« やめどころを失う; | トップページ | 豆腐の日 (今日のテーマ) »

2008年6月11日 (水)

わからないことだらけ。

 例の秋葉原の通り魔事件、見慣れた場所で起きた事件である以上に、何か頭の中でひっかかっています。計画性と実行の知識のわりに調達が最近だったりというあたりが主ですが、どうにもわからない。

 まあ世の中に不満あって自分死ぬんじゃなくて人殺してなんとかしようというのがわからないのはいつもの事ですが、そういうのではなくて。なんというか…あれだけ残忍にやっておきながら腰が引けている部分があったり、刺し殺すことに固執しているのに何故か車ではねていたり。なんだろう、行動に整合性が無いだけでなく、段取りの時系列もめちゃくちゃで、どうやればその順番で物事が進行するのか、仮にそういうことを実行することをシミュレートしてみても(大変不謹慎ですが今後に繋げるために目を瞑って頂けますと幸いです>被害に遭われた方、その関係者の皆さん、今回の事件で不安を抱える皆さん)警察官の方に(たぶん許可されていなかった)銃を抜かせる程の行動力があるのに理屈に合わないとこがありすぎです。

 例えば…最初にトラックで人をはねてますが※1、殺傷力を求めるなら普通免許で運転できるトラックで質量にして3.5倍のものまで運転できたのに、何故それを選ばなかったのか。赤信号通過に3人巻き込んでそのまま直進してから100m程度の間何を考えたのかがよくわからないですが、どうして「殺したい」のならそのまま車で「歩行者天国の雑踏に突っ込む」という判断にならなかったのか。刃物を持った状態での立ち回りを見るに躊躇は一切なかったし、それなら車のまま不可能になるまでやる判断をするのではないかと思ったのだけど、それをしていない。

 刺すことに固執していたとしたら、どうしてトラックで乗り込みだったのか。公共交通機関を使うと職質の可能性があるとはいえ、それだけでトラックを使う判断に至るだろうか。

 刃物についても疑問が。そもそもダガーは銃刀法で違反の品。(なんか政府が銃刀法厳しくするような論議始めようとしてるけど、その前に銃刀法を読み返すことを勧める)普通のお店には置いてない(ようするに刃物売った側は明かにカタギでない)。で、どうしてそういうものを犯行の直前に調達できるのか。これもよくわからない。刃物屋はそういう違法性のあるものは信頼してる常連にこっそり流す程度だと思うけど。なんで一見野郎の犯人が買えたのか。

 で、刃物の使い方で執拗に検索を受けてきたけど相手にしてなかった私がいるわけですが(知識の悪用は与えた側にも責任があると思う)、どうして素人が知らない「効率のいい殺し方」を携帯ばかりいじってるような犯人が知り得て、それをいきなりであれほどの確度で実行に移せたのか。私は初日の報道見て「絶対こいつ自衛官上がり」って思ってたんですが。そのくらい的確。幸い一命をとりとめた方が刺されたあたりや、痛恨の極みですが亡くなられた方が刺された方が狙われた場所、方法を見るに、素人の付け焼き刃じゃない。

 とりあえず防御側のアドバイスを。背中向けないで。急所だらけです。こういうことはもうあの場所では起きないと信じるけど(対策はしっかりされる筈だから)不安を感じる人はかばんをバックパックにして下さい。あと、犯人の背中も当然急所ですから、足の速さに自信があるなら背中側からかばんでブン殴るなりタックルするなりして下さい。運良く相手が転んで自分が立ってたら、刃物の存在と相手が人間だという事は忘れて、ボールのつもりで足折れんばかりの力で蹴飛ばして下さい。腰より上の部分の前後方向の腕以外ならどこでもいいです。

 逃げろ!と警告するのも大事ですが、「背は向けるな!」と必ず言うように。あと、近場に投擲しやすいものがあったら犯人に投げて下さい。一人だと効果薄いですが、一定以上の人数になると混乱を誘うので時間稼ぎになります。

 ダガー相手の防御は困難を極めます。警察官の方が特殊警棒では対処しきれていなかったのを見た方も多いと思いますが、ナイフ同士でもダガーのようなダブルエッジ相手だとこっちが刃渡りで上でも恐怖感ありますよ;「抜けやすい刺突型」は隙作ったら最後なんではじくのに徹する他ない。前から言っているとおりやはり一定以上の長さのそこそこ重い棒(木製ならモップの柄でもいい※2)があると安心感が出てきますが、やっぱり危険度の高さは変わらないです。刃物相手のセオリーである「布包み」もダガー相手では効果薄いです。目を瞑って前繰り返し突かれるだけでもまずいんで、シュアファイアなんかを使うフラッシュライトタクティカルもあまり有効でないし。(光の方向突けばいいわけだから)

 とにかくダガーはやばいです。鎖帷子程度なら抜くし、ナイフの天敵である紙の鎧になり得る電話帳なんかも抜いてしまうので。だから違法という判断になっている筈です。今回の件、まさに(ピー)に刃物で、売った人間に多分に責任があるように思います。

