« アイマスがらみあれこれモード | トップページ | 「排出権」は単なる詭弁。モード »

2008年3月22日 (土)

おくすりさま。モード

 二日前に書いた「身体は正直」という記事、流してしまうべきだったんですが;ご本人の目に触れて、なんだか申し訳ないことに(/_;)。でも、昨夜お喋りをしたら、胸の痞えというか心配事というか、自分の分の負の蓄積はすっかり解消されちゃいました。

 安心したらなんかやたらぐっすり寝てしまって、気がついたら夕方に;

 やっぱりこの人は、私の精神安定の特効薬だなぁ、って思いつつ、「いないとだめって思う人」が自分にとって客観的にどういう人なのか、よく考えた上で、困らせてしまうのを覚悟で正直に伝えるべきと思ったことを伝えてしまいました。この件自分に嘘をついているようでちょっと心苦しかったのですが、それも一応は解消。

 私の方はそんなわけでほぼ平気ですが、元気がないとこ無理に反応してくれた上に、ちょっと重い話になっちゃったので、相手の方が心配なのはまだ続いてます(/_;)。

 受け取るばかりの立場も辛い以前にみっともないので、こちらからも元気になれる何かができればいいのですが…。人並みに思いついたことくらいしか実行できないのが歯痒いです。少し胸が痛みます。(形容でなく本当に痛い)

 完全回復まで行かずとも、普段程度の元気を取り戻してくれるよう、今は祈るばかりです。時期柄神経負荷が大きくて、体調がその影響で崩れやすいのは私と同じ。体調が悪くて沈んでるのか沈んでて体調が悪いのかわからないと言っていたので、とりあえず季節がちゃんと移行して神経が安定するといいな、と思います。

 精神的に弱ってる存在にとって、一番大事なのって自分にとってのお薬になる人なんだな、ってこういう事がある度思います。私の場合は一方通行なので、負担をかけるばかりですが;。うぅ。

|

« アイマスがらみあれこれモード | トップページ | 「排出権」は単なる詭弁。モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アイマスがらみあれこれモード | トップページ | 「排出権」は単なる詭弁。モード »