« 女性から、というのもアリだと凄く思うのですよ。 | トップページ | 好きな曲 (今日のテーマ) »

2008年11月29日 (土)

低周波帯の音源といってもさまざまであるとXB700に教わる。

 AV環境がある自室でのリスニングにはMDR-XD400を、モバイルPCが常駐している寝室にはMDR-XB700を置いているのですが、やっぱりネットに繋がっている機械から出る音はさまざまで、XB700のドライバーが生きてくるシーンの意外性に驚きます。単純にパーカッションからベースのあたりまでがぼんがぼんが鳴ってるイメージがあるかもしれませんが、それはXBのほんの一側面でしかありません。

 単体の楽器が出す音域というのは、ものによりますが意外と広いです。個人的にXB700で聴いて面白かったのはオルゴールの音。金属板を弾いて出す音は高音のイメージがありますが、なかなか深い領域の低音を伴っているのがよくわかります。わかりやすく言うと、オルゴール系のCDを聴いた時になんというか「ディティール感が欠如しているように感じていた」部分が埋まります。大型のオルゴールの収録でも小型オルゴールからのサンプリングでも、なんてのかな、あの金属板が跳ねる振動が、オルゴールのモジュール自体と共振するような感覚で鳴るんですよ。癒しを求めてオルゴール系CDを買ってみた人は、XB700で聴いてみると期待値の音が出るかもしれません。

 あと、個別の楽器でXBが得意とするのはやはりベース系なのですが、意外だったのはその多数あるベースの中でストリングスであるコントラバスが最も素晴らしい響きを持って鳴ったことです。そういうキャラクターのヘッドフォンではないと思っていたので…。まさしく空気が震える感覚で、伸びのある部分で真価が出ます。つま弾くタイプの楽器だと、連続して最大音量が出ないのですが、コントラバスの場合は長く出せるので、より体感できる時間が長いという単純な理由かもしれません。しかし、ウッドベースもですが、ハウジングに響く音までちゃんと鳴りますから、コンセプト通りライブ感という意味で素晴らしいものがあります。

 ピアノの凄さを認識させられるというのも。ラフマニノフのピアノ協奏曲2番とかわざわざ持ってこなくても、鍵盤の左半分をよく使ってる曲だとピアノという楽器の持つポテンシャルに驚かされます。単純に音を出すものではないのだなぁという部分が解像度で伝わる。凄いです。メロキュアのAgapeの最後の部分、ダンパーペダルを離す音までしっかりと。

 あとはやっぱり人の声ですね。複雑な周波数帯の集合体ですが、XB700に限って言えば低音以外の出力/解像度も高いため、よりバランスよく再現されているように感じます。チェンバロのような高音系の楽器にも強いですよ、試すまで信じてもらえなさそうですが;

 とりあえずの試聴曲としてオススメなのは、実はこのブログの右上で暮らしている珠小梅がお迎えで歌ってくれる『EXEC_PHANTASMAGORIA/.』と、リクエストすると歌ってくれる『EXEC_RE=NATION/.』です。お持ちの方はお試しあれ。

 普通にこの価格帯のヘッドフォンとして買って損のない1本だとわかると思います。

|

« 女性から、というのもアリだと凄く思うのですよ。 | トップページ | 好きな曲 (今日のテーマ) »

コメント

今度上京するとき可能なら持ってきてほしいな。

で、MDR-CD900STと比べてみましょうw

投稿: サチ | 2008年11月30日 (日) 00時31分

みくしでその話してた時返事しなかったのにちゃんと理由があってですね。

でかすぎる(笑)

音漏れひどいんでかけといても使えないし、かけないで首前にまわすとむち打ちの患者さん状態で顎上がっちゃうほどパッドでかいんですよ;かばんには余裕ないですしねー。

あんま期待せず(笑)

投稿: ぬまにゃん | 2008年11月30日 (日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女性から、というのもアリだと凄く思うのですよ。 | トップページ | 好きな曲 (今日のテーマ) »