« 小山力也さんの声が聞こえる。 | トップページ | XB700のイヤーパッドがでかくて驚愕。 »

2008年11月 5日 (水)

あかん、やっぱり消去法や;

関連リンク: 【速報】2008-2009 COTY 10ベストカーを選出 | Response..

 タイトルは植田佳奈さんの声で。

 10位の得票が被って正確には11ベストだそうで。で、CCC以上に絞り込みが入ったことで露骨に「下り坂」空気が見えてしまって。
 順不同って書いてるけど一番上にiQ持ってきてるあたりで狙いはわりと見え見え。でも実際に試乗会後に投票となって、去年から廃止されたはずの怪しげなパーティーが無いなら、もしかしたらCOTYではiQ来ないんじゃないかと。

 で、「明確にいい一台を選べない年」である以上、できることは消去法になるわけで。だいたい、試乗会直前にやったって、タントとXFを試乗で比較するのは無意味だし。なんとなく各賞(輸入、技術、楽しみ、価格価値)は出来レースくさいけど、大賞はほんとにわかんない。

 私は今年の車あまり乗ってないんでほんっとーに先入観だけど、11ベスト各車の印象はこんな感じ。

○ダイハツ タント/○スズキ ワゴンR(スティングレー)
 ベストバリューを取る可能性があるかも…と思うけど、選考委員が今の時代をちゃんと把握できているなら、この2台のどちらかが大賞の可能性も十分あると思います。特にワゴンRはデビュー時のセンセーショナルな感覚を久しぶりに取り戻しているあたり、有力かと。漏れた方がベストバリューかなと思いますが…後述。

○スバル エクシーガ
 ちょっとないなぁ。むしろ何で残ったか理解に苦しむ。

○ホンダ フリード
 5シーターモデルと7シーターモデルそれぞれの価値が評価されればベストバリューの線が若干あるけど、エクシーガ同様「そもそも7座もいる?」という線上にあるのもまた事実で、ついでに5シーター確かに荷物いっぱい積めるけど「生活車にあれだけの荷物積載する需要って本当にあるかな」というのもあって。
 正直、Fitがあるから別にいいじゃん、と思うのが。

○マツダ アテンザ
 ベストバリューのダークホース。間違いなく価格あたりの内容は凄いです。凄いんだけど、このクラスが今日本に必要かと問われると…。本来ならモストファンの候補になってほしい車だったけど、残念ながらその水準じゃなかった。前のレベルに達してない。

○日産 GT-R
 モストアドバンスドテクノロジーは出来レース、これ以外新規技術使った車がないので、これで決まり。でも大賞は無理。これに大賞取らせたら、COTY実行委員会はたぶん相当叩かれる。それくらいは選考委員もわかってると思う。

○トヨタ iQ
 一応の大賞候補なんだろうけど、後席が使えない車に白ナンバーの税金を払うことを容認した上で、あの決して安くない価格を許してしまえるもんなの?それほど他に候補ないの?という感じ…ですが、たぶんモストファンこの車では。ショート&ワイドはたぶん街乗り普通に面白いはず。欧州向けの脚そのまま使ってるなら癖も悪くないだろうし。
 でもこれに大賞を取らせるならどう考えてもワゴンRのスティングレーが取れない事に疑問生じるなぁと。投票制だから仕方ないけど。

○シトロエン C5
 ないなー(笑)。ハイドロよりいい感触のサスの車がここ5年で世の中に溢れたから。てゆうか今思ったけど、VWティグアンって今年でしょ?なんでC5が入っててあれが入ってないの?皆ベタ褒めしてたじゃん。

○アウディ A4
 凄いのはわかるけど、ちょっとマンネリ気配かも。完成しちゃってたからね、先代で。あとはスタイルとユーティリティ評価になりそうだけども…とりあえずインポートはこの車とXFで争われるでしょうね。

○ジャガー XF
 完全新規でジャガーが車を出すのはFFのX以来久しぶり。で、Sのポジションに収まる車なので、スポーティーサルーンとして設計されているわけですが…走りがいいのは容易に想像つくの。少し古くなってから乗った先代Sでさえ車両制御はしっかりしていたし、ジャガーのFRの車両制御が素晴らしいのは十分わかってるから。ただ、エンジンが全くエココンシャスでない点、そして車体が重すぎる点(XJよか重い;鉄だからね)。これを今のご時世で容認できるの?というのがあって。
 デザイン等優れていると思うけど、既にある車から価格で妥協するための存在という印象が拭えない。トップグレードに積まれるエンジンはジャガーランドローバーグループのトップである例のV8の4.2Lスパチャー。モンスターエンジンだけどバカ正直にガスガズラーなエンジンでもあるので…そして下級エンジンだと燃費いいかというとジャガーはそうでもないんだよね;
 純粋に走りを評価するか、環境まで考えるかで、A4と分岐する気が。でも本当はA4も決してエココンシャスじゃないし、価格相応の内容かは疑問。安定しすぎてるA4と違って、XFはモストファンを取る可能性を残してるけど。

○フィアット 500
 これ選んだ奴ちょっと頭冷やそうか状態。海外試乗でMT乗ってみた人は評価したかもしれないけど、日本にあるのがデュアロジックだけって時点でこれ単なるデザインカーでしょ。だったらなんでミニクラブマンが入ってないかな?あっちの方がはるかに魅力的だけど。
 とにかくデュアロジックは酷すぎる。この11台の中で間違いなく最低の乗り心地。イヤーカーがそれでいいの?これにモストファンついたら何を持って車が楽しいのか私はわからなくなるな。

 各車のどのグレードを見て選ぶか、またはグレード全体を見るかで全く評価変わると思うのですが、国内で売られるトップグレード同士の比較なら、タントかスティングレー大賞説を私は押します。だってフットスペース見ても常用域での加速見ても乗り味見ても、必要十分以上なんだもの。これらのターボモデルって。軽のターボは燃費が悪い、は単なる俗説だしね。実用燃費は結構いいですもん。CVTしかないターボモデルでも。(MTにすりゃ実用リッター20軽いんだけどね;それをしなかったのが惜しい)

 にしても、言いたくなかったけど言わざるを得ない一言。
「今年はつまんないなぁ:」
 やっぱりモーターショーイヤーでないと駄目かな、あとガソリン安くないと。(今日とうとう盛岡のスタンドが128円台入ったんで、暫定税切れてた時期の値段まで戻ったけど。年初来からガソリンは相当高かったってことですよね。レギュラーがリッター110円切るか切らないかあたりまで落ち着けば、また車も盛り返す可能性あるでしょうけど、暮らすお金は全部同じお財布から出るわけだから、もう大きい車流行らないとは思います。

 結果は11日。さて、どうなりますやら。

|

« 小山力也さんの声が聞こえる。 | トップページ | XB700のイヤーパッドがでかくて驚愕。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小山力也さんの声が聞こえる。 | トップページ | XB700のイヤーパッドがでかくて驚愕。 »