« 女性声優さんのこと。 | トップページ | 厄介なのは「孤立地域」 »

2008年6月14日 (土)

やっとで告知が出た…

 いや、前からおかしいとは思ってましたが、おかしいと思ったのは私だけではなかったようで。今週通院分の薬を受取りに薬局さんに行ったら、要約するとこんな内容の張り紙がしてありました。

「ジェネリック医薬品は安いですが、元の薬品と同じなのは有効成分だけです。形状も他の添加物も異なるので、効きが異なる場合があります」

 ああ、やっぱり;
 例えば形状や固めるのに使っているものが違えば、当然溶け出しが違うので効き方は変わります。あるいは、何気なく混ぜてた主成分以外の何かが相乗効果を出していた可能性もあります。(逆にジェネリックの方がいい人もいるでしょうね)

 私の場合はテルネリンのジェネリック品が全く効かなくて、二週間頸椎痛で苦しみました;私がお金持ちでここがアメリカなら訴訟沙汰ですよ;

 考えてみりゃ同じ有効成分の市販かぜ薬でも、明らかに効く会社効かない会社ありますよね?同じ事のような気がします。プラセボだと言い張る人も多そうな案件ですが。

 カクテルがシェイカーの振り方一つで味変わるのと同じような感覚で見てますが、どうなんでしょうねー。とりあえず私は極力オリジナルを使うようにしていますが。

 黒柳徹子さんがジェネリック品を推進するCMに出てるのが非常に残念です。確かに経済的に困っている皆さんにとっては「効くのなら」いいものでしょうが、特許切れ薬品専門メーカーの弊害というのもあります。

 彼らは新薬を作らない=医療の進歩に貢献しない。

 私はより効果のある新薬を作ってほしいので、新薬開発に積極的な会社の支援の意味で、開発会社製品をなるべく使います。厚生労働省がとろいせいで認可が遅いにせよ、投資のつもりでお金を廻しておけば、いつかはより有効な薬の開発に繋がるものと信じます。

 あのろくに効かない上に飲み逃しを許容せずただただ眠気を誘う抗ヒスタミン剤に払ったお金が、アレグラという良薬の開発に繋がったと思えば、発売前の10年は無駄でなかったでしょうし。

 そんなわけで、私は「効く」し「次に繋がるかもしれない」オリジナルを使います。ジェネリックでなくていい人は皆さんそうされる方が、遠回しにご自身のためだと思いますよ。

|

« 女性声優さんのこと。 | トップページ | 厄介なのは「孤立地域」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女性声優さんのこと。 | トップページ | 厄介なのは「孤立地域」 »