« この際カロリーの話は言いっこなしだ(笑)。 | トップページ | 治らないタイプの馬鹿な子と、教育者の母。 »

2008年12月22日 (月)

不幸中の幸いとは本当によく言ったもので;

 冬タイヤにした翌々日に大雪に見舞われて大ラッキー!とビデオカメラをビートに乗っけてインカー映像を撮っていた時のことです。

 普通に未除雪の道路だと思って右折した先、一瞬後にガスッ!と嫌な音が。
 やられました;完全にフラットになっていた(吹雪いてたんです)雪の中に、なんと歩道との区切りの縁石。乗っかってしまって、完全に後輪は空転。普通の車ならつかない地上高ですが、なにせビートです;ものの見事に左2輪浮きました;;

 いやぁ、油断したなぁ。なんというお馬鹿さんと自嘲気味に思っていたところ、まず目の前にあるスーパーの従業員の方が携帯電話を貸して下さって、自宅に連絡が取れました。(ジョイス月ヶ丘店の該当する店員さん、本当にありがとうございます)

 とりあえずうちに救援を求めたのですが、そこに犬の散歩で通りかかったお姉さんと一緒に散歩していたおじさんが。定番通り前から押してみましたが流石乗り上げてるだけあってびくともせず。事情を察したおじさんがフロアジャッキと木の板を持ってきて下さって、前輪と後輪それぞれの下に敷いてくれました。なんとかほんの2センチばかり縁石から浮かせることができて、そこからバックで脱出できました。その作業の間にも、パジェロミニに乗ったお兄さんがわざわざ止まって下さって、牽引ロープを出して下さったんですが、リヤ側に牽引場所がなくお気持ちだけ。

 そのおじさんは現場から本当に近くに住んでらっしゃる方だとわかり、納屋から道具を出していただけたお陰で助かりました。とんでもなくラッキーとしか言いようがないです;本来なら街中スタックなんかしたら間違いなくJAFですし、同じようなどころかもっとド派手な事故を起こしてるドライバーにこういう日はJAFかかりっきりですから。

 後で(雪が止んだら・苦笑)あらためて菓子折抱えてお礼をしに伺うつもりです。いやほんと、普通ああなったらこんな簡単に帰って来られませんて。人情が身に染みました。

 ちなみにスタックする瞬間はものの見事にビデオで記録してあります(苦笑)。自戒の念を込めて後で公開予定です。

 車の方ですが、家に戻ってすぐにフロントからフロアジャッキで上げてみてライト使ってチェックしたところ、不思議なことに目立った傷はありませんでした。縁石の上には錆色の線(おそらくこれは左の牽引フック下です)と黒の幅1センチほどの線(たぶんボディ下の何処かの塗装ですが、接触場所がわかりませんでした…)がありました。雪がクッションになったお陰でそう派手に擦らなかったのだとは思いますが、どこかは確実に擦ってるので、あとで工場入れて底面見てもらいます。駆動系までは刺さらなかったのも幸運でしたが、万が一ということもありますから、雪が止んだら;ちょっとリヤ側からもジャッキアップしてみるつもりです。オイルまわり割れててとかあったらしゃれにならない;あるいは排気系の潰れとか。MRなんで配管が縦軸で完結してますから、何かが干渉した可能性は幸い低いですが。

 とりあえず教訓として。

「慣れないコーナーでは道のど真ん中に入る」方向で。
 いやー猛烈に懲りた;ご近所なら何処に何あるかわかってるんですが。

 踏んづけてもよくて若干高さがある砂袋と、それ噛ませるためのフロアジャッキも積んでおこうと思います。フロアジャッキは助手席下、砂袋は定番のフロントに。

 でもやっぱり雪道走るのは面白いので、懲りずに;また映像は狙うつもりです。もうちょい広いとこで。交差点を曲がるのに、最初の一瞬しかハンドル切ってない(すぐセンターに戻してる)なんてのはザラなんですよ。カメラがダッシュボード上なので、ステアリングの動きが見えないのが残念ですが。

|

« この際カロリーの話は言いっこなしだ(笑)。 | トップページ | 治らないタイプの馬鹿な子と、教育者の母。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この際カロリーの話は言いっこなしだ(笑)。 | トップページ | 治らないタイプの馬鹿な子と、教育者の母。 »