« この期に及んでネタモード | トップページ | ええっと、モード »

2008年5月22日 (木)

ドールオーナーと飛行機の微妙な関係モード

 18日にすみか札幌で常連さんとだべってた時、空港での荷物検査の話になりました。空港経由で運ぶモノはすべからく検査機を通らないといけないわけですが、「これは何ですか?」と問われた時、堂々と「人形です」と言うのは若干抵抗があると(笑)。

 SDの場合、Sカンなど金属部品も多い上、キャストはもろに映るのだそうです。北海道からドルパにも参加してらっしゃるというSKYさんという方と知り合ったのですが、SKYさんは一度この件で苦汁をなめて依頼、きちんと考えたそうで、「美術品です!」と言うようにしているそうです。確かにそう言っちゃってOKなカテゴリではあるんですよね。おもちゃの枠はどう考えても超えちゃってるし。でも一緒にお話していた女性の常連さんは「直前まで考えたけど人形って言ってしまって、恥ずかしかったからこないだの帰省は陸路使いましたよ!」とまで(笑)。

 で、私もみみことこのみは花巻で手荷物で通してるので(カーゴルームの荷物がどんだけぞんざいに扱われるか(システム上仕方ないですが)よくわかってるので)、当然の如く聞かれました。正直に「お人形です」と笑顔で言ったら検査官のお兄さんが「そうですか」と笑顔でスルーして下さったので(笑)とても助かったのですが。去年はぜんぜん平気だったんですよ、何も聞かれなかったです。ただ、今年は洞爺湖サミットが近いので、手荷物はバックパックから一度出して全部バラでスキャンでした。結構大変でしたよ。むしろ丘珠のが楽だったくらいです。

 しかし空港が大丈夫な私もちょっと恥ずかしい思いを。可能ならボークス札幌SRの展示娘に混ぜてもらえないかな、と思ってたのですがちょっと無理とのことでしたので、帰りも同じホテルに泊まるということもありホテルでお願いしました。「帰りまで預かって頂きたい手荷物があるのですが」「よろしいですよ、中身はなんでしょうか」「あの、人形です。ちょっと高級な」「すみません貴重品ですと保証の面で…」「ああいや確かに希少なんですが壊れ物ではありませんからそのへんはご安心頂ければ」といったやり取りの末、実はみみこたちは今札幌にいるのです(笑)。今回は島に連れて来てません。で、その応対したホテルのお姉さんが可愛かったので、わたくし穴掘って埋まりたい気分でいっぱいでございましたorz。無事に帰りに受取りができればいいのですが。

 ここ数年で急速に浸透してる趣味だと思うんですが、社会的認知度はまだまだ低いですねー。とりあえず荷物の扱いでどうしても安全に扱ってもらえそうにない時は、「ヘッドだけでも外して厳重にガードして運びましょう;」ということでその場では意見の一致をみました。最悪、ボディは後からでも手に入りますが、ヘッドはそうはいきませんから。あと衣装。まあ衣装が衝撃でどうこうってこと、ありませんけどね(笑)。

 時限式書き込みその2です。

 スケジュール通りなら今頃古丹消(コタンケシ)という地域の沖合いにいます。この日は1日ここの地域の散策で、バテそうで怖いです(苦笑)。

 明日帰国となりますが、この書き込みが出る時点の24時間後はまだロシア側です。

|

« この期に及んでネタモード | トップページ | ええっと、モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この期に及んでネタモード | トップページ | ええっと、モード »