですな。2000mAhの自然放電なし電圧安定型電池。で、充電手段がクレイドルでなくなったので、バスパワー取れない環境の人のために単三2本用の充電器BQ-321をおまけで付けてくれるそうです。充電機能を内包したので少しだけ大きくなりましたとの説明を受けましたが、そのへんは届いてからのお楽しみです。電池駆動デバイスがUSBバスパワーで充電できる=デバイス自体が電池の充電器になる、なので、単三電池を多用する局面で意外と役立ちそうです。

 幸いにしてTZはUSBバスの給電容量がでかく、パナのDVD-RAMをACアダプターやエクステンドコネクタなしで単発端子でドライブできるので、ホテル滞在中は充電し放題です。(宿泊先で使うために持ち歩いてるタップはコンセント×2+USB電源×1+携帯電話電源×1というお化けタップですが(笑)、チャージはTZでやった方が早いです)問題は今や手に入らないニンテンドーDS初期型用USBチャージケーブルをなくしちゃったことですが(/_;)。携帯電話とかソリッドオーディオくらいしか充電できない…今回はPSP持っていかないので。DS持ってってPSZero三昧の予定。

 まあ、HT-01A導入の暁には存分に役に立つのでしょう(笑)。

 それにしてもまぁ。よりによって長期外出の時に外出道具のリコールがかかるとは、ですね;

|

« コミケ上京前に毎度大変な思いをすること。 | トップページ | 寒すぎ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コミケ上京前に毎度大変な思いをすること。 | トップページ | 寒すぎ。 »