« 6月第2週の検索ワード(後編)・やっつけ版 | トップページ | ココロさんと過ごしてはや半年。 »

2008年6月17日 (火)

今回のM3にSMGが無かったワケ。

関連リンク: BMW JAPAN : The All New BMW M3 M DCT Drivelogic : イントロダクション.

 SMGより新しいダブルクラッチの2ペダルMT出してきましたよ;価格差から言ってかなり本気の品っぽい。(なんと6MT比で+47万円!)
 VWアウディのものがトルクに対応できずに行き詰まる中、とりあえずBMWは420ps&40.8kgmに対応するものとしてはなから7速で出してきました。まだニュルのレコードの話は出ていませんが、まあ苦笑いの種である日産GT-Rとの差はこの際語らないとして、6MTより速いであろう点はちと頭痛いかな。

 駆け抜ける喜びを忘れないのなら6MTモデルも残してほしいところです。だいぶ軽量化の余地を残すけど(というか、今の重さと不要な快適装備の感じだと、今回のでレコードタイムを出すのならCSLを設定しないとちと厳しいような気がする)一応プライベーターが例えばニュル24h出るとして、さほど不要物撤去がいらないベースモデルも設定すべきではないのかな、とも思ったりはしますが。一時期レースは135iに譲っちゃうのかな?と思ってましたが、今回のこれ見た感じそうではなさそうですし。

 まあGT-Rは気にならないとして、911GT3をこれでなんとかしてほしいという気持ちはおおいにあります。馬力とトルクに対するキャパはまだありそうな気がなんとなくするし。(アウディもR8のRトロはさっさとデュアルクラッチに換えた方がいいよ)

 重量のディスアドバンテージ20kgがどう効いてくるのか(1速多いブンで解消できるのか、そうでないのか)が興味深いとこです。まぁ、買えませんけども(笑)。お金あっても私は今回はパスかな。BMWは初物技術意外とポカるから。

(バルブトロニックも当初は結構ブローしたし、アクティブステアも当初の5シリーズに積まれたものはラジカルすぎて普通の人にはオススメできなかったです。どちらも今のはすごくいいけど…)

 てゆか個人的には今のMシリーズだとここまでやってもらってもどちらかというとZ4Mのクーペに興味があったりしますよ。あれのカタログは必見です。

 それにしてもルマン。アウディ強すぎ;ポールポジションにあえて固執せず最終的に勝つあたり、さすがマイスター・オブ・サルテサーキットのトム・クリステンセンさんですな。(日本でも馴染み深いドライバーさんなので、ファンの方多いのでは。私もです)まあ出オチがPSAらしいというのもネタ的にその通りだけど(苦笑)。

 このターボディーゼルの技術は市販車にしっかり戻してほしいというか、いっそアウディもうガソリンエンジンやめちゃってもいいんじゃないかという気も若干します(笑)。

 

 車の話をすると必ず無断引用がありますがご遠慮下さいね。

|

« 6月第2週の検索ワード(後編)・やっつけ版 | トップページ | ココロさんと過ごしてはや半年。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月第2週の検索ワード(後編)・やっつけ版 | トップページ | ココロさんと過ごしてはや半年。 »