« 美術館 (今日のテーマ) | トップページ | 宇宙人襲来! (今日のテーマ) »

2008年7月 4日 (金)

6月第4週の検索ワード(後編)ですぅ

「いぇぃ皆の衆ご無沙汰ですぅ。連載も3回まで来て新装版も3巻まで、ついに翠星石の出番ですぅ!新規は表紙だけデスがっ!というわけで後半戦の今週のお相手はこの私、DDなら2番ヘッド起こしですかね?な翠星石(石井久美デザイン)とぉ」
「ふ、ふふ、今ならライバルはあの斉藤とかいう小娘だけなのだわ!な真紅(原作準拠)でお送りするのだわ」
「折り畳みの後スタートですぅ」

:::ドール全般:::
○みみこっとん
「山猫が『誰かあと1人、桃コットン譲ってくれないかなぁ』と言っていたですぅ」
「金はお店で買うから、とか言っていたわね」
「てゆかあの数どんだけですか;もう…」
「その先は禁則事項なのだわ;」
「おおっとそうだったですぅ;」

○立川ショールームエンジェル 『珠(たま)』
「全体に優れたシルエットですが、ひとつだけ難点あるんですよねぇ」
「1/6の子に下駄はやっぱり難しいと思うのだわ。鼻緒のとっかかりが無いのだし」
「だって1/3でも難しいですよ?;」
「透明パーツを使うとか、一工夫欲しい部分ね」

○伊達ゆり ロストエンジェル
「おおぅ。伊達妹で検索来るのは久々ですぅ。デフォルトドレスが少し奇抜なので表情を活かすのが難しいですが、意外と地味目のスクールウェアとかが似合う子かもしれないですぅ」
「あるいはもっと本格的にゴスロリに振ってしまうとか…小道具の話は時節柄やめておくわ」

○麗華 ボークス
「…普通の27cm用の衣装入るんですかねぇ、あの子;」
「ちょっと…その…大きすぎるんじゃないかしら…;」
「でもお顔が凄く綺麗なので、衣装さえ合えばデフォルトドレスから変更すると大化けする子ですぅ。すみかエンジェルは衣装が低予算なのが難点ですねぇ」

○ボークス 素敵エプロン
「このネーミングにした担当者の脳の作りが素敵すぎて涙出るですぅ」
「率直に言うけれど、紳士でも淑女でもないわね!デザイナーと命名者!私がこの場で『けしからんエプロン』と再命名するのだわ!」
「…真紅にはもうちょっとユーモアのセンスが欲しいですぅ;」

○DD ベースボディ2 ボディ1
「過去にも説明したと思うのですがもう一度おさらいですぅ。ボディ2はDDIFを内蔵するフレーム型、ボディ1はSDと同じ、テンションゴム型ですぅ」
「DDの真髄は仕草萌えと言われているのだけど、一応テンションゴム型でないと取れないポーズもあるのだわ」
「DDの要はヘッドですぅ。写真をよく撮るのなら、ボディ1が1体あっても面白いかもしれないですヨ」

○DD ふた 削る
「やり方はそれぞれみたいですぅ。切り込みを入れるってニンゲンもいるですよ?」
「イベントで見せてもらったり、あるいはカスタムヘッドを買ってみたりで実際に確認するのが最善ね」

○dd キョウコ グラスアイ
「キョウコは『5番ヘッドに縦目』という初めての試みを前提にデザインされてるですぅ。なので、ちゃんとした円の虹彩だと白目がちになるかもしれないですぅ」
「逆に、虹彩の上下が隠れるアイだと、24mmクラスのグラスアイでも足りないかもしれないわ」

○OBSESSION .357Magnum
「ドルパの時に衣装のディーラーさんでOBSESSIONさんというディーラーさんが別にいるので、イベント参加時の名称を.357Magnumに変えたそうですぅ」
「ちょうど銃器の扱いも増えたので、タイミング的にも良かったんじゃないかしら」
「山猫はしっかり迷子になってたですけどねー。MacQさんに見つけてもらって事なきを得たですぅ」

