« 10月第4週の検索ワード(後編) | トップページ | スポーツ観戦 (今日のテーマ) »

2008年11月 1日 (土)

リビングのTVだと、自室で見ない番組も不意に見る。

 やっぱり大きいTVにしてよかった。

 遅い朝食を食べながら、BSジャパンの「キヤノン プレミアムアーカイブス 写真家たちの日本紀行」を見ていたのですが、野町和嘉さんが撮られる写真、特に人物の写真が素晴らしくて。高知のお遍路さんの写真を撮っていたのですが、普通の人たちの笑顔の素晴らしいこと。

 スポンサーがキヤノンなのでEOS50DのCMが入ってて、そのCMで「こりゃ動画でないと映えない景色でしょ;」って思ったシーンがあって微妙にしらけた後だったんですが、なんか人が本当に明るい気持ちでいい笑顔で笑っている瞬間を綺麗に切り取ってあって。動から静を切り抜く「写真」というものの本質を見る思いでした。

 で、これがまたハイビジョンだから画面サイズ相当に引き延ばしてプリントしたように見えてしまうわけですよ(笑)。番組中野町さんが使っていたのも50Dでしたが、いいレンズを使いこなしてらっしゃるせいですかね、凄く画が良かった。

 今回初めて見た番組でしたが、番組の最後の最後でその回を担当した写真家さんが1枚だけ選んだ「未来に残したい情景」を紹介して終わります。

 お遍路さんを長年支えてきた木賃宿を昔営んでいたお宅のご夫婦が、昔の宿帳や資料を披露しながら笑顔でその歴史を話す、時代の生き証人としての姿を野町さんは選んでいました。

 状況は違いますが、私も毎年北海道まで行ってしていることは、生き証人の皆さんから真実を聞き、それを記憶・記録することです。誰しもその生涯に幕は下ります。その前に本当のことを聞いておきたいという気持ちは凄く切実です。でも、その当事者の皆さんが過去を笑顔で話して下さると、とても安心します。特に私の件は状況としてよくないことの口伝となるわけですから、お話をされる方の心中も大変複雑な筈です。でも皆さん喜んで笑顔で話して下さる。この国が歪めた、国にとって不利益な情報でも、包み隠さず。

 その事を思い出して、笑顔の老夫婦の写真に私が出会ってきた「元島民の皆さん」の笑顔が思い出されて、涙が出ました。

 これからはもっと人を撮ろうと思います、その人を忘れないために。

 

 なんか、凄くいい番組でしたよ。土曜の夜が本放送で再放送が土曜の午前中です。

 自室だと番組決めて構えて見ちゃいますが、食事しながら流し見する番組にもいいものはたくさんあるのでしょうね、たぶん。あとやっぱりハイビジョンってすごい(笑)。

|

« 10月第4週の検索ワード(後編) | トップページ | スポーツ観戦 (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月第4週の検索ワード(後編) | トップページ | スポーツ観戦 (今日のテーマ) »