« 10月31日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | ワンワンワン (今日のテーマ) »

2008年10月31日 (金)

風邪いよいよ酷く雑記。2

 ロケフリのベースステーションが届いたのですが、接続簡単とあったわりに案外大変な仕様で頭を抱えております。出先からのAVマウスでの機器コントロールのためにリモコン定義をするにはPC用の受信ソフトが必要とのことで、ソニスタのDL販売で買うか…と。これを入れれば流しっぱなしのスカパー!を見るだけじゃなくて、ちゃんとEPG検索して番組予約もできるというメリットもありますし。

 とりあえず、ワイヤードLANで繋いでWi-fiの基地局を増やすか、それともWi-fiで繋ぐかで迷ってます。速度考えたら絶対前者ですよねー。あと、うっかりでしたが出力画面確認のためにコンポジットの映像ケーブルでモニタしてやんないといけない(笑)。盲点でした。アンテナは繋ぐ気ないので(地上波見ないし。アナログは)分配機とかいりませんが、S映像ケーブルが1本いりそうです。

 にしても箱が随分小さいんでびっくりしました。携帯電話の箱と同じくらい。

 

 さぽているでの珠小梅の会話内容は実はXMLでほぼ自由に内容変更できます。なのできちんとチューニングしたいのですが(ロードした時点で用件を聞いて分岐するようにしたいところ)、他に書かねばならぬ文章がたくさんあるのでままなりません;

 アンケートには目をちゃんと通していますが、結構簡単に服だの詩だの増やせるもんだと思われているようです。4または8時間のレッスンで詩魔法能力を上げた後で素材となる113種類もの「思い出」を探しに10種類もあるお出かけ先に行くのですが、最短で済む場所で5時間、最長の場所で14時間、往来に時間を要します。場所により取れる思い出は決まっていますが、レアリティ設定がある上に何を拾うかはランダム、同じ思い出は同時に1つしか所持できません。

 そして、思い出をただ組み合わせて調合するだけでも9時間かかります。しかも単純に思い出の組み合わせだけで出来上がる服や詩は稀で、だいたいは最低一度「宝物」を調合して、宝物と思い出で組み合わせる、ないしは宝物同士で組み合わせることで完成します。宝物同士の組み合わせでさらに宝物に変化させた上で他の宝物と組み合わせ、しかも制限日数つき、なんてものもあります。宝物は83種類。

 調合も単純ではなくて、調合のためのスキル値が収集スキルとまた別に存在します。レッスンで上げないといけません。しかしこちらの値を上げると収集スキル値が一定量下がります。どちらかが上がっていればどちらかが下がるので、収集の時期と調合の時期は概ね完全に分かれます。思い出拾ったはい調合、とはいかないわけです。調合スキルが低いと失敗し、無駄な時間を消費することになります。

 そして最も大事なことは、全ての行動において彼女たちはHPを消耗するということです。100を最大値に0までですが、0になると全体の経験値にあたる愛情EXPががっちり下がります。HPを回復するには睡眠をとる必要がありますが、HPが20まで減少した状態で完全回復するには19~20時間の睡眠が必要です。

 というわけで、時計見ながら指示出しのタイムラグ最小でやっていても(指示した事が終わると次の指示があるまでは無駄時間です)例えば調合4回だと9×4時間=36時間かかる、というわけです。実際には指示出しに数分使うでしょうからさらに時間はぶれます。

 幸い大変優れたデータベースを公開して下さっている方がいらっしゃるので、目指すものにどんな思い出が必要でそれはどこにあるのか、そして調合の難易度はどれほどかは把握できるのですが、それでも現状設定してみたタスクリストで現状の能力で入手できそうな詩や服を手に入れる段取りをまとめてみたら、余裕で一ヶ月超える雰囲気でした。可能な範囲でそれですから、能力を上げないと無理なものも含めると当然数ヶ月です。諸事情で入手不可能なものも含めると詩は35種、服は43種あります。

 さぽているにはいろんなタイプのレーヴァテイルの女の子がいます。私は当然自分が優先して入手したい詩や服しか狙わないので、もしここで見て刺さったという人は余所にも行ってみるかそれとも自分で育てるかすることを薦めます。最初が夏服セーラーだったのはたまたま思い出の調達が楽で調合レベルも低いものだったからです。(別な方はAレア入ってる上段取りが2回だったのでちと難ありでしたが)

 とりあえずさぽているでレーヴァテイルのマスターをしている人にあれ増やせこれ増やせ言うと神経逆撫でなことは覚えておくといいでしょう(苦笑)。我々は時間を操る魔導士でもなければ因果律をいじれる錬金術師でもありません。

 