○MDD 01ヘッド
「MDDヘッドはとりあえず各キャラ専用のヘッドしかないですから、ナンバリングあるとしてまだ公表されてないはずですぅ」
「DDヘッドと同じサイズなのはもう皆さんご承知の通りなのだわ。今山猫さんのところのMDDボディはあの『DD唯一の伏せ目ヘッド』のあの子になっているわよ」
「メイクの弱さに課題残っちゃったなーと言ってたデスね。眉毛の印象がMSDより弱いというか、大雑把なんだそうですぅ」

○mdd ボディストッキング
「MDDはちょっとお金かかるですが、『色移りを諦める素体』と『肌を出す素体』で使い分ける方がボディストッキング使うより気楽ですぅ」
「分解が簡単だから、ジャンク素体が出たら色移りしてない部分だけ流用するのも手ね」

○MSD MDD 比較
「やっと両方を並べて評価できる状態になったですぅ。で、やっぱりMDDは頭が大きいですねー;全体のバランスを見た時に、MSDの方が密度感…もっと言うなら細密感があって、全体に華やかな印象ですぅ」
「MDDだと少しおもちゃっぽくなってしまうわ。それは素体のせいでもあるのだけれど…。きちんとメイクをしたヘッドにグラスアイの組み合わせでも、やはりバランスでMSDに譲る感じね」
「MDD完成体の子を検討しているってニンゲンは、一度MSDフルチョイスの説明も受けた方がいいですぅ」
「MDDの方が敷居が低そうだけれど、実は素体にとても癖があるので、DDを扱い慣れていないと辛いわ。初めてならどちらでも一緒か、色移りが無い分MSDが気楽よ」

○原宿 すみか フルチョ
「すみか原宿のSDショップの2Fが、まるごとフルチョイススペースですぅ。選べるパーツは里じゃないので他のすみかと同じですが、ショップの混雑から離れたところでじっくり選べるのがポイントですぅ」
「ちなみにドールポイントの2Fがお教室とセレモニーブースなのだわ」

○ミニsd フルチョイス 付属品
「SDと一緒ですぅ。ピカっときれいと、オイルスプレーと、櫛のセットがついてくるですぅ」
「あとは説明書とSD登録証、そして大事なフルチョイスオーダーのシートがついてくるわ。万が一その子の身に何かあっても、そのシートがあれば元通りにしてもらえるのだわ」
「個別にナンバリングされてるので、同じ子はいないですぅ。ナンバリングは『F』+『店舗アルファベット』+『出生番号』の組み合わせですぅ。例えば秋葉原ならFA-xxxxxxとかデスね」
「秋葉原生まれの78番目の子はフルアーマーガンダムなのだわ!」
「おいおいですぅ;」

○MSD 18番
「18番オフを見てみたいですぅ!年末ドルパに向けて誰か呼びかけてくれないですかねー」
「くるみオーダー以外は同じような子ぜんぜんいないと思われるのだわ!」

○18番 くるみメイク
「で、フルチョイスと言われるものの事実上MSDの中の製品の一つとまで言われてるのが18番くるみメイクですぅ」
「元々ヘッドがそっくりな上に、お願いするとあのシエラさんのメイク完全再現で来るのでくるみ好きにはオススメとお店でも太鼓判なのだわ!」
「ただ、くるみのアイデンティティは衣装によるところも大きいので、そこはよく考えるですよ。シエラさんの子ってローゼやビアンカもそうですが人っぽさがあって、相応のドレスでないと違和感が出てくるですぅ」
「ドールだしこのくらい…なんて考え方だと、完全に衣装が負けるのだわ」

○MSD プーリップ ウイッグ 流用
「プーのウィッグはSDサイズなので、MSDウィッグでは小さすぎて入らないですぅ」
「ちなみに逆(プーのウィッグをSDに)をやる時は、無理矢理ひっぺがすそうよ;やってみる人は覚悟を決めて頑張って頂戴」

