« あ、いかん。 | トップページ | 先生は聞いていませんっ!(泣) »

2008年9月25日 (木)

エスコン6を始めて一言。

 機体のアラート音声が実際と違うだけであんなに萎えるのかーと思いつつ、相変わらず空気に乗っかってないなぁと。

 でもってランディングアプローチが簡単すぎるのもうーむですが、とにかく「スホーイ社なめてんのか、100ノット出てればもうフランカーは地面から脚離すし次の瞬間真上向けるよ」というのがあってですねー;機体性能にも結構不満が。ま、シューティングゲームらしいので割り切りますけれどー。りっちゃんホーネット早速買って満足したので(笑)。シナリオは嫌いじゃないですね、今んとこ。

 実はエスコンシリーズは6にしてようやく遊んだんですが(理由ちゃんとあって。同じナムコのエアーコンバット及び同22の方がゲームとしての割り切りっぷりと制空戦闘の生々しさが高いとこでバランスしてて好きで、その移植の目を摘んでしまったのが初代エースコンバットだったから)ゲームと割り切ったものとしてもエアフォースデルタシリーズの方が好きかもしれないです。架空戦闘機の話をする時皆エスコンの話しかしないけど、私は今でもデルタ2の各種派生機とオリジナル機の方が秀逸だと思ってます。しょっちゅう止まるけど(笑)一応360でもXBOX版が動くので、興味ある人はやってみてほしいなぁ。コナミの人のデザインセンスが凄まじく冴えてます。

 デルタ2の機体群でOverG並みの操作精度+大気感があるゲームをやりたいです;。

 でも一番やりたいのはエアーコンバット22ですよ!空中給油前後の映像燃え。絶対撃墜はされないタイム内ターゲットキル制ってシステムも斬新だったし。

|

« あ、いかん。 | トップページ | 先生は聞いていませんっ!(泣) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あ、いかん。 | トップページ | 先生は聞いていませんっ!(泣) »