« イメージ調査 大分編 (今日のテーマ) | トップページ | 命名しました (今日のテーマ) »

2008年11月24日 (月)

これが本当の「バラードスポーツの末裔」かもね。

関連リンク: 3ドア版「ホンダ・シビック・タイプR」日本で来春発売.(WebCG)

 版って(笑)。せめて仕様とかにならなかったかな。>二玄社

 というわけで逆輸入検索が非常に多い日本未発売の日本車が昨今多い中、過去最大の検索数を誇った1台がついに正式上陸決定です。

 日本仕様のTypeRは元のデザインのロー&ワイドさにものすごいエアダムというデザインもあって獅子のイメージがありますが、こちらはなんというか獲物を狙う豹のようなイメージがあります。日本仕様が機能に徹したデザインなのに対し、こちらは先にデザインありき、という印象です。伝統的に、欧州仕様のTypeRは名前に反してツアラー的側面が若干強く、日本仕様と比べると穏やかという評価です。たぶんこれもそうなのでしょう。しかし!上から下まで全部パーフェクトスタイルな欧州版シビックが入手できるとあればスペックなんざ問題じゃねぇですぅ!(何故翠化>私)

 スポーツモデルは3ドアであるべきという理想を叶えつつ、アグレッシブなフロントに負けないド派手なリア。これがTypeRだけでないのだから思わず文化の差を嘆きますが(ディーゼルモデルが相当いいらしいので)、とにかく紛う事なきFFのNA最強のホットハッチであり、スペックで負けてもデザインで負けることが恒久的に無さそうな車です。個性的すぎる(笑)。

 で、リヤセクション見ると、リヤウインドウの斜面から垂直への分割というハイブリッドで顕著な例の空力処理をやってます。境にスポイラー入れてるあたり、明らかにCR-Xを意識したものだと思います。

 来年CR-Zが出ますから、それが後継となる筈なのですが、こちらをCR-Xファイナルと位置づけるのもホンダ的にアリなのでは、と思います。このクラスの普通のガソリンエンジンでやる最後のやんちゃなのかもしれないなぁ…と思ったりもしますね。

 お高い車なのでしょうけど、まさか来ると思わなかったのでCR-Zとだいぶ迷っちゃってる私がいます。

 とりあえず言霊を我が身に!
 この車が出るまでに十分な額の現金を入手する!サッカーくじなりロト6なりなんでもいいから!

 いやもうほんと惚れ惚れしちゃってます。セダンのシビックも好きですが、並べられちゃうとね、もうね(笑)。こっちでしょう。

|

« イメージ調査 大分編 (今日のテーマ) | トップページ | 命名しました (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イメージ調査 大分編 (今日のテーマ) | トップページ | 命名しました (今日のテーマ) »