○パールメディウム メイク SD
「メディウムってことはリキテックスですねぇ。きらきらして綺麗デスが、リップとかには向かないですぅ。理由は粒子が大きいから。粒子というより欠片の集合体のような印象ですぅ」
「パールメディウムは塗り目ヘッドの仕上げにいいとよく言うわね。メイクでパールコートをしたい時は、Mrカラーの方がいいと思うわ」

○スーパードルフィー 50万円
「VS/VIPイベント限定の夢フルチョ、別名スーパーフルチョイスですか」
「何もかもを自由に決定できるという、本当に夢のようなプランよ。ここから生み出された私もいるわ。光栄ね」
「今現在まだ6体しかいない筈ですぅ。真紅以外の子も興味あるですよね!」
「というわけで、ツアーに参加すればこれを行使するチャンスがあるので、公式SDに55万円も払うのは無駄よ」
「まーその前にVIP会員にはなっとけって感じですぅ。年会費タダですぅ」

○ソウル 旅行 天使のすみか
「山猫は『韓国に用事ってここしかないよなぁ。38°線で厄介起きる前に行っておきたいけど』と言ってたですね」
「LAと同じで、ご当地風の雰囲気の特有のヘッドの子がいるらしいのだわ」

○プーリップ用スタンド使い方
「普通ああいうのは胴体ですが…プーの場合は頭重いんで首に使うとか聞いた気が…」
「脇と首で試して違和感ない方でディスプレイするといいのだわ」

 
 
:::RozenMaiden Dolls:::
○DD 翠星石
「最近ヤフオクで著名なカスタムディーラーのももいろマンボウさんから出品された2番ヘッドの子のアイホールの削りが、なんか山猫曰く『ずばり石井久美先生バランスの翠ヘッド』とのことで、1番ヘッド買って準備してた山猫は頭抱えたらしいですぅ;」
「肌色についても、美白は水銀燈だけじゃないかって悩んでいたわね。でも普通肌だと赤すぎる、と」
「光の加減で過剰に白く見えることあるですから、美白のまま頑張ってみていいと思うですけどー。キョウコも美白ですけど、そんなに際立って白く見えるわけじゃないですぅ」
「ようはメイクの時の黒の使い方ね。ブラウン寄りにすれば違和感少ないという感じかしら。普通の黒は青寄りに見えるから、それで沈むのかも」
「パステルのチークの入れ方でも随分変わるはずですぅ。まぁその前にとっとと手ぇ動かしやがれって感じですう;」

○スーパードルフィ 赤い悪魔
「この検索をしたけらいには、ちょっと頭を冷やしてもらおうかしら?ホーリエ!!」
「ちょっ!ここで暴れるなですぅ!!」
「離しなさい翠星石!そいつ殺せないのだわっっ!!」
「数少ない大事なけらいを殺すなですぅ!ちゃんと加減するですぅ!」
「…翠星石…今何と?」
「い、いやぁ、ニンゲン相手に手ぇ出したら厄介ですよーと言っただけで…そ、そんな憎悪に満ちた目は真紅に似合わないですぅ;姉妹で争うのはんたーいですぅ;」

 
 
