« 近所のコンビニ (今日のテーマ) | トップページ | 語呂あわせ (今日のテーマ) »

2008年7月11日 (金)

へこむだけへこんでおこうな雑記。

 実は障害者になってからキチガイと言われたの初めてだったので昨日わりとショックだったのですよねー。世間の認識だと精神障害ってそうなんだろうね。どういうものが具体的にキチガイなのかはおいといて、私は心身症(これが最も致命的かつ障害の根拠)とパニック障害と軽度鬱で障害者認定されています。気持ちとしてぶれる要素あるの鬱だけなんですが…線引きってわからないだろうなぁ。

 まあ、これからも言われるだろうと覚悟はしておきつつ(検索にかかるサイトなら標的にされるのは当然だから、好きなことを書きたいなら上手く流せる自分にならないと)、自分の理解の範囲外が即「キチガイ」「電波」「痛い」「ウザイ」な皆さんって簡単でいいなぁと思いながらも、「あ、それって躁病じゃん;」と気づいてしまい、あの巨大な板にいろんな人に交ざってかなりの数の躁患者(しかも未受診)が存在することに気づき、ぞっとしましたです。
 メンヘルで国滅ぶとして、滅ぼすのは躁の患者と統合失調の患者っぽいもんなぁ。状況で鬱に追い込まれる人もいるけど、躁との接触で鬱に半ば反転伝染みたいになる状況が多いと最近聞いたぞ。国は定期検診にメンヘルの項目も義務づけるべきだと思うなぁ。ヒキコでなけりゃ受診はするでしょ?(苦笑)。

 とはいえ、私も薬が切れると確かに不安定なので、精神的にニュートラルだ、とは言い切れないです。にしてもプロフィールの内容を本当に書いたまましか読めない人が多くて「なんてゆとり」と嘆くどころか恐怖したんですが、自分が不利益被る内容を素で書く人いると思う素直さが行動と直結してない人種が存在することに驚き(苦笑)。文系原理主義者に無能な理系と言われる類だよなぁ、それ。昨日はたぶん過去でプロフィールのPVが一番多かった日だと思うけど、無反応さんが主だったんでまぁ、群衆にあって自信ない奴ほど声でかいの類だったんだなぁと思って、今になってうかつー過剰反応;と反省したわけですが。でも修正はしない。プロフィールともども。

 そして、あんな場所にあってもまともな人もいる。というかそっちの方が多くて、私が今回げんなりしたのと同じように、もっとまともにスレッドの主題の話をしたいのに、とげんなりしてる人が多数なのもわかってる。だってあそこに限らず、匿名性高い掲示板どこでもそうだし。歪みを引き起こすのはほんの2~3人なのに、それを解消しきれずにいたちごっこで荒れる。(2chの場合は外の話題まで持ち出すのが問題なのだろうけど)
 人数が多ければ有益な会話もあるかもしれないという進歩的な考え方なんだと思う。(トラフィックはROM含めるとそこそこあったと言えると思うし。多くはないけどね)ただ、数人がまともな論議を台無しにしてる。それだけ。

 ネットもリアルでありフェイクではないけれど、一つ回線の外にきわめて劣る部分があると思う。それは自浄作用の効力の程度。ネットでは存在しないに限りなく近い。名を出してなおそれだから、匿名ならもう。自尊心を満たす手段に使われまくってる。相手を落とせば自分は優位になったと思える、そんな虚構で空白を満たし続けないと狂ってしまう。そして実際に狂った者が出て、この世界への嫌疑をさして中身を知らぬ層にもたらす。悪循環。

 社会であれば法的強制力をもって事に臨むべきなのだろうけど、現行法では弱いということをかの掲示板の設立者氏が身をもって証明して見せている。(あれは私は彼なりの警鐘だと受け止めました。闇の深淵を覗いてしまったものとしての、捨て身の)
 しかし行政は動かない。さもあらん、そもそも回線の外であれだけの機能不全、多重性の向こう側に手を回す余裕もなく、ただただ不足を後付することの繰り返し。

 なんでも国のせいにするのはどっかの左派政党みたいで気が咎めるが(苦笑)、結局はそう帰結するのかな、と諦めの気持ちも生まれる。しかし、今向き合っている私たちの世代で楔を打ち込んでおかないと取り返しがつかない気もして、後ろめたさに似た感情も覚える。どうしたもんなのか。

 正直、ネットにそこそこ長居したせいか、「どうせ…」という諦めの気持ちが先に出る。何かにそっくりな事に気がついた。地球温暖化に対する実感と研究者資料及びそれに基づく対策の乖離。絶対そんなペースじゃ間に合わない、どうせ行くところまで行く、私たちはそれを見届ける一番残酷な時代を生きる羽目になる、という諦め。

 手詰まりなのかな。そう思う。

 お金をもらって研究している人たち、この問題に従事している人たちに「プロならなんとかしてくれ」と投げやり気味に任せたい衝動にかられるけれども。

 今はただ、過去にも経験した「どうしようもない時に感じる違和感」がこの2つの事象に対して起こっていることに絶望感を軽く抱きつつ、とりあえず自分が先に進むためにどうあるべきかを考えよう。あるいは楽しいことに目を向けて悲観的な要素からあえて目を背けよう。これは健常者の仕事なのだから。おそらく。私の出番ではない。

 そう思うしかできないほどに、八方塞がりと気づく。
 今は待つ。その判断をした自分を信じて。そして、
 見知らぬ誰かがずっとうまくやってくれると信じて。

|

« 近所のコンビニ (今日のテーマ) | トップページ | 語呂あわせ (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近所のコンビニ (今日のテーマ) | トップページ | 語呂あわせ (今日のテーマ) »