« ついやってしまうクセ (今日のテーマ)モード | トップページ | 「淀んだ景色に答えを見つけ出すのはもうやめだ」モード »

2008年3月20日 (木)

身体は正直。モード

 ここしばらく、自分にとっているべき人とのコミュニケーションができずにいます。
 相手が調子を崩しているのを知っているので、気にしないで休んでね、と伝えてあるんですが、実は気になってしまってその人の事で悪い方に悪い方に考え込んでしまったりしています。

 そんなことをおくびにも出さずふっつーに過ごしてるフリをしているわけですが、言動で普通を装うとツケが来る難儀な身体なもので、実はここ1週間のセルシンの使用量が凄い勢いです。(心身症による循環器疾患、ようするに動悸や不整脈とそれに伴う心臓の痛みの緩和に使ってる薬です)

 ああ、私は猫の仲間だから、寂しいと死んじゃうんだなーって、身をもって実感中です。

 もしその人の調子が悪い原因が私だったら、はっきり言ってもらえれば楽になれるのに、なんてことも考えたりします。しますが、苦しいばかりで結局は生き残りそうな気もします。自分の事を考える自分がほんっと嫌ですが。その人の心配だけでとどめておきたいですが。嘘は苦手だし、私の身体は随意感が健常者さんよりずっと低いのです、悲しいことに。

 自分ではどうにもできないし、増して相手にお願いできる立場でもありません。ちょっと八方塞がりです。

 そんなわけで気を紛らわすことに時間を割いてなんとか延命している有様なので、コメントが妙に遅かったり「先週の検索ワード」を落としちゃったりしそうですが(今週は無理そうです、ちと北方領土関連の話で関連団体にレポート上げる必要があったので、それに時間かかっちゃいました)大目に見て頂けると嬉しいです。

 ブログなんて好きでやってることなんだから好きにしろ、とか言われそうですが、アクセス減れば減ったでそれも結構へこむんですよ(苦笑)。アクセス増やすための恣意的なエントリとかはやってませんけどね。書きたい時書きたいこと書いてる。それは間違いないんですが。

 とりあえず、どんなに嬉しいことがあっても、どんなにいい報せがあっても、私にとっての最大の懸念が払拭されないことにはどうしようもないのだと。それを痛感(まさしくです、突然激痛に襲われますから・苦笑)しています。

 これを書くことでその人が責められている気分になりはしないかという心配もあるのですが、そんなつもり絶対ないのに書いてしまうあたり、ポンコツっぷりが炸裂してる感じです。私が生きてると迷惑かかる人、親族だけにとどめておきたかったのに、そうじゃなくなりそうで怖いです。どうしたものでしょうね。

 とりあえず私は生きないといけないので、薬漬けになってでもここにはしがみつきますが。一年後の私は今の私と同じ私かどうか、だんだん自信がなくなってきました。

 誰も傷つけず機能停止する方法があれば、と真剣に思います。
 著述業についてこの地を離れるという目標よりプライオリティ高いです。

 どうしよう。

 いろいろ書きましたが、今の心境はこの一言に尽きます。

 本当にどうしよう。

|

« ついやってしまうクセ (今日のテーマ)モード | トップページ | 「淀んだ景色に答えを見つけ出すのはもうやめだ」モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついやってしまうクセ (今日のテーマ)モード | トップページ | 「淀んだ景色に答えを見つけ出すのはもうやめだ」モード »