« 治らないタイプの馬鹿な子と、教育者の母。 | トップページ | コモンスキルは我慢と空元気と自己欺瞞。 »

2008年12月23日 (火)

総ナメする人が出てきたらいいのに!

コネタマ参加中: ノーベル賞、あなたなら誰にあげますか?

 今のところあげたい人っていないです。現行枠にあてはまるに相応しい行いはどんなもんかというのを考えてみます。

 まず、物理/化学/医学・生理学賞は、前々から言ってる通り体脂肪をナノマシンなどで外部に別エネルギー(それは物質でもいいし、直接的なもの…電気などでもいい)として取り出せる仕組みを作った人にあげるべきです。多少メタボな方が長生きと言いますが、それ科学的根拠よりむしろ「我慢しないことによる精神的高揚感由来の免疫力向上」だと思うので、脂身落とせた方が重たい身体を階段でぷよんぷよん揺らして膝だの腰だの痛い言うよりずっといいと思います。最近膝痛いんでなおさら思います(笑)。

 で、その仕組みで作り出されたエネルギーを社会的に還元し経済の仕組みを刷新する仕組みを構築する(飽食がもはや文化になった国ではその飽食が無駄にならなく結果的に食品市場、ひいてはエネルギー源供給のための第一次産業の活性化、発生したエネルギー応用による第二次・三次産業の活性化を完全にシステム化する)ことで経済学賞を取ります。また、そのヴィジョンを啓発するためにそのシステムの延長線上に出来上がるであろう社会で生まれるドラマをSF小説として書くことで文学賞を取ります。

 そして無事システムが構築され、それぞれの産業が人という蓄電池をベースに成り立つようになることで、今までロスになっていた分の支出分を発案者への特許料的なシステムとしてほんのわずかずつ集め、それを貧困や紛争に悩む地域への支援、そしてゆくゆくは同様のシステムの世界全体への組み込みを目指すための資金とする基金を設立して平和賞を取ります。

 かくして、脱メタボから始まった研究にちょっとしたスパイスを加えて最終的に世界平和にまで繋がり、順番は前後するかもしれませんがノーベル賞をも総取りという人生が完成するのです。
 私たちが今からやろうとしても無理ですから、勉強熱心な小さいお子さんをお持ちの親御さんはあなたがお墓に入る前にそれを見届けられるよう、それとなくお子さんを導いてみてはいかがでしょうか(笑)。

 あぁでも、体脂肪の外部エネルギー変換は明日にでも発表になってほしいですいや本当に;おまけで胆石を何らかの特殊な化学反応の根源物質として応用して、全く新しい何かを生み出すとこまでやってくれたら、私の身体はすっきりです(笑)。

 と、ここで今回のコネタマのテーマに繋がるわけですが、受賞該当者にノーベル○○賞と新しいプライズ名もつけてあげましょうということらしいので、この近い将来登場が期待されるノーベル賞総ナメ予定の偉大なメタボ学者様には「ノーベルすっきり賞」もおまけでつけちゃうことにします。

 なお、この研究で女性の出っぱってほしいとこだけ体脂肪変換から除外するシステムを二次的に構築した学者さんには「ノーベルパーツフェチ賞」をあげます。これがないと完成しない気がしますよ!美しい女性は人類の宝ですよ!(笑)

 農畜産業や栽培漁業が需要の都合活性化するでしょうから、一次産業がスタイリッシュな職業になる日も来るかもしれません。そして皆でおいしいものをたらふく食べてそれで社会貢献しつつ、女の子はふかふかでだっこすると幸せーみたいな。それどんだけ天国だ!という感じです。ヒャッホゥ!

 

 まあ現実的なところでは高々度に常駐して温室効果ガスをどんどん吸収してそれを物質変換して、太陽光と吸収した物質だけでえんえん地球の温暖化を食い止め、大気環境を産業革命前まで逆行させられるプラントを開発した人がノーベル救世主賞あたり取るのが、今すぐにでもあってほしいことではありますねー。

 その後に砂漠の緑化の簡素化高速化を一度に成し遂げる研究をした人にノーベルドルイド賞を。

 この星が安心して住める星であり続けることに貢献した人に賞をあげたいです。

|

« 治らないタイプの馬鹿な子と、教育者の母。 | トップページ | コモンスキルは我慢と空元気と自己欺瞞。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 治らないタイプの馬鹿な子と、教育者の母。 | トップページ | コモンスキルは我慢と空元気と自己欺瞞。 »