 そして推測ですが、おそらく犯人の言動を見て知識を携帯サイトの掲示板なりメールなりで吹き込んだ人間がいるのではないかと。匿名性考えると掲示板かな…そのへんは捜査中かもしれないので追求は避けますが、とりあえず非常識なレベルまで考えてもあれは中長期的な知識に根ざした行動としか思えないのに、刃物入手のタイミングがああで、しかしあの習熟度というのは、どうしても時系列の面で一致を見ないです。練習もしないでいきなりあんなことができるなら、この世界テロもっと多いですし検挙率も低いです。警官ももっと重武装。

 私個人のここまでの考えだと、犯人の昂ぶり気味だった感情にすり寄って知識吹き込んで自分が手を下さず遠巻きに事件見て楽しんでた奴がいるんじゃないかと…。マスコミの情報は相変わらずどこにでもある話で根拠薄すぎるし。

「人をはねてみたがあまり面白くなかったので刃物にした」という客観的な流れが見えますが、人をはねても意外と周囲が無反応だったので逃げ惑うさまを見たくて刃物にしたのだとすれば(とんでもなく悪趣味ですが)短時間の思考としては辻褄が合うのかな、という感じもしますが…それにしても刃物の段取りが本当にわからないです。

 絶対個人の事件じゃないと思います。刑事告発できなくても民事でなんとかこの凶行を後押しした奴を世間の矢面に立たせてほしいところです。

 この事件は当然、米国における911のように教訓にすべきでしょう。私にとっても少し変化を与えた事件でした。大きな乗り物も刃物も、得意分野の1つで※3、それを用いてこのような事件が起きたことで、普段であればそう気にも留めないかもしれない事件が、重く気持ちにのしかかりました。潔白な一村民であるという立場が損なわれる危惧みたいな対外的なことではなく、それらを扱う者として持っている「力を備えるなら心を正せ」という内的な感情を踏みにじられた気分で、やるせなさと憤りに震え続けています。

 命より心の方が価値があると思うので、単純に命を救うのが正しいとは全く思いませんが、見知らぬ人の心の内がいかようなものなのかは見てもわからないわけで、状況に出くわしたら対処する意識はあるべきだと思いました。犯人の行動がごく短時間だったとはいえ、攻撃に使えるものはそこらじゅうに溢れかえっていたわけですから。それとも私が見てきたあの街とは違う場所で起きた事件なのですかね、今回の事件は。※4

 どうにも考えるほど不条理な事件ですが、検察の方には見えていない部分を含めてきっちりと解明して、必ずや責任能力を有する人間の事件として裁判が進むよう尽力して頂きたいです。早々に死刑宣告を出してその執行を待つ残酷な日々に犯人を落とすことに期待します。被害者の皆さんへのたむけの花束が途絶えることなく大変な数届いているそうですが、この日を忘れないための何かを作る動きがあるのでしたら、立場上少額になってしまいますが是非資金なり労力なりでお手伝いをさせて頂きたいです。千代田区だけの問題ではありません。秋葉原の問題は日本の問題ですので。

※1:これだからトラック運転するような奴はDQNとか言った馬鹿は2tトラックは普通免許で乗れる一般車両だということを勉強しに教習所に帰れ。

※2:通りのお店の掃除用具箱はなるべく店内の通り近くの目立たないスペースに収納し、柄が長めのモップが入っているようだと防犯上いいです>繁華街の店舗の関係者さん

※3:ブログやってると旅先では実況的なエントリは普通にやるので、さも異常行動であるかのように報道されたのはだいぶ心外でした。放送倫理なんちゃら委員会に訴えるべきですか?(苦笑)

※4:しかし万世橋警察署の初動は素晴らしく早かったと思います。今回現場の方は考えられる最善を尽くされたと思います。有志による装備強化のための基金とかあったら些少ですが私からも出させて頂きたいです。

|

« やめどころを失う; | トップページ | 豆腐の日 (今日のテーマ) »

コメント

秋葉原の無差別殺傷事件、大変痛ましいものでしたね…。

話題とズレていますがしっくり来ないので
注釈をさせていただきたいと思います。

以前の練馬駐屯地所属隊員の記事を見て、『おや?』と思っていたのですが、
随分自衛官の『殺人能力』を買われているようですね。
残念ですがそれは大部分で真実と異なると思います。
諸外国の軍隊や自衛隊の一部の部隊
(レンジャーや空挺など、特殊性のある)はどうか知りませんが、
自衛隊の一般的な部隊ではナイフ格闘など、
火器を使用しない殺人技について教育を受けることはまずありません。
当然、練成するようなことも無いでしょう。

せいぜい直接的に殺傷できるのは銃剣格闘の『刺突』程度ではないでしょうか。
それもかなり大雑把のものです。
(混乱した状況でも確実に行えるように簡素化してる)

彼らは確かに精強ですしプロフェッショナルですが、
殺人技を練っているような殺し屋ではないのです。


あともう1つ。ナイフの調達について。
(管理者注:情報拡散防止のため部分削除させて頂きました。ご了承下さい)