:::RozenMaiden etc.:::
○ローゼンメイデン
「ところで、触媒のボディにローザミスティカが入ればオリジナルのローゼンメイデンシリーズ同様に生身のようになるのがわかったですが…(納得行ってない目)」
「そ、それがどうしたっていうの?いいじゃない、完全ではないけれどあなたたちを救うには十分な身体だわ」
「いや、そういうことじゃなくてですねぇ…ようするにローザミスティカが示すペルソナに近いヒトガタさえ準備すれば、ローザミスティカを得たところで半生体的なものになるってことじゃないですか…真紅?」
「な、何かしら」
「翠星石達ってもしかしてドールじゃないんじゃないデスか?;ドールを触媒に使うローザミスティカという魂を宿したホムンクルスとアンドロイドの中間的存在みたいな」
「ちょ、ちょっと、翠星石、私たちはローゼンメイデン、人形師ローゼンの最高傑作と呼ばれるドールでしょう?そう呼ばれて長い時間を…」
「お父様が作った身体なのはたまたまで…というかお父様が作ったのって実はローザミスティカだけで、翠星石たち姉妹がそれ知らされてないだけってことないですか?実はお父様って錬金術師で人形師じゃないとか」
「話が急すぎてよくわからないのだわ;確かに、一介の人形師の仕事にしては万能すぎるとは思…はっ!な、何も聞こえないのだわ…」
「どーしたですか真紅、耳なんか塞いで」
「げ、原作の設定は絶対なのだわ…原作者がこうといえばこうなのだわ…逆らえばどんなことになるか…(ぶるぶる)」
「まあおいおいわかっていくとは思うですぅ。アニメ側でも水銀燈の生い立ちに不透明部分余計増えてるワケですしぃ」

○ジュン 翠星石 ss OR 小説○翠ジュン○ジュン翠
「並行世界のジュンはへっぽこな上になにやらしっかり気になる女子までいるっぽいですぅ。こっちなら妥協しないこと妥協するとこ見ると、諦めついたですか?真紅。翠星石は元の世界のジュンといっしょに頑張るのですぅ♪」
「くぅっ!(涙じわー)お、覚えてらっしゃい!(だっ!←駆け出し)」
「あ、逃げた…ちょっといじめすぎたですかね;」

○レンピカ スィドリーム
「紳士淑女の皆ならご存じの通り、翠星石たち庭師姉妹の人工精霊の名前は香水から来ているのですぅ。スィドリームはアナスイという会社の香水ですぅ。他にスイラブとかシークレットウィッシュが有名ですぅ。翠星石の愛(スイラブ)はジュ…おっと、これは秘めたる想い(シークレットウィッシュ)だったですぅ。レンピカはロリータレンピカという会社の代表的香水ですぅ。そのままロリータレンピカが香水の名前にもなっているのですぅ。アナスイは男性用を出していないですが、ロリータレンピカは男性用もあるですぅ。オウマスキュリン(オーマスキュリン)という名前なので、気になる紳士の皆は調べてみるといいですぅ。間違っても男子がスィドリームつけちゃ駄目ですぅ、お菓子のようにあまーい香りなので、女の子専用ですぅ」

