« 好きなサンドイッチは? (今日のテーマ)モード | トップページ | 03月14日のココロ日記(BlogPet) »

2008年3月13日 (木)

困ったら雑記でお茶濁しモード

 昨日は病院だったのですが、朝7時40分に病院着いて診察受けたの10時半。前の前の患者さんが一人で30分も粘ってたんですが(苦笑)、その後の夫婦の患者が酷くて。

 待合室にいる間、えんえん愚痴を言うばかり。待合室がうるさいのが嫌だと大声で会話している自分らがうるさいと思わない無神経は入院して治せと思いましたが;ビタミン剤くらいしか貰わないし薬貰うだけなのになんでこんな待つのとか言ってて、じゃあ何で一番重症向けの先生に予約入れてんだ?とツッコミを入れたくなりましたが。投薬専門の先生ちゃんといて、そっちはものすごく回転早いのに。

 で、前の患者さんが出るなり大声で文句を言う毒婦。夫の方は自分たちは時間かからないと言っていましたが、きっちり毒婦の方で10分以上かかってたんで(オーダリングシステムのプリンターの音でわかる)診察室から出てきたとこ殺意たっぷりで睨みつけたら夫の方が深々と申し訳なさそうな顔でこちらにお辞儀はしていきましたが。

 人の振り見て同じ振りってのはねぇ。二人いるんだから相互に気付くだろうと。

 11時に近くの盛岡保健所で検査の予約あったんで、ぎりぎりになっちゃって相当慌てました。主治医の先生も慌てさせてしまって申し訳なかったです;私はその先生をとても信頼しているので、後に予定が無ければ朝から午後まででも待ちますが、流石にアポイントメントあると無理です;いつもより10分早く入って1時間遅れは想定外でした。

 保健所での検査はC型肝炎です。フィブリノゲンを別用途で使う目的に重度のやけどの治療が含まれていましたが、私が上半身主に右腕に大やけどを負った時期が、今通っている病院の皮膚科で使用していた時期と被っていたので、念のため。
 問診の時「B型肝炎の検査も一緒にいかがですか?B型肝炎は性交渉でも移りますから、若い方にはお勧めです」と言われて「そういう機会皆無ですよ」と笑いつつ「年齢を見て若いと言われたのは久しぶりです」と。「30代若い若い!」と励ましてもらいました。肝炎の検査に行って精神カウンセリングを受けてるわ・た・し♪←ShinySmileのサビ途中風

 そんなわけで両方検査を受けることになりました。まずいことになっていると呼び出しを受けるそうですが、それ以外は郵送通知のみだそうです。まあ、無いと思いますが。B型肝炎の別名はHBVだそうで、感染経路はHIVと同様で感染能力はより高いそうです。キャリア期間が長いことも多いそうなので、まあ相手は過去にいましたし(苦笑)、一応。余所様の血液を大量に浴びた経験はないので、そっちは心配なさそうですが。昨年赤十字の講座で人工呼吸にまで接触対策行った理由がよくわかりました。

 で、なんだか疲れてしまったので、年度末で福祉タクシー券がいっぱい余ってたこともあり、近場のタクシー会社から直接タクシーで帰っちゃいました。来年度から使えないので使いおさめ。今月はもう一度通院あるので、その時もかな。

 そして帰宅してずーっとピニャータ(笑)。流石に出やすいレベルのは出尽くした感じで、ちょっと閉塞感出てきました。1つのガーデンでやっていくのは限界があるかな、と思い始めたので、2つ目やってみるかも…と。で、Wikiサイトでいろいろ資料見たら、「これ…何も見ないで遊んだら一人じゃ一生終わらないんじゃなかろうか;」と。ああもうやめどころがー(/_;)。このゲームは危険です→結論。今までの農業ゲーとはわけが違います。
 敵のボスが出てくるようになりました。やりたい放題されるので結構ムカつきます。その鉄仮面でなく喉元をシャベルで突きたい。そんな気分。左ダッシュ近接で首刎ねられないかなぁ。(ないから>D近接)

|

« 好きなサンドイッチは? (今日のテーマ)モード | トップページ | 03月14日のココロ日記(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 好きなサンドイッチは? (今日のテーマ)モード | トップページ | 03月14日のココロ日記(BlogPet) »