« デスクトップ系PC連続変死事件。 | トップページ | 男性声優さん (今日のテーマ) »

2008年9月29日 (月)

歪曲報道はよろしくない。例え相手が誰であれ。

関連リンク: 麻生首相:所信表明で民主攻撃 「政策合意にルールを」 - 毎日jp(毎日新聞).

 法治国家であり犯罪者であっても事実に則った報道をされるべきこの国にあって、これはどうかなと。

 まあ、確かに言ってることはガッタガタ。自分たちがさんざんやってきた数の暴力といえる強行採決ができなくなるなり「ねじれさせるなばかー」と駄々をこねているだけで、明らかに先の選挙の結果を無視してる。まあ言ってみれば状況把握ができていないどころか責任の所在を余所に押しつけてる。愚の骨頂。

 でもね、攻撃ではないよ。間違ったことを言っている。それは確かだけど、太郎ちゃんは自分の主張をいつも通り展開しただけ。むしろ、諸問題に詫び入れまくった姿勢を見て、「ほう、こういう立ち回りもできるか」と少し見直したし。

 言われた。なら、言い返せばいい。それだけのこと。攻撃というのは記者の主観に他ならず、それでは偏向報道と言われても仕方ない。

 中山元国交相(5日でも元がつく=ハクがつく便利なポスト>大臣)と同じことになってしまう。あえて間違える=発言対象に結果的に塩を送るであって、今回の報道の仕方は遠回しに麻生内閣の支援。民主寄りの印象を持たせることで、「何それずるくない?」と思わせることができるから。

 まあ、そんなんでポリシーが揺らぐようでは有権者としては浅はかと言わざるを得ないのだけれど。

 しかし一方で。

 思想言論アフィリエイト渦巻くmixiに相変わらず頭を抱えるけれど(なんかメリットないとあんな厚顔無恥かつ歪んだ情報に支配された発言はどうしたって不可能、しかも意見が偏りすぎ、世論に逆行してる。いくら裏金突っ込んでんだか>あのへん)あれを見て信じる人間も少なからずいるのだろうなぁと。

 折しもロシア国内で墓碑が立った話なんかもニュースになっていましたが、関連日記の殆どがすっかり内閣府と外務省のトラップにかかっってたあたり、この国の教育は確かに間違っていたのかも。もっと強く言って良かったんだ、「国を疑え」と。ロシアの話になると二言目には北方領土の話になるように仕組まれている現状だけど、あの場所で起きた真実を当事者からきちんと聴取した人間はごくわずかで、正しい認識を持ってる人間は本当に少ない。

 麻生・中山コンビは「日本は単一民族国家」という思想の持ち主。折角福田内閣が認めた倭人によるアイヌ殲滅をはなから無かったことにしようとしている。ようは「歴史を平気で曲げる国」としての日本の象徴たる政治家なわけで、自国の歴史が曲がってるとこ他国の歴史認識に口を挟めよう筈もない、のに他国に暴言を吐きまくる。まるで戦争でも望んでるかのように。

 強く元気な国=富国強兵、凄まじい時代錯誤なわけだけど、それでも支持する人間がいる。支持をする=自らも歴史をねじ曲げアイヌ民族の皆さんの人権を蹂躙する、なわけですが。

 ロシアにアイヌはいない、は詭弁。彼らはボーダーレスに生活していた民族であり、ある人々はウルップを跨ぎ、当然サハリンに渡った人もいる。日本人として送還されたということになっているがそうではない。現に、私は国後で明らかにアイヌの末裔たる外観の人と会っている。だいたい、中国から本物の日本人を引き揚げるのにまだかかっているところ、全く未着手のロシア側アイヌ民族の調査の結果を何故断言できているのか。あそこは共和国であり、政治的主張に差異がなければどんな少数民族でも大事にする国。邪魔だから殺した日本の理論で片付きはしない。

 こういったことが穴に埋められてきた国家なわけだけど、逆にそれが現内閣構成員の強弁で逆説的に掘り返される可能性が出てきているようにも感じます。早期解散が望ましいと思っていましたが、もう少し馬脚出させてからでもいいかな、と少し考えを改めました。これはチャンスかもしれません、全てが明るみになれば国がひっくり返るかも。今よりは確実にマシになる。全ては無理でも1%でいいから暗部が明るみに出て欲しい。

 そのためにもマスコミの皆さんにはこんなつまらない誘導をしていないで「真実を見いだすチャンス」であるこのタイミングに徹底的な取材活動と暴露をしてほしい。

 そして、その真実に光が当たったとき色眼鏡がかからないように、今は慎重に偏りのない報道を心がけていただきたいです。

|

« デスクトップ系PC連続変死事件。 | トップページ | 男性声優さん (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/42633626

この記事へのトラックバック一覧です: 歪曲報道はよろしくない。例え相手が誰であれ。:

» 麻生首相 所信表明演説は異例の質問型 [ハズレ社会人]
オツカレです。 やはりねじれ国会下での苦肉の所信表明演説だった。 [東京 29日 ロイター]経済対策、必要に応じさらなる対応も弾力的に=所信表明演説で麻生首相 麻生太郎首相は29日午後、衆院本会議で就任後初の所信表明演説を行い、日本経済の立て直しが「緊急な... [続きを読む]

受信: 2008年9月30日 (火) 17時34分

« デスクトップ系PC連続変死事件。 | トップページ | 男性声優さん (今日のテーマ) »