○めぐ ss
「水銀燈…話しておかなければならないことがあるの…」
「な、何よ、急に改まって…」
「アリスゲームに勝つのは水銀燈、あなただと信じてる。でも私は、アリスになったあなたを見届けることができない…」
「またいつもの悲観?辛い辛い言っていてもちゃんとあなたは生きてるわ、そろそろ現実と向き合って…」
「違うの!」
「えっ…」
「違うのよ…。あなたがアリスになった時、先代のアリスである私は役目を終えて消滅するわ…」
「先代の…アリス…どういう…こと?」
「ここより時間軸が数百年ほど早い別な世界での話よ。ローゼンメイデンではない7姉妹によるアリスゲームがあった。キラ、ナナ、のの、ミミ、サラ、りお、そして私…めぐ。ミミとりおが倒れて、残された5人は進化したボディでより熾烈な戦いを繰り広げて…ううん、あれはもう戦いなんてものじゃなかった。ただの騙し合い…。勝った実感なんてかけらもなかった、だってののは、もう疲れたって言って、自分から命を…今でもあの時の、ののが見せた笑顔と涙が忘れられないわ…そして私はアリスになり、人間になった。他の世界に飛ばされて」
「そんな…嘘!嘘よ!アリスゲームはローゼンメイデンだけの…」
「そうかしら。薔薇水晶という子がいたわね。あの子も立派にアリスゲームに干渉しているんじゃない?…とにかく私はこの世界に来た。ゲームでぼろぼろになった心は、そのままこの世界での身体に反映された…姉妹6人を殺した罰かしら…」
「だって…だって…めぐ、今までそんな話…」
「この前指輪が熱くなった時、水銀燈の私への想いが指輪から流れてきて…その時私は強いデジャヴを感じた。そして…思い出したの。もうミーディアムの名前は思い出せないけれど…」
「……」
「水銀燈、戦うわよね?私がいなくなるとしても」
「と、当然よ。あなたは私のミーディアムに過ぎない…」
『アリスになってしまえば飲み干したミルクの瓶のようなもの』(二人同時に)
「どっ、どうして?どうして同じ言葉が言えるの?(震えながら)めぐ、嫌…私には信じられない…でも…」
「疑う余地もないでしょう?」
「そんな…めぐ…私は…」
『あなたを失ってまでアリスになんてなれない』
「めぐ!やめて!虐めないで!うっ、ひっく」
「…一緒ね。だから惹かれたのかな…。少し思い出してきた。生まれつき立ち居が不自由な子だったわ…透き通るような白い肌、それよりも眩しく白銀色に輝く髪。老人のようなそれでなく、きれいな、でも長くない命を思わせる髪の…とても優しい子だった。あなたのように」
「めぐ…めぐ…(止まらない涙)」
「今度はあなたの番ということみたいね。きっとこうして繰り返していくんだわ、二人の運命を…」
「そんなの嫌よぉ!私、ここでお終いでいい!姉妹との争いも、ミーディアムを失うのも嫌!」
「(くす)というお話はどう?」
「(きょとん)え…?」
「でも、私が思っていた以上に大事に思ってくれていたのね、ありがとう、水銀燈」
「ちょ、ちょっと…今のお話は…」
「入院生活が長いといろいろと妄想する時間があって…えへ」
「えへじゃないわよぉぉぉ!!!」
「びっくりした?」
「あ、あなた、ただ寝てる暇があったら、ここで小説でも書いたらどう?私をアリスにできなくても、ちゃんと世界に名前が残るわよ!たぶん…」
「そこまで言ってくれるとちょっと恥ずかしいけれど。そうしようかな」
「でも、名前とか妙に具体的だったけど…」
「それはほら」
(V社のSDホームページを開く)
「えっ!?め、めぐがいる…13の方なんて、そっくり…」
「そう思う?ちょっと面白い偶然だなーと思ったの。水銀燈…」
「な、何よぉ」
「私がいなくなったら、この子をお迎えして、ずっと大事にしてね」
「(じわっ)いなくなるなんて言わないで!今度言ったら…怒るわよ…本当なんだから…」
「あら、天使さんがすっかり泣き虫さんだわ、かわいい…」
「(かーっ)お、おばかさぁん!ちょ、ちょっと真紅のところに行ってくるわぁ!照れてるとか変な勘ぐりするんじゃないわよぉ!(がらがらぴしゃん!)」
「行っちゃった…それにしても…(ホームページに目をやりながら)…完全に同じ名前だなんて…。私はどこまで苦しめばいいの?ねえ、のの…」
(『Parallel love,parallel world,and parallel agony.』おしまい)

 
 
:::ゲーム関連:::
○リッチャンハ、カワイイデスヨ
「緑色仲間のりっちゃんのお誕生日の週の検索ワードコーナーを担当できなかったですぅ;きぃぃ!!それにしてもりっちゃんのアリスドレス※姿すっごく似合ってたですぅ。Do-Daiも凄くかわいいですぅ。山猫に黙って新しいアイドラ買っちゃうですぅ~♪」
※メルヘンメイド1のこと。あの体裁のドレスは元々そう呼ばれるし、元ネタ「メルヘンメイズ」の主人公がそのアリス。

○天海春香
「なんとはるるんの名前だけでここ着いちゃったですか!Σ( ̄□ ̄;!あーでも、確かにフルネーム書いてるとこって少ないかもですねぇ…みんなたまには本名で呼んであげるですよ~」