ナイフを持つ相手に対する対処法、とても参考になりました。
役に立つときが来ないことを祈りつつ、よく読ませて頂きました。

長々と失礼しましたm(_ _)m
不適切であれば遠慮なく削除してください(特に、ナイフの調達の件)。

投稿: 名無し | 2008年6月12日 (木) 11時09分

ふむ、現職の方であるかどうか等の詮索はしませんが、自衛隊含む各国軍隊における刀剣の扱いについての習熟度について大変参考になる意見でした。
やってないわけないという思い込みですね、ちょっと考え方を改めます。クローズドクォーターの教練過程に当然含まれる筈と思っていました(基本ですし)。
でもインドアのCQC訓練を自衛隊が始めたの、記憶が確かなら確かに最近の事ですね。仰る通りかも。

ショップについてはどうも状況が甘くなってる気がします。ほんの数年前ですが相当厳しい時期がありましたから。ちょっと調達方法だけ編集で削ります、ごめんなさい。しかしこの点も売る側のモラルに対する警鐘という意味で有意義な指摘です。ありがとうございます。

少しだけ防御側について補足しますが、走ると人は前傾しますよね。そこにより高速で後ろから飛びかかられると前に倒れるわけです。駆け出しのタイミングとか狙われると一瞬で前に倒された挙句急所を抜かれます。被害者の方で一人確か肋骨折った方がいらっしゃったように思います。たぶんそれをやられたのでは…。バックパックでガードしていても馬乗りになられたらアウトですから、やはり背を向けないことが重要と思います。

有事にはあらゆるものが武器になるという認識は防御側に必須だと思います。身の回りの物をどう使うと有効かとか考えておくといいかもですね。あと、「どんな衝撃が相手の動きを止めるのか」とか。グーで殴るより平手でばっつりやられる方が意識飛んじゃったりしますから、とにかく「無力化策」はいろいろ推理しておくべきではないかと。「注意を引く」ことで相手の時間(ここでは拘束までの残り時間と考えて下さい)を稼ぐことができますから、集団で途切れないように注意を引いたり意識を削ぐ行為ができるように何らかのガイドラインを作っておく必要もあるのかもしれません。

防衛術は表裏一体の知識なので必要にならないにこしたことはないですし、覚えなくていいのがベストです。ただ、救命行為については知っていて損なことはありませんから、まだでしたらそちらも是非。

状況を真剣に憂う方が多いのは素晴らしいことだと思います。ここまでやられて無関心だとしたら、事件自体よりそちらの方がずっと問題ですよね。

投稿: ぬまにゃん | 2008年6月12日 (木) 17時09分

やはりこの件について書いてましたか。
TVで見た程度ですがナイフ規制の話が出ていましたが、なんか人気取りというかちゃんと考えた規制にはならんのだろうなとか思いますね。

自分だったらどうするか? 情けない事に自分もパニクって背を向けて逃げ出す可能性もあったりしますが、「相手がひとり」「武器が銃ではない」とゆう点で、あそこまでの何人もの死者を出す前に無力化できたようにも思います。

獲物の写真を見てませんがぬまさんの話からするとメイルブレイカー的な細身の両刃なんですかね?
それならば会社の装備品の防刃チョッキも役にたたないですな。
やはり長い棒で喉元を付いて転倒させるか、そのまま金的を突き上げる。後は目潰したり、膝関節を前から折れんばかりにしっかりパワーで横蹴りしたりとかの反則攻撃ですかな。

にしても確かにちょっと納得出来ない部分もありますね。ぬまさんの言うようにそそのかした者がいるように感じます。

投稿: ハピたま | 2008年6月14日 (土) 20時13分

得物の正体はわかったよ。
Smith&WessonのHRTのダガーだった。
あれは通関できないので密輸くさいなぁ。
http://www.belisimo.com/proddetail.asp?prod=SWHRT9B
これを刃渡り短くしたモデル。
思ったほど細身じゃなかった。
ちょっと疑問だったのは、「HRTってそんなにブレード良かったっけ?」というのが。S&Wって本国ブレードはえらい精度いいけど、中国ブレードの廉価とかは普通に握れるから;店で研いでた可能性ある。

規制は有効でないという有識者結論出たみたいなんで(それやると包丁規制しなければならなくなるという結論にやっぱり行った)、ナイフを悪者にして神輿担ぎを増やす与党の算段は外れたけど、入手経路捜索には流石に入ったみたいだね。違法品だし。

やっぱり適度な長さと重さの棒がいい気がするね。刃物相手なら正当防衛が成り立つので、手加減しなくていいのも不幸中の幸い。

すっかり地震の話になったんで世間の関心がこの件から当面ぶれないようにしてほしいなぁというのが目下の心配事だぁね。

投稿: ぬまにゃん | 2008年6月15日 (日) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やめどころを失う; | トップページ | 豆腐の日 (今日のテーマ) »