« 8月第5週の検索ワード(前編) | トップページ | 宝くじの日 (今日のテーマ) »

2008年9月 1日 (月)

読売もなぁ…支持率見て物言えよ。

関連リンク: 「なぜ、いま」…首相退陣に驚き、失望、戸惑い - 速報 ニュース:@nifty.

 ソース読売です。記事はリンク先どうぞ。
 とりあえず一言。

 国民ですが、驚いてないし失望もしてないし戸惑ってもいません。
(それは自民支持の有権者だけでしょ。国民の何割?それとも与党支持者以外は日本人じゃないとでも言うのかね読売は)

 とりあえず内閣不支持者を非国民呼ばわりの読売新聞に厳重に抗議の意志をここに示しておきます。

 で、個人的展望ですが、今回の件は、
「麻生が首相の座に立つのを見るのは虫酸が走るが、総選挙までの短期間で済むので逆にいいかもしれない」ってとこです。麻生じゃ勝てないのはわかってる。ネトウヨは言うほど多くない。

 もっとも、あの姑息な麻生太郎がそれにノるとも思えないんで、今回は中川の差し金にすんなり座を譲って選挙後に一度野に下った後、さらに次の選挙で政権奪還(どう考えても民主の政権は長続きしないから)した後、安定期に入ってからのこのこ出てくる気もしなくはないが。

 しかし福田さん、何もいいことがないままだったなぁ。安倍の時はヤレヤレと思ったけど、福田さんはちと気の毒だ。本人が言ってる通り、なんでも首相が悪いわけじゃない。現状を作ったのはむしろ霞ヶ関でしょうに。党内の意見もぜんぜんまとまらない上に役立たずの宗教政党の好き放題まで聞かされて。主治医の方と相談の上での決定だったのでは。ゆっくり休んで(しばし政局から離れて)そのうちTVでコメンテーターとして活躍してくれることに期待します。そういうの向いてるタイプだ、あの人は穏やかだから。

 メルトダウンするまで原発を放置して、メルトダウンした時の責任者だけが責められるかのような事態になってるけど、過去に遡って責任追及ってのはすべきことで、自民が取り組むべきなのは「首切り責任逃れ」の悪循環を断ち切って、本来責任を取るべき者に責任を取らせることだと思います。

 さて、立法と行政がケンカ別れ状態だけど、この国もいつまで持つんだか。行政を一度リセットしないと何も変わらないことにとっくに気づいている筈だけど、立法側にそれをやる度胸はあるかな?

 総選挙でそれをブチ上げる政党があれば間違いなくそこが勝つでしょ。昨今の諸問題の責任の所在くらい、皆気づいてる。

 もしそれを履行するなら、当然国家機能は一時的に麻痺する。結構な困難を伴うはず。ただ、現状の先にある確実な「滅び」よりはずっとマシで、滅んでから立て直すほど痛みは伴わないはず。

 選挙でそういう動きがあることに期待しますが、無いだろうなぁ。結局またいつも通りか。

 それでも白票だけは絶対投じてはならない。

|

« 8月第5週の検索ワード(前編) | トップページ | 宝くじの日 (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8月第5週の検索ワード(前編) | トップページ | 宝くじの日 (今日のテーマ) »