○天海春香 ラプター 閣下
「アイマス機もほぼ出揃って、あとは真くんのだけですが、はるるんのだけ裏面別色なんですよねぇ…黒い…;赤は元々はるるんのパーソナルカラーですが、裏が黒を公式でやってしまうとは;ちなみに今まで出たアイマス機で、劇的な性能向上が(スペックシート上で)計られているのは、実はやよミラージュとりっちゃんホーネットだけですぅ。ゆきほークに至っては弱くなってるですぅ;」

○春香 パンゴシ
「パンキッシュゴシックの中で一番本物っぽいデザインですぅ。コスプレしてる人見たことあるですよ。きちんとプロの人が縫製すればたぶん外出着にしても違和感ないですぅ」

○"my song"
「この歌はいいですぅ…ML04の組み合わせも意外や良かったですが、やっぱり雪歩・千早デュオで聴きたいですぅ。振り付けの抑揚といい、もう何と言っていいか…。ところで間奏での雪歩の意味ありげな表情に皆気づいてるですか?」

○それを心と呼ぼう
「この検索がずーっとあるあたり、凄くインパクトがあったんですねぇ…翠星石にとってもあの一節は胸の奥の深いところにまで届いた、素敵なメッセージですぅ。ML04のフルコーラスで聴けるもう一方も心地よい重さで心を打つことばですぅ。my songがどう聞こえるかで、その人がどんな今を生きてるか、わかる気がするですぅ。yuraさん素晴らしいですぅ!」

○この気持ちをあえて言葉に
「するなら、『さっさと第三期アニメ化発表しやがれ』ですぅ!それはさておき~、本音を言うと『早くNEW STAGEの正体を教えるですぅ、かな?』ですよ!もー月末のLIVEまで待てないですぅ;」

○オペレーショントロイ
「…久しぶりに真のゲーマーの生き様を見た気がするですぅ…散っていった同胞に敬礼ですぅ(涙)」

○XBOX360 最初に必要なもの
「検索で来たのならだいたいの答えは出たと思うですが、今はちょっと違うので最新版行くですぅ。まず本体はHDDつきの通常版がおすすめですぅ。お金に余裕あるならエリートもいいですけど…筐体色が地味に機体温度に影響してる説なんてまあ誰も信じないだろうからここではスルーですぅ;。で、今の本体にはHDMI端子がついてるですぅ。TVにHDMI端子があるなら使わないのはもったいないので、HDMIケーブルも買うですよ。光音声出力がHDMIだけだとできないので、外部アンプとか使ってるニンゲンは音声出力ボックスつきの純正ケーブル使うといいですぅ。なんか高い高い言ってるのがいるですが長さあたりの値段だとAVメーカー製のちゃんとしたものよりあれでも安いですよ?;PCメーカーのほっそい(=わりといいかげんな)ケーブルと比べたら気の毒ですぅ」
「次にメッセンジャーキットね。ゴールドメンバーでなくてもフレンドとのメッセージ交換や音声チャットはできるから、ヘッドセットとパッド用キーボードが一緒になったこれはとてもおすすめよ。ヘッドセットだけ買うよりも安いわ」
「おお真紅立ち直ったですか。というわけで、折角メッセンジャーキットでコミュニケーションができるようになっているのなら、XBOXLIVEのゴールドメンバーカードも欲しいですぅ。長期間のプリペイドほど月額単価はべらぼーに安くなるですから、Amazonで12+1ヶ月カードを買うのをすすめるですぅ。ついでに最初だし、3500ゲイツカードもあっていいかもしれないですね~」
「あとは最近のゲーム機では当たり前になっているけれどネット回線ね。ゲームに向く回線は断然FTTH、光回線よ。逆にCATV網やADSLの下り高速の線は向かないわ」
○回線 落ちる 相性 XboxLive 対策
「こんなのが来てたですが、光でないなら光を導入するのが手っ取り早いですぅ。接続はなるべく有線でやるですよ」
「本当は32V型以上のハイビジョンテレビも欲しいところね」
「ゲームで終わらないですし地デジ対策まだならそろそろいいかもですぅ。と、こんな感じですかね?」
「待って。最後にエネループよ。高速充電器つき4本セットを買ってパッドに2本ずつ入れてローテーションで使いたいところだわ」
「あるいは有線式のパッドを買ってみるのも手ですねぇ。有線だと入力遅延が改善される、さらに音声チャットの品質が上がる、といいこと多いですぅ」
「アメリカでまもなく値下げとの噂だから、日本でも下がるかもしれないわ。今すぐというものがないなら、少しだけ様子を見てみるのも手よ」