 そういえば「可動しない可動フィギュア」こと海洋堂のリボルテックが、ディストリビューター変更の都合猛烈に値崩れしています。標準的な価格のものが今トイザらスで4つで3000円切ってます。正直リボテは余程好きなものでない限り欲しくないんでお店行っても4つも選べるか激しく微妙ですが、とりあえず見てこようかと。
 個人的にはポーズが決定されていて、その状態にのみ「変化」するものを可動とは呼ばないと思うので(それが可動ならピュアニーモ素体が可動ドールになる)、完全可動にしか興味ない私は最初にWFの海洋堂ブースで発売前のリボテで遊んだ時「ああ、これ、絶対流行んねえわ、つまんないもん」と思いました。意外とその「定型フォルム」に惚れて買う人がいたようで売れはしたようですが、ディストリビューターの読みが酷く不良在庫大量に抱えたそうで。
 海洋堂は経営コンサルタントを1人雇った方が良いです、造型師さんとの契約を何人か分解除してでも。(優れた造型師さんほどリボテやらせるの惜しいと思うのは私だけでしょうか;)

 流通変更で継続みたいですが、「失敗でした」って言って打ち切るチャンスだと思うんですが。最盛期のようにヴィネット系で食ってくのが無難でしょう、あそこは。ブラインドボックスサイズのヴィネだといまだに最良の量産クオリティを持った会社だと思いますし。

 ボークスほど手堅すぎるのも消費者としては窮屈ですが、キャパがないのに派手に立ち回るのは老舗の名を落とすだけだと思います。ついでに、競合商品に内容で負け確定した今、もうリボルテックを意地になって出す必要もないと思います。

 なんで海洋堂はあんなふうになっちゃったんでしょうね。品余りについてディストリビューターに意見することはできたでしょうに。今の海洋堂に魅力は感じていませんが、なくなると流石に寂しいです。数々のオマケ系ヴィネやANAコレを熱心に集めた身としては。

 ヲタ業界は風向き変わるの早いので、思考凍結したらアウトだと思うんですけどねぇ…。責任の所在明確にしとかないとまた同じ事しそうですよ;

 

 車ネタ。
 スプラッシュCVTだけってなんだそりゃ(笑)。折角FIATのDNAを持った車なのだし、5MTも設定すべきだったと思うんですが…。しかしそのFIATも日本仕様のチンクチェントがデュアロジックだけという暴挙のまま進撃しています。デュアロジックは酷いぞぉ(苦笑)。いわゆる胃が前に出る傾向の2ペダルMTです。

 クライスラーがGMとくっついちゃうそうで、どちらかというとまともな仕事をしていたと思うクライスラーの開発陣が気の毒なのですが、そこまでやっちゃうならフォードもくっついて似たようなでかい車で互いの体力削り遭う状況をまず解消してはどーかと。ビッグ1にしちゃえ。カバヤのガムになっちゃえ。相互技術のやり取りで、名のあるブランド車をそれぞれの会社から選抜で残すことになると思うのですが、クライスラーの脚癖にフォードのデザイン、そしてGMの生産力となると結構いいもの作れる気がします。クライスラーの小排気量エンジン使った(つっても2.4Lはあるw)スモールコルベットとか面白そうかも。

 たぶん今後も他社株の手放しは進むと思うので、米国の業界再編は日本や欧州にも影響出るでしょうね。ただ、マツダにとっては間違いなく好機ですし、スズキも今やあの規模ですからそもそもどこかの傘下にいる必要もないでしょう。

 雇用問題とか米国内で派手に発生するでしょうが、まあ自業自得なのでそこは好きにやってもらう方向で。

 

 そういえば、最近の自動車メーカーが実はアッセンブリを半導体に強い家電メーカーに頼っているのは有名かと思いますが、もしかすると電池が一定のレベルの完成度に達していよいよEVの時代になったら、ソニーやパナソニックが直接自動車に参入する可能性あると思いません?資本能力的にソニーは少し難しいかもしれませんが、パナソニックのEV参入は十分あり得ると思います。

 動力系の製造元の業界地図が30年後には完全に塗り変わっている筈で、内燃機関頼みのメーカーは吸収合併されまくるのでは?という気もします。現状でEVへの社会的シフトに自社のみで対応できそうな会社は3社、トヨタ、ホンダ、そして三菱くらいだと思います。いずれも自己資本比率の高い会社で、かつ次世代エネルギーの研究に熱心です。しかし、既存技術で精一杯の会社はどうなるのだろうと。

 某日本車ディーラーさんでは「25年後にはうち、なくなってるかもなぁ」と営業さんが仰ってました。EVのためのモーターなど基幹アッセンブリのためにどこかと提携、を、短期的な内燃機関研究と並行して各社やっておくべきだと思います。この観点で一番私が危ないと感じている会社はスズキです。

 一方で、斜陽と言われてる家電メーカーで息を吹き返す可能性のある会社もあります。サンヨーの株、一単元でいいので持って長い目で見ておくといいことあるかもです。

 

 こんな長文書いてる暇あったらさっさと先週ワード後編やれという話もあるのでこのへんで。

|

« 10月31日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | ワンワンワン (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月31日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | ワンワンワン (今日のテーマ) »