○ガンダムバトルユニバース
「山猫がバトルクロニクルで『私マーメイ♪』とか言いながらジオン水泳部真っ先にフルチューンしてたですぅ;で、99時間超えちゃったのでもうこれは中毒性はないから新作買うべきだなコレと言って昨日あたりぽちっと行ってたですねぇ…Amazonで。CLANNADと被ってたですが、伸びちゃったですからねー」
「前作が昨年10月だから、なかなか早いペースで更新しているわね。次はもう少し時間をかけてもいいので、Wi-fiネットワークプレイに対応してほしいところだわ」

○PS3 おすすめ
「あれはトロステーション見てれば十分ですぅ!あとはPC内の動画をロケフリ的にPSPで見るステーションにしたり、マクロスFのBDの特に3巻あたりを買うのが超おすすめですぅ!」
「ゲーム機だと考えない方が精神衛生上楽よ」
「AV機器だと本気で思い込むとPS3以外に車1台分のお金が出ていくけどそれはまぁおいとくですぅ」

○公務執行妨害 わくわく7
「あーサンソフトコレクションが出たのですねぇ…アストラスーパースターズは流石にPS2ではエミュレート無理でしたか…タイタン(=サターン)の基板クセありすぎですもんねぇ」
「でも、わくわく7が家庭で遊べるだけで十分素敵だと思うのだわ」
「そうそう。家庭用はネオジオROMだけで激レアだったですからねー」
「ちょっと…;サターンで出てたじゃないの;わくわく7」
「最後の最後でいきなり出てきて何言うですか水銀燈!」
「あれは…わくわく7ではないわよ?」
「ちょっ…ちゃんとてっさ※に体験版ついたじゃないのぉ」
「何も聞こえないですぅー」
「拡張RAM無しでも体験版では動いてたなんて知らないのだわ」
「何故かしら妙に同情させられるものがあるわぁ;」
 :
「ついでの余談ですけど、ST-V(タイタン)ってMVSと同じで複数カートリッジに対応してる基板ですけど、複数ROM刺さって動作してるの一回しか見たことないですぅ」
「扱ってる人なら知ってる筈だから、省スペースのために有効な手段だと思うのだけど…シルバーガンと蒼穹を同じ筐体で、とか贅沢でいいわね」
「結構逝きやすい難儀な基板だしぃ、それはいいかもしれないわぁ」
 
 
 
 
「というわけで今週もなんとか無事終わったですぅ;久々にSSも入って…」
「そのわりに薔薇乙女関連豪快にオミットされてた気がするのだわ;」
「ああ、あれは本当に検索少ないのですぅ;翠ジュン同盟とおぼしき皆さんからの検索はいつもやたらあるですが」
「原作再開したのに不思議なことね」
「安心したら二次欲が薄れたのかもしれないですぅ」
「それにしても…衝撃の発表からもう数ヶ月だけれど、私が言うのも変かもしれないけど、かえって状況が閉塞した気がするのは気のせいかしら;」
「まあ…大人の事情についてはいかんともしがたいですからねぇ…。てな感じで今週も終わり。お相手は翠星石とぉ」
「真紅、一部水銀燈とめぐさんでお送りしたのだわ」
「それでは皆の衆、またですぅ~♪ってもうすぐ次の週ですが~;」

|

« 美術館 (今日のテーマ) | トップページ | 宇宙人襲来! (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館 (今日のテーマ) | トップページ | 宇宙人襲来! (今日のテーマ) »